5.14.2012

伊勢神宮にいってまいりましたよ!


福島・会津若松で行われるフルマラソンにエントリーしていた。彩湖マラソン失敗時の予備として。
タイムを狙わずキロ5程度のロング走という位置づけで参加する予定だったが、自称オーバートレーニング症候群なのでDNSにした。

参加するつもりだったから休暇を取ってある(休暇と言っても一日半だが…)。REGZA前のイスに座り、4チャンネルと6チャンネルとMacOSとリバティシティをザッピングしたりCanon S95を10分おきに起動したりして日常的な休日を過ごすと、いつも通りのストレスがたまるだろう。自称オーバートレーニング症候群であるから、そうした日常で積み重なったストレスも原因のひとつかもしれない。日常から離れてメンタルをリフレッシュしたい。

取りあえず会津若松近くに行って、猪苗代湖ではくちょう号に乗り湖を遊覧し、湖畔で本でも読んで帰ってくるか、というつもりであったが、DNSなので何も福島に行く必要はない。自称オーバートレーニング症候群であるので、体調次第では走る、という選択肢はない。目的地は特にないのだった…。

どこへ行こうか…。
  • 福島
  • 伊勢神宮
この二択。昔から伊勢神宮に行きたかった。伊勢神宮だとタイトスケジュール。ほとんど高速道路の運転。
福島だとどこにしようか。3.11の記憶を新たにすべく浜通りにいってみようか…。


土曜 PM12:01
伊勢神宮にしよう、と、出発の30分前に決めた。お伊勢様である。霊験あらたかに違いない。自称オーバートレーニング症候群が治るに違いない!違いない、違いない!
埼玉南部
カーナビの目的地を伊勢神宮の「外宮」にセットし出発。いつもの土曜の埼玉南部から東京、首都高へ。首都高のなんだか知らない道路をナビに従って進み大橋JCTから東名高速で西へ。
HIJET
Audi TT
今回の伊勢参りはクルマ。この日は風が強かった。車高が高く、風に煽らるたび怖い思いをした。神奈川を過ぎたあたりで埼玉民愛聴ラジオNACK5が入らなくなった。
IMG_1370
開通から間もない新東名高速を使った。旧東名をよく知らないので違いは分からない。舗装はキレイだった。サービスエリアもキレイだった。
休憩
何とかというサービスエリアで魚フライのサンドイッチを買って、食べた。
IMG_1371
自称オーバートレーニング症候群の症状の一つとして、耳鳴り、耳の閉塞感がある。何となくそれを感じるような、エンジン音の残響のような。

----------------------------------------------------
東名を西に向かって、しばらくすると名古屋。湾岸の重工業風景。遠くに見える市街を見ると、名古屋は大都市らしい。もう関東のラジオは入らない。チューニングしてもひとつかふたつしか選局できない。1分間に10回くらい「人権」という言葉がでてくるイデオロギッシュな番組が流れていた。
----------------------------------------------------



PM7:00
名古屋を過ぎ、紀伊半島、南の方へ。
伊勢うどん
なんとかというサービスエリアで休憩。夕飯。伊勢うどんという名前のうどんがあったので注文した。高くてまずくて少ないうどんが出てきた。運動をしていなくても量を食べる。足りない。高速のサービスエリアで売っているようなサンドイッチと高速のサービスエリアで売っているようなおにぎりを買って食べた。
夜
少し休憩をし、外へ出ると陽が落ちていた。まだ寝るには早い。もう少し伊勢神宮の近くへ。



PM8:00
紀伊半島 伊勢参り
多気パーキングエリア。伊勢前の最後のパーキングエリア。ここで寝ることにした。
車中泊 ハイゼット
遮光仕様 画像は朝
ハイゼットの荷室を車中泊遮光仕様に。街灯の近くであったが、アイマスクが要らないくらいには暗くなる。歯を磨き、耳栓をし、横になった。
砂の女
「砂の女」を少し読んで眠気を待った。主人公のおじさんが、昆虫採集のうんちくを語って、妙な集落に迷い込んだ。昔、読んだことのあるような、初めて読むような。もう、そういう記憶も流れに流れ、あいまいになってしまった。

