10.31.2011

月間まとめ

体感上の疲れが抜けない。朝トレはなし。
10月は天気が良く、トレ量ノルマを達成しているから来月に向けて休養を。


--10月まとめ--
Swim45km(目標40km)
Bike1353km(目標1200km)

Swimはまあまあ。わずかだが一応タイムは伸びている。長距離は泳いでいないため持久面が落ちているかもしれない。今後はドリルを行うなど、技術面での改良が必須。
Bikeはそれなりに量をこなしたもののLSD負荷ばかり。R3SLちゃんを導入してニコニコしていたのでP3には乗らず。実走では毎回峠に行って登坂をした。多少負荷をかけても足の具合は悪化せず。
Runは多分5km位。プールからの帰りに足の具合を気にしつつちょびっとだけジョグ。引き続き足の具合がよくなく(悪くもなく)、引き続きRun再開のめどは立たず。


Swim2800m
気分が乗らないけれども、何日も休むのもいけないので歩いてプールへ。
  • アップ500m
  • スカーリング200m,キック300m,ドリルもどき100m
  • 200m3:30サークル×6(パドルプルブイ3,パドル2,ノーマル1)
  • ダウン兼プルブイ500m
ドリルもどきは気をつけの姿勢で横向きになてキックで進むものと、リカバリー中に肩に手をつけるもの。前者は息継ぎが難しく、鼻に水が入って仕方が無い。
メインセットはメンタル切れスレスレながらも6本をこなせた。が、タイムは良くない。最後のノーマルでは3分を切れなかった。パドルで腕肩が売り切れたのかもしれない。

これで10月のトレはおしまい。10月は45km泳いだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.30.2011

P3サドル後退

Ave26.7 アウター3,4
Ave26.7
ローラー113min(P3)
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。眠い眠い、疲れた疲れた、寝たい寝たい、とか。
カロリー補給はエナジーバーと高機能ドリンク。
ラストマネー
TVは"ラストマネー"と"南極大陸"を。ラストマネーは最終回。落ち着くべき結末に落ち着いた。NHKのドラマ10という火曜10時の枠は結構好きだが、次回作は三姉妹が出てきて愛とか恋といった雰囲気でちょっと不安。愛とか恋はいいからアサルトライフルと手投弾を出した方がよい。
アウター3速で1時間ほどダラダラと回してからアウター4速で少し負荷をかけたり、疲れたから3速に戻したり。頑張ろうという気になれず、全体的にダラダラと回してしまった。
P3サドル後退 Arione TRI2
P3のサドルをまた少し後退させた。ここ最近では2度目のポジション変更。合計で1.5~2cmほど後退させた。サドル後方に座ればロード風に、サドル前方に座ればTT風になる感じ。胴を無理に屈曲させずに済むので以前より楽になった、気がする。
113分回して終了。



筋トレの回数を若干増やした。片足スクワット(イス使用)を新たに加えた。片足スクワット(ピストル)を加えようとしたが、これは難度が高く出来なかった。
筋トレは自重でなくマシンでやった方がいいのかもしれないが、室内用トレーニング靴を買わなくちゃならないし、持っていくのも持って帰るのも面倒だしなあ、靴箱をレンタルするとカネがかかるしなあ、とか。



Windows機の調子がおもわしくない。
Windows
まいくろそふとしゃよ いいかげんに したまえ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.29.2011

スイム考

チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って直ちに二度寝。
昨日のスイムで分かったのは体が疲れている、ということ。目覚ましが鳴った時はかなりやる気があったが、休む時は休んだ方が良いだろうと。やる気はあるけど体が疲れている、という時に動くと無駄に故障する気がするし。初めから目覚ましを鳴らさなければ良かった。

ダイエーのレジ待ち列に並んでいると前に並んでいる人がなんとキングカズであった。毛は邪魔だから全部(スネ、ワキ、股間)剃れ、というアドバイスをもらった、という夢を、朝トレ用目覚ましと出勤用目覚ましの間に見た。


