7.31.2013

ケガ早期回復のためのアイテム

2013-07-31
ローラー60min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。幼虫や多足動物やゴキブリが這いまわる夢を見た。イスに座った安静心拍が41で、もう少し運動習慣を戻していかないと30台には落ちない感じ。アリバイ作り程度に60分ローラー。数字はひどい。
おかずの民放ドラマが最終回で、こちらの出来もひどいものであった。資金難でにっちもさっちも、という状態から強引にハッピーエンドに向かうのだが、なんと庭に長州の埋蔵金が!資金調達!という超展開であった。これは、いくらなんでも夢オチであるな、とも思ったが、そうでもなく。電波発信源として高名でヲッチャーとしては見逃せない池田信夫先生(元NHK)の「日本人の平均知性水準は想像より驚くほど低い。その低い知的レベルに合わせて番組を作らないと視聴者は理解できない」という放言を思い出した。



ねこがかわいい。


2013-07-30
低周波なんとか治療器を買った。なんとか還元水とか、トルマリンなんとか美顔器とか、チタンなんとかブレスレットのお仲間のような印象があってなんともオカルト臭い気がするが、使ってみたらまともだった。低周波だか電気を流して筋肉を刺激して血流を促して筋肉がほぐれて云々というもので、整形外科に行くと「やっていきたまえ、ぜひともやっていきたまえ」とやたらと勧められる電気治療と同じ感じ。病院にある治療器は業務用コピー機位の大きさがあってすごい迫力だけれども、このAmazonで売っているオムロンやつはリモコン程度。だが、体感では整形外科で受ける電気と全く同じ(原理的に単純なはずだが、病院にある装置はなぜあんなに巨大なのだろう…これと何が違うのだろう…)。主には肩コリとか腰痛といった筋肉のこわばり由来の不調をよくする━━コリには体感できるくらいよく効くという話であるが━━用途のようだけれども、つまるところは筋肉に刺激を与えて血流を促して症状を緩和、回復方向へ持っていく、というシンプルな製品であろう。ダメージ回復は血流量がモノをいう(回復組織形成や回復素材運搬は血流による)
膝皿がよくないので膝周りにくっつけてピリピリしておいた。それが効くのかどうかは知らないが、少なくとも整形外科の先生が「やっていきたまえ、ぜひともやっていきたまえ」とやたらに勧めるくらいであるからまるっきりのインチキではないだろう。4000円弱で早期回復(の予感とプラシーボ効果。それと手は尽くしたという心の安寧)が買えるなら安い。





ねこがかわいい。



2013-07-31
Swim2000m
200m3:20サークルを試してみたい。負荷軽めでレスト短め、という試み。200mはきついからめったにしないし、できないし、もう1年くらいやっていない。以前にやっていた時は4分サークルだったり3:30さーくるだったり、負荷高めでレスト長めだった。
疲れている気もするし、レーン状況によっては200mを泳げないこともあるので…。
泳ぎ始めたらどうにかこなせた。レーンも空いていた(というか、他の泳者がよけてくれた)
  • 200m3:20サークル×5
パドルやブイをつけたり外したり。ノーマルクロールではレストが12秒、ということは3:08程度の戻り。タイムは良くない…レストが短いからこんなものだろうか…。


ねこがかわいい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. オムロンの低周波治療器使っていますよ。
    単4電池なので直ぐに使い切っちゃいます。
    病院にあるのは電流変換器の部分が大きいのだと思いますよ。
    まぁ確かに20%くらいのギミックはあるかも…。

    こちらのプールはヤード規格なのではっきりとはわかりませんが
    200m3:25ならば妥当な気がしますが…。
    ボクの参加するクラスでは100yd1:40で泳がされます。

    もしご自分のスピードが不安であればスクールとか
    スイムクラブなどに参加されてみてはいかがですか?

    返信削除
    返信
    1. akiraさん、こんにちは。アメリカでのダイエット生活だそうで…あちらはコーラが1ガロンとかアイスクリームが2リットルとかすごいらしいですね…。

      低周波治療器、効くのかわかりませんがピリピリして本物みたいでいいですね。
      粘着板とか電池でランニングコストがかかりますけど、そう大きなコストでもないのもいいです。

      昨年は200mで3分を切れていたのですが、今はうまくいきません。
      スイム教室も興味があるんですけど、通うには地理的にちょっと負担が大きいんですよね。

      削除