2.19.2013

おきなわマラソンへいってまいりましたよ!


2013おきなわマラソン-YouTube



2013おきなわマラソン2013-02-16
レース前日 Saitama-Okinawa
2013おきなわマラソンのため、沖縄へ。すっかりヒコーキにも乗りなれた。バスでヒコーキのふもとまで行って、階段で乗り込む、というLCC的流れ。
沖縄は少し暑かった。半そででも長そででもよいが、走るには暑すぎる、という感じ。
24時間モノレールパスを買い、モノレールに乗り、暖暮というとんこつラーメン店でとんこつラーメンを食べ、なんとかという貸し自転車店でママチャリを借り、ノーヘルで乗り、波上宮に行き、自称症状がすっかりなおるよう祈り、坂道を上り、首里城を横目に見、坂道を下り、坂道を上がり、石嶺市民プールに行き、30分軽く泳ぎ、ローソンでアイスを買い、食べ、坂道を上り、坂道を下り、那覇に戻り、自転車を返し、モノレールに乗り、旭橋で降り、カプセル宿へ行き、チェックインをし、iPadをいじり、風呂屋に行き、足をもみ、モノレールに乗り、美栄橋で降り、なんとかという元祖ソーキそば店に入り、ソーキそばを食べ、SONY RX100のミニチュアモードをいじり、美栄橋駅近辺を撮り、ニタニタし、カプセルに帰り、寝た。マラソンに遅刻してDNSという夢を見た。





レース日 Okinawa
2013おきなわマラソン2013-02-17
那覇からバスで1時間かけて会場へ向かう。なんとか、という競技場が会場。沖縄の景色は、何となく、異国情緒がある。アスファルトの薄い色とか、南国植物とか、南国島国風の顔立ちとか、錆びとか、墓(亀甲)とか、コンクリ住宅とか、読めない漢字とか。運賃900円弱。
2013おきなわマラソン2013-02-17
会場着。沖縄県総合運動公園。
2013おきなわマラソン2013-02-17
海が見える。景色が良い。米軍関係だろうか、参加者の外国人比率が高い。発音はアメリカ式に聞こえるからアメリカ人だろう。荷物を預ける(500円)、トイレに行く、体をほぐす、補給をする等をし、準備。
2013おきなわマラソン
ミス・なんとかというかわいこちゃんが来ていて、TV中継もされる。大きなレースである様子。

カメラロール-12
列に並ぶ。ゼッケン順なので随分後ろの方になった。今回はハムストリングス不安があり緊急時に備えてiPhoneを持って走ることに。Kindleで"アンドロイドは電気羊の夢を見るか?"を読むなどしてスタート待ち。デッカードがアンドロイドにムンクの画集を買い与え、直後に射殺していた。
2013おきなわマラソン
スタート。ひどく渋滞。ちょっと走ってみても直ちにハムに異常がない様子。沿道のアメリカ人が大変陽気。異国情緒。

5kmくらいまではとにかく渋滞。キロ6も出ず。
レース直前にハムを痛めたため、今回のターゲットはSub4ということに。ハムに異常がなければイージーではないか、という予想をしていたが、私(イケメン)は甘かった。マラソンをなめていた、と知った。

Sub4ならばGarmin読みでキロ5:35程度でよい、渋滞でのロスを取り戻すためにキロ5:25位でしばらくいけばよい、という感じで進む。時折ハムにおや?という感じがあるものの、その程度。
勝連城跡
晴れていて暑い。気温は24度。湿度は知らない。乾いてはいない。10kmほどで勝連城跡という世界遺産を通過。これが実によい景色であった。海、島、山、城、緑。全部埼玉にはない。うひょ!などとニタニタして写真を撮る。過ぎてからも振り返ってはチラチラと見る。

元気だったのはこのあたりまで。あとはひたすらアップダウン。後で知ったが「ひたすらアップダウン」と思っていたのは実は大したことはなく、GarminデータではElevation Gainはたったの336mだった。1500mくらい上ったでしょ!と体感していたが…。

ハーフ通過あたりでようやくSub4ペースメーカーに追いつき、追い抜く。スタートラインまでのロス、渋滞でのロスをようやく取り戻す。25kmほどで「この疲れ方ではこのあとまずいぞ…」という具合に…。足が棒になりつつあった。

