9.30.2012

本当はローラーしたい

Ave6:14
昨日のビルドアップ走-1km3:38という自己ベストがでた-で足が疲れているだろうから、キロ6強でリカバリージョグ75分。K神社に寄って自称症状がすっかり良くなるよう祈った。
本当は朝ローラーで自転車をしたかったのだが、5時起きは難しい。

T神社に寄って自称症状がすっかり良くなるよう祈った。

肩リハビリ。ある一定のところからリハビリの進捗が遅くなった。今まで以上に念入りに、時間をかけて可動域を広げたり筋力をつけないとこのまま固着してしまうような気がする…。

台風
プール。台風が来ているだろうから空いているはずだが、と行ったら空いていた。板キック200m含めて1700m。うち500mでAve48弱とまずまず。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.29.2012

Google Nexus 7がやってきましたよ!

Google Nexus 7
Googleから2万円Androidタブレットが日本でも!という話を聞いてすぐに注文したGoogle Nexus7が届いた。通信はWifi。台湾ASUS社製。Googleのアジア部署はシンガポールで、発送は香港。運送はFedEXであった。国際的になった。日本の影が薄くなった。
Andriodは初めてで大変楽しみであった。届いたときも5倍の値段のkiss X6iよりぼくちゃんはずっとウキウキであった。
Google Nexus 7
早速開封。iPhoneとiPadの中間くらいの大きさ。まあiPadはよく知らないのだが。iPnoneにと比べたら重たいものの手にひらに乗る。340グラム(iPad 652g)。また、布団に寝転がっても片手でホールドできる大きさ。iPadだとそうはいかないだろう。まあiPadはよく知らないのだが。前面はガラス(?)で特徴はない。背面は見た目も手触りも明らかにプラスチックで安っぽい、というか軽量でよい、というか。
Google Nexus 7
ただ裏面はすべすべではなく、ゴムっぽい感じがあって滑りにくく、うっかり傾斜に置いてしまって滑って落っこちる、という状況にはやや強い気がする。7インチというサイズが、手で持った時の目との距離、視線の動きと画面の大きさのバランスがよく、且つ重すぎない絶妙のサイズなのだろう。iPadではこうはいかない。まあiPadはよく知らないのだが。
Nexus7とiPhone4S
なじみのない日本語フォント
7インチ画面の解像度は1280×800である。RETINAほどではないが十分高精細。液晶の質についてはよく知らない。普通にキレイ。ただ寝る前に布団に転がってみていると最低輝度でも明るすぎる気がする(追記:最低輝度より暗く見えるようにするアプリがある)。動作はiOSみたいにぬるぬるすべすべに美しくはないが高速で実用的ではある。CPUはクアッドコアがどうのというが、よく知らない。2万円にしては随分頑張ったチップが入っている様子。
Google Nexus 7
Google Play2000円分がおまけとしてもらえた。Google Playではアプリや電子書籍や映画レンタル等ができる様子。
Google Nexus 7 フォント
なじみのないフォント
純正の書籍リーダーは横書きである。もはや縦書きよりも横書きの方が自然に感じるくらいだが漱石でも太宰でも横書きである(追記:漱石は縦書きでした…他にも青空文庫は縦書きで明朝体フォントのものが多いようです)
暴れん坊将軍
2000円分を恵んでくれるだけでなく"Transformers Dark of The Moon"という映画をタダで見せてあげるよ!という雰囲気で、ダウンロードできた。これもおまけだろうか。さらにGoogle Playでは仮面ライダーと暴れん坊将軍という目玉が飛び出るような組み合わせの"仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル"をレンタルで扱っていたので近いうちに必ず。必ず、である。




嗚呼…上様…。(その後見た)



