8.31.2012

前向きに

Canon NB-5L
Canon純正品。Amazonのマーケットプレイスで買ったら香港から送られてきた。日本で買うより4割安かった。為替の影響なのだろうか。
ITパスポート試験参考書。Wikipediaでチラッと調べただけでよくわからないが、デジタル産業最下層使い捨てIT土方になるための第一歩的参考書であるはず。始めるのが15歳遅い気がするし数学的論理的思考が必要とされるIT土方になれるとも思えないが首つり紐を注文するよりは前向きといえよう。

Blue Moon 8.31.2012
Blue Moonだ、というが、いつもの満月だった。


November Steps
  1. 昨日頑張ったので完休。
  2. 今日、埼玉の銀行前で、不審な外国人が出入りする客をじろじろと観察しているのを見た。
  3. 幸いにも自称オーバートレーニング症候群の症状は出なかった。
  4. なか卯の店員ならできるかもしれない。なか卯の店員を見て、そう思った。
  5. 動くようになってきたからだろう、若干シンスプリント。
  6. 今日、埼玉で、AMGチューンのメルセデスから全身刺青の半裸のお兄さんが飛び出てくるのを見た。
  7. リハビリで無理をしたからだろう、若干左手にしびれが出ていた。
  8. メルセデスは白だった。お兄さんは角刈りだった。
  9. 数日リハビリを休んだらしびれが取れた。
  10. お兄さんが満足げにメルセデスに乗りこんで去った。何の用事が満たされてしまったのだろう?
  11. 休んでも可動域が狭まったり筋力が落ちたりはしていなかった。むしろ改善していた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.30.2012

夏の終わり

WATCHMEN
WATCHMENを少し読み進めた。冷戦時代の作品。私は冷戦を直接は知らないが、人類史上もっとも深刻な危機だった様子がにじみ出ている。
川口青木町公園長水路市民プール
半休。午後にプール。今年初めての長水路。ひょっとすると今年最後になるかもしれない。100mを中心に1300m泳いだ。長水路は水が深く透明で気分がよかった。
夏
つい先日まで、スイムは二度とできないかもしれない、できたとしても、半年後か、1年後になるだろう…と思っていた。まだ左腕はきちんと機能しないが、深い長水路でも溺れない自信が持てる程度には泳げるようになった。夏が終わりかけている。終わる前に夏らしいことができて本当によかった。
Ave26.5
60分ローラー。
IMG_1300
ブリック。LSD負荷のつもりがキロ6でもLSD心拍超。非常に暑く、きつく感じた。後半は日が低くなって曇ってきたので比較的楽に。90分。くたびれた…。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.29.2012

500m泳げた

8.29.2012
窓の外は、晴れているようにも曇っているようにも見えた。あいまいだった。
PSFAスーツ
ツープライス店の安い方の19,800円のスーツがくたびれて破れた。裸というわけにはいかないから売れ残りで安くなったPSFAの13,000円のスーツを買った。見る目がない私がみても、安っぽかった。
昔は、ツープライス店の高い方の29,800円のスーツを買ってきて「うひょ!ビジネスマン風でかっこいいぞ!」とニコニコしたこともあった。この世にはエアロスミスとかバーバリアンとか中国大陸というようなブランド名の8万円とか16万円とか24万円するスーツがあるそうだが、私には関係がないのだった。次はダイエーの店頭に吊るしてある9,800円のスーツになるのだろうか?それとも、もう喪服以外のスーツを着ることはなくなるのだろうか?何を着たにしても素材がよいのでイケメンにしかならないのだが…。
8.29.2012
プールへ行った。300m,100m,200m,500m,100m計1200m泳いだ。500m連続で泳げた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.28.2012

きのこる先生

Ave6:28
昨日は負荷をかけたしこのところ量が増えてきているから、自称オーバーちゃんの症状が出るのではないか、と心配だったが、大丈夫であった。
朝ローラーの予定は二度寝で潰れてしまった。代わりに通勤リカバリージョグ。少々筋肉痛有。キロ7弱。少し長めの76分。このペースだと暑さも耐えられる。心肺が弱っているので、そろそろLSDジョグを取り入れていきたい。LSDなら3本ローラーがよいと思うのだけれども、転んで再骨折するのが怖いから出来ない。固定ローラーは退屈でつらい。

きのこる先生
仕事上、いろいろと見回すと既に八方ふさがりだったな、という感じ。新規の収益仕事は見込めず、現有の収益が得られるタイプの仕事は減っており、収益を得られる仕事をクローズするための敗戦処理で不毛な出費と不毛な精神消耗をしており、あ~あ、という状態。今すぐどうの、という話でもないが。
技能はない。唯一あるのが運転免許。「佐川 ドライバー きつい?」とGoogle検索をして絶望。有能な人間ならどうとでもなるだろうが、無能な人間はこの先生きのこるのは厳しい。

Ave27.5
プールに行く気力がなかったのでローラー。いくらか体が運動仕様に変化しつつあるようなので、ダラダラ回すだけでなくトレーニング漸進性の原則に従って1本(およそ10分)だけ負荷。60分。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.27.2012

朝トレ再開

Ave25.1
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。朝トレは数ヶ月ぶり。骨が折れてからはもちろん、その前の自称オーバートレーニング症候群ちゃんの自称発症以来か。朝は寝ていたいものだが…ぼくちゃんエライ…。
だらだらとローラーを55分。平清盛がだいぶ出世して藤原家が面白くない顔をしていた。
Honey Stinger Energy Gel
ローラー時にHoney Stinger Energy Gel(Gold味?)を一本飲んだ。焼けたプラスチックみたいな大嫌いな味だった。しばらく胃から風味が戻って本当に気分が悪かった。まだ在庫があるのでたまたまこの1本の品質が悪かっただけであってほしい…。Waffleは大変おいしいのだが…。
Ave4:45
ブリック。まだ日が低かったので暑さもそう厳しくなかった。アップついでに近所の神社を参拝してからキロ4:35前後。ラストラップをキロ4弱まで上げたら心拍が170超…。非常にきつい4分だった。なまった体に「運動する体を作るのだよ」と言い聞かす刺激にはなったはず。50分。

DAIHATSU HIJET
もう暦では秋だか冬なのだろうけれども暑い。

プールに行った。100m2:20サークルを7本。ダウン150mを2本。計1000m泳いだ。

リハビリで可動域は徐々に拡大していて順調に思える。その一方で手(hand部分)にしびれが出るようになった。
素人判断をするに、固くなった肩関節のストレッチをする際に神経を圧迫して血流が云々とか、不自然な動作をせざるを得ない肩関節がやはり神経を圧迫して云々ではないか、と。
頭上で手を重ねて伸ばすけのびポーズ後にしびれが出るから、多分その影響。10分くらいしびれが残る。回復を焦って適正範囲以上にやってしまっているのかもしれない。ちょっと痛い程度で毎日少しずつやるのがいい、というが、つい「うおりゃ!ぎぎぎぎぎ!」とやってしまう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.26.2012

レームダック大統領とレームダック首相の殴り合い

Sunday Morning
"遺憾の極み"
SundayのMorningにシニア番組をやっていた。領土が、等。レームダック大統領とレームダック首相の殴り合いである。シニアコメンテーターが冷静な話し合いで解決を、と言っていたが、ここの領土問題が冷静な話し合いで解決できる問題だとは毛頭思っていないはずだが意図的にリベラルぶるために言っているのか、と思えるが、実のところは分からない。シニア席には激しい競争があるだろうから、彼らは製作者の台本を上手に読み上げる肩書きの付いた俳優と解釈すべきだろうから、単に台本にそう書いてあっただけ、ということなのだろうか。

任期切れ後は亡命か牢獄かと噂されるレームダック大統領が領土という話のみならず苦し紛れにアンタッチャブルな領域に触れてしまったため、近年にない殴り合いになった。その余波で韓国へのヒコーキ代が安くなる、という。もともと海外旅行では韓国が一番安いのだが、整形、焼肉、エステ、ブランド品に興味がないのでイマイチ観光資源に乏しいな、と思っていて検討の対象外であった。往復航空券&送迎リムジン&25mプールジム完備の高級ホテル2泊3日で19800円くらいなら行きたいな、と思う。おっかないのでホテルからは出ないが。

