3.13.2012

海外旅行したいよ熱


飛行機に乗りたい、海外に行きたい、旅行をしたい、埼玉南部で這いつくばる現実から逃れたい、と思い始めた。
本当はグアムとかサイパンとか何とか島とか海がきれいでヤシの木が生えているビーチにて、パラソルの下でパフェを食べたりグリーンの海でシュノーケリングをしたい。だが、私には一緒に行ってくれる人がおらず一人旅であるから、リゾート風にふるまうと惨めに思って涙をこぼすことになるので都市がいいのかなあ、など。
前にも海外に行きたいと言っては、言うだけに終わっている。一応飛行機に乗って北海道には行ったけれども。人生は一度きりで、時間は不可逆であるから、行きたいなあと思う時、行ける時に行っておきたいなあ、など。
治安とか距離から考えて台湾が第一候補。
Expediaを開いてニタニタして過ごしている。

=================================
Garmin...
ForeAthlete205 and 310XT
Run60min(13.72km Ave4:22)
スケジュール的にポイント練ペース走の予定。ただ、30km走からまだリカバリーが済んでおらず不安。アップしながら調子をみてペースを決めたい。
Garmin310XTを会社に忘れたので今日は予備のGarminで。大抵は「予備なんて無駄づかいの言い訳」と思うけれども珍しく「予備があってよかった」と思えた。
靴はAdizero mana6で最初からキロ5弱で入れた。足が少しガタピシしているが、なんとかペース走をできそうなので2kmアップしてからキロ4:30で10kmを。
ペース走は設定ペースを守ることに意味があるよ、と、どの教則本にも書いてあるので今日はビルドアップにならないよう気をつけて。といっても、ペース走に何の意味があるのか、どういう目的でペース走を行うのか、という本質はさっぱり分からないのだが…。
どうしてもペースが上がりがちで4:20前後で推移。設定より速いもののビルドアップにはならなかったから許容範囲か。12kmでジョグに移行。60分でおしまい。
時間に余裕があったので60分後もダウンジョグ。
2012_3_13 30DA30FC30B98D70
Bワイズが届くまでのメインシューズはAdizero mana6となった。ちょっと底が固い気もする。
フェザーファインはふかふか柔らかくていいのだけれども、足にマメができる。それじゃあ、マメができないとするとどちらがいいか、と考えると分からない。柔らかい方が故障率が減るのか、それともずぶずぶぐらぐらして故障率が上がるのか、いやいやソール違いの故障率なんて誤差で好みの問題なのか。
どちらがスピードが出やすいか、というのはさっぱり分からない。「ソールの反発」とか「慣性モーメント」とか「グリップ性能」とか「対称性の破れ」などは全く体感できない。分かるのはせいぜい、色が違うな、きょうはピンクだな、とかその程度。



Swim2600m(60min)
リカバリープール。疲れをためないようゆっくり長く泳ぎたい。
  • アップ500m
  • スカーリング,ドリル,キック各200m
  • パドル500m
  • 500m
  • ダウン等500m
基本的に時計を見ずにのんびり、といいつつ500mはしっかり計ったが。のんびりで48秒ラップだった。このくらいだと腕に乳酸がたまらないようで、ダウン中に100mをダッシュしたら82秒と速かった。
ジムのプールには元スクール生風の女性が通っていて、すごいなあ、速いなあ、キレイなフォームだなあ、と観察している。今日、その人をジムの外で見かけた。コンビニの前でたむろしているようなおっかない外観であったのでこれからは目を合わせたり、じろじろ見ないようにしたい。


スイム中も風呂でも感じたことだが、Runトレ量がこのところでかさんでおり、足に違和感がある。ケガの一歩手前という感覚があるのでしばらくはリカバリーにしたい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