5.28.2012

現状


2日運動をしたらやたらと疲れてしまって5日休む、というような自称オーバートレーニング症候群の日々。

休んでいる間に伊勢神宮や恐山に行く等、気晴らし。

昨日プールに行き、泳いだところ、頭を抱えたくなるような不調。50mでイメージから8秒ほど遅く、ラップ泳だと3,4秒遅い。ラップ泳といっても150mより長い距離を泳げなかった。1本で8秒遅い、というのは衝撃。

今朝通勤ランをした。キロ5弱。暑さを織り込んでも心拍が25ほど高い。ペースが上がらないし、上げる気にもならなかった。おまけに右膝が少し痛くなったので予定量をこなせず中断。

オーバートレーニング症候群は、疲やすい、疲れが抜けない、回復しない、という疲労に関する症状のほかに「記録低下」「集中力の欠如」という症状がある。休養明けだから数字が悪いのかもしれないが、症状がそのまんま出ているのかもしれない。

レースが、とか、ロングが、とか、バラモンキングが、とかそんなことを云々できるフェイズでは全然なくなったので、案外と気は楽。ただ、ヒコーキのチケットとか、エントリー費とか、宿賃とか、チューブラータイヤとか、輸送箱とか、補給食とか、そういう支払い済みの費用を考えると胸が痛い。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. おや?
    どうしたのかな。

    多分、スランプだと思いますよ。

    若いアスリートは
    トライアスロンをもっと楽しんで欲しいです。

    ケガやスランプを乗り越えて精神的・肉体的に強くなるから、
    今がチャンスだと思います。

    頑張ろう!

    返信削除
    返信
    1. かぼすさん、こんにちは。

      (もう若くはないのですが…)確かに楽しんでやっていたかどうか分からないです。数字ばっかりに目が行って、肝心の楽しいかどうか、幸せかどうかという尺度をすっかり忘れていた感があります。

      今回のを克服できれば「どういう風に取り組んでいくか」という一番基本的なスタンスがしっかりする予感がありますので、それはそれでいいのかな、と思っています。

      コメントありがとうございました!

      削除
    2. オーディオブックのNo1メンタル理論を聞いてください。

      削除
    3. そんなのがあるんですか、情報ありがとうございます。探してみます。

      削除