900m泳いだ。100mを5,6本こなせた。可動域が広がっておらず自然には泳げない。100mは1分45秒以上かかる。たった100mでかなりきつくなる、というのが現状。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.25.2012

キロ4半で

Ave5:22
朝Runをした。鎖骨の具合がよくRunに差しさわりがない。65分。自然に走ったらビルドアップ風になった。それにしても暑い。心肺機能が落ちたこともあって最後はキロ4半で心拍が160を超えた。

一応3種できるようになった。徐々に負荷と量を上げていければいいな、と思う。次回レース目標は10月下旬にハーフマラソン。タイムを気にせずレース自体を楽しんで完走したい。現状は、DNF、DNS続きでレース自体が嫌いになっている。この流れを変えたい。

700mくらい泳いだ。100mを数本こなせた。息も左肩も50mでくたびれる。
モヒカンさんに会った。少し話した。モヒカンさんは、明るく人当たりがよい人だ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.24.2012

心の支え

ロッキー3
ローラーのお供としてロッキー3と4を見た。ロッキー3はアポロとの友情が美しい名作であったが、4はひどい出来。冷戦の背景を前面に打ち出しつつロッキーが冷戦の空気まで全部丸くまとめて-ソビエト共産党幹部までロッキーに感動してスタンディングオベーションして-しまうという展開にAmazonレビューは星ひとつの酷評が並んでいるだろうなと楽しみに見に行ったら星五つが並んでいて驚いた。

晴れ
晴れていた。

サヨナラニッポン
FNSドキュメンタリー大賞がうんたら、という番組があるという情報を得たので録画して見た。比較的若い世代が中国の大連で日本語コールセンターのオペレータとして-それではお客様、大変申し訳ございませんがいったんパソコンを再起動させていただけますでしょうか。ええ、左下をクリックして、ええ、はい、そこから再起動ボタンをクリックです、ええ、はい…-働いている、という現象についての番組。エリート層の話ではなく、汎用労働者層の話であり、日本という国を捨てたのか、それとも日本という国に捨てられたのか、というような話であるからつらいドキュメンタリであった。
ハングリーな中国人
ハングリーな中国人
新天地大連でこれからは…というのではなく、数ヶ国語をマスターするようなハングリーな中国人汎用労働者との競争にさらされて未来は暗いのだろうな、というトーン…。「自己責任」という魔法の言葉によって個人にふりかかる悲劇のほとんどは解決可能になったから、1人のシニアのために3人の若者がクビになるようなシニアムラという名の社会矛盾を解決する必要がなくなった日本にいても、あちらにいっても、暗い…。
汎用労働者である自分の近未来として、大連のコールセンターで働く姿があるかといえば、汎用労働者としての質も決して高くない自覚があるのでハングリーな中国人はもちろん、同じ日本人汎用労働者との競争にもこの先生きのこれないだろうな、つるはしを振り回すパワーもないから肉体労働者としてもこの先生きのこできないだろうな、と思った。

Canon S100
気持ちが暗くなった。Canonという美しい文字を眺めて、心を慰めた。心の支えは、信仰である。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.23.2012

ひさしぶりに…実に2ヶ月ぶりに500mだけ「泳げたぜ」……

梅ちゃん先生
朝ドラを数日見逃して展開がよく分からない。いつの間にか旦那がマスオさん状態になっていた。坊主頭で田舎者のミツオ君はどこに消えたのだろう?


晴れ ジムへ行くイケメンの影
泳ぐのはリハビリにいいから、ぜひやりたまえ、とドクターが言ったのでジムへ。
承太郎さん…
実に久しぶりのプール。泳いでみると確かにリハビリに最適、という感じ。まずストリームラインが作れない。可動域的にも厳しいラインだし、腕を高く保つ筋力がない。腕が抵抗になってフォームを作れずに溺れる一歩手前でヨタヨタ。リハビリ士のかわいこちゃんが言っていたようにまだリハビリが不十分で、腕を上げる筋肉で上げているのではなく、本来使うべきでない筋肉で代用して無理に腕を持ち上げている状態なのだよ、というのを実感した。
25mを足つきなしで泳げるかな、程度。25mを20本で500m泳いだ。1レーンにシニアが6人くらいひしめいていたけれども、それでも前が詰まるようなこともなく。ストロークで鎖骨が痛いようなことはないので、スイムはしばらくはよいリハビリとなりそう。
プール後にエアロバイク60分、トレッドミル60分。

サブウェイでサンドイッチを食べた。得サブ、という日替わりで安いのを注文したが通常通りのカネを取られた。ぼぼぼぼぼ、ぼくちゃんのお金返して!と文句を言って謝罪と賠償と責任者の処罰と業務改善計画書の提出を要求しようと思ったけれども、面倒だったのでやめた。おつりを多くもらえたり、レジの打ち忘れには知らない振りをして黙っていることが多い。多くもらえたり取られたりで結局は釣り合いが取れている。

Ave26.2
ローラーでもう60分。

かいぱんほし
そして実にひさしぶりに、濡れた水着を乾かすための作業、頭の中で「かいぱんほし」と呼ばれる作業を、行った。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.22.2012

鎖骨骨折日誌-8週後通院-

骨折 手術編(2012/6/26)
通院 抜糸編(2012/7/4)
通院 経過編(2012/7/25)
通院  8週編(2012/8/22)
通院 16週編(2012/10/17)
通院 24週編(2012/12/12)
プレート&ネジ抜去手術編(2013/1/9)
最終通院 抜糸編(2013/1/16)
------
追記 骨折からおよそ1年後にロング完走できました



病院へ
骨折から8週。通院日。晴れていた。

骨は痛くなくてもその周囲の筋肉が強烈なコリで痛くて日常生活もできない、というのが前回の4週目通院で(痛み止めを処方してもらい飲むようになった)あったが、その後、6週目位から急激に筋肉の痛みが改善して、痛み止めを飲む必要が全然ない、という程度になり、また、可動域も随分広がり、筋力も戻ってきた。

骨の回復も順調であると体感できる。医師から「順調ですね」と言われるのは明らかであろう、という具合である。今日は「可動域がある一定から広がらない」という点について相談しに行く感じ。

レントゲンを撮ってから診察。思った通り順調。骨の癒合がレントゲンで確認できた。
一般的に骨折すると骨とその周辺の組織が破壊されてグチャグチャになる。折れた翌日からいきなり骨癒合が始まるのではなく、壊れた組織を除去しつつ再生に必要な材料を供給する組織が新設されてからようやく癒合開始、という順序である。鎖骨の場合、6週から8週で癒合段階になる様子。
レントゲンで確認できる、ということはネチョネチョじゃなくて骨の成分で固まりだした、ということである。ネチョネチョはグチャグチャを取り除いて再生素材を供給する組織で、レントゲンには写らない。

医師談
  1. 7割ほどくっついたと思ってよかろう
  2. くっついたのと強度とはまた別の話
  3. 重たいモノを持ってもよかろう
  4. 可動域が広がらないのは単に固くなっているからでろう。広がらない根拠はない
  5. ん?水泳?やりたまえ。むしろリハビリ的には推奨である(もちろん加減は必要)
  6. リハビリ室へ行ってリハビリ方法を教わっていきたまえ
リハビリ士談
  1. 以前より可動域が広がったが、まだ不十分
  2. 筋力は十分に戻りつつある
  3. 君は可動域が広がらないというが、痛いのは鎖骨とは直接関係がない部位。筋肉だろう。リハビリしたまえ
可動域が広がらないのはプレートが関節に物理的に干渉しているせい!と騒いでいたが、完全な思い違い、思い込みであった…。物理的な干渉ではなく、心理的な問題であった。痛くても少しずつ広げるようにしないと、広がらないよ、と。
そして重要なことであるが、リハビリ士は前回と同じかわいこちゃんであった。ぼくちゃんと結婚してくれませんか?
順調だった
晴れていた。順調でよかった。そろそろプールで軽く泳ぎ始める時期か。

60min & 60min
60分ジョグ、60分ローラー。緩め。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.21.2012

