9.07.2013

EOS Mが届いてしまったから、感想を述べてみる[追記多数]

2013-09-07
2013-09-072013-09-07
2013-09-07
2013-09-07
2013-09-07
2013-09-07
2013-09-07
2013-09-07
2013-09-07
EOS Mが届いた。「うひょ!ぼくちゃんうれぴい!」というより「ぼくちゃん…またやってしまいましたよ…」というしぼんでいく感覚で。
すこしいじったので印象を。上の画像はRaw撮り。露出は少し下げて撮っている。Apertureでは何もいじらず、そのまま現像。絞り開放だと周辺減光があるが、光学補正をONにすれば減光が消える(jpg,DPPの場合。Apertureだと設定は無視されてビネット除去で減光補正)
  • 画質はAPS-C機(当然だが)。多分Kiss X6iとかそのあたりと同じ。暗部にも強い。
  • 動画はフルHD、秒30フレーム。24フレームも。こちらも一眼動画の画質。
  • タッチパネル機。操作上、タッチパネルの比重が大きい。かわりに物理ボタンの数が少ない。タッチパネルでしかできない操作も多数ある。スマホ世代にはかえって良いかもしれない。
  • シャッター音は控え目。連射は遅くなく、やや速め。秒間4.3枚。
  • AEロックはそれ用のボタンがある。NEX-C3にはAEロック機能自体がなかった。
  • バッテリーは弱い。日常スナップでちょっと撮るだけなら1つで十分だが、たくさん撮る場面では1つで足りない。動画は大喰らい。
  • 首吊りストラップで首から下げても重たくはない。軽くもないが。5D Mark IIなどは、軽いレンズをつけていても重い。持ち出しやすいのは性能の一つ。持ち出してみるか、と思わせてくれるのは性能の一つ。この点で重要で、フルサイズより高性能。
  • EF-M 22mmはf/2.0と明るく、そこそこ寄れて、被写界深度が浅いためボケて、薄型軽量で、換算35mmでクセがなく、よい。このレンズがEOS Mにした大きな理由のひとつ。手振れ補正なし。静止画はキレイに撮れるが、動画では被写界深度が浅く扱いづらい面も。ピントが合えば映画撮影機材のようなボケが得られることの裏返し。
  • もうひとつのEF-M 18-55mm f/3.5-5.6手振れ補正付き便利ズームは使ってないから知らない。多分可もなく不可もない便利ズーム。普通はこれがメインレンズ。——下記追記あり
  • ダブルレンズセットについてくるアダプタを使えばEFレンズ、EF-Sレンズが光学的劣化なし(!)に使えてよい。EFレンズの使えるAPS-C機。例えばEF50mm f/1.4をつけると換算80mmになるから中望遠マクロ的に使える。
  • レンズフードは付属しない。フードは要る。別途調達。別付けのフラッシュは付属してくる。フラッシュよりフードの方が欲しい。
  • 一眼レフとコンパクトデジカメとスマートフォンを混ぜ合わせたような操作性。つぎはぎとも言えるし、それぞれの良いところどりとも言える。操作面では一眼レフの成分は薄めか。保護シートをつけた状態でも操作感は反応もスピードも挙動も、想像以上によい。タッチパネルはバカにできない、というか、よい。ボタンがたくさんついていればよいというものではないと知った。測光モードなどの切り替えはタッチパネルの方がよいくらい。
  • タッチパネルでのAF位置合わせ(とシャッター)は「タッチパネルでシャッター?そんなのカメラじゃねーよwwwww」という「新しいものに対する拒絶感」を無視すれば、素晴らしい。
  • オートフォーカスが遅いと酷評されているが、その通り。AFは速ければ速いほど良いに決まっている。動くものなど、シビアな被写体には向かない。AF速度が上がったファームウェア2.02でもまだ遅い。酷評されてはいるが、ま、こんなもんでしょ、と思えばこんなものである。
  • 動画モードでのフォーカス位置合わせもタッチすればそこに合う。素晴らしい。フォーカスは遅いが。
  • 動画撮影開始は「動画ボタン押し」のみじゃなくて、動画モードに移行させる動作が必要。間違って動画ボタンを押して動画撮影開始されるのがストレスな人にはうれしいだろうが、私は逆。まだ説明書を読みこんでいないが、おそらく、設定でいじれない部分。どのモードでも動画ボタン押せば撮影開始ならいいのに。ここは仕様と考えるしか。ファームウェアアップデートに期待。
  • 動画モード中にシャッターを押せば静止画(RAWでも)は撮れる。
  • AF+MFモードだと、AF合焦後にMFリングで微調整可能。マクロ的に撮る場合に重宝。どのカメラでもMFは出来るが、事前にメニュー階層をたどって準備する必要がなく、普段の設定の延長上でMFリングを回せばよい、というのは気軽で便利。
  • 電源ON/OFFボタンで起動/終了を運用する仕様。電源をオフにしないとタッチパネルに触れていろんな誤動作を起こすからだろう。一眼レフやNEX-C3の場合、電源は常にONで、撮るときだけシャッターを半押しするなどしてスリープを解除し、撮影し、放置してスリープ状態に、という運用である。スリープ解除→撮影は短時間で済む。EOS Mの場合、撮影は電源をONして起動を待つ感じで数秒かかる。ネコちゃんはその数秒でどれだけ動くのか?
