6.30.2012

いざというときの保険


今回の事故で結構な出費があった。主に医療費。入院&手術だったから型落ちのフレームが、とか、ZIPPが、とか、PowerTap付きのいいやつがという位の出費であった。

給料袋が薄いため「ま、いっか」と放置するには大きすぎる出費だったので自動車保険にうじゃうじゃと付いている特約で何か補償はありませんか?ぼくちゃんにお金をくれませんか?とソニー損保に電話をして聞いてみた。
  • 人様にケガをさせたら、人様に対する補償は出るけど、お前は単独で転んだんだからダメ
  • クルマで出かけてその出先で自転車に乗って転んだのならまたちょっと話は別だけどね
  • ま、おつかれさん
という結果でカネは一円もやらん、ということであった。
クルマに自転車を積んで行って、そこから自転車に乗って転んだんです!と言えば保険金が下りたかもしれないけれども、それは保険金詐欺であろう…。


30BB30D630F330A430EC30D630F330675165308B81EA8EE28ECA541130514FDD967A
保険なんてものは人様に出ればそれでよい、と考えていたが、やっぱり単独で転んで骨を折って散財してしくしく泣く場合もあるので"自動車保険にうじゃうじゃ付いてくるなんだか良くわからない特約"じゃなくてセブンイレブンで売っている"自転車向け保険"そのものに入ることにした。
しばらく自転車には乗れない(乗りたくない…)が、喉元過ぎれば云々なので喉が熱いうちに加入。5000円弱。ネットで申し込んで店頭でカネを払って証書を受け取っておしまい。
詳しくは分からないが自転車事故以外にも補償があるように読めるので何かでケガをしてカネがかかった、というときにも保険金が下りる、気がする。
モンベルの野外なんとか保険もアウトドア派には良さそうだった。



【骨折から1週経過】
彩湖でぐしゃりと鎖骨を折ってから1週間。擦過傷は一ヶ所がまだグニュグニュ。
鎖骨バンドは常時していなさい、というのがセオリーなので日中も鎖骨バンドをして過ごす。なんでも鎖骨が曲がってひっついたり、ヘタに動かないようにするため、鎖骨の動きを制限するものだとか。これがつらい。首、背中、肩甲骨周りの筋肉が凝って痛い。肩周辺を思いっきりストレッチしてグルグル回して血流を促したい気分。
鎖骨の状況が目に見えないため、ずれてるのじゃないか、破片が所定の位置から外れたのじゃないか、などと不安。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