私は今日


私は今日、午前9時40分の埼玉南部で、無職風3人組の若者が「おう!安楽亭いくぞ!」という光景を見た。このあたりの安楽亭は、11時30分開店である。

Ave27.2 5:29
ジョグとローラーをした。合計110分。負荷もそれなり。

明日、8週目の通院日。可動域が広がらない点の相談と、スイムをしてよいかどうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.20.2012

S100

鎖骨の具合が明らかに良い。おそらく破壊で荒れた組織群が除去され仮骨でつながり始めたのだろう。肩まわりの筋力も戻ってきた。可動域は相変わらず広がらないし、関節に引っ掛かりがある角度もあるが、日常生活はこなせるし、ジョグもできるようになった。今後はローラーとジョグで。

Canon PowerShot S100
台湾旅行記の写真量が多かったようでiPhone4だと表示しきれない。必ずブラウザが落ちる。iPhone4SとかiPadとかAndroidはどうだか知らない。一度ブラウザが落ちるようなものをアップしてみたかったこともあり大変満足で鼻の穴がふくらんでいる。
GPS
GPSがあればあったでよい
持っていったのはCanon S100。S95の正統進化という感じで、画素が増えてレンズが暗くなった割に高感度に強い。これがセンサー技術の向上なのか。うるさいことを言わなければISO800を常用できる。ISO1000でもパッと見た限りでは気づかないほど。画角も24mm-120mmと広角望遠とも広がって使い勝手がよい。また、動画撮影ボタンが独立して押しやすい所に配置されたのが大きい。モードダイヤルを回したり、設定画面を呼び出したりすることなくシャッターを押す感覚で動画が撮れるようになった。フルHDだと24フレームになるが。
標準域で樽型歪曲収差を感じるし、周辺部に描写が流れる感じもある。が、いちいちそんなことを気にしてApertureの等倍ルーペでじろじろとチェックするとストレスで毛が抜けてしまうのは間違いないからほどほどに。
GPS機能はおまけ程度。衛星補足のアルゴリズムがイマイチなのか起動が遅い。バッテリーも相当に喰うようで普段使いにはならない。ただGPSがなければマップを眺めてニタニタできないのであった方がいい。
出先で使うにはやはり「コンパクト」というのは大きなアドバンテージと感じた。画質、重量、大きさのバランスはこのカテゴリでは一番であろう。一時はSonyRX100に心揺れたがやはりCanonは偉大であった。Canonは偉大だ。Canonは偉大だ。

Flickr動画は画質が良くない。元ファイルをダウンロード可能だからストレージ的意味合いで使っているけれども、embedで記事に表示されると汚い。多分、キレイに表示されるような再エンコードとかファイル形式とかがあるのだろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

8.19.2012

台湾に行ってまいりましたよ!


ぼくちゃんは初めての海外旅行へ行ってまいりました。


概要
  • 台北 三泊四日
  • Expediaで飛行機、ホテルを手配 7.14万円
  • 参加者:大変なイケメン1名
  • 目的:観光
申込時はまだ骨が折れていなかったので本来はジョグ&プール三昧の合間に観光、というつもりであったのだが…。


震災時に弱り切っていた時、台湾からの支援は、心強かった。物的支援もそうだけれども、メンタル的な支えは本当に本当に心強かった。いつか台湾に行ってみたいな、と思った。それが実現した。



Day 1

2012 台湾旅行
往路は成田から台湾桃園国際空港。
パスポートを忘れていないか3回くらい確かめてから出発。加えて成田に着くまでポケットにパスポートが入っているか、落としていないか何度も確かめた。
2012 台湾旅行
成田着。乗り遅れてはいけないからと、搭乗時間より随分早くに着いた。
2012 台湾旅行 成田空港
Expediaでクリックしただけであるから、航空チケットなどはない。それと飛行機の乗り方がイマイチ分からない。どこに行ってどんな手続きをすればいいのか分からない。

私「あ、あの…ぼくちゃん…田舎者なのでよく分からないのですけれども…」
係「便名は?ふむ。あっちへ行け」
2012 台湾旅行 エバー航空
あっちへ行った。航空会社はエバー航空。台湾の会社らしい。パスポートを見せると搭乗券をくれた(航空券と搭乗券は違う?航空券は席を予約しましたよ券、搭乗券は実際にヒコーキに乗りますよ券だろうか?)。
2012 台湾旅行
搭乗時間まで時間を潰す。
2012 台湾旅行
展望台に行って時間を潰す。
2012 台湾旅行
サンドイッチを食べて時間を潰す。
2012 台湾旅行イワン・デニーソヴィチの一日
本を読んで時間を潰す。イワン・デニーソヴィチの世界で最も美しい一日が始まった。12年ぶりの再読…。なぜこんな本をチョイスしたのだろうか…。シューホフのいるラーゲリ(強制収容所)は零下27度だった。畜生、なんて暖かいんだ、零下41度ありゃ休めるのに!
2012 台湾旅行
天井を眺めて時間を潰す。
2012 台湾旅行
飛行機を眺めて時間を潰す。EVAとかいてあるあの飛行機に私は乗るのだろう。
2012 Trip to Taiwan   Rainy Narita Airport...
雨が降ってきた。