  • センサークリーニングをOFFにすると電源ON時のクリーニングが省かれて若干起動が速い、気がする。
  • 便利ズームのレンズフードは純正を買えばよい。フードは光学的に云々というよりレンズの物理的な保護。汗とか汁とか指紋とか。しかし肝心のEF-M 22mmレンズの純正フードは保護という点からいまひとつ。サードパーティの43mmフードを買ってみたが、43mmレンズキャップが事実上つかない。ついても微妙に引っ掛かっているように見えるだけですぐに取れる。フードの先端径から55mmならつくかも!とレンズキャップを注文したが、まだ届かない。つくかどうかも分からない。つかなかった場合はレンズフード自体を別に検討する必要がある。フードがあればレンズキャップを外せる時間が増えて付けたり外したりの手間もかからない。保護なら保護フィルターという手もあるが、光学的に云々でイヤ。下に追記あり
  • APS-Cで画質的には一眼レフそのものであるが、フルサイズ5D Mark IIへの信頼と評価は揺るがない。これは別モノ。
  • 1台だけ"画質のよいカメラ"を持つならEOS MよりNEXのいいやつ━━ソニータイマー付きだが━━を買った方が一般的にはよいだろう。余裕があればRX1を。マニアは迷う必要がなく、全部買えばよい。私の場合、35mm単焦点、小型軽量Canonレンズ互換機というのがよいと思って。
  • ここまでが第一印象。ここから下は使ってみて分かる、第二印象、第三印象。EOS Mについては今後も追記する予定。
  • 追記:動画のAFがあっちへ行ったりこっちへ来たりして、且つ、被写界深度が浅いのでボケボケになりがち、と言う状況は、AFサーボをOFFをすれば任意のフォーカス位置で動きが止まる。フォーカスを動かしたい時は再びONにしてフォーカス位置を調節すればよい。この操作はタッチパネルで一発。階層をたどる必要はない。OFFでもフォーカスエリアの枠を任意の場所に持っていき、シャッター半押しで再フォーカスできる。
  • 追記:EF-M 22mmレンズのフードとキャップを調達した。43mmのこじゃれたフードと、52mmのレンズキャップで。穴があいているのでバッグに入れておくとホコリは入りそうだが、通常メンテをしておけば影響はないだろう。
  • 追記:やっぱりEF-M 22mmの純正フードでいいのじゃないか、と思うに至る。こじゃれたフードの方がガード性は高いが、パンケーキのコンパクトさをスポイルするのじゃないか、と。
  • 追記:EF-M18-55mmは特に穴のない良レンズ。特に特徴もないが。広角開放でもF3.5であるから暗所だとISOが上がってノイズがのるが、通常の暗所なら「合焦せず撮れない」場面はほとんどない。RX100との比較も含めての記事はこちら
  • 追記:EF-M11-22mmを使った記事はこちら。EOS Mに必携、というか超広角域が欲しいなら、このレンズからEOS Mシステムを生やしてもよい位。超広角ズーム、手振れ補正、小型軽量の三拍子が揃っている。動画スナップなどで手振れ補正が効いてよい。STMで静かであるし。
  • 追記:動画をもう少しいじった。他の機材と撮り比べるなど。小型軽量機でスナップ的に撮れる利点はある。しかしフルHDではあるが、精細感はそれほどない。720pを引き延ばしたのではないか、というような感じ。6Dと比べるとかなり精細感に差があった。6Dであっても超絶精細!という感じではなく。動画の人から見ると5D Mark IIIでも精細感がなくがっくりくるとか。動画なら総合的にはGH3がよいらしい。というわけで動画の精細解像という視点ではよくない。しかし、動画を眺めた時になんとなく受ける「印象」はレンズの描写に依存するから、優れている。
  • 追記:動画は静止画とは絵作りの考え方が根本的に違うと思われる。静止画はコントラスト、シャープネスが重要で、キリッとカリッと黒は真っ黒、白は飛ばすくらいでよいが、動画はシャドウもハイライトも残す方が自然。動画には動画用のピクチャースタイルを用意するべきと思うに至った。具体例として、ニュートラルか忠実をベースにコントラストとシャープネスを最も下げると動画として見た時には自然に見える。シャープネスを下げると解像感は落ちるが、シャープネスと上げても実際に解像するわけではなく「ニセの解像感」が上がるだけでざわざわして汚くなるだけに見える。下のマレーシア動画が例。
  • 追記:EF-Sの安い望遠レンズを買った。こういう拡張性がEOS Mの魅力か。EFレンズ、EF-Sレンズ、EF-Mレンズが全部使える。
  • 追記:超広角から望遠まで一通り(比較的安価に)揃った。最終的な画質としては特筆するほどすばらしいカメラではないが、手軽さと汎用性から累計撮影枚数が一番伸びている。
  • 追記:購入後1年くらい経過しても主力機の座は揺るがず。携帯性と画質のバランスがよく、持ち出すことが多い。持ち出せる、というのは最大の性能。
EOS M & EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
EOS M & EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
追記:安いことだし望遠レンズを買ってみた。記事はこちら







