2.24.2013

3Tステム交換-チタンボルトについて-

2013-02-23 3T ARX TEAM
Cervélo P3のステムを替えた。
3T ARX TEAM ±17度(赤いほう)から3T ARX PRO ±6度(白いほう)に。これによって少し(5mmとか1cmとか)ハンドルが高くなった。少しハンドルを高くしたかった。また、ほんの少しハンドルが遠くなったかもしれない。
2013-02-23 3T ARX PRO ボルト
3T ARX PRO 20g
ハンドルを高くしたかった、という理由のほかに、3T ARX TEAMに使われているチタンボルトを外したかった、という理由もある。
なぜなら、チタンボルトは破断例が多すぎるから。整備素人が適当に「手ルクレンチ」で締めてねじ切った、という破断例ばかりでなく、トルクレンチを複数持っているような自転車マニアまでバンバンねじ切っている。
ステムのボルトなんていうのは調整のたびに何度も締めたり緩めたりするものじゃなくて、一回締めたら使い捨てだよ、みたいな説もある。レース時にはハンドルを外して輸送し、現地で組み立てるわけだが、そんなところでチタンボルトが破断するとアウトである。
自転車の世界は、トッププロが使う機材も素人が使えるが、チタンボルトみたいな極端にデリケートな扱いが必要なものは使いたくない、スチール?なら多少は強度面で粘りのあるボルトだろう、というわけで。
2013-02-23 3T ARX TEAM チタンボルト
3T ARX TEAM 12g
チタンはさすがに軽い。TEAMのボルト6本で12グラム。PROのボルトで20グラム。ネジだけで8グラムも-自転車界では8gは大きい-違う。TEAMとPROの差はステム自体の素材や焼き入れ加工、剛性などなどが違うそうだが、実質的な違いはこのボルト(と色と名前)だけと言われる。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. はい、僕も手ルクレンチでねじきりました。。
    ナルシマにもちこんだけど、ドリルも歯がたたないので中尉ですよね大佐。

    返信削除
    返信
    1. これ、パチンってねじ切れちゃったらほんと困りますよね…将軍。

      やっぱりドリルとかグラインダーとかそんな道具の出番になっちゃいます。整備中の破損ならまだしも、破断寸前だったボルトが走行中にパチンといったらちょっとシャレにならんですね。

      削除