2012 台湾旅行
ソヴィエト強制収容所の朝を進行させるに飽きた。飛行機乗り場の方へ。日本を出る、ということ…。鎖骨のプレートは金属探知機に引っ掛からなかった。
"Oh !  I have a plate on my broken collarbone..."と言う練習をしていたのだが…。
2012 台湾旅行
出国審査。夏休みのせいか、やたらと混んでいた。30分ほど行列。
2012 台湾旅行
うひょ!ぼくちゃんのパスポートに記念スタンプを押してくれましたよ!
2012 台湾旅行 エバー航空
飛行機に乗った。
2012 台湾旅行
窓側の席。滑走路に移動中、滑走路に建つ民家が見えた。成田闘争だろうか?空港ほどの公共性より私権が勝るのはおかしいのじゃないか、法の不備じゃないか、と思ったが、ひょっとしたら空港従業員の寮なのかもしれない。寮には見えなかったが、寮に見えないのは成田闘争をしている連中を「ナリバン」と罵りたい願望に基づく解釈なのかもしれないから「あれは何ですか?」と聞いて「あれはナリバンです」という回答を得られない限り何なのか分からない。
2012 台湾旅行
機内食が出た。弁当とかつ丼とどちらがいい?ジュースを飲むか?とスチュワーデスコスプレをした台湾人(?)が言っていた、気がした。タダというか飛行機代に込みだった。キンキンに冷えていて、まずかった。
2012 台湾旅行
宇宙人がやってきてアメリカ海軍と戦うようなどうしようもないアクション映画を見ながら、寝た。しばらくすると台湾が見えてきた…。私は、日本から、出た。
2012 台湾旅行
台湾着。日本語ではなくなった。時差は1時間。時差も初めてである。Canon S100を台湾時間に合わせた。iPhoneの電源を入れると勝手に時差調整をした。
2012 台湾旅行
聞こえる言葉も日本語ではない。中国語に聞こえるが台湾語というらしい。中国語と言っても北京語だの広東語だのいろいろあって、台湾語も含めてそれぞれどのくらい互換するのか知らない。
2012 台湾旅行
どのくらい使うか検討もつかない。取りあえず2万円を両替。
"Taiwan dollars please..."
1ニュー台湾ドル(元)が2.7円くらい。1元を3円と考えておけばよかろう。
2012 台湾旅行
なんだか中華風になってきましたよ。
2012 台湾旅行
入国審査。呼ばれるまで線から前に出てはならぬ。
係員が「サングラスを取れ、この野郎」というジェスチャーをしていたのでサングラスを取った。パスポートのイケメン写真とイケメンの現物が同一かどうかのチェック。
2012 台湾旅行
うひょ!ぼくちゃん、ついに台湾に入国しましたよ!
2012 台湾旅行 Arrivals
空港出口へ。どうもすんなりといけない。漢字に目が行きがちだがいまひとつ意味がわからない。漢字は何となくこんな意味だろう、というニュアンスが分かることもあるが、正確な意味を知りたい時は英語を読まねばならぬ。これが漢字脳からの切り替えが発生するようで結構ストレス。
2012 台湾旅行
見慣れぬ公衆電話。外国に来たのだ。
2012 台湾旅行 桃園空港 Free Wifi
空港内にフリーWifiがあった(iPhoneを海外で使うと通信費が高いのでケチってWifiのみ。携帯回線のデータ通信はオフ。するとiPhoneはただの重い板。警察とか救急車とか外務省にする緊急電話用に持ち歩く感じ)。ネットはWifiが頼り。
2012 台湾旅行
まずはホテルに行き、重たいリュックサックを置いて軽装にしたい。リュックは鎖骨に触る。
桃園空港から台北行きバスが出ている、という事前に得ていた情報をもとに切符を買う。
2012 台湾旅行 桃園空港→台北 バス 125元
"Taipei station please..."
初めて外貨を使う。係員の愛想が悪い、と感じた。これは旅の全行程で感じたが、原因は台湾人の愛想の悪いからじゃなくてニタニタ愛想よくするのが当たり前という日本脳のせいだろう。
桃園空港から台北駅まで125元。350円くらいか。バスはすぐに来た。
2012 台湾旅行
バス。空港から高速道路で台北市内に行く様子。台湾は右側通行。右側通行に違和感はない。GTAで慣れている。運転手のおじさん一人で途中下車客の荷物積み下ろしまでこなしていた。
2012 台湾旅行 台湾の景色
汚れた車窓から見える景色は確かに日本とは違う。高層住宅が林立している。
2012 台湾旅行 taipei
台北市内に入ると景色は都会的になった。
2012 台湾旅行 台北駅
台北駅に着いた。巨大な駅。冷房のきいたバスから降りると刺すように暑い。台北の中心でデパート等が並んでいるのだが、これ以降台北駅周辺を訪れることはなかった。
2012 台湾旅行
いよいよ台湾である。散歩がてらにホテルの方へ。驚いたのは、バイクがやたらと多いこと。
2012 台湾旅行 台北101
遠くに台北101が見えた。ホテルで一休みして落ち着いたらあそこへ行こうか。
2012 台湾旅行
歩道にバイクがあふれている。どこを見てもバイクだらけ。また、バイク修理店が非常に多い。
2012 台湾旅行
歩道がアーケード風?になっているところが多くそれほど暑さもひどくない。
2012 台湾旅行 国賓大飯店 The Ambassador Hotel
しばらくキョロキョロと観光客を演じてホテルの方へ。セブンイレブンがたくさんあり、吉野家とか一風堂などの日系店もあった。ホテルは国賓大飯店(The Ambassador Hotel Taipei)である。大飯店というのはレストランのように聞こえるがホテルのことらしい。国賓大飯店着。台湾ではチップ文化がないらしいから気が楽。
2012 台湾旅行
思ったよりずっと豪華なホテルだった。比べる対象として東横インしか知らないのがアレだが、パッと見ただけで東横インよりずっとランクは上と分かる。
2012 台湾旅行
"ah...Check in please..."と言ったら流暢な日本語が返ってきた。Expediaでクリックしただけなので本当に予約できていたか心配だったが、キチンと部屋が取れていた。さすが世界最大手Expediaである。
2012 台湾旅行
既にだいぶくたびれている。部屋でひと休み。
2012 台湾旅行 李義男婦産科
窓からはすぐ隣の李義男婦産科が見えた。建物片面だけでも4回李義男と連呼していた。
2012 台湾旅行 台湾ドル
荷物整理。軽装準備。休憩…。


2012 台湾旅行 イケメン図
台北101へお出かけ。
2012 台湾旅行
Google Mapを印刷したお手製地図を頼りに台北101へ。この地図は大雑把すぎてイマイチだった…。地図を買わねばなるまい。
2012 台湾旅行
想像していた台湾の景色が並んでいる。
2012 台湾旅行
晴れていて暑い。
2012 台湾旅行
ごみごみした感じがよい。歩くよりジョグの方が早く着くだろうからジョグ。
2012 台湾旅行 台北101
時折台北101が見える。地図を見なくても行けそうだ。
2012 台湾旅行 台北101
台北101へ向かってジョグをするものの、なかなかあのビルが近くならない。
2012 台湾旅行
暑い。人はたくさんいるがジョギングをしているのは一人もいない。私だけである。
2012 台湾旅行
「何此走男、愚狂者?下痢便我慢、腹痛厠所探?」というような視線を痛いほど感じた…。
2012 台湾旅行 台北101 セブンイレブン
セブンイレブンはたくさんある。一度に3店舗見えることもある。
2012 台湾旅行
ようやく台北101のふもとへ。信号が多いのでより遠く感じた。
2012 台湾旅行
貿易センターか何かだろうか、日の丸があった。
2012 台湾旅行
Canon PowerShot G1X
台北101着。展望台が観光名所。450元と展望台入場券が高かった(1200 円ほど)。「高いよ!やめやめ!」と思ったが、せっかく来たのだから…

"Adult please...ah...ue?...yeah...just one..."

ここは中国(台湾では大陸と呼ばれる様子)からの観光客で人気でエレベーターに数十分待ちの行列…と、チケットを買ってから気づいた…。仕方がないので並んで待つ。中国人は昇り龍。金持ちが多いのだろうか5D Mark IIIでバシャバシャやるなど。
高速エレベーターであっという間に89階に。この晩、目の充血に気付いたが、この急激な気圧の変化が原因だったかもしれない。
2012 台湾旅行
台北101から西側。台北中心部。
2012 台湾旅行
北側。台北は盆地であることが分かる。
2012 台湾旅行
何か大きな構造物が見える。後で行ってみよう。
2012 台湾旅行
東側。影が美しかった。
2012 台湾旅行 台北101 展望台
確かに高い建物だが、ただ高い建物、というだけで個人的にはガッカリ観光地であった。しかし、中国人のはしゃぎようは大変であり、家族連れなども「高い金を払ったかいがあった!」という顔をしていたから、一般的には楽しい場所なのだろう。くたばった考え方をする人間が一人で来る場所ではないな、そういう人間は偉人の墓地の前で涙を流すようなくたばったスケジュールを組むべきだ、と思った。台北101は、国力とか発展とか進歩とかそういう上り坂の象徴なのかもしれない。日本は明確に下り坂。
高い所に上ったからには下りなければならぬ。下りのエスカレーターも行列でうんざりした。
2012 台湾旅行
さきほど見た構造物へ行く途中、歩道橋の上にカメラの人達がいた。
2012 台湾旅行
夕日に染まった台北101を狙っているらしい。
2012 台湾旅行 Trip to Taiwan
台北101よりも、なんでもない台湾の街並みの方がずっと魅力的だった。
2012 台湾旅行
それにしてもバイクばかり。Giantの国なのだから老若男女皆Giant TrinityをSRAMコンポで乗っていることを期待したのだが…Trinityどころか自転車自体が少ない。ローディを見かけたのは4日でたったの2匹だった。GiantとKuotaであった。バイクは数千、数万は見ただろうが…。
2012 台湾旅行 自転車店
自転車をほとんど見かけないが、たまたまローディ屋を見つけることができた。当然Giantだろうと思っていたが、CerveloだのScottだのColnagoだのWilierだの普通のローディ店…。おもしろくない。台湾に来た外人は皆Giantを見に来ているようなものだと思うのだが…。


2012 台湾旅行 国父紀念館
さきほどの構造物は国父記念館であった。台湾では初めてジョギングしている人をみかけた。
2012 台湾旅行
誰だかしらないが、イスに座ったおじさんの像があった(孫文と後で知った)。
2012 台湾旅行
日が落ちて夜になろうとしていた。
2012 台湾旅行
くたびれた。ホテルで休みたい。
2012 台湾旅行
電車に乗った。
2012 台湾旅行
初乗り20元(約55円)。電車内の照明が黄色っぽかった。
2012 台湾旅行
地図を買うなどしてホテルで休憩。
2012 台湾旅行
台湾名物に夜市(Night Market)というものがある。その名の通り夜にしかやっていない。足腰がくたびれていて寝ていたいが、どんなものか見物に…。
2012 台湾旅行
夜は看板がピカピカしていて台湾らしくてよい。
2012 台湾旅行 寧夏路夜市
ホテルから比較的近く(もないが…)にある寧夏路夜市へ。
2012 台湾旅行 寧夏路夜市
確かに活気がある。屋台がずらり。おもちゃ、パチンコ、食べ物。



2012 台湾旅行 Big Mac
135元(365円)
"Big Mac set please...ue?...ah...oe?....orange juice...for here..." 

