9.23.2013

EOS 6Dがやってきましたよ!


2013-09-23 Canon EOS 6D EF24-105mm F4L
見よ Canonの国は近づいた 悔い改めよ

ええと…。ついにぼくちゃんのお部屋にEOS 6D & EF24-105mm F4Lがやってきてしまいましたよ…。ついこのあいだ衝動的にEOS Mを買ってしまって脇腹の刺し傷から血が流れている気がするのに…。またですよ…。右のほっぺたをひっぱたかれたら左もひっぱたいてほしいように、EOS Mを買ってしまったのだからEOS 6Dまでいってしまいなさい…とか無茶ですよ…。しかも今度は大出血ですよ…。


6D EF40mm + 純正フードES-52 + 首つり紐 = 953g
EF40mmに純正レンズフード、首吊りストラップ、レンズキャップ、SDカード、バッテリー込みで953g
悲しむ者は幸いです その人は慰められるからです

  1. EOS Mセットは確かに衝動買いであった(関連記事はこちら)。よく下調べをすればNEXに劣るのは明らかだった。NEXを所有しているのにそれより劣るEOS Mを買うと何事か、とも思ったが、実際に使ってみたところEF-M 22mmというパンケーキレンズの出来がすこぶるよい(上の6D写真はEF-M22mmで)。このレンズのためにEOS Mを買う価値がある。仮に今、湖にEOS Mを落っことして、水の中からおばさんが出てきて「お前の落としたのはこのEOS Mか、それともNEXか」と問われれば「EOS Mです」と答えるだろう。衝動買いではあったが、結果的にはよかった。
  2. EF-M 22mmを微妙と言って、EF-M 18-55mmをほめている人もいる。人によって考え方が全然違うのだなあ、と。どちらが好みでも、EOS Mならダブルレンズキット一択であるから悩む必要はない。
  3. 5D Mark IIは3年半使った。Mark IIIが出て型落ちとなった今でも5D Mark II自体は一般層には最高クラス、あるいは豚に真珠クラスのカメラであるが、経年劣化というのはある。遠くない未来に壊れる。市場価値があるうちに売却し、更新するというのも考え方のひとつ。
  4. フルサイズを持ちながら、Lレンズを一つも持っていない。手振れ補正レンズも持っていない。これはTTフレームを買いながらR501Zaffiroをつけているようなものである。Lレンズの一本、手振れ補正ズームの一本、ディープリムホイールの一組くらいは持っているべき。高いが、いつかは通る道。
  5. 最初のLレンズはEF24-105mmレンズがよさそう。新品で9.2万円から12万円ほど。中古だと6.1万円から7.5万円ほど。レンズ単品で買うよりボティとレンズの抱き合わせセットが明らかにお買い得。
  6. カメラ売買大手Map Cameraだとそれなりに高く買い取ってくれて、それなりに安く売ってくれる。下取り交換という、売却と購入で差額を支払う取引をすると下取り額に色がつく。5D Mark II売却、6D EF24-105mmキット購入で支払いが10.9万円であった。5D Mark IIを失ったが、新品で6DとLレンズを手に入れた。
  7. 5D Mark IIに比べて6Dは劣っている部分もある。1/8000シャッター、動画撮影の柔軟な設定など。しかし、ほとんどの部分で同等以上で明らかに小型軽量である。どちらかを選ぶとなると6Dであろう。5D Mark IIIになると性能も値段も別格で論外。
  8. EF24-105mmは外に持ち出してみないと何とも分からないが、手振れ補正が効いて便利そう。広角で寄れず、望遠で寄れる(やったね!)。描写はモダンで鮮やかでクッキリハッキリという予感。手振れ補正ズームLレンズなので重たい。
  9. GPSはまだよく分からない━追記:バッテリーを消費するが普通には使える━が、Wifiは使えそう。EOS RemoteというアプリでiPhoneがリモート・タッチパネル液晶として機能する。6D内の画像をiPhoneに転送も可(多分SNS向けにリサイズ)。
  10. ファインダーをのぞきながらマニュアルフォーカスをしても結構ピントが合う。ファインダーは見やすい。しかし、ヒストグラムはファインダーで見れないので(当たり前)、一発で思った通りの露出決定は困難。
  11. やはりフルサイズである。暗部に強く、画もよく、被写界深度を薄くできる。EFレンズも焦点距離そのままに使えるし、軽量でフルサイズである。EF40mmをつけていれば持ち出しも楽で画角も自然。重たかったり大きいとなかなか持ち出せない。持ち出せないと撮れない。持ち出せる、というのも性能のひとつ。
  12. 被写体がない。
  13. 私はCanonの株主である。






求めなさい そうすれば、与えられる







京都・大阪動画を撮りました。YouTubeページはこちら


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