深夜、寒くて目が覚めた。トイレ。
朝まで毛布だけではダメそうなので一枚上着を重ね、寝袋-いったん袋から出すとしまうのが面倒-に入り、その上から毛布をかけた。起きるまで、眠れた。

------------------------------------------------------
走る夢を見た。
------------------------------------------------------



日曜 AM6:00
朝
朝。自然に起きた。初めての車中泊。寝袋と耳栓のおかげでよく眠れた。備えがあって良かった…。
子供の頃は朝起きたときに家の部屋でないと、見慣れない模様の天井だと、違和感と不安を感じたものだが、年をとるとそういう感覚はなくなる。起きた途端にHIJETの天井が飛び込んできても、知らないところで起きても、もう何も感じない。
朝の紅茶
ストレッチ、歯磨き、朝の紅茶、トイレ。まだ朝が早い。iPhoneで伊勢神宮の営業時間を調べるとAM5:00~と書いてある。さすがお伊勢様…。
車中泊遮光仕様のハイゼットを運転仕様に戻し多気パーキングエリアを出た。
そして、いよいよ目的地、伊勢神宮へ…。
ハイゼット
伊勢神宮「外宮」着。大宮ナンバーの私のハイゼットが伊勢神宮駐車場に止まっている…。長いこと伊勢参りをしたいと思ってきたが、今日が、その日。
伊勢神宮 外宮
伊勢神宮は通称。正式には"神宮"。外宮と内宮に分かれており、まず外宮から参るのが正しい。
参道
美しい林。参道を進んでゆく。
伊勢神宮 外宮 馬小屋
古代日本の様式。朱色などの人工着色は出てこない。外部からAdizero mana6の鮮やかなブルーを持ち込まない限りは、自然色の他に色はなかった。
伊勢神宮参道
清浄。質素。簡素。
外宮へ
参道を進んでゆく。
外宮が見えてきた
しばらく進むと雰囲気がピリリとして外宮が近づいているのが分かる、気がする。なにか方角とかそういうものを計算して設計されているのかもしれない。
外宮
外宮に、近づいてゆく。
伊勢神宮 外宮
外宮。古代も古代、弥生建築。ここより奥の正殿に豊受大御神(とようけのおおみかみ)が祀られている。神話によれば天照大御神(内宮)が雄略天皇の夢に現れ呼び寄せるよう言い建立されたそうだ。神聖な雰囲気がMaxであった。
賽銭を奮発。「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…」と祈った…。
別宮 土宮
別宮等を回った。参拝客のマナーがよいのか、注意書きの類は最小限だった。バーベキュー禁止とか、痰を吐くなとか、ポイ捨て禁止とか、泥酔禁止とか、小便禁ずとか、騒ぐなとか、落書きするなとか、備品を持ち帰るなとか、そういう看板は皆無だった。それでも喫煙飲食等をする人は一人も見かけなかった。
お守り販売所
お守り販売所。ここのお守りだけ赤やら青やら、色のついたものがあった。自称オーバートレーニング症候群がすっかり治るよう、お守りを買った。
伊勢神宮 外宮
正殿と思われるものがチラリと見えた。
お香?
何かを焚いたようで、煙っていた。チンダル現象が美しかった…。
伊勢神宮 外宮
外宮を出た。

--------------------------------------
内宮へ移動。数キロ離れている。
ナビに従うととんでもない方角へ行ってしまった。なんだかよくわからない所をうねうねと迷っていると突然赤福本店に出た。あの赤福がこんなところにあるとは知らなかった。うねうねと迷っているうちに、それらしき誘導看板が見えた。
--------------------------------------
まだ早い時間だったため運よく内宮駐車場が空いていた。帰りには空き待ちの長蛇の列だった。
--------------------------------------



