2.03.2013

カラマーゾフの兄弟

2013-02-03 Ave27.7
久々にEF50mm f1.4 色、艶、ボケがよい
ローラー70min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。化け物と殴り合うイヤな夢を見た。自称症状は感じず。
ドリンクのほかにジェルでカロリー補給。朝であるし、疲労がたまっていないといえないこともあり、インターバルや負荷をかける気力はなく。

おかずのTVは「カラマーゾフの兄弟」である。「カラ兄」といえば、ドストエフスキー大先生の最高傑作であり、地球で最も美しい書物の筆頭といえよう。その「カラ兄」の日本ローカライズTVドラマである。
2013-02-03 イワン・カラマーゾフ
ワーニャ
今回見たのは第2話でニヒルな次男、イワン・カラマーゾフの紹介を中心とした展開。なんとかというカッコイイ俳優がイワンを演じていた。キリスト的パラダイムのアキレス腱を引きちぎる「大審問官」の長語りが楽しみである。ドラマでは弁護士という設定。
2013-02-03 ドミートリ・カラマーゾフ
ミーチャ
色情、直情、単細胞の愛すべきくそったれ野郎、長男ドミートリ・カラマーゾフは、なんとかというカッコイイ俳優が演じていた。
2013-02-03 アレクセイ・カラマーゾフ
アリョーシャ
美しい人、我らが三男アレクセイ・カラマーゾフは、なんとかというカッコイイ俳優が。修道僧じゃなくて大学生という設定。

2013-02-03 カラマーゾフの兄弟
カラマーゾフの兄弟
カラマーゾフの兄弟はこれまでに2度(3度かも)読んだ。10年に1度読みたい。死ぬまでにあと何度読めるだろう?
訳は最近の亀山版がこなれていてよい。Kindle版もでている(!)。

久々にEF50mmを付けた。やっぱり単焦点は描写がよい。



Swim1700m
プール。昨日負荷をかけたので今日は漂うだけ。
調子がイマイチのような、こんなもの、というような。腕肩に疲れが多少あり。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