スイム考
スイムは技術的要因が大きく、速く泳ぐためには「体力をつければいいよ、腕肩の筋力をつければいいよ」という単純な話にはならない。
私は自己流で、ジムのプールでほとんどを過ごしているから世界が狭い。水泳経験者の知り合いでもいれば多少の耳学問も期待できるが、そういった知り合いもおらず。北海道でSub4を達成したら、いよいよトライアスロンに挑戦できそうだからどこか東京のスイム教室に通おう、というつもりでいたが、Sub4どころか走ることもできなくり今に至っている。従って今後しばらくは自己流のまま。
ジムのプールでは小中学生のスクール生が泳いでおり、彼らを観察したり、あるいは、明らかに経験者風の大人が泳いでいるのを観察したりすると、やはり、素人とはフォームが全然違う。
自分のフォームというのはビデオで撮らないと見ることが出来ないが、セルフイメージと実際の姿が全然違うよ、ということは経験済み。というわけで実際の自分のフォームは分からないが、スクール生や経験者を観察して確信して言えるのは、肩の柔軟性と、キックはまるでダメだなあ、ということ。経験者の肩は随分柔らかいし、キックも2本の足が交互にしなって大変美しい。私は肩が固くストリームラインを作れない。足をバタバタ上下に動かしてキックをしているつもりでいるが、それではキックとは言えない。けのびでは7m程度しか進まないし、伏し浮きも足が沈んで出来ない。板キックも頑張らない限り50m1分以上かかる。このあたりを改善していかないと、話にならないだろうなあ、と思うが、なかなか柔軟性が上がらないしキックもうまくならない。年単位で時間がかかりそう。


プールに行かずに完休。


イワン・デニーソヴィチの一日
"イワン・デニーソヴィチの一日"を再読したい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.28.2011

消耗品交換時期

消耗品は消耗したら交換する。自転車は消耗品の集まりみたいなものだから、寿命の長短はあるけれども、定期的に交換を繰り返さないといけない、という机上の知識はあるのだが、実際にどの程度で交換するかはよく知らない。タイヤ、チューブなんかはパンクしたらイヤだからさっさと交換してしまうし、チェーンも走行中に切れたらクラッシュ必至であるからさっさと交換。だが、スプロケットとかチェーンリング交換時期については知らない。常に摩擦にさらされる部品であるから寿命の短めのパーツであろうなあ、とは思うが、そんなに頻繁に交換するという話も聞かない。人様のブログを巡回しているとチェーン交換ごとに、とか、チェーン2回につきスプロケット1回だよ、というような記事を見た。確かになんでもさっさと交換してしまえば調子もいいのだろうが、タダではないからポンポン替えるわけにもいかず。まあ、変速が渋くなったら、とか、歯とびするようになったら、というのが一般的なのかなあ、と。



ディレイラーハンガー 左:純正 右:DerailleurHanger.com
左:純正 右:DerailleurHanger.com
ロードをCervéloR3 SLちゃんに移行したため、あれこれと備品調達。DerailleurHanger.com社のディレイラーハンガーが届いた。船便だったのか到着に一月かかった。
画像左が純正パーツ。これは自転車店で取り寄せてもらった。右の黒い方がDerailleurHanger社から届いたもの。両方を合わせて見比べてみると寸分たがわず同じ、ではない。ボルト穴、ディレイラー固定穴は同じ所にあるようだが、そのほかの部分、例えばフレーム側の形にえぐれている個所などは案外と違う。目で見て分かる程度に寸法が違う。細部が違ってもフレームにしっかり固定できるのなら問題ないとは思うが。使えるかどうかは実際にフレームに合わせて使ってみないと分からない。なんであれ、純正のものがあるので最低でも一回分の立ちコケ等からは自転車がリカバリー出来る。最近は立ちコケをしなくなったからディレイラーを曲げてしまうにはどちらかと言えば落車とか経年劣化の方が可能性は高い気もする。


