9.30.2011

9月の終わりに…

自転車もはかどらず
気付けば9月の終わり。フルマラソン失敗やら足不調で暗い9月だった。そうした暗い気分が続いていて朝トレをしよう、という気も起らず、二度寝。
今月はトレデータをエクセルシートに書き入れてその蓄積にニタニタする、ということをする気になれず放置していたが、一応月間の目安を知るために今日になって作業。
Swimは40km超、Bikeも1000km超。Runはゼロ。BikeはほぼLSDなので意味の薄い1000kmだった。
足の具合が悪化しないものの上向かない。10月もまた今月と同じようにトライアスロン的には暗い月となりそう。


プールに行く予定だったけれども、どんよりと疲れを感じたので部屋に戻った。
10月はもう少し自転車に乗りたい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.29.2011

平日日誌

二度寝。やる気の問題。自転車に乗る夢。ベアリングの雨。ダウンヒル。
晴れ
晴れ。自転車に乗りたいが休みが取れない。
セブンイレブン
セブンイレブンでスパゲッティの形をした餌を買う。
餌
餌の時間。足の具合は体感上はハッキリとした回復傾向。この場合の体感というのは信用できない。
自転車店
自転車店に行き、工具を買う。
Ave42.3 アウター8
LSDローラー。130分。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.28.2011

カネ

Ave41.2 アウター8 107min
Ave41.2
3本ローラー107min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。
まず左足裏の確認。明らかに悪化(ほとんど治っていると思っていたけれども実際には体感できないだけで脆弱なままだったようだ)。というのも昨晩プールから歩いて帰る際に1km弱のジョグを混ぜてみた。足底筋とはまたちょっと違う気もするけれども踵周辺に明らかに違和感がでた。
まあ、伸ばしたり揉んだりするといくらか軽快するし、痛みも重度でないし、LSDローラーのペダリング程度なら問題なさそうなので諸準備。
開始前に布団に寝っ転がって心拍を計ると36,7あたりまで落ちた。心肺能力は戻ったらしい。
エナジーバー、高機能ドリンクでカロリー源。
NHKドラマ "ラストマネー"
全然 足りない。 足りない…。(実際に足りないのではない。もっと欲しい、という意味。無論カネの話である)
TVはNHKドラマ「ラストマネー」を。生命保険の裏話や受取人のダークサイドなどを描くドラマ。
アウター8速。比較的回りはよい。ペダリングだと踵に体重がかからないせいか足裏が気になることはなかった。
107分回して終了。


軽いジョグをして左膝の具合を確かめる「週一チェック」の頃合なのだが、足裏がそれどころでないので今週はパス。



Swim2200m
昨日の200mサークルの負荷が高かったようで珍しく筋肉痛。今日はリカバリースイム。負荷低めでチンタラでよしとする。

  • アップ500m
  • スカーリング200m
  • 500m
  • プルブイ500m
  • プルブイ兼ダウン500m
500mは50秒弱で入ってビルドアップ風。最終的にAve48強。
プルブイはAve50弱。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.27.2011

ウェアばかりが増えていく

何となく疲れているので二度寝。たっぷり休んでいるにもかかわらずなぜか背中、ハム、ふくらはぎ、アキレス、足裏と体の裏側が疲れている。不思議。



Wiggle
Wiggleから小さい箱が届いた。アームウォーマ、半そでジャージ、dhbレーパン(XSサイズ)、指切り手袋。これまで買ってきたレーパンはどうもしっくりこない。どれも微妙に大きい。コンプレッション系とかパールイズミのものなら合うけれども高価。XS設定の安いレーパンが売っていたので試しに買ってみた。
よく考えたらこれからの季節、もう指切り手袋は使わないかもしれない。普段着は全然買わないけのに、自転車ウェアばかりが増えていく。



Swim2850m
やる気はなし。あんまり休むのもいけないので嫌々プールへ。

  • アップ500m
  • スカーリング200m,キック500m
  • 200m3:30サークル×5(2:58,59,59,00,59)
  • プルブイ兼ダウン等650m

アップから調子は悪い。水に乗れない感覚。
体感は悪いがメインセットのタイムは悪くなかった。
5本中4本は3分切り。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.26.2011

