10.28.2013

ネットリとしていて誰も読まない

Morning
難物のDP2 Merrillをどう使っていこうか悩んでいる。事実上静止画専用機で、これを持ち歩くと静止画オンリーになってしまうから、別の動画カメラを持っていかねばならない、あるいは動画を諦めるか。
静止画オンリーとしても、DP2 Merrillだけだといろいろと難があって、というか難そのものというか、解像感以外のありとあらゆる要素が難である。単に解像感以外の画質要素が難、という意味でなく、運用面においても難の塊のようなもので。


(誰も読まないだろうが)カメラの楽しみ方をおさらいしてみる。
  1. 想像(わー、こんなカメラ・レンズがあったら楽しいだろうな、欲しいな、あんなことこんなことができるんだろうな、やってみたいな)
  2. 売買(うひょーーー、6万円か!古くなってきたあれを売って買ってしまおうか、どうしようか、えいや!クリッククリック!うひょひょ!!げへへ!)
  3. 観賞(届いた届いた、どれ…おじさんがさわってあげよう…。ほほう、こんなところがこんな風になっちゃってるのか…おや…こんなところにも…イヒ…イヒヒ…)
  4. 撮影(散歩の楽しみ+α。撮るものはないか?撮るものはないか?何か被写体はないか?え?また共産党のポスター撮るの?何枚目だよ…)
  5. 現像(お、よく撮れとるな…ここはひとつパラメータをいじくりまくってしまうか…あっ、こっちは手振れ起してるじゃないか…)
  6. Flickr(どれ、これをPhotostreamにのせてみるか…何かしら反応があるかも!)
普通のカメラであれば1から6項目のどれも平均的に高い水準で楽しめるものである。EOS Mなどはレンズ交換ができ、持ち出しやすい大きさで(従って持ちだす頻度が高い)、ポンと押せば大抵はまともに写り、動画も撮れて万能機といえる。こんなに小さいのにここまでできてしまうのか、これはすごいな、という所有感も満たされて大変よい。
DP2 Merrillの場合、項目4までは楽しいものである。じゃじゃ馬を乗りまわしている感もあって項目4の楽しみは大きめかもしれない。しかし項目5の現像段階で大きなつまずきがある。ここでつらい思いをする。10枚撮って手振れで全滅とか、ISOが上がってしまって色が変とか、曇天で色が変とか。しかも全滅を確認するために出来のひどい現像ソフトでえらい時間を取られるおまけ付きである。
DPは「当たり外れが激しい」と評される。仮に色もよく、手振れも起こしていない当たり写真が撮れたとしても、解像感以外では特によいところがあるわけでもない(と思うのだが…)から、難しい。解像感の一点だけは半端でないが。
一台だけ持つには全く向かないカメラであるのに、複数台のうちのひとつとなると難が目立ってかえって扱いづらい。DP Merrillを一台だけ持つ(あるいはDP1 Merrill、DP2 Merrill、DP3 Merrillの三台持ち)という超絶スパルタン・スタンスを楽しむ、というカメラ人生もあるが、なかなかそうはいかない。動画も欲しいし。暗い場面もある。
風景に強いとされるカメラであるから、景色も天気もよい条件で持ちだしていない現状ではまだ評価はできないな、とも思う。
それと、このところRX100の出番が極端に減った、というかコンパクト領域をEOS Mが喰っている。どうせiPhoneは持ち歩くのだから気軽な場面ではiPhoneでいいし、カメラを持っていくならEOS Mがよい、と言う感じで。
機材についていろいろと考えるのも疲れた。一切合財を売り払ってリセットしたい、というようなハルマゲドン願望がある。ハルマゲドンが起きてその灰の中から立ちあがったとき、手にするカメラは何だろう、と考えるのが楽しい、いや楽しくない。つらい。もうそんなことはやめたい。シンプルに暮らしたい。
仮にハルマゲドンが起きたとして、これまでの経験から考えると、レンズ交換式がよい。かつ、巨大でない方がよい。さらには小さすぎるのも持ちにくくていけない。するとミラーレスとなる。APS-Cかマイクロフォーサーズか。
NEX-7EOS MGH3GX7あたりかなあ、などと夢想してはボーッと過ごしている。EVFが付いていたほうがいいから、EOS Mは若干弱いか。そしてミラーレスを使っているとなんとなく解像感に欲が出てきて、項目1に戻ってDP2 Merrillがやってきましたよ!などと逝っちゃうわけだ!



2013-10-16
半沢直樹の最終回を見終えた。EOS Mをネッチョリといじくりながら見ていたので、登場人物がのきなみ顔を真っ赤にしてプルプル震えている印象しかないのだけれども、土下座しろ、とか、謝罪しろ、とか、けじめをつけろ、とか、恨みをはらす、とか、何年たっても被害者と加害者の関係は変わらない、とか、徹底的にやりこめる、とか、いかにも極東アジア的情緒にあふれていて「ああ、なるほど」という感じ。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