2.10.2012

むだづかい

speedo
どんなシューズを履けばいいのかということに、いくらか出口が見えつつあるが、これまで買ってきた在庫や予備が全滅。サイズの合うイダテン(2E)をさらに調達したのでしばらくはこれをメインに使っていけば、もっと柔らかいのがいいとか、イダテンで大丈夫とか、いろいろと感じるところがあるだろう。イダテンはフル4:00~3:30で陸上部のアップシューズみたいな位置づけらしく、私の能力的にもちょうどメーカーの想定するレンジのはず。スリムラストも存在するので現有イダテンを試して具合がよければフェザーファインと共に普段履き候補。使えそうにない予備や在庫の靴の箱を見ると、心が痛い。
先日Wiggleで高い水着を買った。能書きを見る限り抵抗のすくない高性能タイプ。使うのが楽しみだが、荷物袋をあさって見たところ未使用のスピード社の耐久水着が出てきた。スポーツオーソリティのタグがついていたのでスポーツオーソリティで買ったのだろう。買った記憶が全くないが…。現在使用中の水着がなかなかボロくならず、まだまだ使えそうだし、高性能水着を使うのはいつになることだろうか…。必要以上の在庫や予備を買っても仕方がないな、と思った。



在庫の新品GT2160をちょろっと履いてみた。使用中のGT2160と比べて足先の方が実にフカフカ。ある程度使うと表面ゴムがすり減るだけでなく、クッションもダメになるのだな、と知った。つまり使用中のGT2160はもう機能を失っているということ。すり減っているしサイズは合わないしクッションがヘタっているし、Run用としてはお役御免。ジムに行ったり松屋に行くサンダルとして使用する。また、ジムに行ったり松屋に行くのにRun靴は履かないようにする。松屋でカレーを食べてクッションがヘタるのはつまらない。
そして、これまで靴に無頓着すぎたと知った。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