Swim2800m
歩いてプールへ。そろそろ冬用のウォーキングウェアが必要であるなあ、とか。
全身が疲労。リカバリースイム、のつもりであったがなりゆきでサークルをし、撃沈。やればいいというものでなく、リカバリーならリカバリーでしっかりとチンタラすべきだった。
  • アップ500m
  • スカーリング200m,キック400m
  • パドルプルブイ200m3:30サークル×3
  • 200m3:30サークル×2,200m
  • ダウン兼プルブイ500m
200mを6本のつもりが5本でメンタル切れ。疲れているのがはっきりと数字に出た。
ノーマルの200mが2:57→59とタイムが落ちて気持ちが切れた。サークルを守れずに1分ほどレスト。最後の1本は3分以上かかった。論外。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.27.2011

秩父ポタ

秩父ポタ 187km Ave27.0Ave27.0
Bike187km(6h54m)
チロリンと目覚まし。まだ暗い。ロングライドの予定。しかし寝ていたい…。布団にくるまっていたい…。寝ていれば事故らずに済むし、ダンプに挽肉にされずに済むのに…。

諸準備。昨晩セブンイレブンで買っておいたヤマザキの苺ジャムパンとエナジーバーでカロリー補給。今日は負荷をかけずにゆっくり長く走る予定。カロリーは摂っておかないと不足する。

今日のルートは物見山→落合橋→定峰峠→気分次第(新ルート開拓)。

トーカバー寿命
ウェアは準冬装備。つま先カバー、アームウォーマ、レッグウォーマ、夏用ジャージ、ビブ、薄ウインドブレーカ。つま先カバーは路面接触で穴があいてきてそろそろ寿命。

秋ヶ瀬橋 富士山
出発。ウインドブレーカを着た状態でないと寒い。チンタラと市街地を抜けて秋ヶ瀬橋着。富士山が見えるようになった。もう冬だ。
しばらく走っても体が暖まらない。体感負荷に対してスピードが遅く、何でだろうと不思議だった。調子が悪いのだろうか?いや調子でここまで遅くはならない。ブレーキがリムに接触しているのではと確認してもそんな事は無く。しばらく不思議に思いながらチンタラ荒川CRを北上。どうも向かい風らしい。
物見山駐車場のイケメン図
足を使っていないので物見山の坂はLSD心拍であっさりと上れた。物見山駐車場着。エナジーバーで補給。最近は物見山は目的地でなく中継地になった。
小川町、落合橋経由で定峰峠まで。その先は定峰峠で考える。道中ようやく体が暖まりウィンドブレーカを脱いだ。


定峰近くから秩父を
ロングライドなので体力温存をしながら定峰峠まで上る。涼しい事もあってこちらも比較的すんなりと上れた。定峰峠から白石方面に行かずに秩父側にダウンヒル。この道は路面がキレイな舗装でヒビも落石もなく非常に快適だった。ダウンヒル中に秩父を見下ろす絶景ポイントで思わず停車。

定峰峠近くから秩父が見えた
秩父-ちちぶ-
埼玉最西部にある。埼玉民の古い言葉で"ちちぶ"は「最果ての地、時の終わり」という意味である。地球が丸いと知られる前、最果ては断崖、その先は闇、虚無で、そこで世界が終わっている、と考えられていたのと同様に、埼玉原民の間では"ちちぶ"は「最果て、終焉」を意味していた。"ちちぶ"が世界の終わりであり"ちちぶ"より先は、存在しない…。
もちろん、今では近代日本に組み込まれているので普通の地方都市であるのだが、埼玉民にとっては今なお"ちちぶ"という地名は特別な響きがある。
という嘘を、景色を見ながら思いついた。


