9.12.2013

広島・出雲へいってまいりましたよ!

2013-09-11
四国・松山への飛行機チケットが安かったから何も考えず買った。



2013-09-11
死ぬまでに行っておきたいスポット筆頭、厳島神社へ。本来ならわくわくするところだが、風邪が始まりそうな、のどの痛みがあって憂鬱。朝8時の成田-松山便に乗って宮島・厳島神社へ直行しても、夕方近くになった。飛行機、タクシー、フェリー、ちんちん電車、フェリー。宮島は遠かった。


2013-09-11
痛恨のEOS M充電器忘れ。憂鬱。「撮れたかな?」「うーん、これはイマイチ、消してしまおう」「どう撮ろうかな、こうかな?こうかな?」という時間を極力削って撮るときだけ稼働させ、バッテリーを節約。静止画200、動画150(計19分)ほどでバッテリーが切れた。


2013-09-11
厳島神社。世界遺産。Weihaiまで大過なくすごせるよう、独身がすっかり治るよう祈った。


2013-09-11
鹿はかわいい。人に撫でられ、人に大切にされる。便所の水に落ちたコオロギがいたとして、そのコオロギは救われないだろう。そのまま流されるだろう。


2013-09-11
清盛神社。Weihaiまで大過なくすごせるよう、独身がすっかり治るよう祈った。大河ドラマの評判も悪かった悪役清盛。歴史は勝者によって記される。



2013-09-11
宮島から広島市街に戻り、原爆ドーム。世界遺産。宮島は遠い。片道一時間かかる。本当は原爆資料館にも行きたかったが、時間がなく、のども痛く。


2013-09-11
広島風お好み焼きを食べ、成人男性向けのどぎついビデオチラシが置いてあるような、東横インの2枚落ちくらいの安いホテルで寝た。隣室からひどく具合の悪い咳が聞こえた。ああいった音を聞いているとこちらまで憂鬱になる。Shure耳栓は外出に必須。


2013-09-12
起きると、風邪はひどくなっていなかった。これならどうにか観光が出来そうである。レンタカー(カーシェア)で、死ぬまでに行っておきたいスポット筆頭、出雲大社へ。関東から行くとき、出雲大社は国内で「最も遠いところ」にあるだろう。広島からクルマで片道3時間ほど。のどがおかしいが、この機会を逃すと次はないかもしれない。


2013-09-12
出雲大社。格式は最上級。戦後は社格というものがなくなって、伊勢神宮を別にして、どの神社も上下なく、というような事になっているが、実際にはそうでなく。とんでもない僻地にあるものの、ここだけは参拝客で芋洗い状態。バスでくる老人集団の他に、若い人も多い。若い人が何を期待してこの僻地まで来るのか、知らない。


2013-09-12
Weihaiまで大過なくすごせるよう祈る者や、独身がすっかり治るよう祈る者がいただろう。



2013-09-12
出雲そばを食べ、広島へ。カーナビが信頼できなかった。事前のGoogle検索とずいぶん違ったルートを示していたから。Google MapsとiOSのナビを併用したところ、簡易ナビとして一応機能した。Google Mapsは新規道路も反映されていた。もう高価なカーナビは要らないかもしれない。


2013-09-12
風邪だろうか、疲れだろうか、だるい。翌日の予定をキャンセルして新幹線で帰った。風邪でなければ、清水寺に行くつもりだった。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