AM8:00
伊勢神宮 内宮
CanonS95は歪曲収差が気になる…
いよいよ、伊勢神宮、内宮。祀られているのは天照大御神である。
伊勢神宮 宇治橋
宇治橋を渡る。A地点とB地点の交通物流の便のために渡すただの橋ではない…。「こちら側」と「あちら側」を渡す橋である…。
宇治橋 五十鈴川
宇治橋。五十鈴川。清流。
伊勢神宮 内宮
広々として静かに澄んでいる。電柱とか、露天干しの洗濯物とか、消費者金融の看板とか、パチンコ店の宣伝音声とか、焼肉屋の煙はもう、ない。
伊勢神宮 内宮
入口付近は林というより、整えられている。
伊勢神宮 内宮 砂利
ほどよい大きさの砂利。歩くたび、音がする。
自称オーバートレーニング症候群によるDNSだが、形だけはランシューズ…。
伊勢神宮 内宮 林
石と木と風の参道を進んでゆく。
伊勢神宮 内宮 鳥居
参道を進むと徐々に緑が高くなってゆく。
伊勢神宮 内宮 林
立派な木。晴れている。清浄。簡素。質素。
伊勢神宮 内宮
さらに参道を進んでゆくと、ついに内宮。天照大御神。ここに来たい思ってからこの時まで、随分長い時間がかかった。その頃まだ私はティーンだった。15年かかっただろうか…。その間に何があったのだろう?
伊勢神宮 内宮
時が来た。階段を上がり、賽銭を入れ「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…」と祈った。それ以外のことは、何も頭になかった。
伊勢神宮 内宮 林
林が美しかった。晴れていた。


---------------------------------
お守り販売所を見ていたら、祈祷サービスがあると知った。せっかく伊勢神宮まで来たのだからと申し込んだ。
5000円コースから50万円以上コースまでたくさんあったが、大きく分けて神楽と御饌。もちろん違いなど分かるはずもないので給料袋の厚みから考えて5000円コース。
後で知ったが、神楽は祈祷に音楽と舞が付いてきて所要時間少し長め。御饌は一般的な祈祷。
---------------------------------
私は唯物的な考え方をしがちであるけれども、無神論を唱えるほどドラスティックでない。人はフィジカルだけでは生きていけないメンタル生物。熱心な信者などが大抵の苦難を「神がくださった試練」の一言で乗り切るメンタルの強さを見ると、なるほど、と思う。
---------------------------------


祈祷控え室から…
申込書に氏名住所目的等を記入し5000円を支払った。「控室で待っておれ」と言うので控室に入って待った。控室から見て右手に神楽殿。あちらは給料袋が厚い人のコース。
祈祷控え室から…
向かって左手に御饌殿。こちらが私の入るコース。
祈祷控え室にて「自称オーバートレーニング症候群が治りますように…自称オーバートレーニング症候群が治りますように…自称オーバートレーニング症候群が治りますように…自称オーバートレーニング症候群が治りますように…」
しばらく待っているうちに雑念が消えていった。控室の床を眺めながらずっと「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…」と念じていた。

「かわいこちゃんと結婚できますように」という願いはもちろん「膝が痛くなりませんように」とか「速くなりますように」というようなことも全く頭になかった。

ただひとつ「ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…ぼくちゃんの自称オーバートレーニング症候群がすっかり治りますように…」と何度も何度も何度も何度も何度も、何度も何度も何度も何度も何度も、念じた。私はすごくシンプルだった。

伊勢神宮 御饌殿
「入りたまえ」というアナウンスがあった。御饌殿に入り、正座。
神職が祈祷。途中「さいたま市に住まいし……病に悩み苦しむイケメン……」というような文言が聞こえた。慣れない正座のため足が痛かった。清浄な気持ちになった。頭を下げ、少し泣いた。
---------------------------------------

伊勢神宮 御饌 おみやげ
祈祷終了後、巫女さんからお札や煎餅のお土産をもらった。ここまで来たんだ、きっと自称オーバートレーニング症候群は治るだろう…。また200m3:30サークルをできるだろう…。また物見山を回れるだろう…。また定峰峠に行けるだろう…。またブリックランができるだろう…。いつかレースに出ることもできるだろう…。


帰ろう…さいたまに帰ろう…。



伊勢神宮 宇治橋 鳥居
来た道を帰る。空がきれいに晴れていた。
伊勢神宮 宇治橋
参拝客が増えてきた。宇治橋を渡ると「こちら側」の世界である…。
五十鈴川
五十鈴川。清流。美しい川ゆえに古くから歌が詠まれたという。橋を渡り、伊勢参りが終わった。



