12.26.2012

ハッキングされるよりまし

「おっぱいバレー」
1 風邪がよくなってきた、のかどうか知らないが、症状は緩和傾向。もしこのまま治るのなら症状が今回は軽い風邪といえよう。少し体を動かしたいくらいには回復したが、年末は体調を崩せないことと、念願の正月旅行が控えているので大事をとってしばらく安静。
会社に行く他は安静。REGZA前のイスに座って口に出すのがはばかられるような恥ずかしい題名の映画を見た。口に出すのがはばかられるような、或る期待を胸に最後まで我慢して見続けたが、その期待は打ち砕かれ、踏みつけにされ、裏切られた。期待は裏切られるだろう、薄々そう思ってはいたが…せめて「カメラアングルがあともう少し…」等、期待をなぞる程度の飴があっても良かったのではないか?この寄る辺なき世界で、もはや期待は予感では踏みとどまれぬのではないか?飴なしには、踏みとどまれぬのではないか?

耳栓
2 正月旅行装備を準備し始めた。まずは耳関連。耳栓、耳栓型イヤホン、通常イヤホン。夜間フライトなので耳栓は必須であろう。車中泊等で体感済みだが、耳栓の有無で睡眠の質が全然違ってくる。音は案外と睡眠を妨げる。日常生活でも新聞配達のバイク等。耳栓は写真にあるスポンジをこねこねして穴に突っ込むタイプがよい、と思う。低反発ウレタンみたいなスポンジが耳の穴の中でゆっくり広がって穴を塞いでくれる。(Amazon耳栓一覧ページへ)
今回は大鞄と小鞄の二つ体制で。


Google Authenticator
3 Googleアカウントのハッキングが多発しているとか。Googleにかなり依存していて、ハックされると困る。面倒だが2段階認証を導入した。従来のパスワードにもうひとつ時限パスワードを加えるような感じ。普段よく使う端末はCookieが云々で「信頼できるコンピュータ」としてワンタイムパスワード要求頻度を相当低くすることができる様子。
ワンタイムパスワードを知るにはケータイメールとか、スマホアプリ(Google Authenticator)等いくつか選択肢があって、それらが使えない時に備えてバックアップパスワードをあらかじめ生成させて財布に入れておく、写真に撮って保存しておく等。信頼済み端末も多分、Cookie期限が切れるたびに2段目のパスワード要求をされるのだろうけれども、ハッキングされるよりましか…。
その他、iOSメールアプリ等、2段階認証に対応していないアプリでGoogleアカウントにアクセスする場合は、それ用に生成されるパスワードを入れないとダメ。これまた面倒。こちらのパスワード期限がどのくらいなのか知らない。
ハックする側から考えると、アカウントにアクセスするためには通常のパスワードに加えてワンタイムパスワード or バックアップパスワードを入手しなければならないわけだから、飛躍的にハードルが上がる。パスワード生成機たる本人の携帯電話が手元に無いとアクセスできない。仮に携帯電話も盗んだとしても、電話にロックがかかっていれば本人を殴ってロックを外させなければならない。または、本人を殴ってバックアップパスワードのありかを聞き出さねばならない。いわゆるハッキングはそういう殴る殴った殴られた的距離感で行われるものではないだろうから、2段認証にしておけばかなり安全。面倒だけど…。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