追記:EOS M動画。EOS M EF-M22mmとVelbon CUBE にiMovie'11。手軽に持ち出せる重量なのがよかった。関連記事はこちら。手振れ補正がないので三脚を多用。被写界深度を浅くもできるのが一眼の利点か。



さらに追記。EOS M動画。EF-M18-55mm、EF-M22mmにVelbon CUBEの組み合わせ。Final Cut Proのトライアル版で編集。今回は編集ソフトで色調はほぼいじらず。あらかじめ動画用ピクチャースタイルを作っておき、後編集でいじらない(面倒だから)ようにした。ピクチャースタイルはCanon純正のPicture Style Editorで。ピクチャースタイルは、非常に重要というか、画作りのコアを形成している。今まで、ピクチャースタイルはたいていオートかスタンダードで、いじった試しがない。静止画を撮る場合にはRawだし、jpgでもかなり優秀で正統な味付けをしてくれるから問題はないが、動画は完全に別モノ。普通にピクチャースタイルを当てると、偽解像風に汚くなるし、写真的なシャープネス、コントラスト、色乗りはどれも動画とは相性が悪い。動画を撮るならピクチャースタイルいじりは必須、と知った。ピクチャースタイルという枠組みの優秀さと自由度にさすがは最大手Canonだな、と。画作りにシリアスである。



2013-10-23
追記:EF-M11-22mmで新宿を撮ったので。田舎と違って夜でもある程度光量があるので、手持ちで十分いける。
2013-10-23
手振れ補正付きだから、きちんとホールドしていれば手振れ率が相当下がる。
2013-10-23
F4スタートの暗いレンズでISOが上がりやすくノイジーだが、スナップ程度なら十分。手振れ補正、小型軽量、超広角、ズームを満たしたレンズは珍しい。

動画も。大半が手持ち。暗いレンズだが、都会の光量なら夜でも十分か。



2013-11-14
さらに追記:Nokton Classic(ライカマウント)をつけた記事はこちら。換算56mmの明るい単焦点。
2013-12-07
絞り開放付近で撮るとぼわーんとした雰囲気の画になる。





にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