11.13.2011

フリーハブボディグリスをゲットいたしました


休まねば休まねばと思いつつ、ついつい動いてしまって疲れを積み増している。ちょっと緩めて疲労を抜かないと故障をしかねない。



フリーハブボディグリスを入手した。
Special Grease for Freehub Body
Duraグリスとは似て非なるもの
以前にBoraOneを壊して直した。その際、ラチェットに塗ったグリスはホームセンターで買ってきた安価な汎用グリス。自転車パーツにはDuraグリスという万能グリスがあるが、それを使用しなかったのは粘度が高すぎてラチェット部分には向かないため。そしてそのBoraOneで実走したところフリーハブラチェットがいわゆる爆音になってしまった。塗ったグリスの量から考えると潤滑は足りているはずだが、音が大きすぎて少々不安。塗ったグリスの選択が間違っていたかもしれないし(グリスには様々な種類がある。成分、粘度など)
今回入手したのはシマノのフリーハブボディグリス。カンパニョーロ純正ではないが無難に使えるだろう。ただ英語の能書きは、ベアリングには塗っちゃいかんぞ、と読める。ラチェット部分専用か。


Swim2900m
歩いてプールへ。疲れるのでインターバルはしない。どちらかといえばリカバリー、リラックス。少し動いて血流がうんたら、というくらいで。
アップ、スカーリング、ドリルもどき、キックの後に500mをなりゆきに任せて泳いだらビルドアップ風になった(実際にはイーブンだろうけれども)。タイムが7:33で自己ベスト。400m時点で6:04とこれも自己ベストペース。ラスト100mを90秒かかってないし、余力も多少あった。体調を整えて400mTTをやったら6分を切れるのじゃないかと思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