12.07.2012

私が若い人へ言いたい本当のこと

2012.12.7
年齢を重ねれば、浮世の空しさに気付き枯淡の境地に至って物欲なんて霧消するかと思っていたが、とんでもない。年輪を重ね、しわを刻むほど、どんどん欲深くなっていく。欲しい欲しい欲しい欲しい。もう、欲しくてたまらない。年をとって落ち着きが出る、などと言うが、ありゃ嘘だ。年をとれば、頭の回転も体の動作も緩慢になる。だが、商品ページを手繰り寄せるマウスの動きだけがどんどんせわしなくなる。
年をとればたいがいのことに動じなくなる、などと言うが、あれも嘘だ。頭の回転が鈍ってきているから真っ白になっているだけだ。「動じない」のじゃない。単にクラッシュして「動いてない」のだ。Windowsのブルースクリーンだ。
経験を積んで人として成長する、などと言うが、成長した人間なんてTVの偉人伝以外では見たことが無い。大抵はブルースクリーンだ。それと酸いも甘いも噛み分けて円くなって穏やかになる、などと言うが、もちろん嘘だ。何が起きているのかさっぱり分からないから半笑いでごまかしているだけだ。
若人よ、見よ!これが君の15年後の姿だ!そして若人よ、よく聞け!これが15年かけてゆっくり起こると思うな、体感期間では2週間くらいだ。卒業して2週間くらい経ったかな、と思ったらもう15年くらい経っているぞ!私の脳内総理はまだ小渕さんだからな!


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. たまごあたま2012年12月10日 14:22

    真実に気づくために必要だった歳月…時は無慈悲な破壊者ですね。

    返信削除
    返信
    1. たまごあたまさん、お久しぶりです…。

      あと体感で2週間くらいしたら50歳ですかね…。

      削除