一応目覚ましをかけておいたが二度寝。何となく疲れている。今日は休養。


このところの「自転車を自分で組み立て整備したい」という熱に引き続き浮かされている。次期ロードは自分でどうにかしてみよう、というのはほぼ決まった。とはいえ、次期ロードはすぐには必要ないしまだ願望の段階ではあるが…。
ロードを組むにあたってさらにネット巡回調査(あるお兄さんがアドバイスのコメントをくれたこともあり)を続けていくと、どうも懸案だった「ヘッドパーツ圧入」と「BBタッピング&フェイシング」は、最近では必ずしも素人お手上げ作業ではないということが分かってきた。
ヘッドパーツ圧入については、最近のロードフレームだとインテグレーテッドヘッドという規格が主流になっており、従来の「ヘッドチューブにヘッドパーツを万力のような専用工具(または類似自作工具)で平行に締め込んで圧入する」という作業が存在しないらしい。フレームに規格通りの溝があって、そこにベアリングやらベアリング受けやらの輪っかをちょんと手ではめるだけである、フォークに下玉押しとかフォークスリーブとかいう名前の輪っかをはめ込むときには多少力が要る場合もあるけれども、それはホームセンターで売っている塩ビ管とトンカチで簡単にはめることができる、という。
そしてBBのフェイシング&タッピングについては、最近では精度が上がっておりフェイシングもタッピングも基本的にする必要はない(販売店でのタッピングを前提として出荷するメーカーもあるみたいだけれども)らしい。アルミや鉄フレームの場合、溶接熱でBBがゆがんだり曲がったりで、そうした作業が必要なこともあるらしい。カーボン時代の今ではむしろ、タッピング、フェイシングをすると保証対象外とするメーカーもあるようで、そのあたりはメーカーによって様々らしい。
と、机上の空論ではほぼ全工程を自分で行えるような気がしてきた…。



Campagnolo Khamsin
WiggleからKhamsinと思われる箱が届いたので、開けてみた。
Campagnolo Khamsin
やはりKhamsinが入っていた。シマノフリー。
しばらく実走できる予定がないのでまだタイヤをはめる等をせず。
安いホイールだし、外見も安っぽいのであまりウキウキせず。
安いホイールに巨大な箱。これを送料タダで送ってもらうのはなんだか釈然としない。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.25.2011

岩波文庫に対する偏見…

Ave40.7 アウター8
Ave40.7
3本ローラー60min
目覚まし設定を忘れた。1時間ならローラー出来そうな頃合に自然に起きた。
High5 Zero Drink Salt  Neutral味
カロリー補給なし。High5社のZeroドリンク。ニュートラル味。電解質のみというものでただの塩味(やや酸味も)。まずい。本来は何か味の付いているものに入れて塩分補給として飲むものらしい。
TVはドラマ「ドン・キホーテ」を。最終回に向かってクライマックス。ドラマとか雑貨店は別にして、セルバンテスの本物のドン・キホーテを読んでみたいところだが、入手しやすいのは岩波文庫。岩波文庫というと小さい文字に潰れた印字、質の悪い紙に滲むインク、そうした"読みづらさ"こそ文学思想の真の醍醐味だ、などというわけのわからない文化とその信者たち、という印象があってどうにもいけない。最近の岩波文庫のフォントサイズは、大きくなっただろうか…?
本当ならiPhoneで読めればいいのだけれども。日本の電子書籍環境が貧弱なのがつらいところ。
アウター8速。LSD心拍。60分。
終了後、やはり左足裏の調子が若干悪くなる。どうもハム、ふくらはぎ、足底筋が連動して凝り固まっているような感じ。伸ばしてやるとすぐに軽快する。靱帯の炎症という感じではない、と思いたい。


Swim2200m
歩いてプールへ。今日ははじめから負荷をかける気がなく、取りあえず水に入るだけ。
全体的に細切れ。パドルを使用できたのでのんびり50mサークルを10本。
全体的に負荷低め。本当にプールに行っただけ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.24.2011

恋患い以上です…

Ave40.9 アウター8
Ave40.9
3本ローラー111min(ロード)
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。深夜に起きてからはカーボンフレームの幻影が現れて悶々とし、目覚ましが鳴るまで眠れなかった。
諸準備。TVは刑事ドラマ。最終回にむかってクライマックス。
LSD心拍で回すとアウター8速、ケイデンス90+だった。やはりホイールバランスを取ったおかけで3本ローラーの騒音が減った、と願望抜きで言える。楕円リングについてはローラー上では真円リングとの違いは全く分からず(低ケイデンスの登坂時には違いがハッキリ分かるよ説があるので実走が楽しみ)
111分回して終了。終了後ごくごくわずかに左足裏に違和感。まだ足裏は脆弱。