30kmほどで既に足が棒。想像以上に足が疲労している。この疲労具合、さいたまの平地なら38kmくらいまでは進行しているはず。アップダウンが効いているのだろうか?暑いせいだろうか?
昨年10月の須賀川ハーフで初めて感じたことだが、やはり他のランナーと比較して私は上りは速く、下りは遅い。走り方がおかしいのだろうか。
嘉手納基地へ
そしていよいよ「嘉手納基地」の中へ。おきなわマラソンにエントリーした決め手はこれ。米兵マッチョが応援してくれる、とか、アメリカ風の街並みで海外旅行に来たようだ、という話である。
ピックアップトラック。軍服。軍人さんは体格がよい。ハムが痛まず、リタイヤせずにたどりつけた。よかった。
嘉手納基地
基地の中は話に聞いていたとおり、アメリカのようだった。クリーム色の建物、広い道路、芝生、マイル表示。また、何丁目何番地方式でなく、なんとかストリート、と道に名前がついている方式。基地といっても居住区域の様子。
嘉手納基地
消防車も向こうの仕様。
おきなわマラソン
そして沿道には米兵とその家族がおり、あちらの言葉、発音、雰囲気で応援してくれる。子供も一生懸命応援してくれる(上のYouTube動画0:45くらいから)
"GOOD JOB !"
"Ganbare !"
"You can do it !"
水、飴玉、チョコレートもくれる。「やや、ここはアメリカだぞ、これはすごいぞ、はるばる来たかいがあったというものだぞ」と思いつつ、足が棒。アメリカ文化へのあこがれから、テンションがピュっと上がりつつ、足が棒。米兵マッチョ、金髪美女、子供。うひょ!
基地内は下り坂だったこともありペースも上がりつつ、より一層足が棒。

嘉手納基地を抜けると、また沖縄。気も抜ける。あと10kmもあるのに、足が棒。マラソンをなめていた。おまけに足親指の股が痛い(水ぶくれと後で知った。低温やけど?)。靴下と靴と足の相性が悪かったらしい。

35kmくらいまで進むともはや足が棒を通り越して痛くてしびれる棒。なんということだろう…。マラソン単体で35kmでヨタヨタである…。マラソンを甘く見ていた…。こんなはずではなかった…。
Sub3.5だと豪語したこともあったがSub4ペース維持も精一杯。ただ、まだSub4ラインには多少貯金があるし、ハムの具合も悪化していないから完走はできるのではないか…と…。

気合いと根性で鼓舞したり、カウントダウンし始めるにはまだ先が長い…。もはや足がしびれる痛い棒を通り越し、2本の拷問棒である。足が地面に着地するたび、有害物質でも注射されているような感覚。
上り坂は激しい上り坂、平地はきつい上り坂、下り坂は拷問坂。1kmは2500mであった。1分は150秒であった。
終盤のムチ、と温存しておいた「気合と根性」は出番を迎えることなく死に絶え、神経シナプスちゃんは苦痛汁で超満員になった。
2013おきなわマラソン
体中が苦痛毒汁で満たされつつ、どうにか歩かずにゴール。ヘロヘロのヨタヨタでボロボロ…。ゴール後しばらくは感慨なし。真っ白。呆然。
タイムはネットで3時間50分弱、グロスで50分強、といったところ。Sub4でも精一杯であった…。
2013おきなわマラソン Finisher Medal
参加者中の上位からのパーセンテージはちょうど中間、50%くらいかと思っていたが、案外と悪くなく上位9%あたり。ファンランナーが多かったのだろうか?
現状では完走、Sub4が限界。アップダウンが多いからきついんだ、と解釈したかったが、Garminデータを見ればそんなに上っておらず…。マラソンは本や人の体験談を見て想像していたよりもずっとずっと厳しかった。ロング走をこなせばもう少し楽に走れるのだろうか…。それと坂をもっと取り入れないと…。
Sub4で限界ではあるが、初めて歩かず完走できたレースである。これまではどれも撃沈、DNS、DNF。また、もうこれ以上はムリ、というところまで走れたからその意味でも満足。ハムも大事に至らなかった。

走りはじめた頃、自転車にだけ乗っていた頃、フルマラソンを完走する日が来ることを、想像できただろうか?







2013おきなわマラソン2013-02-17
那覇までバスで。1000円。窓からまだ走っている人たちが見えた。みんな足が棒なのだろう…。
カプセル宿近くのなんとかという店で沖縄そば。大盛りに麺増量でも足らず。カプセルでiPadをいじり、レンタカーを予約し、風呂屋に行き、よく足をもんだ。暗くなった頃、腹が減った。バーガーキングに行き、アボカドバーガーを食べた。カプセルに戻り、本を読み、寝た。



