10.31.2012

私の松下奈緒ちゃんがチョイ役で出てきてジャンボに乗って序盤で死んだ

寝タブ
寝タブでKindle
寝タブとは…。労働という名前の寿命すりおろし作業と、翌日のすりおろし作業の合間に布団にくるまってタブレットをコネコネといじくりまわして眠気が来るのを待ち、かわいこちゃんに会えるかもしれないこの世で唯一の世界に溶けていく至福の時のことである。


タブレットを買ってから、イスに座ってコンピュータをいじる時間と、iPhoneをいじる時間減った。その分、タブレットをいじる時間が増えた。タブレットをいじくる時間の中でも、寝タブはとりわけ快適である。

Apple EarPods MD827FE/A
Apple EarPods
寝タブ時間をより快適にすべくイヤホンを買った。
気軽につけ外しできて、蒸れないもの。つまりカナル型でなく、ヘッドホン型でもないもの。そして高級品でもなく、低音質でもないもの、という条件。これで探すとAppleのEarPodsが良かろう、ということになった。MacBook AirやiPhoneにつなげばリモコンやハンズフリー(?)になるし。Amazonのレビューでもほぼ絶賛一色だったし。
よく知らないけれどもiPhone5とか最新のApple端末のおまけイヤホンらしい。2700円の割にはいい音がするよ、という評判の通りであった。iPhone4Sのおまけイヤホンもリモコン付きで機能面はいいものの音質がイマイチだった。しかし、この新型はなかなかよい。耳にポンとはめるだけで気軽だし、はめ心地もよい。そして単に音が鳴っているという水準でなく「聴ける」水準である。若干ヌケが良くない気もするが、フラットかやや低音よりのシンプルな音。今後数年、世界で一番たくさん生産される-数億本?-イヤホンであろうから、スケールメリット効果で値段の割にはいいものができるのだろうな、と。
これまで見たことがない造形だが普通のオープンエアー型なので騒音のある屋外使用は厳しいものの、室内や布団の中で重宝しそうだ、などと布団の中で思いつつ、夢の世界へ入ったのだった。


2012.10.31
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って、1時間二度寝をして、二度目の朝トレ用目覚ましで起きた。よい天気だった。
Ave26.4
軽く1時間ローラー。TVは「沈まぬ太陽」を。日航ジャンボ機墜落のお話だった。私の松下奈緒ちゃんがチョイ役で出てきてジャンボに乗って序盤で死んだ。
自転車トレを怠っていた結果が出てひどく数字が悪かった。ハムストリングスは違和感があるが、痛くはない程度に回復してきた。

Garmin 310XT
そして……ないない!なくした!と騒いだGarmin 310XTちゃんを見つけた……。やはり外で落としたわけじゃなかった…。
カーテンと窓ガラスのあいだにあった。なぜそんなところにあったかと言えば、放電させるべく電源オンで窓際に置いて放置したのを忘れていたのだった…。
放電させていたのにはわけがある。最近310XTのバッテリーが不安定であった。電池残量が十分に(40%とか30%とか!)残っているはずなのにLow Batteryで電源が切れたりした。バッテリー不良かもしれないし、一時的な不調かもしれない。何度か充電サイクルすれば調子が戻るかもしれぬ、という期待からそうしたのだった。
充電したところ、残量0%から充電開始であった。0%までバッテリーを使えたらしい。まだ分からないが調子が戻ったのかもしれない(調子が悪い時は電池切れを起こしたのに40%から充電開始とか)


iPhone4S & EarPods
通勤ジョグ。ハムストリングスを痛めてはいけないからごくゆっくり。キロ6強で60分。
EarPodsを屋外試用。音量を上げなくても川沿いの静かな所なら音楽が聞こえるかな、という感じ。オープンエアーであるからタッチノイズの不快感は少なくて済む。LSDとかジョグの時は音楽を聞きながらもいいな、と思った。ハムの具合は違和感はあるものの痛みは出ない程度だった。低負荷なら悪化しない様子。