2012 台湾旅行
1日目からぐったりする疲れ方。
2012 台湾旅行 コンセント
コンセントの穴が見慣れないものだが日本の充電器がそのまま使えた。
2012 台湾旅行
李義男先生の隣のホテルに帰って、寝た…。






Day 2

2012 台湾旅行
起きると、さいたまの布団の上ではなかった。窓の外は晴れていた。よかった。日本で見た予報だと4日とも雷雨と書いてあった。
2012 台湾旅行
ぐったりと疲れている。紅茶でカフェインを摂り覚醒したいところだが…。ガブガブと1リットル飲んでも疲れたままだった。
2012 台湾旅行 天気予報
TVをつけるとかなりの時間と画面を割いて天気予報をやっていた。やはりこちらでも、お天気お姉さんの質には力を入れている様子だった。小さい台風が来ると言っていた、気がした。

この日は台湾のメインコンテンツ巡り。何よりもまずは故宮博物院(National Palace Museum)に行かねばならぬ。


2012 台湾旅行
ホテルを出るといきなりバイク群の台湾景色。
2012 台湾旅行
朝の台湾。最寄駅、雙連站(Shuanglian Station、しゃんぐりあん、ではなく、しゃんりゃん、と聞こえる)へ。
2012 台湾旅行
雙連站。台北中心は地下鉄。
2012 台湾旅行 電車の切符はICチップ内蔵コイン
20元(55円くらい)を払ってICチップコインをもらう。
2012 台湾旅行
電車の待ち時間はほとんどなし。数分おきにやってくる。
2012 台湾旅行
マナーもよく、治安もよい。
2012 台湾旅行
こちらのマナーは飲食ガム禁止、ケータイは控え目に、という感じ。快適。ちなみに喫煙者の割合は日本と同じように感じた。屋外以外はどこも禁煙だった。
2012 台湾旅行
痴漢野郎はここにもいるらしい。
2012 台湾旅行
士林駅着。駅前のファミリーマートでパンツを物色。替えのパンツを忘れてしまった。ホテル近くのコンビニにもなかった。ここにもパンツはなかった。ノーパンを覚悟した。
2012 台湾旅行
"National Museum please..."
2012 台湾旅行
博物院着。タクシーは初乗り70元(190円)、博物院まで110元程度(330円)。何度かタクシーに乗ったが、一度もぼったくられることはなかった。変な店へ連れていかれて買物をしろ、とか、財布を置いて行けとピストルを向けられるようなこともなかった。もちろん、射殺されることもなかった。
2012 台湾旅行
本館。
2012 台湾旅行 故宮博物院
本館。モダン且つ中華風な建物に感激。

早く着き過ぎたようでしばらく散歩して待機…。
2012 台湾旅行
散歩。
2012 台湾旅行
バイク。どこにでもバイクがある。
2012 台湾旅行
蓮。
2012 台湾旅行
老人像。さすが台湾、ASUSの国である。仙人みたいな老人も朝からコンピュータである。この手の動き、FPSだろうか?



開館を待って入場。入場券は160元。コンテンツの質から考えればタダ同然。館内は撮影禁止。
2012 台湾旅行
内容は中国8千年の歴史。台湾というよりは中国の博物館(後で知ったがやはり共産党に敗れた中華民国政府が台北に持ってきたものが展示されている)。石器に始まって清朝時代までの膨大な美術品等が惜しみなく展示してあった。
質の高さに最初は驚くものの、あまりの数の多さ、そして広い館内に疲れて感覚がマヒしてきて「またお皿ですか…ぼくちゃん、このあいだIKEAで見ましたよ、これ…」など、大変恥知らず。価値の分かる人が見たら1日では足りないだろう。
この膨大な展示物を見て中華文明の底知れぬ力への渇望のようなものを感じた。皇帝や体制が変わっても脈々と受け継がれる中華思想。力を蓄えては拡大し崩壊してはよみがえる。今、中国は昇り龍。世界はひとつ、中華でひとつ。台湾だ、沖縄だ、朝鮮だ、ベトナムだ、日本だのは、中華文明から見れば中華の地方史に過ぎない、という彼らの感覚に触れた気がした。
中国のツアー客と思われる人たちや、中国と思われるミスコン団体(目玉が飛び出るような美人集団)などがたくさん来ていた。

2012 台湾旅行
へとへとになって本館を見終えたが、第二博物院というのもあって…。こちらを見る気力は既になく…。


2012 台湾旅行
"Shilin Station please...Shilin...SHILIN...ug?...ue?...oe?...ah....(地図を指さすイケメン).....here please......"
2012 台湾旅行
タクシーから見える景色もやはり外国だった。
2012 台湾旅行
台湾だった。
2012 台湾旅行
日本ではなかった。
2012 台湾旅行
次は圓山大飯店を見に行くべく、士林の隣の駅で降り、歩いた。
2012 台湾旅行
なんだか知らない中華寺院風の建物が大通り沿いに建っていた。
2012 台湾旅行
中華風宗教建築に感激。それにしても道路沿いすぎやしないか。
2012 台湾旅行
圓山大飯店は台湾一のホテル。多分世界でも有名なのじゃないか、と思うが東横インの社長の顔は知っていても高級ホテルのことは全然知らない。道に迷ったのかなかなかホテルに着かない。が、いい景色を見れたのでそれはそれで。

2012 台湾旅行 圓山大飯店 The Grand Hotel
そして圓山大飯店である。見よ、文句なしである。GPS情報を残せるCanon S100を買って良かったというものである。
2012 台湾旅行
日本統治時代はここに台湾神宮があった、神社は戦後全廃され台湾一のホテルを作ろう、といって出来た、とWikipediaに書いてあった。
2012 台湾旅行
英語ではThe Grand Hotelである。シンプルな名前だが、まさしくその通りである。
2012 台湾旅行
門からして立派。
2012 台湾旅行
絢爛豪華。
2012 台湾旅行
この豪華さ…泊ってみたいものである…。
2012 台湾旅行
こういう豪華さは日本にあるのだろうか?私が物知らずなだけだろうか?
2012 台湾旅行
もしこの先生きのこることができたとして、もしもう一度台湾に来ることが出来たなら必ずここに宿泊しよう…。
2012 台湾旅行
ちょうどランチビュッフェが、という時間帯であったが、価格が価格だったのでパス…。よく覚えていないが2~3000円だった。
2012 台湾旅行
圓山大飯店、来て良かった。
2012 台湾旅行 イケメン図
1元も使わず出た。

2012 台湾旅行
次は忠烈祠の予定。地図で見ると圓山大飯店から近い。なんでも微動だにしない衛兵と1時間ごとの交代が見ものだとか。歩いていて気づいたが、台北市中心部から外れると歩いて移動するような道の作りになっていない。歩くのは想定しておらずクルマかバイクで行け、という作り。片側3車線に歩道がない、あってもいきなり途切れる等。それにしても圓山大飯店のスケールときたら…。


地図上では忠烈祠(日本で言うところの靖国神社のような感じ、と後で知った)かなというところに出て、さてカメラの準備でも…とゴソゴソしたところ、どうも様子がおかしい。全然観光地っぽくない。確かに衛兵はいるが、想像していたセレモニアル衛兵とは全然違う、というかどうみてもホンモノにしか見えない。首にぶら下がってるのだって本物の自動小銃である…。門の奥をみると現役バリバリの軍事車両があるし…。これ、忠烈祠じゃなくて…軍事基地ですよね…?
すでにポケットからカメラが出てしまった…。自動小銃を持った軍服のお兄さんがこちらを思いきりにらんでいる…。これはマズイ…。
"Oh? Where is here ?"という顔をしてわざとらしく地図を広げて首をひねってその場を去った…。


