2.12.2012

時間があいた

SKYRIM
時間があいたのでSKYRIMをやる。そこらへんを歩いているだけでも楽しい。スキルだの装備だの、そういう仕組みは全然わからない(覚える気力もないが…)。殴りかかってくる輩を殴り返して追いはぎをしてそれを装備、というような原始的な鹵獲プレイ。
せっかくの架空世界であるから頭を使ったアウトレンジで火炎とかサンダーボルトを喰らわすなど華麗な魔法使い的成長をする予定だったわけだが、考えるのが面倒なのでつい走って近づいて盾と剣で力いっぱい殴るという大変直接的な方向性になりつつあるのが残念。
それとカネがない。貧乏。家を買えない。働きが認められて家を持つ許しがでたのだが、全然カネが足らない。カネを得る手段を知らないので、貧乏を抜け出せる気がしない。



"生きる"
時間があいたので"生きる"をみる。名画だがこれが初めて。結構長い映画なので途中まで。
1952年作品。当時の現代劇なのだが、いろいろと戦前とか大正の空気が残っていて驚き。東京オリンピックとかタケノコ族とかそういう時代なら今の感覚の延長上に想像できるが、この時代だと未知の世界を見ている感じ。当時のリアル。昔を描いた現代の作品はたくさんあるがあれは現代風アレンジの昔話で、このリアルさは全く別モノ。
昔の映画なのでボソボソしゃべることが多い上、デジタル放送の字幕が付いておらずセリフの3割くらいは聞き取れないのが難。



Swim2600m(60min)
特にやる気はなく。惰性でプールへ。
200m3分切りを狙って泳いだら2:56くらい。他は気が抜けた感じ。調子も悪い。
このところプルブイをあまり使っていない。プルブイはフォーム改善に役立つという話なので今後増やしたい。
同レーンと隣のレーンに元スクール生らしき人がいて、レベルが高い。10ストロークくらいで向こう岸に着いたり、キレイなフォームで1本35秒とか。彼我の差に愕然。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

4 件のコメント:

  1. 黒澤作品は音の悪いものが多いのが難点ですが、この作品は大丈夫だったような、、、当時の音響技術の問題か、保存の問題か。
    それでも個人的には白黒時代の黒澤作品は良策ばかりと思っています。

    返信削除
    返信
    1. ひろさん、こんにちは。

      NY生活はMETとかカーネギーとかブロードウェイとか羨ましい限りです。

      それにしても黒澤映画は重厚ですね~。画が悪いとか音が悪いというのはもう仕方が無いんですよね。

      乱とか蜘蛛巣城とかシェイクスピアベースのやつも見たいんですけどなかなか機会がなくて…。

      削除
  2. マユゲマン2012年2月13日 9:03

    僕はゲーマーじゃないんだけど、車のレースとかエースコンバットなどのシューティングは好きかな?そのゲームも面白そうですね。でもトラと仕事と家族に時間を使ってしまい、絶対にやらないと思うので、指をくわえて我慢してます(笑)。

    返信削除
    返信
    1. マユゲマンさん、こんにちは。

      ゲームは暇で時間が余っているときにやる程度がちょうどいいですね。最近の舶来モノはメインマーケットを大人に定めて、予算も規模も大きくて驚きます。

      昔はコナミとかナムコとか日本メーカーが光っていたんですけど…。

      削除