3.05.2012

続・サイズ沼の恐怖


サイズ沼の恐怖(2012/3/2)
続・サイズ沼の恐怖(2012/3/5)
涙・サイズ沼の恐怖(2012/3/6)
光・サイズ沼の恐怖(2012/3/7)
漂・サイズ沼の恐怖(2012/3/12)
New Balance 890がやってきましたよ!(2012/3/19)
完・サイズ沼の恐怖(2012/3/22)
悲祭・サイズ沼祭(2012/4/27)


アシックス測定 足が細い
私の足が一般男性と比べてかなり細いということをアシックスに教えてもらってから(ワイズ右がB、左がC)は、ラン靴のサイズ沼、ビンディング靴の散財サイズ沼につかるつらい日々。
これまで生きてきて、自分の足のサイズや形を意識することはなかったし、問題はそれほどない、と思ってきた。一般男性と比べてかなり細いなんて事実は知らなかった。生まれてからこの足が付いていたのでこれが普通であった。足の細い太いなんて靴ひもで調整すればいい、という認識であった。だが、日常生活やヘルシーな運動を超えて競技志向の領域に入るとサイズ選択がシビアになってくる。ちょっとしたことで故障したり、フォームに影響したり。
幅狭甲低であるからローラー用ビンディング靴の選定にあたり、レディースラストを候補に入れた。シマノではレディースラストは「女性と足の細い輩」向けと書いてあった。男性でも使ってよいらしい…。今のローラー用TR31はサイズ39とワンサイズ小さいながら足先が緩い。これを40サイズにしたら足先はもっと緩くなるだろう…。だがレディースラストだと今度は足が入らないのではないか、とも思うが…。
ワイズがBとかCというのは理屈から言えば女性相当の細さであろう。「ぼ、ぼくちゃんの心はマッチョ野郎なんですよ!レディースなんて履けませんよ!」という心理的抵抗がないわけじゃないけれども何も花柄やハイヒールを履くわけじゃない。サイズが大切。
そういうわけで取りあえずの様子見で近所のスポーツオーソリティに行ってランニング靴のレディースモデルに足を入れてみた。レディースラン靴に足が入ればレディースビンディング靴にも入ると類推できる。スポーツオーソリティのレディースサイズ展開では25cmまでしかないので私の足よりワンサイズ小さいサイズということになる。アディゼロジャパンウィメンズの25cmに足を入れたところ…これが今まで体験したことのないフィット感。サイズ違いのためつま先の余裕が若干少ないものの、そのほか足先からかかとに至るまで足全体、甲も脇も裏も、均一にフィットしている。ヒモでギュッと締めないでも靴全体でフィットする…こんな靴がこの世に存在したとは…。靴というものはぶかぶかと緩いもので足をいれてギュッとヒモを甲で締めつけて脱げないようにするものだと思っていたが、靴の概念が変わるほどの衝撃、というかあまりにも靴の固定観念から違うものだったので「いや、あんなにフィットしていたらかえって全体がこすれて足全部が水ぶくれになるのではないか?」などと混乱した。しかし「このフィット感の靴を実際に履いて走って確かめたい」と、かなり興奮…と同時に、履いていったフェザーファインに戻した時の「ああ、この靴、緩いなあ」という感じ…。
そうして、ラン靴の恐ろしきサイズ沼が、再び現れたのだった…。
ローラー用ビンディングどころではなくなってしまった。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. おおっと、まさかのおそろですか。

    あまりに素晴らしい沼りっぷりに惚れ惚れとしてしまいますよ!
    ワンサイズ下というのが気になりますが、爪先に影響無いと良いですね。

    自分もやっと黒爪の後からまともな爪が生えてきてホッとしました。

    返信削除
    返信
    1. akki-さん、こんにちは。

      沼…すごいストレスですよ!

      爪が黒くなるのはサイズが小さくてつま先が当たるからなんですよね。
      私の場合半年くらい経ったら黒爪がもげました…。

      削除
  2. ルナサンダルちょーオススメ!
    なにしろ自分の足型にあわせてソールを切り取るんだからサイズ沼なんかにハマりませんぜ!

    返信削除
    返信
    1. Yuanyingさん、こんにちは。

      ルナサンダルはちょっと…
      アレに挑戦するにはまず人格改造セミナーとか人格破壊サービスとかマインドコントロールをしてもらわないと無理っぽいですよ(笑)

      削除