とびきり上等なイヤホンじゃないけれどもコストパフォーマンスはよさそう


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.30.2012

私はかわいこちゃんをぼんやりと眺め続けた

チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って二度寝。朝ローラーの予定が飛んでしまった。

NHK World
NHK World
昨晩、Nexus7でぼんやりとNHK Worldを見ていた。外国人向けなのだろう、全てが英語だった。日本訛りの英語を話す料理人とネイティブ英語を話すかわいこちゃんが肉じゃがだか魚の煮物だかを作っていた。かわいこちゃんが大変なかわいこちゃんだった。私はかわいこちゃんをぼんやりと眺め続けた。


自転車に乗りたいような、怖いような。乗るとすれば転んで骨が折れないような道で慣らしていきたい。どんなルートが転びにくいか考えていた。物見山周回みたいなスピードが出た状態でコーナーを曲がるようなコースは心理的に不可能だ。そう思った。平日の荒川CR下流をゆっくり走ればめったなことでは転ぶまい。そう思った。乗らなければ、もっと転ばない。そうも思った。


行方知れずの私のGarmin310XTちゃんは、まだ見つからない。外で落としたとは考えづらいから、きっと家の中にいる。そのうち機嫌がなおって出てくるに違いない。心拍計測機能なしの予備Garminはあるが、心拍計測はしたい。暫定でGarmin110を注文した。Amazonの並行輸入品より少し安かったからWiggleにした。1週間もすれば届くだろう。ハムストリングスもその頃には良くなっているだろう。


プール。昨日に比べてアップから調子がよい。プルブイ、ドリル、キック後に100m2分サークル。90,87,88秒。骨折後としてはよいタイムが出たから3本で満足した。
合計2300m。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.29.2012

筋力?技術?

1 ハムを回復させる、という大義名分が立ったので二度寝。

2 レース後の回復が進んできたようで、食欲が戻った。

3 どこか海が青いところへ旅行する夢を見た。

4 毎日のようにAirAsiaのサイトへ行ってはどこへ行こうか、どこが安いか、等。

5 私のGarmin 310XTちゃんが行方不明のままである。

6 Born To Runを読み進めている。序盤が長くなかなか話が始まらない。そして語り口がいちいち大げさでくどい。だが、嫌いではない。

7 プール。2100m。リハビリはだいぶ進んだけれど、タイムが上がってこない。頑張って100m90秒がやっと、という感じ…。筋力が戻っていないのだろうか?技術が落ちたのだろうか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.28.2012

新靴導入&Garmin紛失

たそがれ清兵衛
真田広之    
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。いい夢は見なかった。iPadが欲しいな、と思いながら寝入って、iPadが欲しいな、と思いながら起きた。
ローラー。45分軽く回して、45分ジョグをする予定。TVは「たそがれ清兵衛」を。お気に入りの映画。真田広之がカッコイイ。私がもう少し年をとったらあのようなシブメンになるのだろう。
右ハムが少し痛い。レース時に痛いな、と思っていた個所。重度ではないが痛めた様子。

ローラーしながらジョグ装備に変える手順を考えていたところ、いるはずの場所に私のGarmin 310XTちゃんがいないことに気付いた。床に落ちたのかと床を探してもない。おや?
他にいるだろう場所を見ても310XTちゃんがいない。おや…?
ローラーを中断して部屋中を探し回るものの、いない。おや……?
確か前回使用したのは浅草Runで、帰るまで腕につけっぱなしであったはずだから落とすはずはない。ということは部屋にいるはず…。探す。とにかく探す…ものの…いない。おや………?