セブンイレブン秩父山田店
セブンイレブン 秩父山田店
ダウンヒル後、セブンイレブンで補給。貝スパゲッティ(ボンゴレというのかな?)。ここはブルベをする人には有名なセブンイレブンらしい。また、自転車乗りが良く来るようで自転車スタンドがあり、ポンプ貸し出し(英米仏)も行っている様子。さすが自転車フレンドリー埼玉。

苅場坂峠
刈場坂峠 ここも景色がよい ガスが出てないのは初めて
秩父市街に用は無いので山に戻る。先ほどの道の途中に高篠峠への分岐があり、そちらへ。秩父側から高篠峠に上る。林道。狭い。落葉等でやや走りづらい。上りなら問題ないがここを下りたくはない。そんなことよりも斜度がきつい。普通に10%で楽になったなあ、と思うと7%とか8%とか。局所的には15%など。これは白石のようなきつさ。負荷をかけるつもりが無くても、イヤでも心拍が上がる。きついきつい、つらいつらいで高篠峠着。刈場坂峠へ。標高が高くやや寒い。このまま越生方面まで奥武蔵グリーンラインを行こうか、それとも県民の森の偵察に行こうか迷って県民の森へ。ここの駐車場は天体観測ができるような所らしく、いつかハイゼットを買ったらぼくちゃん自転車を積んでここに来るんだ!という場所…。山間僻地に開けた駐車場。トイレと水があった。補給可能。

白石峠
だいぶ距離が伸びた。白石から帰ろう。馴染みのある白石峠まで来るとなんだか家に着いたような気がするが、ここからが遠い。ダウンヒル。気温が上がったのかあまり寒くない。復路はなぜか強めの向かい風。きつい。

中継地物見山までにだいぶくたびれた。心拍も上がらない。ハンガーノックが見えてきたので物見山でエナジーバーとミルクティ。エナジーバーがまずい。我慢して2本。いくらか体力が戻るが、荒川CRに入る前に自販機でさらに不二家のレモンスカッシュ。復路もほとんど向かい風だった。今日は追い風の場面がほとんどなし。
79E9723630E930A430C9
獲得標高1876m
無事帰宅。くたびれた。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.26.2011

3T DORICO LTD

昨晩のうちに朝ローラーの準備をしておいたが、起きられず。布団で足がつりそうになったし、疲れがたまっているらしい。筋トレに片足スクワットを加えた影響か、ややモモ周辺に疲れ。



3T DORICO LTD
3T DORICO LTD 27.2mm
新ロード、CervéloR3 SLにつけるセットバックシートポストがWiggleから届いた(カーボン棒でかさばるために大きさの割にえらく軽い箱だった。ほとんど空気を運んでいる感じ。箱が大きいからWiggleが払う輸送料も大変に高価なはずで客側は送料タダとはいえなんだかなあ、と。Khamsinの時は、今回よりずっと大きくて重い箱だったけれど送料タダだったし、なんだかなあ、と)。
3T DORIC TEAM
3T DORIC TEAM
R3 SLちゃんのフレームに付属してきたシートポストはセットバックなしの3T DORIC TEAMでこれではポジションが出ない。アジア系は股下が短い割には大腿骨が長めでセットバックなしでは厳しい。これまではセオサイクルに吊るされていた2000円位の金属のものを買って仮シートポストとして使用していた。
持った感じではそれほど軽いとは感じないのだけれども、やぐら部分が重たいようで多分シートポストとしては軽量なのだろう。セオサイクルの金属、R3付属品、DORICO LTDを持ち比べてみると、やはりDORICO LTDが軽い(280mmと短いこともあるけれどもそれを差し引いても)
DORIC DORICO シートポスト カーボン厚み
上:DORICO LTD       下:DORIC TEAM
それもそのはず、パイプ部分の厚みが全然違う。DOCICO LTDの方は見た目上は不安を感じさせるくらいの厚さで…。手に持ってみると見た目よりしっかりした感じはあるものの抜重をせずに適当に乗り続けていくと割れちゃうかもしれない。まあ、セオサイクルで買ったやつが予備として控えているので仮に割れても泣きながらも自転車には乗れるだろう…。
早速装着し、セッティングを終えたが、やぐら部分のネジネジの締め具合がよくわからない。ルクレンチで適当に締めておいた。次回乗った時に具合を確認せねばならぬ。
また、シートポストの違いを体感できる気は全然しない。