欲望を抑えきれない吉良吉影
気持ちを抑えきれない吉良吉影
ロードを自分で組み立てたい熱がおさまらぬ。
ロードの組み立て整備について、あちこちのサイトで読みあさる。自分でできないのはヘッドパーツ圧入(ベアリングとは違うのだろうか?ヘッドパーツにベアリングが含まれているのだろうか?下押し玉押し下玉上ワンなどわけがわからない)。圧入というくらいだから万力みたいな大きな工具でパーツを押し込むのだろうから、素人が手でよいしょよいしょと押しても入らないだろう。それとBBタッピングとフェイシング。最近のフレームは精度がいいからタッピングもフェイシングも必須じゃないよ説もあれば、タッピングしなければそもそもBBが入らないよ説もある。BBにスルスルとパーツが入ればそれでいいのだが、きっとそうはいかないだろう。これらの作業は自分ではできそうにない。持ち込み可のところにいってやってもらう作業。
逆に言うと、他の作業については工具と説明書(と根気)があればできるはず。ケーブルの取り回しとか、ディレイラー調整のような難所があるけれども、試行錯誤をしていくうちになんとか最低限の動作まではもっていけるよ説が有力なのでそれを信じたい。できなかったからといって懲役を喰らうわけでもないので…。
不明な点としてはレバーと変速機の間の変速ケーブルにアジャスターというものがあるが、あれは付けないといけないものなのか、付けなくていいものなのか、という点。現ロードに付いているが、使ったことがないし、何のために付いているのかも分からない。使ったことがないのに2年ほど問題なく乗れている。使わないのに無駄に運搬していることにもなる。
また現ロードのレバーはやはり「フロントトリプル仕様との兼用設計が災いして不具合連発レバー」として名高い5600であった。これを大事にして移植するのもなんだかあれなので、左レバーだけ5601に新調するか、とか、現ロードのバンド式FDは今時の直付けフレームに使えなくなるから5700の左レバーとFDを5700にするか、とか、いっそ変速関連は全部5700にしてしまうか、とか、一番安く済むのは直付け式FDの5600だけ新調する方法だけど悪名高いレバーを存続させることにはなるのもなあ、などとループして妙に脳内が整理されてまるでフレームを新調する方向に決まっていくような欲望のオーバードライブが嫌だ。自転車は乗れればいいのだし、乗る体は一つしかないのだし、その乗る体だってあちらが痛いこちらが痛いで乗れないのだから余計な出費はしたくない。つまるところ、必要に迫られているのではなく、欲望に迫られているので、困る。それにしても円が安ければこんなことにならないのに。好きな女の子のことを考える3倍くらいつらい。


自分でできないこと
  • BBタッピング、フェイシング
  • ヘッドパーツ圧入
分からないこと
  • ケーブルアジャスターは必須なのかいらないのか
困っていること
  • 欲望に負けそう
  • 円高



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.23.2011

脳内垂れ流し

秋
秋らしくなった。半袖半ズボンでは寒いくらい。
朝トレ用目覚ましが鳴って、しばらく悩んで二度寝。日が短くなって朝トレ時間だと真っ暗。
Runはまだ再開できる予感が漂わない一方、自転車に関しては調子が戻りつつあり、もう少し安全牌を切りつつ回復基調に乗せたいところなので、二度寝もやむなし。