Android File Transfer
Macとの接続はUSB経由で、Android File Transferというソフトを使用して動画と音楽を転送する感じ。その他は特にコンピュータにつなぐこともないのじゃないかと思うが、良く知らない。純正アプリでは再生できる動画とできない動画があった。Mac(とiPhone)のアドレス帳やカレンダーはGoogleアカウントとMacの同期で行うから、アドレス帳からなんとかというファイルを作成して転送して複雑な操作をして読みこませて云々、というような面倒なことはせずに済む。Mac(とiPhone)とGoogleを同期しておけばタブレットも自然とそちらに同期する。
USB電源
iPhoneの充電器は使えなかった
コンピュータUSBから給電しつついじくっているとなかなか充電されない。バッテリー残量はほとんど横ばい。付属のコンセントUSBだといじりながらでも充電される。コンセントUSBでもiPhone付属のもの(他いくつかのコンセント型USB、クルマに積んであるシガーソケットコンセントに付いているUSB)では給電モードにならなかった*。なお、カーオーディオのUSBからは給電できた。画面が大きいぶん消費電力も大きいのだろうか。バッテリーの持ちは体感上iPhoneよりはよさそう。

*電池マークの表示では給電モードには見えなくても-電流が十分でないから若干ゆっくりではあるが-充電されている、設定→タブレット情報→端末を確認してみたまえ、というコメントをもらいました。ありがちょんまげ!(iPhoneのコンセントUSBを使ってみたところ実際に充電できた。また、ケーブルによって給電モードになったり、ならなかったりした。どちらでも充電はされた。ケーブルにも通信兼給電ケーブルや給電のみのケーブルなど種類がある。)


Google Nexus 7
全体的な印象としては、コンピュータの子機、という感じでiPhoneよりコンピュータ寄り。ブラウザがかなり快適。モバイルブラウザというよりコンピュータのブラウザに近い。
TwitterやGoogle Readerの閲覧はコンピュータと同等以上の使い勝手じゃないか、と思うほど。イスに座ってマウスを握らないで済むし。
作業性はiPhoneよりはずっとよいが、コンピュータには遠く及ばず、といった順当な感じ。iPhoneだとブラウザでは作業できないし、専用アプリは使いにくくて作業にならないし、という状況がある(Bloggerのことである)のだが、Nexusであればブラウザで作業が可能である。AndroidのBloggerアプリも相変わらず使い勝手が悪いが画面が大きいぶんiPhoneよりは使える。
Flickr純正アプリを入れようと思ったらお前のデバイスじゃダメだよ、と言われた。Android OSは4.1で新しいはずなのだが、どうしてダメなのかは分からない。Nexusは事実上カメラがないようなもので(ビデオチャットのカメラはついている)アップロードすることはないから使うこともないか、と気付いた。閲覧ならブラウザでよい。
Google Nexus 7
コンピュータとiPhoneがあるからタブレットはいらんだろう、と思っていたが、実際いじってみると性能、重量、大きさのバランスがよく、快適でいいものだ、と思った。iPadの半額以下だし。

その後、より便利につかうためタブレットスタンドを自作した←その記事

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.28.2012

装備品雑感

高ボッチ高原 HIJET
DAIHATSU HIJET
諏訪小旅行(+α)で552.6km走り合計36.08リットル給油した。満タン法によれば燃費は15.3km/Lであった。最近のエコカーとは比較にならない燃費だが、背が高くてローギアードな貨物車であることを考えれば優秀か。高速道路でゆっくり走ればもっと燃費は良くなると思う。車中泊ができて東横イン費が要らないのはよい。もう何回かETCを使えば元が取れそう。
今回の小旅行の裏テーマは「できるだけカネを使わない」ということ。出費のほとんどが高速道路料金とガソリン代。自販機で飲み物を結構買ったので貧乏旅行に徹する場合はダイエーで安いのを買って持参した方がよさそう(そんな旅行が楽しいかどうかは知らないが)



Kiss X6i(と18-135mm STMレンズ)は買物の失敗だった、と思っていたが、いろんな画角-換算29mm-216mm-が得られるズームレンズは大変具合が良かった。しばらくは処分しない。
動画をいくつか撮ったが、手持ちだと揺れていけない。持ち方の問題かもしれないので今後の課題。オートで撮る際に(オートじゃないと面倒)ピントがどこにあってるのかイマイチ分からず釈然としなかったが、ピントが欲しいところをタッチすればよい、と終盤になって気付いた。X6iはタッチパネルバリアングルであった。

Google Nexus 7
Google Nexus7が届いた。AndroidがどんなOSなのか知らないから1からいじくる感があって楽しみ。うひょ!