2012 台湾旅行 忠烈祠
マシンガンを持ったお兄さんからもう少し歩くと忠烈祠に着いた。
2012 台湾旅行
衛兵のお兄さん。見たかったのはこちらのお兄さんである。遠目には動かないのでマネキンかと思ったが、近づいたら呼吸をして汗をかいていた。なんでも軍人のエリートしかなれないとか。
2012 台湾旅行
お兄さんは大人気である。
2012 台湾旅行 忠烈祠
大きな建物。こちらではオレンジの屋根が主流なのだろうか?
2012 台湾旅行
忠烈祠。毎時00分に衛兵の交代があってそれが見ものだという。
2012 台湾旅行
運よくちょうど衛兵交代が始まった。北朝鮮のマスゲームや軍事パレードで目が肥えているので、何とも思わない…。もったいない…。
2012 台湾旅行
晴れていて暑いが、湿気はそれほど高くない。このまま天気予報が外れてくれればいいのだが。
2012 台湾旅行
忠烈祠はこれでおしまい。


次は孔子廟。タクシーを拾う。
"...(地図を指さすイケメン)...here please..."
運「孔子廟ね、はいはい。」
日本語の通じる運転手であった。愛想がよく、日本にも詳しい。日本語の名刺が置いてあることなどから推察するにおそらく日本人からの指名も多いだろう。
運「どこから来たの?」
私「さいたまといってもわからないですかね…」
運「東京の上ね!関東地方ね!」
私「コンビニでパンツ売ってませんね…」
運「あるよ…」
私「…」
運「…」
カタコト英語脳から日本語脳に戻ったひと時であったが、タクシーを降りる際なぜか"Thanks..."とカタコト英語に戻ってしまった。

2012 台湾旅行 孔子廟
孔子廟着(廟というのは霊を祀る建物と後で知った)。派手な入口であった。
2012 台湾旅行 孔子廟
こういう独特の建築を見ると外国なんだなあ、と改めて思う。
2012 台湾旅行
色彩。
2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…
2012 台湾旅行
何と書いてあるかわからないが、孔子様であるから立派なことが書いてあるのだろう。
2012 台湾旅行
孔子廟のすぐ向かい?になんだかよくわからない寺院だか廟だかがあったのでこちらにもお参り。
2012 台湾旅行
後でGoogle Mapで見たが、おそらく保安宮であろう。

2012 台湾旅行
供物。
2012 台湾旅行
中華風寺院はここが初めてで大変感激した。
2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…


2012 台湾旅行
これで故宮博物院、The Grand Hotel、忠烈祠、孔子廟と台北の北西部で見るべきものは見た。コンビニでついにパンツを発見し、ドリンクを買って飲んだ。おそらくファンタであろう。マンゴーだかイチジクだか知らないが、ともかく飲んだ。
2012 台湾旅行 台北 吉野家
台湾の吉野家は日本よりうまい、と聞いたことがある。肉の調達先の関連だろうか。
2012 台湾旅行
吉野家を見かけたので入った。
2012 台湾旅行
"aah...this set please...oe?...yeah...this one...ae?...soup please..."

まずかった。159元。



吉野家を出て街を散歩。
2012 台湾旅行
台湾のディテール。
2012 台湾旅行
外国とは見慣れぬディテールの積み重ね。
2012 台湾旅行
西川口を歩けば中国語、朝鮮語しか聞こえないが、だからといってやはり西川口は日本である。ディテールが日本だから。
2012 台湾旅行
一見雑然としているが、道にはゴミも吸いがらも落ちていない。不思議である。
2012 台湾旅行
つぶれた自転車店を見かけた。品ぞろえは日本のローディ店と同じようなものだと推察できた。それにしても台北中心地ではローディはほとんど皆無と言ってよい。日本では都心ほどローディが多い気がするが…。郊外まで行けばローディを見かけるのだろうか?ローディを見に郊外に行く気もまた皆無だが…。

2012 台湾旅行
なんとかという駅で電車に乗って行天宮へ。
2012 台湾旅行
行天宮。ここも道路沿いである。もう少し奥まったところの方がありがたみが云々という感覚はない様子。
2012 台湾旅行
門。
2012 台湾旅行
かなりの人出。
2012 台湾旅行
ぱっと見たところ何の宗教なのか分からないが、いろんなものが習合された台湾宗教、というほかないようなものらしい。何でも関羽が祀られているとか。中華圏では関羽は神格化されている、とWikipediaに書いてあった。日本人的には長刀を振り回す三国志のイメージしかないが。
2012 台湾旅行
こちらでは本殿(?)とは逆の方を向いて祈っているが、そういう参拝手順だろうか?

読経が行天宮の特徴



2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように…またクロールで泳げるようになりますように…



2012 台湾旅行
行天宮近くの地下通路に占い師が並んでいて怪しい雰囲気であった。
2012 台湾旅行
もう、相当くたびれた。ホテルに帰って休もう…。散歩しつつ歩いてホテルへ。
2012 台湾旅行
どこを歩いても、外国の風景であった。
2012 台湾旅行
晴れている。天気予報が外れてよかった。
2012 台湾旅行
ひたすら歩いてホテルへ…。
2012 台湾旅行
コーラを飲んだりシャワーを浴びるなどをしてリフレッシュ。
2012 台湾旅行
パンツもやっと新しいものへ…。大変美しいパッケージで大変元気の出る色彩である…。
2012 台湾旅行
シューホフ班が強制労働現場へ出発した。



2012 台湾旅行
少し寝たかもしれない。が、疲れがドッと溜まっている。ジョグをしに行くか、このままベッドに横になっているか、悩んだ。小一時間悩んで外に出た。
2012 台湾旅行
最寄駅から20元(55円)で中正紀念堂駅。中正紀念堂は台湾屈指の名所である、と聞くが…。到着するといきなりすごい景色であった。巨大な建物が対になっている。
2012 台湾旅行
これはすごいぞ、と疲れが飛ぶ。でかいぞ、と疲れが飛ぶ。
2012 台湾旅行
門も大きい…。構成としては、正門、右に劇場、左に音楽ホール、正面奥に紀念堂(蒋介石メモリアルホール)。
2012 台湾旅行
音楽ホール。中華!という感じ。
2012 台湾旅行 中正紀念堂
そして正面に中正紀念堂。迫力がある。巨大な扉の中には巨大な像がある。下に落ちている空き缶みたいなのがヒトである…。
2012 台湾旅行
ジョグ開始。鎖骨の具合は随分よい。痛み止めを持ってきてはいるが、その存在すら忘れるほどである。腕ふりも自然にできる。中正紀念堂は修繕中で正面階段は立ち入り禁止であった…が、脇から中に入れるらしく、しかも、巨大な像のところまで行けると書いてある、気がしたのでジョグを中断して上ってみた。
2012 台湾旅行 蒋介石像
蒋介石像。こちらでは蒋介石ではなく中正と呼ばれているそうだが、正直に言うと、私は蒋介石と林志玲の区別もつかないような人間であるから、その像を見てもよくわからない。後になってWikipediaで調べて知る、というのがいつものパターンだ。
2012 台湾旅行
それにしても素晴らしいところだ…。気分がよい。本当に気分がよい。疲れが消し飛ぶ。ジョグ再開。ここにはジョガーがいくらかいた。
2012 台湾旅行
私は鳥が飛ぶのを見た。
2012 台湾旅行
数百メートルの距離に台湾総統府があるので行ってみた。日本統治時代の建物。終業の儀式なのか何なのか知らないけれども軍楽隊が何かを演奏していた。
2012 台湾旅行
1時間走れた。日が落ちてきた…。
2012 台湾旅行
台湾旅行2日目が終わり始める…。
2012 台湾旅行
日が落ちた…。
2012 台湾旅行
ホテルへ…。







Day 3

2012 台湾旅行
起きた。晴れている。窓からウイスキーの看板が見えた。
2012 台湾旅行
旅に慣れていないから疲れている…。朝はゆっくり過ごそう…。紅茶。
2012 台湾旅行
TVをぼんやりと眺める。ぼくちゃん、つかれてしまいましたよ…

