3.06.2012

涙・サイズ沼の恐怖


サイズ沼の恐怖(2012/3/2)
続・サイズ沼の恐怖(2012/3/5)
涙・サイズ沼の恐怖(2012/3/6)
光・サイズ沼の恐怖(2012/3/7)
漂・サイズ沼の恐怖(2012/3/12)
New Balance 890がやってきましたよ!(2012/3/19)
完・サイズ沼の恐怖(2012/3/22)
悲祭・サイズ沼祭(2012/4/27)


私は足が細い。幅狭甲低。足が細いとシューズが緩くなる。緩いシューズだと故障率が上がる。

ビンディングシューズのサイズ沼につかっていたつもりが、いつのまにかランシューズのサイズ沼に再びハマりなおし、という枕の抜け毛が気になる日々。
スポーツオーソリティの店頭にあったadizero Japan w(女性モデル)の25.0に足を入れたところ、大変よくフィットした。が、残念ながらそれではワンサイズ小さい。25.5cmのadizero Japan wがあればほぼフィットするのではと思うと同時に、現有のターサーちゃんとかイダテンちゃんとかフェザーファインちゃんがゴミに思えて…という悲しみに加えてadizero Japanは能力的に私が履けるような靴ではない、という身も蓋もない…。
しかしレディースモデルの方が足にフィットするらしいことが分かったし、レディースモデルに足が入らないようなことはないことも分かったことが収穫。
Victoria
スポーツオーソリティのレディースサイズ展開では25cmまでであるから、今度はヴィクトリアに行きレディースモデルの25.5を試し履き。ターサーレディースとかフェザーファインレディースなどを履いてみるものの、現有ターサースリム、現有フェザーファインスリムとそう変わらない感じで若干緩いと感じる。ヒモでギュっと締めれば締まるのだけれども…。ヒモでギュッと固定すると甲が痛くなるから出来れば靴全体でフィットさせるような感じが良い。
アディダスは若干ラストが細めである、という説があるのでadizero mana6の25.5をヴィクトリアのお兄さんに持ってきてもらって足をいれる。緩い。レディースモデルなのだが…。もう自分の「緩い」という感覚が信じられない。
一応お兄さんにサイズはこれであっているかと聞くと「もう少し足先に余裕があった方がよいが、この25.5でも許容範囲であろ。」という。純粋に縦の長さだけなら26.0の方がよかろうというので26.0も持ってきてもらい履いてみると、明らかにゆるゆるなのでお兄さんも「これではいかん」と即答…。
若干細めラストであるところのadizero女性モデルでも緩いとは…。adizeroラインナップではJapanと匠シリーズがレーシングラストでmana6より細く、それならいくらかフィット感も増すだろうがJapanも匠も私の能力的に履けるものではないし、製品の性質上も普段履きにはならない(ならないわけじゃないけど)。それに店頭に在庫がなかったから履くことも出来なかった。
Adizero mana6
adizero mana6 あら…すてきな色…アテクシったら…乙女な色が…気に入りましたわ♡
ぐったりと気を落としつつもmana6がそれなりの値段だったし履いて行ったすりきれたGT2160NYを下取りに出せば10%値引きしてくれる(ゴミを渡して10%引き)というので、mana6を買い、履いて帰った。mana6は現有フェザーファインと同じかややフィットするか、というところ。厚手のインソールを敷けばよりフィット感が出るかもしれないが、幅が緩い、というのはどうにもならない。
これでランシューズのサイズ沼に結論に至りつつある。つまり「フィットする靴がない」という…。
とはいえ、現有シューズでも十分に走れるし、仮にフィットする靴を履いたとしてもタイムが大きく向上するわけでもないので…と…ぼくちゃんを慰めないと合う靴がないことと散財したことで大変かわいそうなのは当然であるから、これまで以上に、より一層、力強く、慰めるべきである。
Adizero AGE2 w
それにしてもストレスである。ランは一番故障率が高く、シューズがそれに直結しているのに足に合うサイズに出会えない。使ってきたシューズも、使っているシューズも、在庫してあるシューズも、床の間に飾ってある決戦仕様シューズも、全部緩いシューズ。あのシューズなら合うのではないか、と買ってみると緩い、あのシューズなら合うはずだ、と買ってみると緩い…嗚呼…散財…どうしよう…お金が…払っても…払っても…サイズが…合わない…という沼…恐ろしき…サイズ沼…。