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.27.2012

諏訪湖へいってまいりましたよ!

TOKYO9.26
終業後、ジムに行った。ジムで仕事上の誰かを見かけた気がした。名前は知らない。無視した。似ているだけかもしれない。1500m泳いだ。風呂に入りパンツを替えた。「長崎ちゃんぽん、麺2倍、餃子セット」と言った。長崎ちゃんぽん餃子セットをつついた。鼻水を拭いた。HIJETに乗った。カーナビを諏訪大社秋宮にセットした。メールをチェックした。Amazonからメールが来ていた。ETCカードを挿入した。ETCから音がした。普段ラジオばかりのオーディオにiPhoneをつなぎ音楽を流した。Brad Mehldau Trioだった。ガソリンは十分に入っていた。首都高に乗った。埼玉から離れた。長く同じ場所にいると息がつまる。目の前にディスプレイがない。オフライン。江北JCT、板橋JCT、西新宿JCT…。東京も離れた。夜の高速道路を西に進んだ。何時間か走って八ヶ岳PAに着いた。1989年1月、Keith JarrettはGoldbergを八ヶ岳で録音した。美しい録音だ。ガソリンは3目盛減った。
HIJET
明日諏訪湖周辺を回ったらあさってが来る。するとまた起きてぐったりと会社に行くのだろうか?気分が暗くなった。あさってのことは考えないことにした。少なくとも明日はさいたまの布団じゃない場所で起きるのだ…。HIJETの荷室で寝た。






9.27
車中泊 八ヶ岳PA
起きた。ジェダイになって悪い奴を殴る夢を見た。イケメンの湿気で窓が濡れていた。晴れていた。八ヶ岳が見えた。
八ヶ岳
トラックはどういうわけか一晩中エンジンをかけていた。冷蔵車なのだろうか?耳栓をしたのでほとんど気にならなかった。
八ヶ岳PA
標高は800mとか1000mだろう。寒かった。息が白かった。暖かい紅茶と、バラモンキングの残滓を摂った。そして諏訪へ向かった。


諏訪での予定
  • 諏訪大社参拝: 4ヶ所ある
  • 諏訪湖1周Run: 16kmほど
  • 片倉館: 重要文化財 温泉風呂がある
  • 一風堂でとんこつラーメン: うまいよ説がある
  • 高ボッチ高原: 景色がいいよ説がある

諏訪
諏訪着。ケンタッキーとモスバーガーに洋服の青山が挟まれているような普通の地方都市だった。雲がやたらと近くにあった。標高は800m程度。
諏訪大社 下社秋宮 イケメン図
イケメン図
諏訪大社 下社秋宮着。やや寒い。
手水
手水。
IMG_0780
諏訪大社は神話的理由で別居した夫婦が住まう云々で、下社は奥さんの方。
御柱
御柱。社の四方に立っている。宗教的由来が分からないくらい古いものらしい。坂から大きな柱を落として男どもが群がって誰かが死ぬ御柱祭という奇祭があるが、これがその柱。4つの社にそれぞれ4本。
諏訪大社 秋宮
諏訪大社 秋宮
諏訪大社 秋宮
諏訪大社も非常に古く、日本最古級。

「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…」


諏訪湖一周ラン
ジョギング
ここからiPhone4S
出発。春宮に寄ってから諏訪湖。
諏訪信用金庫
知らないところへ行くと、必ず知らない信用金庫がある。
諏訪大社 下社春宮
涼しいので走りやすい。アップをしつつ春宮へ。
諏訪大社 下社 春宮
しめなわが太い。
諏訪大社 春宮
「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…」
諏訪湖
ラン再開。しばらく市街地を走った後に湖畔ロード。iPhone4Sでカメラがかなりよくなった。iPhoneで撮ってそのままFlickrにアップロードできる等、機動力は突出している。
蛾
トイレに寄った。蛾がいた。図鑑で見るような大きさだった。
諏訪湖 湖畔ロード
ここまでiPhone4S
湖岸ロードはラバー舗装個所が多く、信号もクルマもなく走りやすかった。ほぼフラットで散歩道(ジョギング道)が整備されている湖というのは珍しいのではなかろうか。今まで走ったところでは一番のコースと思う。フラットで、十分な長さがあって、景色がよくて、クルマの横を通らずに済んで、路面が柔らかくて、僻地でない。
やや尻上がりペースで瞬間的にSub3ペースまで上がった。Garminログによれば標高は760m程度。下社は少し高くて800m弱。空気の薄さは感じず。