Swim2800m
歩いてプールへ。
  • アップ500m
  • スカーリング200m,キック300m
  • パドルプルブイ600m
  • 600m,100m
  • プルブイ兼ダウン500m
疲れているのでインターバルはなし。アップから調子が悪い。アップ後半5本を49秒ペースと、最近では記憶に無い位に悪い。今日はチンタラ泳ぐつもりだから遅くても構わないのだが、時計をみてひどい数字だとそれはそれで気分が悪い。
600mでも5本まで48秒以上かかったから「ひどすぎる」ということで負荷をかけていくらかAveを上げた。100m準ダッシュで85秒と良くも悪くもない数字を出してダウン。蓄積疲労か、調子は下り坂。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.25.2011

安いけど多分だいじょうぶ

Ave41.1 アウター8,9
Ave41.1
3本ローラー120min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。「休もう休もう、寝よう寝よう」という二度寝の誘惑に打ち勝ってぼくちゃんは大変エライ。
LSD3本ローラーの予定。諸準備をしてローラーに。High5社の高機能ドリンクとエナジーバー1本でカロリー補給。
島勇作 NEO高倉健
出所ホヤホヤ 高倉健NEO
TVは「幸福の黄色いハンカチ」を。高倉健、武田鉄矢版の2011年仕様リメイク。クルマが旧車じゃない、とか、スマートフォンが出てくる、とか。往年の名作なので安定した面白さ。
アウター8速。1時間ほど回してもまだ体が重い。疲労が溜まっているらしい。ケイデンスが上がらない。アウター9速に上げて8速時のケイデンスを維持。少し心拍が上がる。120分までチンタラ回して終了。
負荷もかけずにダラダラ回すことに意味を感じることが出来なかった。寝ていたほうがよかったのじゃないか、とか。


Kodakアルカリ電池
単三電池のストックがなくなった。マウスだキーボードだリモコンだ、と使う機会が多い。エネループはエネループで良いモノだが乾電池は乾電池であった方が良い。3・11の経験で電池が生命線になりうることも知ったので多少のストックはいるなあ、ということで電池を調達。Amazonで買おうかと思っていたけれどもキタムラで電池が安かったようなおぼろげな記憶があったので寄ってみたら安かった。10本で200円。
Kodak社のアルカリ電池。値段が値段なので品質面に不安があるものの名の通ったメーカーであるから多分まともなはず。





Wiggle
Wiggleから軽くて大きな箱が届いた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.24.2011

信者脳進行中

チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って直ちに二度寝。疲労が溜まっている感じがあって、ローラーをするより休んだ方がよりよい、と確信をもって感じたため。ウォータースライダー、暴力団倉庫整理、福沢諭吉札早数えの3種競技を行う夢を見た。中の下くらいのリザルトであった。

トレ量の記録を日常的に付けなくなりエクセルシートを眺めてニタニタする習慣がなくなった。故障中でRun再開のめどが立たず、未来のレース等が白紙で記録を付けるような情熱がない。
と言ってもデータはデータで蓄積しておいた方がいいのでまとめてみたところ、月間トレ量のノルマはクリアできそうな進捗状況。
*今月のノルマはSwim40km Bike1200km

