5.08.2012

Continental Competition 22mm


チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って二度寝。昨日よりは体力が回復した。チンタラローラーの予定だったものの、まだ体力回復が十分でないためキャンセル。
自転車トレが不足しているので明日から自転車メインにしないと…。


Wiggleから荷物が届いた。Continental Competition 22mm等。
コンチコンペ22mmはバラモンキングの後輪に使用する予定。コンチコンペは乗り心地が悪いという話であったが、空気圧にもよるが実際使ってみると特に悪いとは思わない。鈍感なのでラテックスチューブラーとコンチコンペでの違いもよく分からないほど。仮に乗り心地で劣ったとしても、シーラント剤を入れられる点、24時間程度では空気抜けがほとんどない(CO2でも)点のメリットが大きい。
現状使用しているのがコンチコンペの19mm。19mmは細いため不安定、という話。19mmのメリットは空気抵抗と軽量性、22mmのメリットはグリップと転がり抵抗、という話。実際のところはよく知らない。私の場合、タイヤグリップの限界までコーナーを攻めるような操作技術はないからどちらでも変わらない気がするが。
Continental Competition 22mm
19mmに比べやや太い
そして恐怖のコンチコンペ、リム乗せ作業(リムに乗せ、空気を入れてしばらく寝かせることでタイヤを伸ばす)。コンチコンペはとにかく「リムにはめづらい」ことで知られるタイヤで、初めてリムに乗せたときは指が内出血し、全身筋肉痛になった。
今回は気合いも入っていないのでとりあえずハメ動作をしてみて、後日、気合いが充填されたころに乗せますか、というくらいの気持ちでハメ作業をしてみたところ、1分もかからずほぼ一発で、気合いの雄叫びも要らず、あっさりとハマった。
世界中からContinental社に「ハマりませんよ!」という苦情が寄せられて設計変更されたのかもしれない…。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. マユゲマン2012年5月9日 13:38

    ゆうさんはタイヤって使い切ってから変えています?
    半年位すると飽きちゃったりしますよねー・・・。ロードなんかあんまり乗ってないのですが、そろそろ交換したい。もったいないかな?

    返信削除
    返信
    1. 外を走るタイヤは擦り切れる前に替えちゃいます。パンクしたくないですし。チューブとリムフラップもその時に替えちゃいますね。前輪はほとんど減らないので若干もったいない気もしますけど(笑)



      驚いたのは、中古自転車店に「中古タイヤ」が商品としてあるんですよね。タイヤも使おうと思えば結構長く使えるのかもしれませんが…。

      削除