私の…310XTちゃんが…どこにも…いない…。


Nike Free Run
いないものはいない。ジョグに出かける。GPSはiPhoneのRunkeeper。GPSがないと走った気がしない。GPS依存。
靴は新しく買って届いたばかりのNike Free Run+3 Women'sで。ベアフットとかフォアフットに興味があるわけではないし、普通の靴では使わない筋肉を使って云々、という疑似スポーツ科学というかオカルトじみた宣伝もあってちょっとインチキくさい気もするけれども、流行モノであるし普段履きを兼ねて。
Nike Free Run+3
かなり軽量。レース靴並みの軽さ。柔らかいアッパーで履き心地は最高。軽い代わりに型崩れ防止(足の保護?)のプラスチック片などが入っていない様子。足入れの踵部分なんて簡単に潰れる。ただ、軽くてもソールは普通に厚いのでクッション不足は感じない。
走ってみると案外と普通の靴。足裏がピリピリするよ!とか、ちょっと走っただけなのに異様な筋肉痛!とか、クッション性能が皆無で踵着地だと膝と腰を壊すよ!いう評判があるが、それほど劇的な違いは感じなかった。もちろん、長く履いてみないことには分からないことだが。Nike Freeにはたくさん種類があって、その中でもこれは通常の靴に近いマイルドな性格のFreeであるから、案外とそんなものかもしれない。
ハッキリと通常の靴と違うのは「前に進まない」という点。ソールがぐにゃりと曲がるので路面の蹴りだしは弱く、前に進まない。これは機材変更に鈍感でも体感できるほど。多分靴に詳しい人がいうところの「ソールの反発力がない」というアレだと思う。
履き心地がたまらなくよい。NewBalanceW890と同等以上のよさ。Adizero mana6とは比べ物にならない。Adizero mana6は普段履きとしてはハナクソである。走り心地はまた別の話だが。
しばらくはジョグと普段履きに使ってみる。
Ave4:56
40分走った。右ハムが痛い。ハムは癖になったり長引いたりする。しばらくはハム回復をさせねばならぬ…。


ふたたびGarmin捜索。いない…私の310XTちゃんが…いませんよ……。ど…どうしよう…。

310XTの後継機 910XT薄くなったらしい

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.27.2012

レースで受けるダメージ 回復に必要な期間

先日、浅草まで走った際、体の芯が明らかに疲れていた。足が、という局所的な疲れではなかった。脂肪を燃やしてエネルギーを取り出して血液で送り出し筋肉を動かす一連のメカニズムそのものが十分に機能しない感じであった。
Think Fast
"Think Fast"  邦題「ランナーのメンタルトレーニング」
知識として知っていて頭では分っていてもなかなかできないのが休養である。レース後はしばらくリカバリーにあてて体のダメージを回復させてから次のステップに、というのがセオリーであるが、筋肉痛が取れ始めれば回復したのじゃないかと「体感」する。頭が悪い人間はセオリーに従わず「体感」で判断する。頭の悪い人間は願望に基づいて判断する。回復しただろうという「体感」に基づいて走りだすとダメージを蓄積させて故障する。セオリーに従わなかったそういう結果になる、と教則本に書いてあった。
レースで受けるダメージ
ハーフマラソンとはいえ特に今回のレースは現状の能力を出し切った感がある。つまりはダメージも最大級ということである。教則本によれば、レースで走ったマイル数と同じくらいの日数をリカバリーに当てるべきである、という。ハーフマラソンは13マイルだから2週間くらいはリカバリー期間ということになる。来週いっぱいまではセオリーに従って軽いメニューで。

この「ランナーのメンタルトレーニング」という本は今まで買ってきた教則本の中では一番読み返している。実践的なトレーニングメニューはほとんど書いてないし、目新しいことも全然ないが、逆戻りできない人生でランニング(持久系スポーツ)を楽しむ際の落とし穴を教えてくれる。優れた選手でも、落とし穴にはまって競技人生も実人生も破滅する、というような例は掃いて捨てるほどあって数えきれない。いろんな落とし穴にはまらないよう自分を制御するのがメンタル・タフネスである、と書いてある、気がする。
さっさとKindleで出してほしい。この本ならKindle版で買いなおしたい。

