3.07.2012

光・サイズ沼の恐怖


サイズ沼の恐怖(2012/3/2)
続・サイズ沼の恐怖(2012/3/5)
涙・サイズ沼の恐怖(2012/3/6)
光・サイズ沼の恐怖(2012/3/7)
漂・サイズ沼の恐怖(2012/3/12)
New Balance 890がやってきましたよ!(2012/3/19)
完・サイズ沼の恐怖(2012/3/22)
悲祭・サイズ沼祭(2012/4/27)


足が幅狭甲低であることから、えらく散財した気がするサイズ沼…。いくら使ったか、とか、サイズの合わないのが何足あるか、とか、ZIPP換算だと何本分か、とか、労働何日分か、とか考えると気が滅入るので絶対に数えることはしない。

「もう、この世には、ぼくちゃんの、足にあう、シューズは、存在しないんだ…」と嘆いた。
「アシックスも、ミズノも、アディダスも、メンズも、レディースも、全部、ダメなんだ…」と嘆いた。

もうダメなんだ、と諦めがはいったころ、ふとニューバランスのサイトを覗くとワイズDというサイズが存在した。日本だとEEが標準であるからDだと2段細いはず。レディースのDだとわずかにC寄りのDという感じであろうから…これは…とサイズ沼に光が見えた。
ランシューズメーカーはアシックスとミズノとアディダスくらいしかないものと思い込んでいた。
ニューバランスなどというのは群馬だか岩手の中小企業くらいに思っていた。
田舎者丸出しの金歯のおじさん社長が欧米コンプレックスからカタカナの名前を付けて靴量販店に安価に大量に卸して、さらに光らせた金歯でマイルドセブンをくわえるような、そんなメーカーだという勝手なイメージを持っていて全く眼中になかった。
Guide to Product Sizing and Fit : New Balance
NewBalance社のWidth sizing chart
勝手なイメージとは違って、ニューバランス社は岩手ではなくアメリカの会社でマジメなシューズメーカーだと知った。「靴のフィットはね、横のサイズが大事なんだよ、横が合わないと故障するよ」と言い、幅のサイズ展開が多めのメーカーと知った。そしてアメリカ本国サイトを覗いた。あちらでは日本標準より幅狭甲低であるから男性だとD、女性だとBが標準である様子(MenのDとWomenのDが同じwidthかどうか、あちらのDと日本のDが同じかどうかは知らない。JIS規格だと同じwidthでもwomenの方がわずかに小さい)
日本では店頭に並んでいるもののほとんどが2Eかそれより幅広で、選択肢がぐっと減るスリムラストでさえEである。そして私のワイズは、右がA寄りのBで左が限りなくBに近いCである(むくみとか体調とかで変わってくるだろうが)。EとBでは3段違う。3段もサイズが違えばフィットするはずがない。探せば合う靴があるはずと思っていたが、スリムでEというのが日本のラインナップなのだから探したって見つかるはずがない。これでスポーツ店に並んでいる日本展開の靴では合うものがない、ということが-散財を経てようやく-ハッキリと分かった。
そして日本での入手性がどのくらい悪いか知らないけれども、あちらにはワイズBの既製品ランニングシューズが存在することも分かった。私はワイズB、既製品でもワイズBが存在する…。

NewBalance W890
とりあえずNewBalacne W890 Dワイズ25.5cmをAmazonした(幅広大国日本ではBワイズの展開がない-と思っていたがよく見たら他のモデルでBがあった-)。Amazonだと出品者がAmazon本体なら返品できるので比較的気軽。
届いたのを履いてみるとまだ緩い、というか現有シューズと変わらず緩い、というか違いが分からない。ワンサイズ小さいものでもつま先は大丈夫そうだが、幅の緩さはワンサイズでどうこうなるレベルでなく、直ちに返品手続きをした(ごめんねAmazon…)。ワイズDでも合わない、と知った。
また、これまでの体験から男性モデルと女性モデルの同じサイズ、同じワイズでは体感できるようなサイズ上の違いはないことも分かった(機能上は性別による骨格の違いからいろんなところの角度や強度が違う、らしいが)。ヴィクトリアのお兄さんは足を入れる穴が若干狭いと言っていたが。

Bワイズだと細すぎて入らないかも!と思っていたが、この感じだとBでも緩い可能性が出てきて…いやきっとBならちょうどいいくらいの横サイズであるに違いない…そうあってほしい…。
Bワイズちゃん…サイズ沼の光であってほしい…


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. アディダスで「miadidas」っていうシステムがありまして。長さ、幅、ソール種等カスタムオーダー出来るシステムがありますよ。

    返信削除
    返信
    1. どうもありがとうございます。

      miadidasというのがあったんですね。知りませんでした。早速見てみました。ランシューズだとAdizero adiosなどがありました。
      横幅はワイド方面に選択肢があるようです。足が入らない人にはすごくいいサービスですね。

      アシックスにも同じようなシステムがあるんですけど、あれは基本的に既存のパーツの組み合わせという感じのようです。既存のものではサイズが合わないから、作ってもらうという性質のものじゃないみたいでした。

      削除
  2. たまごあたま2012年3月8日 10:38

    次はインソール沼が待っているとかいないとか♪
    まぁ、本体に比べれば圧倒的にお安いですけど。
    本当に靴は奥が深いです…

    返信削除
    返信
    1. たまごあたまさん、こんにちは。

      今回は参りました…。海外展開のシューズが合ってくれることを願うばかりです。もうジャストフィットじゃなくてもいいから、細い靴が欲しいです…。

      削除