片倉館で風呂
片倉館
予定を順調に消化できている。風呂は10時から。それまでKiss X6iでぱちぱち。
片倉館 HIJET
HIJETがまぶしい。運動性能はハナクソだが、荷室できちんと横になって眠れるのはカッコイイ車にない性能。
諏訪湖
周辺減光?水質はよくない。OWSなら視界ゼロ。
諏訪湖
諏訪湖。小島に鳥居があった。
諏訪湖 望遠
望遠。奥はアルプスだろうか?
片倉館
時間が来たので片倉館へ。1928年築。洋風建築。重要文化財だとか。
片倉館 千人風呂
(あまり興味がないので)さっさと汗を流すべく風呂へ。600円。
ロッカー
服を脱いで風呂。風呂も重要文化財。しかも温泉。ギリシャだかローマを思い起こさせるような洋風の風呂。さっぱり。ジムセット兼お風呂セットがあると、出先でひとっ風呂、ということができるのでよい。
コーラ
リターン式100円ロッカーの、戻ってきた100円玉が吸い込まれていくような位置に昔のコーラ自販機。
片倉館 コーラ
久しぶりの瓶コーラ。
片倉館
うろうろしつつコーラを飲む。片倉さんだろうか?紡績かなにかで財を築いたのだろうか?
片倉館 コーラ
靴
ロールシャッハ
柱の模様がロールシャッハに見えた。


一風堂でとんこつラーメン
IMG_0848
順調に予定を消化している。初一風堂。諏訪で何故博多ラーメンなのか、という疑問がないわけじゃない…諏訪と言えばうなぎや蕎麦が有名であるが…。
一風堂ラーメン
白なんとかラーメン、替え玉をふたつ。走った後だけにおいしかった。次は赤なんとかラーメンを食べてみたい。

IMG_0858
引き続き諏訪大社参り。上社前宮。どうも客層が他の神社と違って若い女性が少なくない。スピリチュアルとかパワースポットとかその類の紹介のされ方をしているのだろうか?

「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…」

クモ
蜘蛛の巣が多く、蜘蛛が大きい。長野のムシは大きい。
諏訪大社 上社本宮
次いで本宮へ。こちらがメインだろうか。上社と下社で諏訪湖を挟むような配置。諏訪湖は神の通り道である、らしい。
諏訪大社
諏訪大社 本宮
IMG_0893
IMG_0901
諏訪大社 本宮
諏訪大社 トンボ




「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…」





高ボッチ高原
高ボッチ高原
イケメンのシャツと空のコーディネートが美しい
諏訪小旅行最後の行程。「高ボッチスカイライン」という片側1車線の立派な道路を連想させる名前の道で行くのだが、実際はすれ違いがやっとという道。登坂ローディは1匹もみなかった。私が諏訪民なら登坂練に使うところなのだが…。標高が2000m弱なのでNAエンジンのHIJETだと若干きつい。杉林が途切れて視界が開けたところが高ボッチ高原。
高ボッチ高原
景色がよかった。諏訪、諏訪湖は盆地、ということがよく分かる。遠くに富士山が見えた。
望遠 高ボッチ高原
望遠。前ボケ。

予定を全て消化した。さいたまへ…帰ろう…。

帰路
帰路。右折専用。安倍晋三。
渋滞
渋滞。
かつや さいたま!
「カツカレー竹とサラダ」と言い、9月末期限の割引券を消化し、10月末期限の割引券を得た。昨晩からほとんど情報に接していなかったので3500円のカツカレーと安倍晋三の組み合わせがどういうことなのか、未だに分からない。

無事さいたま着。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