最近ふつふつと湧きあがってくる欲望は「自転車を自分で組み立てたい」というもの。めちゃんこ高価なプラモデル。ユーロやポンドが歴史的な水準であるし、自転車を組み立てればある程度の整備技術が身に付きそうだし。海外通販サイトを訪問しては抑えきれない欲望を抑え、目を閉じても目前に広がってしまうカーボンフレームの映像を消し去る日々。
組み立てたいだけなら現行ロードを分解、組み付けすればいいのだが、その気は起きず…。やはり新しいフレームが欲しいのだろうか…。
ああ、Cervelo R3の2011年モデルはBBがBBrightなんて妙な規格で、自転車店で売ってるフツーのシマノBBが付かないタイプなんだ、それどころかBBright規格のBB自体の入手性やら整備性やらが全然トーシロの手の届く範囲じゃない。フレームだけ買ってもBBright規格のBBがどんな型番でどこで売ってるのかも分からないし、そもそも売ってるかどうかも怪しいくらいだ。BBrightなんてBB規格この世でR3とR5くらいなものじゃないか?あ、フレームだけ買っても付属品にBBが含まれてるみたいだから部品がダメになるまでは乗れるのか、いやでもBBrightだとクランクも特殊仕様じゃないか、ROTORの特殊クランク推奨みたいな雰囲気だぞ、まてまて、フレームの付属品にシマノアダプターと書いてあるからシマノクランクが使えるような輪っかも付いてくるのかもしれないぞ、まあいずれにして付属品が壊れたらどうするんだ、これは難しいぞ。日本の小売店で買えば「俺は客だぞ」というでかい顔をぶらさげて「壊れたからどうにかしろ」と言えるが、ユーロ安だから通販で買ったのですけれどもね、壊れちゃったのでどうにかしてくださいなんて言っても、フツーのシマノ規格ならまだしも変な規格だから取り合ってもらえないかもしれないぞ、やはりシマノスタンダードなBBにネジ切りのしてあるやつが分かりやすいけどこれはこれでレーシーブランド的には結構時代遅れな保守臭が漂っているし…いかん、どうにもプラモデルがしたいのか、新しいフレームが欲しいのか分からなくなってきたぞ。自転車がたくさんあっても体は一つしかないし、その体だってあちらが痛いこちらが痛いでなかなか動けないのだから、やはり自転車を増やしたくないしなあ、そういえば昨日行ったY's RoadでCervelo RSが安くなってたな。15,6万円だったぞ、いつのモデルか知らないけど色も好みの感じだったし、BBもシマノのネジ切りタイプだったし、気兼ねなく乗れるカーボンフレームだから練習用にちょうどいいし、いまのロードコンポ乗せ替えだったらちょうどいいなあ、ただ残念、あれはサイズが合わなかったのだなあ、もし51サイズなら衝動買いしていたかもしれない…危ない危ない…ああ、そうだ、Pinarelloのフレームもたくさんあったなあ、やっぱり田舎者だからああいった押し出しの強いグラフィックにグラッとくるなあ、グニャグニャしたフォークとかぼくちゃん憧れちゃうな!ところでカーボンフレームの寿命はどのくらいなんだろう、そりゃ性能劣化を気にしなければ5年でも乗れそうなものだけど、まあ、それ以前に感覚が鈍いんだから性能劣化なんてさっぱり分からない。目をつぶって乗れば今のORBEA OnixとR5caの違いだって多分分からない、結局はあれこれ考える暇があったら足を鍛えるのが一番いいよ、というつまらない結論になるなあ、でも欲を言えばTT車は別として、実走用とは別にローラー用自転車があれば便利だなあ、いやそうでもないか、あればあったで便利かもしれないけどロードならホイール交換も楽だから外用と室内用の装備交換が大変じゃないぞ、2台になったらそれはそれで整備の手間が2倍に増えるからかえってよくないぞ、やっぱりロードは1台というのがよさそうだなあ、自転車を増やさずプラモデルを楽しむにはフレームを買ってきて乗せ替えるというのもよさそうだなあ、軽いフレームを買っておけば後々の軽量化の芽が残せるしなあ、フレームだけなら日本の小売店で買ってもどうにか我慢できる出費で抑えられそうだなあ、そうすればでかい顔をぶら下げてお客様面できるしなあ、いやそもそも自転車店にすがるようなこともあんまりないと言えばあんまりないし、工賃さえ払えば何でも面倒みるよという店もあるしなあ、いや待てよ、フレーム買いというのは一時的には出費が抑えられそうな気がするけど、いいコンポの付いた完成車と比べるとえらく割高につくぞ、どうせならRedかDura-Aceのついた完成車を買ってしまった方が安くつくのではないか、おっとそりゃおかしい完成車とはなんだ、プラモデルを楽しみたいという話はどこへ行ってしまったんだ、だいたい、軽量フレームに軽量コンポの付いた自転車なんて「もったいないから普段乗るのはやめよう」となるのは目に見えているじゃないか、Bora Oneを使うのがもったいないから、Zondaでも買おうか、いや、ZondaでももったいないだろうからKhamsinにしよう、と言ってKhamsinを買ったのは誰だ?Dura-Ace完成車を買っても使うのはもったいないから105を買ってきて付ける、なんてことになりかねないぞ、そんな馬鹿な話があるか、ああ悲しいかな私の性質というのは、Khamsinとか105とか吉野家が合っているのだなあ、フレームを買ってきて現行コンポを移植するのも良さそうだけど、今のコンポは5600だから左レバーが欠陥品と評判悪いやつなんだよなあ、わざわざ移植するような価値があるレバーでもないしなあ、フレームを変えたところで見た目以外に違いなんて分かるはずないし、やっぱり自転車にバンバン乗れるような丈夫な体でないとフレームだのプラモデルだの、何の意味もないしなあ、などと思った。



Swim2700m(60min)
歩いてプールへ。泳いでいる間もカーボンフレームの幻影がちらつく。

  • アップ500m
  • キック500m
  • スカーリング200m
  • 200m3:30×5(3:01,03,03,04,03)
  • ダウン兼プルブイ500m
メインセットはきつかった。
歩いて帰った。夜の闇にカーボンフレームの幻影が現れた気がした。
帰路


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.22.2011

あれこれ買い物

Ave40.6 アウター8
Ave40.6
3本ローラー120min(ロード)
昨日、台風が直撃して、数時間暴風が吹いて、去った。
朝起きると晴れていた。自転車実走をしたいところだけれども、染みだし、水没、倒木など荒川CRは普通に走れないだろうし、足に不安もあるのでいつでもやめられる3本ローラー。
「それでも、生きてゆく」
諸準備。TVは少年犯罪のドラマや刑事ドラマ。少年犯罪のドラマは最終回。いろいろとつらい目にあって人生が失われたように感じられたけれどこの先生きのこが出来るかもしれない、というお話であった。
LSD負荷。自然に回せる範囲だとアウター8速。左外ハムに不安があったけれども、最後まで痛む事無く回せた。
ROTOR Q-Ringsの具合は、さっぱりと105リングとの違いは分からず。フロントディレイラーについては、5速より軽いギアではシマノと変わらず変速した。
ホイールバランスを取ったおかげか、いくらか騒音が減った、気がした。
120分回しておしまい。


