2.05.2013

対フル練2

Garmin 110
Run126min(Ave4:48 HR134)
対フル練。もう本番まで時間がない。
昨日するはずだった通勤セミロング走を疲労のため今日に延期。今朝もまだ疲労が残っていたが、スケジュール的にこなしておかねば…。疲労が濃ければスロージョグでも、中断でも可、という心持ちで。エナジーバーを食べてからジェルを2本持って出発。
2013-02-04 Adizero Adios 2 (Adizero Japan 2)
靴をAdizero Adios2に新調した。足がB Widthであるから海外のWomen'sである。なかなか靴底が減らず粘りやがるAdizero manaは経年劣化という名目で退役。Adizero Adios2はおそらくAdizero Japan2の海外名で同一モデル。微妙な仕様変更があったりするのかもしれないが。
Adizero Japanというとエライ人のスピード練や決戦一発用シューズ、という印象があったが、案外と普通の靴である様子。Adidas公式のチャート図でもSub4くらいから履いてよし、みたいに書いてある。靴底は厚くも柔らかくもないけれどもペラペラじゃないし、公称によれば「クッションモデル」の位置づけで、Adizero manaと10gしか重さも変わらないから超軽量でもない。Women's B Width 25.5cmで片足が210g弱あった(カタログだとMen's 27cm 推定E Widthで210g、Women's 24cmで185gと書いてある。ちなみにAdiosだとMen's 7.4オンス、Women's 6.3オンスらしい。サバ読み数字か)

カタログはともかく、実際に走ってみたところ、履き心地、フィット感は非常に良い。どこかがきついとか、ゆるいとかがなくジャストフィット、という感じ。つらいサイズ沼の末の幸せ…。うひょひょ!
走り心地は硬質。ソールが柔らかくない。ふかふかじゃないけれども、ふにゃふにゃしていない、とも言える。ふかふかクッションでないかわりに推進力を殺さないソールである。いや、よく知らんが。

しかし、意識をしなければ特になんということもない普通の靴。いくらか軽い気もするな、いくらか硬い気もするな、気のせいかもしれないけど、という程度。

風が強くてイヤだなあ、砂ぼこりがイヤだなあ、なんか調子悪いなあ、疲れているのかなあ、等。10km、15kmくらいで少し調子が出てきて追い風もありキロ5維持が楽に。前回より少しだけ長めの26km超。終盤に(遅刻しそうだったので)多少ペースが上がった。ふくらはぎにダメージがあるものの、余力は多少あり。
途中Y神社に寄って自称症状がすっかりなおるよう祈り、途中N神社に寄って自称症状がすっかりなおるよう祈り、途中T神社に寄って自称症状がすっかりなおるよう祈り、途中ホームセンターYのトイレに駆け込み事なきを得た。
起きた時はダルさを感じたが、走っているうちに調子が上がった。エンドルフィンだか何だかの影響でそう「体感」しただけであって、疲れていないわけではないから気をつけねば。
対フル練はあと1回、30kmをこなしたい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. マユゲマン2013年2月6日 16:55

    しっかり刻んでますね。ビルドアップできてますし、サブ3.5いけますよ。自信持って頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. ん~。どうでしょうか。
      イマイチ疲労が抜けませんし、ケガなく完走できればそれで御の字ですね!
      一応キロ5イーブンで行くつもりではいますけれど。

      削除