円谷幸吉
レース写真が販売開始になった。大変なイケメンの雄姿をみつけた。プリント版もデジタルデータ版もあるようだけれどもかなり高い。一枚につき、2L版で1600円、デジタルデータで3000円である…。2L版500円、デジタルデータで700円なら考えたいところだが…。

---------------
軽く1500m泳いだ。プールはめちゃんこ混んでいた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.26.2012

Kindle襲来


Amazon.co.jpでKindleが開店した。デジタル化の流れは止まらない。本もいずれ電子化されるからAmazonみたいな黒船が来て市場を喰い尽されて更地にされる前に日本も多少血を流したとしても勇気を持って電子化に踏み出しすべきだ、と思っていたけれども、結局決断できず、行動できず、複雑な権利関係を整理できないまま時間を空費し、ついに黒船がやってきてしまった。

Kindle for iOS and Android
ランニング本としては毀誉褒貶があるものの読み物としての評価が高い"Born To Run" セール価格だった
と、いうわけで早速Kindleを使用した。Kindleというと専用端末を買ってそれで電子書籍を読むのかと思いがちであるが、実際にはKindleアプリを入れればiOSでもAndroidでも使える。Amazonで売っているKindle端末は実態はAmazon仕様のAndroidの亜種である様子(電子インク版は書籍特化)。ちなみにアプリの挙動は十分使用に堪えるがイマイチといえばイマイチ。まだKindleの品ぞろえは貧弱であるが、今後Kindle版がある本ならKindle版で買う。物理本なら買わないけれども、Kindle版があるなら読んでみるか、と本を買う可能性はある。物理本がなくても読書ができるわけだから読者としてはいいことばかり。

Nexus7所有以前はKindle端末は絶対に買う、と思っていたが、既にNexus7がありKindleも使えるのでKindle端末はパス。また、同じカテゴリでiPad miniが発表されたがこちらもパス。iPad miniはもう一つなにか特徴がないと-例えばRetinaディスプレイとか、価格が安いとか-、食指が動かない。Apple製品であるからカッコイイ!という点はNexus7ではかなわないけれど。
ただ、iPad miniはいらないがiPad本家は欲しい。河川敷に落ちていたら拾って使う予定。

iPad mini発表会でアップルのエライ人が私のNexusちゃんに「ケータイを引き延ばしただけのハナクソ」と悪口を言ったらしいが、まあ、実際使っているとそんな気がしないでもない。もちろん、そんなこというならiPadはiPhoneを引き延ばしただけのハナクソじゃないのかと思わなくはないが、私は使ったことがないので知らない。

いよいよ各社タブレットが出そろった感がある。
仮に、これからタブレットを初めて買うとしたら、何を選ぶか。

候補
  1. iPad
  2. iPad mini
  3. Google Nexus7
  4. Kindle Fire HD
iPad(本家)は7インチカテゴリとは違うから何ともアレだが、こう並べても多分Google Nexus7を選ぶ思う。GPSは欲しい。ただ、カネがうなるほどあったらKindle Fire以外全部である。
Nexus7は、片手で持つにはこれが最適じゃないか、と思う横幅である。これより大きいと持ち手がつらいのじゃないか。iPad miniは手には大きすぎると思うがどうなのだろう。

--------------------------
軽く1600m泳いだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.25.2012