Wiggleから「Khamsinを発送したから待っておれ」というメールが来たので、ブレーキシューカートリッジを用意すべくレイクタウンへ。現在ロードについているカーボン用シューはカートリッジにものすごい固さでハマっており、シューだけ外して云々というのは現実的でない。アルミシューとカーボンシューを換えるにはカートリッジごと交換。
台風一過
台風一過。
J!NS メガネ店
メガネを車内に放置し熱でレンズをダメにしたのでJ!NSでメガネを注文。4990円の一番安いやつ。10090円を払い5100円もらった。
KUA'AINA
待ち時間に昼食。ハワイバーガー。チーズバーガー肉量多め。松屋3回分くらいかかった。
Y's Road レイクタウン店
Y's Roadでブレーキシュー2セット。ピカピカなフレームや完成車が並んでおり、無闇に欲しくなった。サーベロとかピナレロとか。売れ残りの安くなったフレームを買い、好きなパーツを少しずつそろえて自分で組み立てたら楽しいだろうな、と思った。
Krespy Kreme Doughnuts
Krispy Kreme Doughnutsでドーナツとチョコドーナツと紅茶。
ドーナツ
かつてのように行列はしていなかった。
J!NS メガネ
メガネを受け取って、さいたまへ帰った。


Swim2700m(60min)
どういうわけか、昨晩より寝ている時から、日中にもなぜこのタイミングで?というような感じで左足を攣った。足裏はだいぶよいのだけれど、まだおかしいのだろう。そんなわけでプールに行くかどうか悩んだ。泳いでもすぐに足を攣るだろうしなあ、と。

  • アップ500m
  • スカーリング200m キック500m
  • 100m2分サークル×5(86-87秒)
  • 500m
  • ダウン兼プルブイ500m
アップから調子が良い。高負荷よりラップでゆったり泳ぐと妙にのびる。
サークル後の500mでは負荷はそこそこ、足を攣らないような負荷でAve46.4であった、と思いたいが、いくらなんでも速すぎる…。10本のつもりが11本泳いだのかもしれない。11本だとするとAve47.7くらいと現実的な数字。
全体的に気分よく泳げたのでプールに行ってよかった。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.21.2011

ふ、ふ、不良品じゃないですかね…

この秋から平地だけでなく登坂をしたい。登坂をすればダウンヒルがある。真夏なら涼しくていいが、秋以降のダウンヒルはめちゃんこ寒い。真冬用のウィンドブレイクジャージは持っているが、これは寒い平地をチンタラ走っても寒くない、というようなもので、負荷をかけた時はもちろん、登坂時だと暑すぎる。であるから、より快適に実走をするためのウェアを用意せねばとWiggleで薄手のウィンドブレーカーを買い、届いた。厚い防寒着一枚で走るのではなく、そこそこのあったかウェアに薄手の防風着の重ね着で対応しよう、という頭の良さが滲みでてしまう計画。
Castelli ウィンドブレイカー
Castelli社のLeggero Windproof Cycling Jacket、黄色。ただの黄色でなく派手な蛍光色。狭い山道で乱暴な運転をするスバル車もいるので少しでも目立っておかねば。と、無闇にスバル車を目の敵にしてささやかながら日頃の鬱憤を晴らしてみた。
あれ?つまみが二つあるよ?
どれどれ、早速試着をしてみましょうかね!とニコニコしながらファスナーを外そうとすると何かおかしい。こんなファスナー見たことがありませんよ…。ファスナーのつまみが二つありますよ…。これじゃ裾がくっついたまま外れなくて着脱できない気がいたしますよ…と、しばらく思案。こりゃ不良品じゃないですか!チャック取付士が間違えてつまみを二つ付けちゃったに違いない!
とはいえ、返品だなんだというのも面倒なので、セーターのように着脱すればなんとかなるか、と涙をのむことに。
そして、ふと、画像の状態から片方の裾を引っ張り上げると、普通のファスナー同様に外れた。あらま。これはどうもつまみ取付士のミスじゃなくてこういう仕様らしい。ウィンドブレイカーを着てファスナー全閉状態から下のつまみを引き上げると、裾側が開いて内側に着ているサイクルジャージのポケットにアクセスできる。どうやらそのためのつまみである、らしい。なるほどこれは便利機能であるなあ、と感心したのだった。


台風直撃
台風が来る。前回自転車実走時に左外ハムを痛めたが、だいぶ回復した。今朝にはほとんど体感できない程度になった。押すとまだくすぶっている感じがあるのでローラーはなし。
それとは別に、週一の頻度でRun時の左膝チェックをしよう、ということになっていて、ちょうど昨日か今日がその日であるが、今週はパス。時期尚早の予感。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.20.2011

