2.29.2012

CTSのDVD

CTS DVD "Threshold Power"
Twitterのタイムラインを眺めているとエライ人がローラーでCTSのDVDを使っている、と言っていたので、よしそれではぼくちゃんも!とマネをしてCTSのDVDを買った。
CTSとは「カーマイケル・トレーニング・システムズ」の略。カーマイケルは多分クリス・カーマイケルのカーマイケル。ランス・アームストロングのコーチをした人。
買ったDVDは"Threshold Power"というもの。本当は全部入りのセットが良かったのだけれども、最初はお試しで1枚だけ。
構成としてはアップ○分、負荷○分、リカバリー○分、ケイデンス110+で○分などの組み合わせで合計60分。見本のお兄さんやお姉さんがよいしょよいしょとローラーをこいでいてその周囲をイケメンコーチが見回りをして「Good Job!」とか「Great!」などとささやく映像がメインで、メニューとか残り時間などが常時表示される。ぱっと見たところ、これは使えそうだ、と思ったが"Threshold Power"は最大心拍数近くまで上げるような強度のDVDのようで、ちょっとやる気がしない。ローラーで最大心拍まで上げるなんて考えられないくらいきつい、というか、筋力が足りずそこまで上がらないと思う(いや、ひょっとしたら最大心拍の解釈に根本的な間違いがあるのかもしれない。ローラーをMaxでこいだ時に出た心拍を基準にするのかも。このあたりは英語の理解が不十分。それらしき解説コーナーもあったがよく見ていない。強度設定は心拍よりパワー計の方がやりやすそう)。そういうわけでDVDを道具箱に放置することに。もっと緩いメニューのDVDがあればそれを買うかもしれない。
自転車が云々トライアスロンが云々は、マラソンを走れないことには始まらないのでマラソンを満足に走れるようになったら考えたい。



コシノ三姉妹の末っ子がロンドンに行きたいと言い出して朝ドラが佳境。今回の朝ドラは夢というか希望というか未来というかそういう、かつては存在したすばらしいものを感じさせくれる。
それから半世紀も経っていないのに、今や日本は文明崩壊のポイント・オブ・ノーリターンを超えてしまった感があるので、ぜひともそういう現状を反映させたぐったりしている登場人物ばかりで、若い人がバンバン自殺するような、そういう朝ドラを見てみたい。


雪
Swim2000m(40min)
雪が降って寒い。プールに行くか相当悩んだ。ちゃぷちゃぷと水遊び程度でいいから、とプールに行った。
負荷を上げられないよう1/3ブレスで。
  • アップ500m
  • パドル500m
  • 500m
  • ダウンプルブイ等500m
パドルがAve46、500mがAve46.5と1/3ブレスにしてはいい数字。やる気が無い時にどういうわけかタイムが出やすい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2 件のコメント:

  1. たまごあたま2012年3月1日 14:26

    外国の山道を走る自転車を後ろから撮影したDVDしか持ってません…たまに観ると楽しくなります。

    返信削除
    返信
    1. たまごあたまさん、こんにちは。

      やっぱりそういうの持ってるんですね(笑)
      ローラー中に見ると燃えますね。普段ロードレースDVDを見ると自転車に乗りたくなりますし

      削除