この日は龍山寺の予定。台北の四大観光スポットは中正紀念堂、台北101、故宮博物院、龍山寺。あとは龍山寺を回れば十分満足である。
2012 台湾旅行 イケメン図
しばらく休んだ後に出発。
2012 台湾旅行
ホテルを出るとやはり台湾の景色である。バイク、バイク、バイク。
2012 台湾旅行
屋台。
2012 台湾旅行
看板。
2012 台湾旅行
龍山寺へは地下鉄。乗り換え一回。20元だか25元。もう電車にも慣れ、迷うこともない。台北中心部はかなり大雑把に言って8kmとか10km四方で、密度は濃いが広大な都市ではない。電車でもタクシーでも少し移動すればすぐに目的地に着く。
2012 台湾旅行
龍山寺駅。
2012 台湾旅行
龍山寺着。ここも道路沿いにいきなり寺院が建っている。
2012 台湾旅行
門。豪華だが、電光掲示がある。このあたりの感覚も日本とは違う。入り口の門は寺院本体じゃないからさして重要でない、ということかもしれない。
2012 台湾旅行
こっちが本物の門。見事である…。重い体を引きずってきてよかった、というものである。
2012 台湾旅行
龍。
2012 台湾旅行
供物販売所。カラムーチョとか普通のお菓子でもいい様子。
2012 台湾旅行
線香で煙っている。
2012 台湾旅行
地元民だろうか、熱心に祈っている。
2012 台湾旅行
龍山寺もまたいろいろに習合されている。仏教、道教など。
2012 台湾旅行 龍山寺
細部まですばらしい。
2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…

ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように、ぼくちゃんの鎖骨がすっかり治りますように、またクロールで泳げるようになりますように…
2012 台湾旅行
休憩。左肩の可動域が広がらない。いつか、ストロークができる日が来るだろうか…。
2012 台湾旅行
煙っている。
2012 台湾旅行 pray...
何度も何度も祈る。
2012 台湾旅行
台湾住宅だろうか?人が住んでいるのだろうか?このタイプの建物出入り口をあまり見かけないし、人が出入りする姿をほとんど見かけなかった。どうなっているのだろう?
2012 台湾旅行
熱心に祈っている…。私たちが神を殺した、とニーチェが言った。それから100年以上経った。物質文明が極限まで発達し、物事がことごとく情報化され、指先一つで地球の裏側の情報がリアルタイムで入ってくる世界になった。その神ごとき能力をもっても心は渇くばかりである。その一方で文明など無視するかのように祈りを捧げる人もいる。いつの世も変わらぬ祈り…。一体、文明とは何なのだろう、祈りとはなんだろう…などと感慨にふけっていると、おばさんがAndroid機を取り出して「ニイハオ!」などとやりはじめるので何が何だか分からなくなった。さすが台湾、HTCの国である。ぼくちゃんの感慨を返してくれませんか?
2012 台湾旅行
龍山寺から道を一本隔てたところに入ると随分下町のような雰囲気になった。港区を気分よく歩いていたら突然足立区にワープした感じ。
金のネックレスをした上半身裸のおじさん達がたむろしていた。それに急に年齢層が上がって若者がほとんどいない。そういう地区なのだろうか。
2012 台湾旅行
鳥店。そういえば台北で私の歩いた範囲でスーパーマーケットは一度も見かけなかった。個人商店は無数にある。郊外にいけばスーパーもショッピングモールもあるのだろうが。
2012 台湾旅行犬。
2012 台湾旅行
その下町周辺では一番高級そうな台湾風レストランで食事。
2012 台湾旅行
何だかよく分からないご飯ものに何だかよく分からないスープとレモンティ。見た目はよくないがおいしかった。75元(約200円)と安かった。先払い制だった。


2012 台湾旅行
龍山寺駅の隣が西門という駅で、ここが台湾若者の街で渋谷風であるというので行ってみた。
2012 台湾旅行 西門町
確かに若者の街で若者向けの店が並んでいた。確かに今風の若者がたくさん歩いていた。
2012 台湾旅行
台北市中心部の若者ともちょっと違う感じ。龍山寺周辺とは大違いである。しかし、渋谷に用がないのと同様に、西門にも用がない、と気付いた。
2012 台湾旅行
バイクバイクバイク。見るならばやはりこちらの光景の方がよい。
2012 台湾旅行
さてどこへ行こうか、とぶらぶらしていると「善導寺」という駅があるので寺なら行ってみるか、と行ってみた。しかし、寺というより寺本部事務所風であった。少なくとも観光地ではなかった。
2012 台湾旅行
ぶらぶらと散歩。「林森北路」という通りがあって日本人向け歓楽街である、という情報を得た。今ではだいぶ日本がくたばっているのでかつてほどのにぎわいはないという。
2012 台湾旅行
確かにスナック、キャバクラ街という感じで…。夜に来る所なのだろう。
2012 台湾旅行
コンビニで買い物をし、李義男先生の隣のホテルに着いた。くたびれた…。
2012 台湾旅行
ホテル従業員コスプレをしたかわいこちゃんがドアを開け閉めしてくれるような実に快適なホテルである。唯一の不満と言えば、ここが圓山大飯店ではない、という点だけである。
2012 台湾旅行
私が故宮博物院や圓山大飯店を見てニコニコしている頃、日本では尖閣上陸云々が起きていた、とiPhoneで見たので新聞を買ってきた。10元(27円)。意味は分からないが事実関係を淡々記述している感じだった。
2012 台湾旅行 求人広告 Trip to Taiwan
求人広告が美しかった。
2012 台湾旅行
多少はロシア的にモノを考えてもいいのじゃないかと思う。恐ろしくて恐ろしくてロシアには誰もちょっかいを出さない。北方四島は日本の領土だ!と漁船で行っても蜂の巣にされて上陸すらできない。逮捕もされないけれども強制送還もされない。法的手続きはない。現地で、直接結末が執行される。ソヴェトでは、無実で喰らった8年の刑期が25年に延長されて出所後も移動制限付きの僻地強制移住は当たり前である、とシューホフも言っていたし。


疲れていたのでこのまま寝てしまいたいが…。寝るにはまだ早い。ジョグをするか、夜市に行ってみるか…。

2012 台湾旅行
夜市に行くことにした。道中、看板を見かけた。文字の配置、韻の踏み方から中国の立派な故事や漢詩のように見えるが、健康用品の宣伝にも見える…。「So Coolだぜ!」などと入れ墨を入れると後悔するかもしれない…。
2012 台湾旅行
電車で士林夜市へ。士林夜市は台北最大の夜市。行っておくべき観光スポット筆頭。
2012 台湾旅行
士林駅ではなくその隣の剣潭駅。台北中心から少し離れているにも関わらず大変なにぎわい。
2012 台湾旅行
TVの取材が来ていた。TVに出るような人だから大変な美人だった。
2012 台湾旅行
まだ明るく、夜ではないけれどもにぎわっている。
2012 台湾旅行
台湾と聞いて想像するような店が並んでいる。
2012 台湾旅行
歩いていると突然寺院?が見えた。
2012 台湾旅行
慈諴宮と読める。
2012 台湾旅行
入ってみると赤い提灯が美しかった。石造りだからか、中は静かだった。
2012 台湾旅行
宮の管理人と思われる人たちの穏やかな感じと、外の喧噪がよいコントラストだった。
2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの鎖骨がすっかりくっつきますように…またクロールで泳げるようになりますように…