浅草寺Runをした

Run28km
レースのダメージが残っているような、回復してきたような、足の筋肉痛はかなり取れた。東京・浅草寺まで走り、電車で帰ってくる片道Runをしようか、休もうか悩んだ。悩んで、走ることにした。
水道 水分補給
Google Mapsによれば浅草寺まで30kmには届かない程度の距離。補給食一袋、現金、Suica、Canon S100、iPhoneをもって出発。水分はケチって公園の水。
脱いだウインドブレーカーは手に巻くと楽に走れる
寒いから長袖の上にウィンドブレーカー。体が暖まったら暑くなったから脱いだ。脱いだウインドブレーカーを手に巻いたらストレスなく走れた。ウインドブレーカーをたたんで手で握るのと見た目は似ているが全然違う。巻いて、余った先っちょを指で握るとほとんど保持の力がいらない。これから、出発時は寒いけれども走ると暑い、という季節になる。
東京 足立区
Adachi Ward
南下して東京に入った、といっても足立区であるからいくら田舎者とはいえ、ありがたみはない。足立区と言えば、治安が悪く教育水準が低いことで知られている。埼玉で足立ナンバーのクルマを見かけたら警戒水準を一気に上げるのは埼玉民の本能である。
鹿浜橋
荒川CR着。すでに15kmくらい走っていた…。
荒川CR
ケーズデンキ&光家具
CRを河口方面へ。レースの疲れが回復しておらず、既にグロッキーであった…。先は長いのだが…。
堀切駅
キラキラネーム大学が見える
ヨタヨタ、フラフラと南下。何度も止まって休みたくなった。堀切駅で終了して帰ろうかと思った。が、浅草寺に向かうべく堀切から隅田川の方へ。
隅田川
隅田川。川沿いにはブルーシートのホーム、というかホームレスの家というか、そういったものが並んでいた。ドラマや映画でよく見る場所のような気がした。スカイツリーが大きくなってきた。
東京スカイツリー
隅田川沿いをヨタヨタと南下。補給も十分でなくヘロヘロである。スカイツリーがクッキリとしてきた。
28km Ave6:21
メタメタのヨロヨロになって浅草周辺着。28kmでストップ。これにてRun終了…。くたびれた…。

スカイツリー、遊覧船、うんこビル
スカイツリー、遊覧船、○○○ビル。さすが東京の景観である。○○○は初めて見たが、想像の3倍くらい大きかった。
浅草駅
浅草。凝ったビルの意匠。
人力車
人力車。



じてんしゃ
…。



雷門
雷門。いろんな国の人で混雑していた。白人のおじさんがSAMSUNGのカメラを使っていた。台湾でも見かけたが、SAMSUNGはカメラを作っているらしい。
仲見世通り
浅草・仲見世。うひょひょ!お上りさん気分が高まりますよ!東アジアからも中東からも欧米からも観光客が来ていた。
浅草寺 人形焼き
フラフラのヨタヨタだったので補給。
(指を3本立てて) "Three Please..."
アジア系外国人のふりをして人形焼き店のおじさんから人形焼きを買った。日本を観光で訪れた気分が味わえた。1個60円。出来立てのあつあつでおいしかった。
浅草 提灯
Wow!Japanese lantern!
浅草寺
浅草寺・宝蔵門。
浅草寺 塔
脇に五重塔があった。木造でこの高さはうれしい観光ポイントである。
浅草寺のおじさん
Adizero mana6
靴はAdizero mana6に。メインシューズのNewBalance W890は十分走ってくれたので退役。さっさとmana6をはきつぶして在庫のW890に戻したい。そして在庫のW890もさっさとはきつぶれて欲しい。W890は既に新しい色が出ていて、そちらの方が好み。
浅草寺
線香を浴びて、自称症状がすっかりなおることを願った。
浅草寺
浅草寺・本堂。


「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかりなおりますように…」




浅草神社
すぐ横に浅草神社があった。こちらにも参拝。



「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかりなおりますように…」




Tokyo Asakusa Senso-Ji
浅草寺は赤いカラーリングの大きな門に本堂、五重塔。さらには仲見世の土産物通りで東京都心と、人気観光地の条件がそろっている様子。

Tradition and Modernity

タダで配っていたからもらって飲んだお茶
お茶と和風ベンチをタダで提供していたのでもらって飲んだ。
浅草駅
さいたまへ…。

思うところがあって、というか全然思うところはないのだけれども、Raw現像でいじり幅を大きくしてみた。有り体に言うとネット上でヲッチしているアマチュアカメラマンのマネをして現像してみた。似ても似つかぬものとなった。

コンパクトで写りがいい

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