5.27.2012

超体験 キリストの墓へいってまいりましたよ!

木曜PM 十和田湖~さいたま
恐山巡礼は終わった。あとは事故をしないで帰るだけ。
十和田湖から八戸へ。レンタカーを返して新幹線でさいたまへ。それだけの予定だったが…。
十和田湖からナビの言うままに安全運転。寝不足気味で運転ばかりしていたからかなり疲れていた。この二日で一般道のみで500km以上走った。残すは八戸まで70kmほど。
信号はほとんどなく「悔い改めよ」とか「死後さばきにあう」といったキリスト看板がちょくちょく貼られている相変わらずの田舎道。ただ、下北半島の異様な辺境感はなかった。普通の「ど田舎」だった。自動車運転は苦にならないが、それにしてもやはり疲れていた。時折目にする看板におかしな文字が書いてあるような気がした。
「キリストの墓」とかそんな看板-役所管理のキチンとした青看板-が目に付いた、気がしたが、どう考えても見間違いか、幻覚の類であろう。恐山のメメント・モリ体験が無意識に残っていて「キリストの○」を「墓」に読み間違えたのだろう。

八戸へのルートを淡々と進んだ。何度か「キリストの墓」という看板が出てきた。そんなバカな話があるはずがない。相当疲れているらしい…。いや、インターネットでそんなコラ画像ネタを見たことがあったような、ないような…。
青森2012 キリストの墓
そしてルートを淡々と進んでいると「キリストの墓」に着いてしまった…。何度読んでも「墓」にしか見えない。見間違いではなさそうな…。幻覚だろうか…?ゲシュタルト崩壊であろうか…?

ここは新郷村(昔は戸来といったそうだが)というらしいが、なぜここにイエス様の墓が?

一応見てみようか…。クルマを降りた。

青森2012 え?キリストの墓?
アレ…キリストの墓まで220mって書いてあるぞ…。そんな話があってたまるか…。
青森2012 キリストの墓へ
ずずいと進んでいった。晴れていた。
青森2012 キリストの墓
うーむ…100mと書いてあるぞ…近づいてきた…。本当だろうか…いやいや…。

じゃーん!実は「家須 桐人」さんのお墓でした!笑ってくれたかな?楽しんでくれたかな?よし、それじゃあ話のタネにおみやげ買って行ってね!というようなジョーク施設であろうか…?いや、その手のジョークに冒涜だなんだと本気で怒る人もいると思うが…。

青森2012 キリストの墓 解説
小山を上って開けた場所に着いた。解説看板があるぞ…。ええっと…。アレ…「家須 桐人」さんじゃなかった…大本命「イエス・キリスト」であった。
キリストが磔刑から逃れて来日し、この戸来村で長寿をまっとうしたよ説ですか…。ええっと…はいっ??

頭がクラクラしてきたぞ…いけない…意識が混濁しているのだろうか…。なんだか脳がかゆい…。

いや、やはり意識はハッキリしている…看板の先の塚がイエス様のお墓である…?何ということであろう…これは…人類史を根底から揺るがす一大事である!

まさかの超展開…運転に疲れたどころの話ではない。
青森2012 キリストの墓
塚に上って右手がイエス様のお墓と書いてある…よいしょよいしょ…ええっと…あ、ありました?え?…ありましたよ!
どうも釈然としないが、少なくとも幻覚ではなかった…。イエス・キリストの墓である…。大変な場所に来てしまったぞ…。
万一にも来日説は本当じゃないけれども、万一にも、万一にも、万一にも!イエス様に失礼があってはいけないのでお参り…お参りでいいの?
拍手を打ったり合掌するのはおかしいだろう、多分。胸の前で十字を切って「アーメン」と言った。
青森2012 イスキリの塚
左手にはキリストの身代わりとなって磔刑に果てた弟イスキリの墓…。え?「身代わりになって罪を背負われたお方」ですか??え!?そんな全人類的にエライお方の、ですか…!?
万一にも、万一にも、万一にも!イスキリ様に失礼があってはいけないのでやはり十字を切って「アーメン」と言った。

それにしてもさあ、こりゃあトンデモにもほどがあるだろうよ、もとい…これはとんでもないところに来てしまいました。

青森2012 キリストの里 伝承館
奥に「キリストの里・伝承館」があった。あ、結構立派…。え?入場料取るんですか…200円ですか…。
青森2012 キリストの里
伝承館を見ないわけにはいかない。財布をクルマに取りに戻った。やはり晴れていた。
青森2012 民家復元コーナー
200円を払い、中へ。入口の民家復元コーナー以外は撮影禁止であった。不気味な人形が置いてあった気がしたが、気のせいかもしれない。

伝承館は新郷村民俗展示とキリストの里という二本立て。民俗展示とは言っても機械化される前の普通の農具や昔の民家が復元されている程度で特段何だというわけではなかった。

やはり…ぼくちゃんは…イエス様の…詳細を…知りたい…。
するとビデオ映像で解説するコーナーがあったのでそこへまっしぐらに飛び込んだ。

ビデオ解説コーナーは左右に合わせ鏡がしてある暗室だった…。ボタンを押すとビデオ映像開始。
湧いて出てきた珍説「磔刑から逃れて来日し、この戸来で長寿をまっとうしたよ説」を濃厚に肉付けする映像であった。
戸来(へらい)はヘブライが由来の地名であったか…。この地方に伝わるナニャドヤラ踊りは実はヘブライ語であったか…。
ナレーションのお兄さんは大変ニュートラルで誠実な語り口であった。そして、なにより、合わせ鏡の暗室が大変とてつもない説得力を生みだしていた…。

しばし呆然……

「あぁ…イエス様、来日してたわ。うん、間違いない。八戸港からここに来てたわ。」と思った。
読み間違えとかゲシュタルト崩壊とかそんなチャチなもんじゃあなかった。ここは、まさしくキリストの墓であった。人類史が根底からひっくり返りましたよ。うん。間違いない。それと、解説ビデオ、結構よかったから販売するといいかも。200円くらいで。あ、動画はH.264で。
青森2012 キリスト
何を血迷ったか…あ、いや、大変ありがたいおみやげまで買ってしまった。
青森2012 キリスト祭
もうすぐキリスト祭がおこなわれるらしい。お墓の前でナニャドヤラ踊りするんですね…あ、これは入場無料なんだ。エッ?だ、第49回ッ…!!そんなにやってるの?


八戸への道中で、ぼくちゃんは全く予定外の超体験をいたしました。
===============================
===============================

青森2012 ルクラ返却
八戸着。レンタカー返却。ルクラ(ダイハツ・タント)、いいクルマだった。当たり前だが乗用車としてはハイゼットが大きく見劣りした。
青森2012 新幹線はやて 八戸からさいまたへ
新幹線はやてでさいたまへ。移動疲れだろうか、仙台からさいたままで、かなりだるかった。
青森2012 さいたま!
さいたま着。疲れたが楽しい旅行だった。

さいたま出発〜三途の川
恐山巡礼
キリストの墓-さいたま

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. マユゲマン2012年5月29日 13:29

    なはは、ここにも行きましたか。まるで熱海の秘宝館に入ったような感じですよね。それにしてもシャレにしては標識立てたりと大掛かりですよね。
    まあそういう話で地域振興している町だと言う寛大な心で・・。
    イスキリ・・・又笑いそうに・・・。

    返信削除
    返信
    1. ここはノーマークだったのでビックラこきました。
      なかなか出来る体験ではなかったので、これはこれで楽しかったですよ!

      削除