しかし…ある思い込みを捨ててゼロベースでモノを考えてみたら、このサイズ沼に光が


(選択肢がそう多くないビンディングシューズについてはレディースモデルから選定予定。こちらは悩む余地がない)


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

6 件のコメント:

  1. はじめまして。兵庫の藤井と申します。
    いつも楽しく読ませていただいてます。

    お節介を承知でこんな記事を貼付けておきます。

    靴は大きすぎてもダメ。だいだい13~15ミリくらい余裕がないと。40分以上走ったら足はむくんでくる。だいたい5ミリくらい大きくなるから、23.5センチなら24センチくらい。しかも着地からキックをする時は、かかとが着地して、体重が乗ってキックするから、つま先は8ミリくらい前にいく。小さい靴だと足の指が曲がってしまって、速く走ってるつもりでも推進力がない。これではスピードは出ませんわ」

    だそうです。

    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/text/201202230008-spnavi_1.html

    私も1年前まで「合う靴がない派」でしたが、三村さん(ミムラボ)との出会いで変わりました。

    アディゼロジャパンも匠も全然履けると思いますよ。
    クッションも普通にもあるし速い人専用のシューズではないですよ。
    少し大きめでいいと思います。
    走ってるうちに足は膨らむんだそうです。

    三村さんに作ってもらうのがベストなんですけどね。
    良いシューズと出会える事を願ってます。

    返信削除
    返信
    1. 藤井さん、はじめまして、こんにちは。

      三村さんは高名ですよね。ご紹介の記事などを読んでなるほどと思いました。どうもありがとうございます。


      ジャパンとか匠はすごく薄い感じがするのですが、クッションはあるとも言いますよね。
      私の場合ずっとエントリークラスで走っていたので薄い靴には抵抗感があります。いつかは履けるようになりたいのですが。

      上の記事では触れていませんが今現在は既製品の中では一番合うだろうシューズに結論が出つつあります。まだ手元に届いていないのですが…。

      削除
  2. マユゲマン2012年3月7日 9:49

    シューズとの出会いは色々履いて見て経験するのでしょうけど、僕はあんまりナーバスじゃないかな?
    まあゆうさんは僕よりはもう少しランの能力が高いのですが・・・。
    足の形は人それぞれで、僕もぴったりフィットしてるのかどうか・・・これまた不明(笑)。
    でも慣れってのもあります。最初は「なんだかなー」って思っても、結構使い慣れしてきますよ。
    それよりも、それだけ靴を買える財力がうらやましです(笑)。

    返信削除
    返信
    1. マユゲマンさん、こんにちは。

      シューズ選びの難しさが分かってきました。本当は知りたくなかったのですが(笑)

      靴は縦と横のサイズがあって両方がそれなりに合っていればいいのですが、私の場合横が全く合わないので難儀しています。ちょっと合わない程度ならヒモで調整とか慣れの範囲でいいんですけど、全然合わないもので…。

      削除
  3. 自分の足にピッタリと合っている靴は履くたびに慣れていきますが、
    まったく足に合わない靴は履けば履くほど足が悪くなってしまうので怖いですよね。

    私はワイズがAしかなくて、しかもサイズが22センチなので非常に苦労しています。

    最近の日本人の平均ワイズはDらしいので、
    日本の靴メーカーには甲薄幅狭さん向けの靴を沢山生産して欲しいですね。

    返信削除
    返信
    1. Aワイズさん…オ気ノ毒デス…そのお気持ちよく分かります。
      幸い私の場合、海外レディースがほぼジャストサイズでしたので、今では快適に走っております。

      ご存知とは思いますが…海外のレディースのNarrow(2A)のものが多少あります…。Road Runner Sportsというサイトで探すといくらか出てきますのでご参考まで…。送料が靴代かそれ以上にかかるのでアレですけど。

      幅狭の場合、靴に物理的に足が入ってしまって履けてしまうのが問題を分かりにくくさせてますよね〜。一応履けるんですもん。
      ほんと、サイズ選びの泥沼に入りだすと大変です…。

      削除