AM9:18
おはらい町
「こちら側」へ戻ってきた。おはらい町という商店街があり、えらく風情のある建物が並んでいた。先ほど見かけた赤福本店もここにあるはず。ローディがクリートを石畳にパカパカさせて歩いていた。私でさえ「ローディはそんなカッコでここを歩くな!」と思うのだから非ローディはもっとであろう。
赤福 本店
赤福。例の事件でさいたまにまで知れ渡った赤福餅。おみやげとして買った。
これで伊勢観光は終了。

------------------------------------------




AM9:55
すき家
空腹。観光地価格で食べる気もしないので、すき家。この時間だと他に選択肢があまりなく。
コーラ
田舎風景を走り、なんとかというインターから高速に乗り帰路。名古屋湾岸を経由して新東名へ。なんとかというパーキングエリアでコーラ休憩。新東名はSAは満車、PAでさえ混雑していた。

出発。足柄サービスエリアで風呂に入り休む予定。ガソリン残量に若干不安があったためアクセルを踏み込まず燃費走行。ラジオがつまらなかった。Keith JarrettのParis Concertを流した。
東名 足柄SA
足柄サービスエリア着。ここには宿泊施設と入浴施設がある。630円払って入浴。炭酸風呂だった。炭酸風呂には国立スポーツなんとかセンターで使われているとか、ジーコジャパンがどうの、と能書きが書いてあった。
宇治抹茶もなか
風呂上りにアイス休憩。品ぞろえがイマイチ。好みでない中から宇治抹茶もなかをチョイス。なんとかというドラマが打ち切りになった、とiPhoneに書いてあった。
東名高速 渋滞
このあたりは富士山が近いためよく見えるかと期待していたが、行きも帰りも雲で富士山は見えなかった。しばらくすると30kmの渋滞。事故渋滞と自然渋滞が重なったらしい。高速道路なので進まない、ということはない。

首都高に入るとさっぱり道が分からなくなる。ナビの指示に従うと外環を通ることになるのだが、外環にカネを払う気がしないので、直感で鹿浜橋、川口線を目指して走っていった。東京タワーが左に見えたりした。正しい方向に進んでいるような、よくわからないような。いつのまにか上野のあたりで首都高から降ろされていた…。自分の田舎者ぶりにガックリきた。
一般道でさいたまへ。
かつや
夕飯。ロースかつ定食。

無事帰宅。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. お帰りなさい★
    俺は今週末のフルのレースに向けて調整中です。
    北海道は公認のフルのレースが少なく記録を狙っていくレースです。目標が高すぎて不安な日々を過ごしています。
    伊勢神宮の写真を眺めていたら俺もお参りにいったような気が・・・(笑)
    俺の好物赤福★いいなぁ~食べたいな~

    返信削除
    返信
    1. そりみやさん、こんにちは。

      洞爺湖マラソンですかね。洞爺湖は稚内の方にあるのかと思ってましたが、結構南にありました(笑)
      北海道、またいきたいです。レンタカーで原野を走りたいです。

      レースで目標達成できるといいですね。体をよくリフレッシュさせて臨みたいところですね〜。

      ちなみに、赤福餅、おいしかったですよ。スーパーで売ってるあんこ餅と似てますがやはり違いましたよ!

      削除
  2. 念願のお伊勢参りでリフレッシュされたようで何よりです!

    僕はここ数年縁があって伊勢神宮には毎年にようにお参りしています。まさに神々しいところですよね。
    もうすぐ式年遷宮だそうです。機会があれば是非見てみたいなぁと思ってます。

    それにしても伊勢うどんって特徴的ですよね(笑

    返信削除
    返信
    1. Crispさん、こんにちは。

      お伊勢さんに行ってきましたよ!伊勢うどんはちょっと…。おいしいところで食べるとおいしいのでしょうが…。

      平成25年ですから来年に遷宮だそうです。ただ、それまでにもいろんな儀式が行われるようですね。
      ということは建物も新築しはじめるんですかね~。

      削除