2012 台湾旅行
日が暮れてきた。
2012 台湾旅行
照明が鮮やかになってきた。
2012 台湾旅行
射的と輪投げの中間存在。
2012 台湾旅行
麻雀。
2012 台湾旅行
肩たたきTVレポート。
2012 台湾旅行
お茶店。
2012 台湾旅行
裏道の屋台。
2012 台湾旅行
毛沢東、周恩来、鄧小平のDVD…誰が買うのだろう…。
2012 台湾旅行
マリオ。台湾で初めてゲームキャラを見た。驚いたことにこれまでマリオもポケモンの一匹も見なかった。ゲーム店も一切見かけなかった。一説によるとASUSの国であるからコンソールから基本無料系オンラインに流れたとか。
2012 台湾旅行
お祭りのようである。
2012 台湾旅行
台湾と聞いて想像するような屋台がたくさん並んでいてうれしかった。
2012 台湾旅行
無限に思えるほど屋台が並んでいた。
2012 台湾旅行
時折強烈な臭いを放つ屋台があった。
2012 台湾旅行
何が臭いの元かは分からないが、動物の肉関連だろう。
2012 台湾旅行
そういう臭いもまた異国の楽しみだろう。
2012 台湾旅行
尼さん。
2012 台湾旅行
ジュース。
2012 台湾旅行
ケンタッキーフライドチキンを見かけたが、台湾でケンタッキーフライドチキンを買ってもケンタッキーフライドチキンの味がするのだろうから台湾風のフライドチキンを買うことにした。
2012 台湾旅行
行列ができている屋台で買った。60元(約162円)。小さな屋台に4人も従業員がいた。1-油に鶏肉を入れる人。2-揚がった鳥を甘タレに付けてローストしカット機に乗せる人。3-注文取り兼カット兼スパイスを振りかける人。4-おつりを注文取りに渡す人。
2012 台湾旅行
ボリュームは十分。甘くて醤油の味がしない竜田揚げ。
活気のある夜市であった。疲れていたが来てよかった。
2012 台湾旅行
これで3日目も終わり…。台湾最後の夜である。
2012 台湾旅行
ホテル着。
2012 台湾旅行
何だか少し寂しい。
2012 台湾旅行
李義男先生の看板が輝いていた。私は、寝た。




Day 4

2012 台湾旅行
起きた。曇っている。台湾最終日。この日は朝ジョグをしてから帰国する予定。

ジョグ場所をどこにするか迷ったが、中正紀念堂にした。
2012 台湾旅行
バイク、バイク、バイク。

もう何度も使ってなじんだ雙連站(Shuanglian Station)へ。
2012 台湾旅行
朝のラッシュ前だろう、電車は比較的空いていた。
2012 台湾旅行
中正紀念堂駅。
2012 台湾旅行
改札。見慣れたが、やはり外国。
2012 台湾旅行
インフォメーション。ガラス張り。
2012 台湾旅行
広場に台湾の旗。
2012 台湾旅行 中正紀念堂 イケメン図
イケメン撮影。いい記念になった。
2012 台湾旅行
ジョグ開始。キロ6程度。
2012 台湾旅行
ジョガー、犬の散歩、太極拳、法輪功、社交ダンス、台湾舞踊、バドミントン、カラオケ、ヒップホップ、瞑想、なにかの運動部の部活等。
2012 台湾旅行
特別痛いところが出ず1時間走れた。鎖骨の具合もよい。いろいろと問題はある。自称オーバーちゃん、ストロークできそうにない肩…。それでも幸せだった。




2012 台湾旅行
ホテルに戻った。
2012 台湾旅行
シャワーを浴び、チェックアウトの準備。
2012 台湾旅行
"This one...and...this one please..."
2012 台湾旅行
チェックアウト前に近所の食堂へ行った。疲れだろうか、食欲がなかった。

チェックアウトし、ホテルを出てタクシーに乗った。
2012 台湾旅行
"This place please...oe?...umm?...ae?...this...temple...ae?...TEMPLE...ug?...Chinese temple..."

2012 台湾旅行
飛行機まで時間が少しあった。慈祐宮に寄った。ここもまた大通り沿いである。今まで見た中では一番豪華な建物だと思う。国賓大飯店からタクシーに乗っても200元しなかった。タクシーが安いのか、台北が狭いのか。
2012 台湾旅行
すぐ隣に饒河街夜市があった。夜に来ると寺院もピカピカ光ってよい、という話である。台湾観光は全体的に夜の方がピカピカしていいのかもしれない。
2012 台湾旅行
慈祐宮。
2012 台湾旅行
線香販売所。
2012 台湾旅行
内装も豪華そのもの。
2012 台湾旅行
ピカピカしている。
2012 台湾旅行
供物。または供物になる前(いやひょっとしたら工事人や従業員の昼食かもしれないが…)。
2012 台湾旅行
なんと本堂の他に6階建の堂がありそれぞれ豪華な像等。
2012 台湾旅行
それぞれに祈った。
2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの鎖骨がすっかりくっつきますように…またクロールで泳げるようになりますように…
2012 台湾旅行
生まれ年に対応した像。祈った。
2012 台湾旅行
やはりこれまで見た中では一番豪華な建物。外人観光客は少なめ。一級の観光地に見えるのだが交通の便が悪いのだろうか?
2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの鎖骨がすっかりくっつきますように…またクロールで泳げるようになりますように…
2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの鎖骨がすっかりくっつきますように…またクロールで泳げるようになりますように…
2012 台湾旅行
ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの鎖骨がすっかりくっつきますように…またクロールで泳げるようになりますように…
2012 台湾旅行
階段踊り場の壁まで豪華。一点豪華主義の対極。
2012 台湾旅行
柱の彫刻。どうやって作ったのだろう?石柱を削ったのだろうか?それとも型にセメントを流し込んで…というような?石工が削ったものであってほしいが、そんなことが可能だろうか?
2012 台湾旅行
来て良かった…。

======================
後で知ったが、この慈祐宮は3.11に義捐金1100万元(3000万円)を出してくれたという。天から突然現金が降ってきてそれをくれた、というわけじゃない。きっと地元民の寄付が大半なのだろう…。台湾では月収10万円でニコニコという感覚であるそうだ。数字で表されると、その重みが分かる…。
======================

2012 台湾旅行
慈祐宮前で台湾らしい自転車おじさんがいた。こういうおじさんは台北中心部では見かけない。スポークは非エアロ。
2012 台湾旅行
慈祐宮から歩いて空港へ。台北最後の散歩。行き倒れないようにドリンクを買った。
2012 台湾旅行
饒河街夜市の昼間。
2012 台湾旅行
このあたりは台北の周縁部。繁華街ではない。
2012 台湾旅行
風景も中心部と違い自動車整備工場や配送所などがある。
2012 台湾旅行
GTAだとヤバい連中がうようよしている地区だろう。
2012 台湾旅行
建物も低い。
2012 台湾旅行
路上のバイクも少ない。
2012 台湾旅行
空港に近づくにつれて終わりも近づく。
2012 台湾旅行
空港に着いてしまった。
2012 台湾旅行
着いてしまった…。
2012 台湾旅行
ソヴェトの昼食には粥がでた。
2012 台湾旅行
4日で1万円弱を使った。残ったニュー台湾ドルを両替。

"US dollars please..."

2012 台湾旅行
日本円にせず、アメリカドルにした。またどこかへ行けるように…どこかで使えるように…。123ドルもらえた。
2012 台湾旅行
ソヴェトでは午後の労働が始まった。台湾では雨が降り始めた。急に蒸し始めた。
2012 台湾旅行
EVA AIRのBR190がFlight Checkでtwo hoursのDelayだ、と書いてあった。4時間待ちとなった。
2012 台湾旅行
EVA航空コスプレをしたかわいこちゃんが180元の食券を恵んでくれた。遅延したからだろうか?疲れているのか食欲がなかった。食券は使わなかった。
2012 台湾旅行
イスA
2012 台湾旅行
イスB
2012 台湾旅行
イスC...どこに座っても退屈だった。飽きた。出発ロビーに行くことにした。
2012 台湾旅行
金属探知機の向こう側には免税店が並んでいるかもしれない…。出国審査を受けた。
2012 台湾旅行
3つめの記念スタンプを押してもらった。
2012 台湾旅行
やはり免税店が並んでいた…だからといってRADOの時計を買えるわけじゃなかった…。
2012 台湾旅行
長かった待ち時間も必ず終わる。80年もまた…。
2012 台湾旅行
いよいよ台湾旅行が終わってしまう。
2012 台湾旅行
楽しかった…。無事でよかった…。
2012 台湾旅行
飛行機に乗った。
2012 台湾旅行
さよなら、台湾。
2012 台湾旅行
日が落ちた。
2012 台湾旅行
帰国。
2012 台湾旅行 さいたまへ…
さいたまへ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