STAR WARS

STAR WARS The Complete Saga
STAR WARS THE COMPLETE SAGA
STAR WARSのブルーレイセットが出たので買った。ブルーレイでフルHD再生が可能になってからしばらく経つが、待望されていたSTAR WARSは出ていなかった。ブルーレイを買うような層は画質や音質に期待する層であるから、中途半端な品質のものをブルーレイで出したらいかんだろう、という製作側の思いがあってこれまで出ていなかった(大手映画会社のブルーレイであってもいいかげんな画質のものが結構販売されていてガックリすることがある)。マスターフィルムの洗浄修復等を徹底して行いようやくブルーレイ化された。私はリアルタイム世代でないし、特にSTAR WARSシリーズに思い入れがあるわけではない…どころか、エピソードIIIを観て、なるほどこういうお話だったのか、と初めてダースベイダー=アナキンと知った程度。何しろそれまでダースベイダーはロボットだと思っていたほどで…。ともかく、画質がよい、というのはそれだけで価値があると考えるので少々高かったが買った。チラッと見たところ確かに気合いの入った出来でハッとするような画質であった(マスターテープの限界と思われるところもあったけれども)。暇な時に少しずつ観てDellモニタ前でニタニタするのが楽しみ。


Swim2500m(54min)
プールへ。昨日はメインセットを頑張った(が、タイム的にはよくなかった。パドル使用200mでもAve49弱程度。パドルを使うと速くなるはずなのだが…プルブイの抵抗だろうか?)。今日はなりゆき。外ハムに不安があるため今日もキックターン控え目で。
それと、ストリームラインを作るには腕肩背中肩甲骨周りの柔軟性が決定的に重要な気がするので、ストレッチなどを調査中。

  • アップ500m
  • スカーリング200m
  • 100m2分サークル×5(87秒)
  • パドル100m2分サークル×5(86,87,87,88,89秒)
  • プルブイ兼ダウン800m

メインセットは尻下がり。調子も悪い。昨日の疲れか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.19.2011

楕円チェーンリングにいたしましたよ!(Q-Rings)

ROTOR Q-Rings OCP3 コンパクトクランク用 楕円チェーンリング 50/36T
ROTOR Q-Rings OCP3
昨晩は、ずっしりと疲れを感じたのでプールに行かずDellモニタの前に座って過ごした。寝るにはまだ早くDellモニタの前に座り続けるのも飽きた頃、ふと道具棚に放置してあるROTORのQ-Ringsを思い出した。数%効率がよくなる、という主張の楕円チェーンリング。シマノコンパクトクランク用で角度調整機能のないリング(従ってTTでなくロード用。インナーリングは角度調整が出来る)。50/36T仕様で、インナーは現行より2T大きい。
楕円チェーンリングというとキワモノというかオカルトというかそんな感じがしないでもない。まあ、買ってしまったのだから今になって楕円リングをオカルトのインチキ品と疑っても仕方がない。現行105チェーンリングもだいぶ消耗してきたころだし楕円をつかってみようか、と。
買ったまま放置していたのはクランクを外したり、フロントディレイラー調整が出来ないからなのだけれども、それはそれとして現行チェーンリングのボルトを外す位は試しにやってみてもよかろう、ということでボルトを外してみたら簡単にリングが外れた。クランクをBBから抜く必要も、ペダルを外す必要もなく、リングが取れた。これの逆の手順でQ-Ringsもくっつくのではないか、とやる気が出たので逆の手順。
インナーリングをクランク内側に入れるところで早速障害。クランクと干渉して入らない。知恵の輪のように試行錯誤するうちにあと一歩という角度を発見したのであとは"工具で叩く"という禁じ手を使用し、インナーリングをクランク内側へ入れた。リングがゆがむほどの力は加わってないはずだが、クランクをBBから抜いて作業すべきは当然。アウターは障害なし。クランク3時半付近でチェーンリングが最大になるような角度でボルトを締めればよい、のだが、ボルトを締めるというのが難物だった。リング自体にネジ切りがあってボルトを締める、というのではなく、ボルトとナット風のパーツで挟みこんで固定する方式。このナット風パーツがボルトと一緒に回転してしまって締まらない。巨大なマイナスドライバーか専用工具(そんな工具あるだろうか?)があれば固定出来そうなパーツなのだが、そんな工具は持っていないので10円玉、5円玉とペンチで代用。ボルトを回す、裏側が回らぬようペンチと硬貨で固定する、クランクが回転しないよう足で固定する、自転車が倒れぬよう頭で押さえる、というような体勢で作業。締めこみに十分な力が入るはずもなく、工具と知識を事前に準備したうえで、やはりクランクをBBから抜いて作業すべきは当然であった。しばらく難儀してどうにかチェーンリングを固定できた。
楕円リングは真円からはみ出る部分があり、その部分がフロントディレイラーと干渉する。であるからフロントディレイラーを少し上にずらせば、多分それでいいはず…。ということでそうした。ディレイラー調整はフロントもリアも、さっぱり、全然、ちっとも分からない。ワイヤーを外したり、引っ張って再度固定する必要があったような気がしたので、そうした。なんだか取り返しのつかないことをしたような気がしないでもなかった。メンテナンススタンド上ではフロント変速が問題なく出来たので作業終了。翌朝のローラーを楽しみにして歯を磨き、寝た。楕円チェーンリングですよ…楕円…楕円…。