レース翌日 Okinawa-Saitama
2013おきなわマラソン2013-02-18
半日観光をし、夕方に飛行機。ひどく筋肉痛だが、動ける。Sub4でヨロヨロ。トライアスロン界的にはハナクソ同然だが、フルマラソンをそれなりに完走できた。気分はよい。
予約したレンタカーで島南部、沖縄戦関連巡りへ(美ら海水族館に行くには時間がなかった…)。軽自動車とか安いクルマがあればよかったのだが、空車の関係で高いプリウスになってしまった。静かで燃費が良く快適なクルマ。
2013おきなわマラソン2013-02-18
南部方面へ行くと田舎景色。さとうきび畑、沖縄風の住宅、塀など。違う文化圏なのだな、と。
2013おきなわマラソン2013-02-18
イケメン図
まず沖縄本島のほぼ南端の具志川城跡へ。主なき城。13世紀ごろの作。背後は海と崖。風と波の音が美しい絶景であった。規模は首里城等と比べるとごく小さい。城というより豪族の住宅プラスアルファ規模。
2013おきなわマラソン2013-02-18
城の主が感じたであろう風、波、音は、今も同じであろう。風情があって非常によかった。現在修復中である様子。
2013おきなわマラソン2013-02-18
近くに平和の塔。沖縄本島南端。米軍が北から掃討しつつ進行。日本軍は南下しつつ時間稼ぎの持久玉砕作戦。その最後の地…。
2013おきなわマラソン2013-02-18
南端であるから灯台。これはストーリーはなくただの灯台。



2013おきなわマラソン2013-02-18
ついでひめゆりの塔へ。こちらは観光地化されていて客引きのおじさん等。朝食としてひめゆりバーガー、ポテト、ルートビア。ルートビアはまずい。350円と安い。手作り感のある味。
2013おきなわマラソン2013-02-18
ひめゆりの塔。修学旅行で来た時は頭がお子様ランチだったから興味もなければ、関心もなかった。時間の無駄だと思っていた。土地のムダづかいだと思っていた。年をとって再訪すると、涙なしには順路を進めなかった。
2013おきなわマラソン2013-02-18
穴。この穴が、戦争末期の「外科病棟」である…。この穴で手足切断手術などをした。
有料の館内はひめゆり学徒隊と沖縄戦の詳細。訪れてよかった。

2013おきなわマラソン2013-02-18
ついで平和祈念公園。やたらと広い公園。紀念堂。
2013おきなわマラソン2013-02-18
広場。
2013おきなわマラソン2013-02-18
何かの象徴の火。
2013おきなわマラソン2013-02-18
絶景だが…。戦争末期のストーリーに満ちている景色。
2013おきなわマラソン2013-02-18
碑が無数に並んでいる。人名が無数に刻んである。
2013おきなわマラソン2013-02-18
資料館。有料。沖縄戦の詳細等。
2013おきなわマラソン2013-02-18
建物から見ても景色がよい。画像奥に各県の塔がある。南方で散った大叔父に会いに行った。ただただ、つらかった。
2013おきなわマラソン2013-02-18
埼玉の塔にも行った。ただただ、つらい。
トム・クルーズ主演の映画を見ていたほうがずっと楽しかっただろう。カラオケで酒を飲んだ方がよほど元気になっただろう。水族館で魚を眺めた方が気分が明るくなっただろう。
2013おきなわマラソン2013-02-18
さいたまへ…帰ろう…。風がふいていた。風車がまわっていた。


2013おきなわマラソン2013-02-18
那覇に戻り、首里城近くでとんこつラーメンを食べ、首里城壁から那覇を眺めた。疲れがどっと出てだるくなった。守礼門は工事中だった。琉球コーラを飲んだ。まずかった。空港へ行き、ヒコーキに乗り、さいたまへ帰った。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

17 件のコメント:

  1. 私も年をとってから涙もろくなりました。ふめゆりの塔は辛かったです。
    マラソンお疲れ様でした。体調を崩しやすいので気をつけてください。

    返信削除
    返信
    1. きよさん、こんにちは。

      ですねえ…。たまりませんでした。まだ若いのに。

      体の抵抗とかもろもろが落ちてるんでしょうね。体感では気づきづらいですけど。気をつけます!

      削除
  2. サブ4おめでとうございます☆

    今年の北海道マラソンの詳細アップされましたよ!
    リベンジどうですか?

    返信削除
    返信
    1. そりみやさん、ありがとうございます☆

      北海道マラソンは多分エントリーすると思います。
      北海道に行きたいですし、寿司、ジンギスカンを…じゅるり…
      ただ、暑いんですよね、夏だから(笑)

      削除
    2. おぉぉ!

      エントリー予定ですか☆
      お待ちしています!


      削除
    3. そりみやさんは洞爺湖JAPANでしたっけ?
      北海道マラソンと同時期ですね☆

      札幌で高くなくてそれなりにおいしい寿司店を知っていたら今度教えてちょんまげ!

