11.26.2011

チラ裏

膝痛 Ave5:55
Run10km
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。1時間ジョグの予定。
風邪はだいぶ治った。休養週や風邪でRunリハビリが中断して久しぶりのジョグとなる。故障の具合は時間が経過したぶん回復しているはず…。
近所の周回コース。キロ6で。7km位までは特に問題はなかったが、それ以降両膝がおかしい。故障個所ではないが、痛い。どこが、というのは分からないが両膝に鋭い痛み。過去に経験のある痛み。強いて言えば腸脛靱帯ちゃんのような、全然違うような。いや、やっぱり腸脛靱帯ちゃんのような。途中何度か止まって曲げ伸ばしをしてごまかしつつ10kmまで。
走るだけの土台が出来ていない状態で走ったものだから痛みが出た、という感じ。アップ不足か急に1時間も走ったからか。また、ランジ動作時に後ろ足に膝痛が再現できた。
寒い朝に起きたばかりの体でアップを十分にせずに走るのも負担になるのかな、と後になって思った。
休養を挟んで次回以降ペースと量を落として足を慣らしていく。
懸案の故障個所は足裏には若干張り、まだ足裏は脆弱だが問題というほどではなく。
新しい暗雲。


"JOJO" き…切れた… ぼくの体のなかでなにかが切れた… 決定的ななにかが…
Swim0m
歩いてプールへ。歩くだけで右膝がわずかに痛む(時がある)。やはり腸脛靱帯のようだ。朝Runのときは左が特に痛かったけれども、日中過ぎには右膝の具合の方が悪かった。空中での曲げ伸ばしでも階段の上り下りも痛い。炎症かもしれないし靭帯に傷が入ってしまったのかも、と思う。ともかく思ったより良くない。
そういえば夏の風邪のときも病み上がりに走ったら足裏の具合が悪化した。病み上がりというのはよくないのかもしれない。体がこわばっているとかなんとかで運動の衝撃に対応できずに傷が入る、とか。まあ腸脛靱帯炎の主因「アップ不足」「練習メニューの急な増加」と王道を歩んだ節があるのでやってしまったなあ、とか、Runで痛めてBikeを巻き込んで2ヶ月安静コースとかだとイヤだなあ、とか、また振り出しに戻るのか、イヤだなあ、とか、毎度振り出しに戻っていると何年経っても、35歳になっても40歳になっても振り出し近くでウロウロして「ちょうけいじんたいちゃんがいたいよ」とか「そくていきんまくちゃんがいたいよ」とか「またふりだしだ、またふりだしだ」とか「ああいけない、ひとりごとがふえてきた」とか、しかめっ面でぶつぶつ独り言をいってプールに歩いていくようなおっさんになるのだったらば「振り出しに戻る」というそのスタート地点と上がり地点の設定を放棄してハイゼットにMTBとロードを積んで埼玉西部に行って気分次第でどちらかの自転車にのる休日サイクリングおじさんに転向したほうがよりよい人生じゃないか、目標も進捗状況も後退もない平安な自転車生活の方が幸せじゃないか、とか、しかめっ面でぶつぶつ独り言をしてプールに歩いて行った。
冷水機で飲水。更衣室。脱衣。ここでぱたりと止まってしまった。プール用具を鞄から出さずお風呂セットを出して入浴。JOJOの"き…切れた ぼくの体の中でなにかが切れた… 決定的ななにかが…"という有名なセリフが思い出された。
風呂で念入りにストレッチをして家に帰る。引き続き膝が痛い。曲げ伸ばしをするだけで痛いのでペダリングもできそうにない。北海道で壊滅してどん底からSwimとBikeは調子を上げてきただけに残念。足のリカバリー、メンタルのリカバリーをした上で現状の能力まで戻すのにどのくらい時間がかかるのだろう。
部屋にもどると、床にゴーグルが落ちていた。更衣室でプールセットを取り出したとしても、結局はゴーグルが無く泳げないのだった。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