Wiggle
またCastelliが増えた
Castelli信者具合が進行している。春夏秋のウェアは大抵Castelliで揃うような状態になった。どうも安物のレーパンパッドは荒い縫い目が皮膚にこすれていけない。ぼくちゃんのデリケートな下半身にはパールイズミとかCastelliがよい。
後は真冬のウェアをどうするか、というところで悩んでいる。現状でパールイズミの真冬用が一通り揃っているが、信者脳がうずうずとCastelliを欲して仕方がない。真冬用ウェアは高いからポンポン買うわけにはいかないし。


Swim2700m
歩いてプールへ。たまっていた疲労が遅れて出てきたような感じ。動いていないのに疲れている。
  • アップ500m
  • スカーリング200m,キック300m
  • パドルプルブイ200m3:30サークル×4
  • 200m3:30サークル×2
  • プルブイ兼ダウン500m
調子は悪い。パドルで3分を切ったりノーマル200mで2:56,7程度。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.23.2011

法に定めてある整備をしろ、など

ベル
道具箱に入っていたベル…付けねば
人様のブログ等を巡回すると、昨今の自転車車道走行や取り締まり強化の件が目につく。ローディともなれば「ヘンな格好をして走っている迷惑連中」で「競技用自転車で公道に出てくる無法を尽くすくそったれども」という評価があるためにイヤでもナーバスになる問題。ブレーキのない自転車は論外だ、と言うロード乗りの中にも、ライト、反射板、ベルを付けていない者はいくらでもいるだろう。実際私の場合もベルを付けていない、警察に怒られちゃう自転車である。ベルの有無と、ブレーキの有無では危険性の面では別次元とは思うが、整備したまえ、という法は法であるからやはりベルはついていたほうが良い(個人的にはベルがあったから危険性が減るとは思えないが。屁理屈的にいうと、クラッシュ時にはベルで怪我の程度が深くなる可能性があるからより危険だ、なんてことも言えそう。だが、まれに山奥などで警音器を鳴らせという標識が存在する…らしい。音量の出るクラクションなら有効だろうが、自転車のベルをチンチン鳴らして何の意味があるのか…安全上意味のないベルを付けろなんていうのは過剰コンプライアンスもいいとこじゃないか!と思うのは個人的感情に基づくものであって、ベルを付けたまえと法にあればやはり付けなくちゃいけない)

整備の話は整備すればいいだけだが、自転車は車道に、という運用をすると結構な数の死人が出るだろうなあ、と思う。道路が狭いから何か現状に手を加えようとすると、どこかにしわ寄せがいくのだろうなあ、と。自転車は原則車道となっているけれども、自転車一般を車道に出したら歩道上での事故が減るかわりに車道上での事故が増えるだろうなあ、とか。道路が広ければまた違うとは思うが、狭いのが現実だし拡幅は非現実的。本来は自動車がそれらのしわ寄せを受けてより安全に運転すべき、とならなくてはいけないのだが、自動車(産業)はこの国のアンタッチャブルゾーンなので自動車側にはなかなか規制は行かないだろうし。ソフトランディングで様子見、というような具合になるのだろうなあ、と思う。場合によっては「暴走自転車」としてスポーツ自転車がやり玉にあがる恐れも。もし私がロードに乗っていなければスポーツ自転車に対しては悪感情を抱いているだろうし、為政者なら徹底的に規制するか、それをちらつかせて自転車業界に献金を要求するだろうなあ、とか。
57FC7389535790E8
埼玉南部 見通し悪 交差点多
57FC7389897F90E8
埼玉西部 見通し良 交差点少
私は歩行者にもなるし、自転車にも乗るし、自動車にも乗るけれど、現状の埼玉南部の市街地環境では自動車か徒歩がよく、自転車には乗りたくない。地方ならまた全く違うのだろうけれども。地域によって温度差がありそう。
自転車乗りとしては逆走は勘弁してほしいのだが、これ、自転車乗りにならなければほとんど感じない点だからなかなか難しいのだろうなあ、とか。小さい頃からの教育に組み込まないと難しいだろうなあ、とか。
社会における交通ルールの適正運用も大事なことだが、それはともかく、今現在そこにある現実世界では事故怪我が怖い。「理想の交通社会のためにできる事は何か」ということもあるけれど、結局は自分の身が大切。自転車実走するときは気を付けてはいるのだが"気を付ける"というのも実に頼りない対策で、実際には無対策みたいなものだからどうにかならないものかなあ、と思い続けているが何ら有効な対策を思い浮かばない。左折巻き込み事故とか右直事故などの危険パターンは避けるようにしているが…。人様の事故体験を読んだり、危険パターン体験の蓄積で自転車に乗り始めた頃よりはいくらか危険回避が出来てきている、と思いたいところだが…。