Ave40.4 初楕円リング
3本ローラー30min(ロード)
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。まだ暗い。随分日が短くなった。朝晩は蝉でなく秋の虫が鳴くようになった。
ドリンク等を作成し、自転車にまたがる。
どれどれ、リングの具合を確かめましょうかね!むふふ!
まずは変速の具合から。アウターからインナーに落してみ……
クランクが空回りいたしますよ!
3本ローラーから落車するところであった。アブナイ…。
チェック。チェーンがアウターとインナーの中間のようなところでインナーの歯にハマらず滑っている状態。内側に落ちているわけではない。ひょっとしたらたまたまこうなっちゃっただけかも!ということで再度チェック。アウターからインナーに落として…落ちない…空回りする…。何度やっても同じ。変速しづらいではなく、変速しない…。
フロントディレイラー調整
奥さんではなく、Dellモニタである
フロントディレイラー説明書を開いてその通りにしてみる、それでも変速しない、また説明書に従ってやってみる、変速しない、ということを3度ほど繰り返した後、そういえばフロントトリプル仕様の105レバーであったか、と思い出すも自分の105の型番が分からないので、一世代前の105説明書を開いてみる。手順はそう変わらない気もするし、今まで見ていた説明書がどの型番かも忘れた。ともかく、説明書に従って調整すると、メンテスタンド上でも3本ローラー上でもどうにか変速した。ただし、リアがトップ側に近いと変速せずクランクが空回りする傾向。リアが4速とか5速よりロー側であれば安定して変速する。実走時にリアトップ近くでインナーに変速することはないので、とりあえず調整は終了。無駄にいじって悪化してもいけない。
えらく時間を使ってしまったが、気を持ち直して肝心の楕円リングを回してその具合をチェック。
これまでの105真円リングと比べて、全く違いが分からない。よく言われるところの、下死点で軽くなり踏み込み時に重くなるという感覚は皆無。楕円リングであることはグニャグニャと回転している様子を目で見ないと気づかないし、楕円だと意識しても体感は全くできない。
30分だけであったが、アウター8速、ケイデンス90をLSD心拍で回せたので悪くない。変速不安以外のマイナス要素は感じなかった。まあ、変速不安というのも調整技術がないからなのだが…。

あと外側ハムの膝付け根が痛い。膝裏外。大腿二頭筋腱のあたり。おとといの実走で当該個所に攣るような感じの痛みがあったので筋組織損傷(または腱炎)と思われる。昨日感じた右膝は特に気にならず。膝裏痛はサドル高すぎだからとされるし、実走時にもややサドルが高いのではと感じていたので2,3mm下げた。


その後CervéloP3にもQ-Ringsを装着した。





Swim2700m(55min)
外ハム痛のためプルブイのみ。

  • アップ500m
  • プルブイ100m2分サークル×10(95秒)
  • パドルプルブイ200m3分40秒サークル×5(3:15)
  • ダウン200m


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.18.2011

欲しい欲しい…

Ave38.3 アウター7
3本ローラー60min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。短めの予定であったから、遅めの目覚まし。
リカバリー、ホイールバランス、体各所の様子見が目的。昨日のロングライドで右膝近くにやや痛みが出た。オーバーユースだろう。そのあたりの様子見。
アウター7速。心拍は130以下。TVはなんとかというドラマ。
当たり前だが体は重い。まだロングライドをこなせるだけの体力がない状態で無理をした形。
昨日鉛シールを貼ってホイールバランスを取ってみたが、よく違いが分からない。ややうねりが減ったような気がする。高い速度域で騒音がひどくなるのでアウター7速程度ではあまり違いがないのかもしれない。
やはり右膝近くの痛みがわずかに出た。少し休まなければ。



体重を計ったついでにロードの重量も計ってみた。前後R500ローラー仕様、ボトルケージ、サイコン付きで8.9kgだった。意外と重かった。ロードを買って2年になるが、重量を計ったのは初めて。ホイールをBoraにするとホイールとタイヤで800gくらいは軽くなるはず。重量を気にするようになると自転車脳の進行具合がイケナイ領域であり、軽量沼は破滅を招くので、気をつけたい。