      削除
  3. マユゲマン2013年2月19日 23:20

    完走おめでとうございます。フルマラソンはやっぱり過酷ですよね。
    でも一度完走してしまえば、来年からはバンバン走れると思いますよー。
    しばらくは回復にお努め下さい。

    返信削除
    返信
    1. マユゲマンさん、ありがとうございます。

      想像以上にきつかったです。何なんでしょうね、あれは(泣)
      今後はロング走とスピード練をしっかりこなして無駄なジョグを減らした方がいいのかもしれませぬ。
      まずは教則本の読みなおしですね~。

      削除
  4. たまごあたま2013年2月20日 1:36

    おつかれさまでした!楽しかったみたいですね☆

    個人的には…沖縄と言えばドクターペッパー!
    本土とはひと味もふた味も違った記憶があります。
    なんというか、直ちに健康に影響ありそなコク?

    ハブの蒲焼きを食してきて欲しかったdeath。
    金髪女子のおみやげ、おすそ分け。待ってます♪

    返信削除
    返信
    1. たまごあたまさん、こんにちは。

      沖縄はいいところです。本土とは文化が異なるのに日本語が通じますからね。
      ドクターペッパーの味も違うのですか…。さんぴん茶とか琉球コーラとかルートビアとか独特の飲み物がたくさんありましたが、どれもイマイチで…(笑)

      金髪美女、私も待っているのですが、待ち人来らず…

      削除
  5. 沖縄マラソン完走おめでとうございます。
    僕も去年ひめゆりの塔と平和祈念公園に行きました。戦争と平和だけじゃなく、日米関係とか米軍基地とかいろいろ問題は根深いなと感じました。
    でもまあ、まずは体を休めてあげてくださいね。
    ちなみにルートビア僕は結構すきですよ。

    返信削除
    返信
    1. けいさん、ありがとうございます。

      捨て石にされて戦争のダメージが大きいところですからねえ…。何とも複雑なところです。

      ルートビア…あの香りはちょっと…。「飲むサロンパス」なんて言われてますね(笑)

      削除
  6. 完走お疲れさまでしたー!
    五島に向けてひとつ課題をクリアですね。
    それにしても非日常な環境でのマラソンは楽しそうでうらやましい限りです。

    今回の出動はRX100のみですか?
    そろそろカメラも欲しいなと思っているのですが、やはり複数持ちするほどの気概がなく迷っています。

    返信削除
    返信
    1. Crispさん、ありがとうございます。

      おきなわマラソンよかったですよ。公設エイドもありますが、私設エイドが充実しまくりです。どこでも塩分糖分補給できます(笑)
      勝連城とか、嘉手納基地内を走れるのはすごく良かったですねえ。リピーターになるかもしれません。ちなみに「NAHAマラソン」とは別物です。

      フィニッシャーメダルが5D Mark IIで、レース(ミス・ハイビスカスからゴールまで)がiPhoneです。他がRX100ですね。
      1台体制で、ミラーレスでもよいならミラーレスがいいんじゃないでしょうか。NEXの新しい標準レンズが小さくなりましたよ。
      もっと小さいのがよければCanon S110が万能でしょうか。少し動画が弱いかも知れませんが。
      RX100はちょっと大きくて重たいです。寄れないので万能機とは言えないですね。高いですし…。でも高い、寄れない、重たい、大きいのが気にならなければ絵がキレイでいいですよ!

      削除
  7. ゆうさん、完走そしてサブ4おめでうございます&お疲れ様でした。
    自分もこの前勝田マラソンにてフル初デビューでしたが、本当に25kmあたりからは(ムスカ大佐ではありませんが)”脚が棒のようだ”状態になり、周りの歩き出す人に誘われるように歩き歩きの状態でした…。
    当然サブ4なんて程遠い…。なんとかサブ4.5状態…涙

    フルを腕立て伏せに例えて、20回なら大丈夫だが、30回以上はキツイってのは、成る程なという感じですし、30km走やっとかないとダメだよ!という先人たちの言葉もその通りでございますです。ハイ。
    やっぱり5km走の記録×10倍ってのはだいたい合ってますね。
    自分も頑張って次はサブ4ゲットしたいっす!

    返信削除
    返信
    1. ↑スイマセンGEECEEでした。

      削除
    2. GEECEEさん、こんにちは。

      フル、きついですね。もう、思い知りましたよ(泣)
      30km走も1回じゃ全然だめで、4回5回と繰り返してイージーに感じるくらいにならないといけないようです。
      そんなに走ったら故障しそうですが…。

      ウルトラマラソンとかトレイルの人などは、一体何なんでしょうね…

      削除