Swim2700m
疲れがたまってきているのでチンタラと。
  • アップ500m
  • スカーリング200m,キック300m
  • 200m(2:54 PB),400m,300m,200m,100m
  • プルブイ兼ダウン500m
最初の200mで2:54と自己ベスト。他はゆっくり泳いだり、少し負荷をかけたり。腕肩の疲れは無いので全体的に調子が良かった。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.22.2011

雨だったからローラー


SPACE BATTLESHIP ヤマト
雨。自転車には乗れない。目覚ましが鳴った後も布団の中でねちょねちょと"SPACE BATTLESHIP ヤマト"を観るなど。キムタク。

3本ローラー
3本ローラー120min
LSDローラー。すごくチンタラと2時間。カロリー補給はHigh5の高機能ドリンクのみ。
dhbの安物レーパンの縫い目がこすれて痛い。
LSD120min アウター8



近所のファミリーレストラン。サラダバーなどで満腹になるまで食べる。ファミリー層に紛れるのは苦痛。食べ放題のためにはやむを得ない。



P3 固定ローラー インターバル
固定ローラー70min
P3ローラー。負荷をかける。アウター3速でアップやレスト。5速で5本インターバル。6速で3本ダッシュ。
南極大陸
南極大陸をみながら。キムタク。


プールに行く体力も時間もあったが、サボった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.21.2011

ホイールの違い

昨日頑張って筋肉痛だろうから今日は休養ベースだなあと思って朝起きてみると筋肉痛でなく。不思議。運動後にプロテインなど栄養補給をし、ストレッチをしたり揉んだりすると翌日のコンディションが違うのだろうか。
ただ、疲労感はべっとりとあるのでいずれにしても休養。プールに行ってリカバリースイムはするかもしれない。


実走用ホイールをBoraからKhamsinに変えてからしばらく経った。変えた当初は違いが分からなかったが、鈍感なのだろう、今になってもやはりその違いは分からない。
平地だと分からないかもしれないけど上りなら重量が違うから良くわかるよ、と一般的には言われているけど、さっぱりと違いを感じず。ひょっとしたら私のKhamsinは製造工程においてShamalリムに間違えてKhamsinのシールを貼ってしまったのではないか、それゆえにBoraと変わらぬ感じがするのではないか、という淡い希望が…。そうであれば違いが分からない、というのも頷ける。そしてぼくちゃん鈍感説が否定されるわけだ。なるほど…そういうことであったか…。私のホイールはShamal Ultraであったか…。
実際にKhamsinと書いてあるシールの貼ってあるホイールの重さを計ってみれば分かること。感覚、とか、体感、などという曖昧なものは当てにならない。嘘をつかない数字でみればよいのだ。
まず前輪。クイック、リムフラップ、チューブ、タイヤ、ホイールの総重量は…1200g弱…あれ…どう考えてもKhamsinだ…。
そして後輪。スプロケット、リムフラップ、チューブ、タイヤ、ホイール(クイックなし)の総重量は…1630g…正真正銘のKhamsinであった。Shamalなんて偽物じゃなくて本物のKhamsinでよかった…。
*チューブR'air タイヤPro3


