4.23.2013

大変な傑作の予感


かれらは自分たちがどれほどひどい理不尽なことを要求されているのかを十分に理解せず、また、現実に何が起こっているのかに気づくほど社会の出来事に強い関心を持ってもいないからだ。理解力を欠いていることによって、かれらは正気でいられる。



少数派であっても、いやたった一人の少数派であってさえ、そのことで狂人ということにはならない。一方に真実があり、他方に出鱈目がある。もし全世界を敵に回しても真実を手放さないのなら、その人間は狂っていないのだ。



女はそこでことばを切り、胸をさすってげっぷをした。「ごめんよ」女は言った。「どうも調子が悪くてね」女は身体を屈めると、床の上にとめどなく嘔吐した。

一九八四年が佳境である。陰気で息がつまる。大変な傑作の予感。





Swim2600m
体感の調子はよくない。が、パドル&プルブイで250mを2本やったところ、45秒弱のラップだった。体感の割には悪くない数字。
その後、パドルを外したら大崩れ。体感より50mにつき3秒遅い。調子の悪さにやけくそになって負荷をかけたらやっと100mで85秒など。
「負荷をかけたつもり」では実際には負荷がかかっておらず、やけくそにスプリントするくらいの心持ちでないと「負荷をかける」ことはできないのだなあ、と思った。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