トランポ ハイゼット
まあ何となく漫然と思うのは、トランポ車が欲しい、ということ。自転車を積んであちこち出かけたり、草津のような本物の温泉地に行ったついでに自転車に乗ったり、ということが出来るようなクルマが欲しい。本物の温泉のついでに自転車に乗ったり、自転車のついでに本物の温泉に入ったり。寝心地をすこし我慢すれば車中泊もできるようなクルマが欲しい。大観峰のような遥か遠いところまで自転車とともに、車中泊、カプセルホテル、紙コップの水で歯磨き、というような移動をしたい。自動車は値が張るので「欲しいなあ、じゃあ買うか」というわけにはいかない。ハイエースのような贅沢は言わない。ハイゼットカーゴでよい。将来に備えて、とか、不要不急は敵、とか、欲しがりません勝つまでは、とか、老後の蓄えというような倹約思想がハイゼットへの道を邪魔する。と、同時に「この先生きのこったとしてこの世に残された楽しみなんてほとんど期待できないんだからせめてハイゼットくらい…膝が痛くて走れなくてかわいそうだし…」とも思う。今の自動車もまだまだ乗れそうだから買い替え時期というには早い。かつては2年ごとに買い換えなんて景気のいい時代もあったそうだが…などとDellモニタの前で思った。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

9.17.2011

自転車三昧(定峰ポタ)

Ave26.6 定峰ライド165km
Ave26.6
Bike165km(6h11m)
夜中に雨が降った。朝起きた時、まだ路面が濡れていた。ゆっくりと準備をして路面が乾き始めるのを待って出発。
今日は心拍135以下を目安にしてLSD、新規ルート開拓、小旅行気分。物見山経由の定峰峠の予定。初めてのルート。調子に乗って負荷をかけないよう気をつけて。

路面が濡れている。蒸し暑い。台風が近づいており不安定な天気らしい。風も明らかに強め。荒川CRへの接続は秋ヶ瀬橋を使用する。
秋ヶ瀬橋 雲があやしい
市街地を抜け秋ヶ瀬着。雲の様子がややおかしい。天気が崩れるかもしれない。
土曜であり、ここまでで既にローディの大量発生を予感させる出足。往路は追い風。心拍を上げないよう緩めに流す。今日は長い距離になりそうだし、復路は向かい風だろうから体力を温存する。
イケメン図 物見山駐車場にて
イケメン図
少し雨に降られて物見山駐車場着。補給をしてすぐに定峰峠ルートへ。途中まで白石ルートで、定峰ルートは北側から大回りするような感じ。
落合橋信号T字路
落合橋信号
小川町という昭和の建物が残る町を抜けて落合橋信号を左折すると定峰峠への道。交通量はそれなりにあるが比較的走りやすい。自宅から70km超走ってようやく山。もし腐るほどカネがあったら小川町に住むのも良いかもしれない、と思った。山が近いし、静かだし、Amazonがあれば買い物に困らぬ世になったし。
定峰峠までは平均斜度5%程度。長さは知らない。この程度の斜度だと、負荷をかける事も、緩める事もできる。白石峠のように高負荷か、止まるかの二択というような斜度でない。白石峠よりも遥かに楽。心拍160に届かないくらいの負荷で定峰峠着。
定峰峠 峠の茶屋
峠の茶屋で補給。自販機が微妙に僻地価格。
ここからさらに上って白石峠へ。途中、サルの群を見かけた。小猿を抱えた親猿もいた。
白石峠
定峰峠から白石峠のあたりは涼しかった。白石峠から気をつけて下りる。下りは怖い。
ダウンヒル中、死にそうな顔をしたローディや、止まりそうなローディや、よだれが滝になってるローディが上っていた…。

復路はかなりの向かい風。補給を多めに摂り、体力を温存していたので、一昨日よりは余裕がある。物見山電機大学坂を、すね毛を剃ったローディにくっついて上った。なんとか付いていけた、というような余裕があった。
それにしても自分の後ろにつかれると邪魔だ、どっかいけと思うのだが、自分が後ろに付くとなんにも気にせず、ぜひともくっついていってやるぞ、と思う現象は一体なんなのだろう…。

物見山で補給、さらに復路途中で補給をして向かい風を心拍135以下を基準にこぐ。当然速度は出ない。CRのダイレクト向かい風区間では20kmとか。
5B9A5CF030EB30FC30C8958B62D3LSD
獲得標高1200m
かなりくたびれたが無事帰宅。久しぶりの150km超。定峰ルートはなかなかよい。



自転車整備
帰宅後に自転車整備。チェーン清掃。路面濡れに加えて少し雨に降られたので洗車も。
ホイールバランス 重りを貼った
ゴルフ用品 鉛シール ひとマスが0.5g
ついでにR500のホイールバランスを取った。前後とも4gの重りをリムの軽い場所につけた。3本ローラー騒音の原因の一つはホイールバランスの崩れと疑っている。かなり高速で回転するから少しのバランス崩れが大きな音になる、気がする。


自転車三昧であった。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