Swim2500m
昨日の疲れが残っているのでリカバリースイム。タイムを気にせずなりゆきで。負荷はかけられないので技術面を意識して。
  • アップ500m
  • スカーリング200m,キック300m
  • パドルプルブイ500m
  • パドル500m
  • プルブイ兼ダウン500m
パドルでAve46弱だった。頑張らなかった割には悪くなく。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

10.20.2011

ロングライド(定峰峠)

164km Ave29.8 定峰ルート
Ave29.8
Bike164km(5h30m)
暗いうちに起きた。何日か前までは雨の予報でローラーのつもりであった。その後予報は曇りに変更されて降らないだろう、という事になったのでロングライドに。山の一部で雨に降られたが、ひどい雨では無かった。山の方は天気が変わりやすい。やむを得ない。

Castelli ウィンドブレーカー
ウィンドブレーカー初使用 具合がよかった
まだ暗いうちに出発。いくらか寒かったので薄いウィンドブレーカーを着て出発。たたんで背中のポケットに入るタイプ。体が暖まるまでは着て、ダウンヒルでも着た。これを持っていってよかった。ダウンヒルでは着ていても寒かった。着ていなければどうなっていたか…。

秋ヶ瀬橋
今日は物見山-定峰-白石-物見山ルート。市街地を抜け秋ヶ瀬橋着。荒川CRへ。もう何ヶ月かすると空気が澄んで秋ヶ瀬橋から富士山が見えるようになる。
往路は強めの向かい風。全体を通してLSD以上の負荷をかけたい。
足が楽をしないような、それでも売り切れないような負荷、心拍の目安は140-145で。

仕事上の憂鬱なアレコレが頭の中いっぱいに広がりがちであるので身体的苦痛を与えて一時的にそれらを排除する。普段のチンタラ心拍だとよけいな事を考える余裕が生まれて憂鬱なアレコレがうごめくけれども、心拍が上がって足が痛い、つらい、きつい、という状態になるとそうしたアレコレを育てたり構ったりする余裕がなくなって具合がよい。

物見山駐車場 イケメン図
イケメン図 サーベロ衣装 レースフィット
物見山駐車場着。平地で足を使っているので坂がきつい。補給。定峰峠方面へ。小川町を過ぎると山が見えてくる。
アレコレで気分は良くないので「わあ!山の方に来ましたよ!」という感動は皆無。

定峰峠の坂も引き続ききつい。上っている間に路面が濡れてくる。霧雨が降り始め、しとしと。ザーザーというほどではないけれど、ヘルメットからポタポタと垂れる程度には。
白石峠 雨
雨だった
止まると寒そうなので定峰峠で止まらず白石峠まで。きつい。オスザルと目が合う。怖い。白石峠の東屋で補給。雨。寒い。
ダウンヒル。ウィンドブレーカーを着ていても寒い。寒いからブレーキをかけながらペダルを回したり。体が冷えてたまらない。途中から雨がやみ、路面もドライに。山の上の方だけ雨だったようだ。
ぼくちゃん寒い。ふもとでホット紅茶。
雨 R3SLちゃんが濡れちゃった…
かわいいR3SLちゃんが濡れちゃった…。


コーラ補給
白石ふもとからは追い風基調。動けばすぐに体は暖まる。物見山で補給。エナジーバー、コーラ。マクドナルドに行こうかとも思ったけれど、あまり空腹を感じていなかった(負荷が高めだから。実際には空腹)のでやめた。引き続き追い風基調で秋ヶ瀬橋まで。終盤は筋持久力切れ。その後はチンタラと市街地走行。帰宅。
5B9A5CF0-767D77F320111020
山、市街地込みでアベレージ29.8ならぼくちゃん基準だと、良い。ただ、エアロジャージ着用なのでそのあたりは差し引いて考える必要がありそう。




チェーン清掃 洗車
チェーン清掃。洗車。ロングライドと整備清掃を終えて最後の締めとしてジムに風呂をもらいに行く。くたびれているので泳がない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