9.25.2013

買わなくてどうするつもりだ

2013-09-25
105mm 1/125 f4 ISO6400 -1EV Center-weithted average
Bike60min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。やる気が全然ない。アリバイ作りで60分チンタラローラー。オカズは「夫婦善哉」というNHKドラマ。やる気が全然ないようなメンタル状況であるから、ドラマを見ても面白くない。
2013-09-25
24mm 1/40 f4 ISO12800 -7/3EV Center-weighted average
古き良き夫婦像とか、苦労が云々とか、浪花節あたりを狙っているようだけれども、やる気がない人間が見ると「メンタルヘルスに問題を抱えた男女の愚劇、そして愚劇から愚劇成分を抜いたもの」にしか見えない。
2013-09-25
85mm 1/80 f4 ISO4000 0EV Spot
収穫も何もなくチンタラと60分。
6DとEF24-105mm F4Lがメイン機となったので、特性をつかんでいかねば。室内なら明るい単焦点の方が使いやすいが慣れるためあえてF4Lで。
開放でF4であるから、暗い。F4ではあるが望遠にすると案外とボケる(1枚目)。
開放がF4で暗い。従ってISOがピュッと上がってノイジーに。ISO12800。ただし、光源がテレビの液晶と厳しい状況(2枚目)。
測光方法は4つ用意されている。かつてはスポット測光オンリーであったが、最近では「中央部重点平均測光」をメインにしている。中央部重点平均測光で、露出を上げ下げで調整、という流れ。3枚のうち、上の2枚。EF24-105mm F4Lは広角で樽型に歪曲する。
3枚目のGarminの写真はバックライトにスポット測光。少し暗く写った。カメラの液晶画面に表示される写真で印象を判断すると他の端末で表示した時と全然変わるので、ヒストグラムを中心に読めるようにしていかねば、とは思うが、全体が黒くて一部だけ明るいとヒストグラムもへったくれもない。



2013-09-24
EOS M EF-M18-55mm 47mm(≒換算75mm) 1/60 f5.6 ISO6400 -4/3EV Center-weighted average
Dream Theaterを買い、流しっぱなしにして聴いた。最初の印象は"駄作"であったが、聴き慣れてくると"快作"くらいに格上げされた。Dream Theaterはもう20年あるいは30年選手である。プログレッシブと評されつつもクラシックの域で、この10年15年は手垢のついたプログレッシブ、というか、マンネリというか、大黒柱が脱退とか何考えてるんだ、あれ、大黒柱が抜けたわりには変わらないじゃないか、大黒柱とはなんだったのか、というネガティブな印象がないわけでもなく。
大昔の、私が中学生とか高校生の頃の、個人店主がタバコをパカパカ吸っているような田舎レコード店にも置いてあるくらいに有名かつ傑作だったImages & WordsAwakeを久しぶりに━10年ぶりくらいだろうか━棚から引っ張り出してiTunesに入れ聴いてみた。ああ、これはすごい。今になって聴くと、音作りに若干の古臭さがあるものの、思い出補正抜きで内容がよい。音楽自体が躍動していて、そこからいろいろな詩的イメージが沸いてくる。近年のマンネリ期の作品では詩的イメージを表現するために音楽をでっちあげている、という感じがあって、あまり面白くない、とはいえ、それでも質は大変に高いが。
それとボーカルのお兄さんが今ではおじさんとなってしまい、音域がかなり狭くなっている。機械でインチキをしていないとも言えるが。ライブではインチキできないからだろうか。
ついでにPink FloydのDark Side of the MoonSteve VaiのAlive in an Ultra WorldもiTunesに。
EOS MにEF-M18-55mm便利ズームでテレマクロするとf5.6で、室内だといかにも厳しい。ISO6400でかなりノイジー。どうも暗く撮るクセがついているようでいけない(4枚目)。



EF-M11-22mm F4-5.6IS STM(換算18-35mm)を注文した。そんなにポンポン買ってどうするつもりだ、と思うが超広角手振れ補正ズームでありながらEOS Mシステムだから軽量である。超広角域は持っておらず、且つ、コンデジではカバーできない領域。超広角単焦点でもなく、超広角ズームでもなく超広角手振れ補正ズームである。これは「買ってどうするつもりだ」というレンズではなくて「買わなくてどうするつもりだ」というレンズ。手振れ補正付きで超広角というのは珍しく、需給ひっ迫で現在品薄。EOS Mの初期投資としてやむを得ない。被写体がないことは、今は思いだしてはならない。


2013-09-25
EOS M EF-M18-55mm 55mm(≒換算88mm) f5.6 1/10 ISO400 0EV Center-weighted average
Swim1750m
泳いでも上達しないからすねている。全く展望がなく、下降線を防いでいるだけ、という感覚でプールに通うことが非生産的、つまらない、時間と労力とガソリン代の無駄、と感じる。けのびで右手が左手の上にあるが、ものは試しに左手を上にしてみたら具合が悪い。肩関節がひっかかるような、ボキっというような。体のバランスが悪いらしい。ひょっとしたら鎖骨骨折の影響もあるのかもしれない。
ISOを低めの400に固定し手持ちテレ端を試みたところ、フォーカスが合わず(5枚目)。

ストレスが溜まっている。テストステロンが出過ぎちゃったとかそういうことだろうか。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