9.17.2011

自転車三昧(定峰ポタ)

Ave26.6 定峰ライド165km
Ave26.6
Bike165km(6h11m)
夜中に雨が降った。朝起きた時、まだ路面が濡れていた。ゆっくりと準備をして路面が乾き始めるのを待って出発。
今日は心拍135以下を目安にしてLSD、新規ルート開拓、小旅行気分。物見山経由の定峰峠の予定。初めてのルート。調子に乗って負荷をかけないよう気をつけて。

路面が濡れている。蒸し暑い。台風が近づいており不安定な天気らしい。風も明らかに強め。荒川CRへの接続は秋ヶ瀬橋を使用する。
秋ヶ瀬橋 雲があやしい
市街地を抜け秋ヶ瀬着。雲の様子がややおかしい。天気が崩れるかもしれない。
土曜であり、ここまでで既にローディの大量発生を予感させる出足。往路は追い風。心拍を上げないよう緩めに流す。今日は長い距離になりそうだし、復路は向かい風だろうから体力を温存する。
イケメン図 物見山駐車場にて
イケメン図
少し雨に降られて物見山駐車場着。補給をしてすぐに定峰峠ルートへ。途中まで白石ルートで、定峰ルートは北側から大回りするような感じ。
落合橋信号T字路
落合橋信号
小川町という昭和の建物が残る町を抜けて落合橋信号を左折すると定峰峠への道。交通量はそれなりにあるが比較的走りやすい。自宅から70km超走ってようやく山。もし腐るほどカネがあったら小川町に住むのも良いかもしれない、と思った。山が近いし、静かだし、Amazonがあれば買い物に困らぬ世になったし。
定峰峠までは平均斜度5%程度。長さは知らない。この程度の斜度だと、負荷をかける事も、緩める事もできる。白石峠のように高負荷か、止まるかの二択というような斜度でない。白石峠よりも遥かに楽。心拍160に届かないくらいの負荷で定峰峠着。
定峰峠 峠の茶屋
峠の茶屋で補給。自販機が微妙に僻地価格。
ここからさらに上って白石峠へ。途中、サルの群を見かけた。小猿を抱えた親猿もいた。
白石峠
定峰峠から白石峠のあたりは涼しかった。白石峠から気をつけて下りる。下りは怖い。
ダウンヒル中、死にそうな顔をしたローディや、止まりそうなローディや、よだれが滝になってるローディが上っていた…。

復路はかなりの向かい風。補給を多めに摂り、体力を温存していたので、一昨日よりは余裕がある。物見山電機大学坂を、すね毛を剃ったローディにくっついて上った。なんとか付いていけた、というような余裕があった。
それにしても自分の後ろにつかれると邪魔だ、どっかいけと思うのだが、自分が後ろに付くとなんにも気にせず、ぜひともくっついていってやるぞ、と思う現象は一体なんなのだろう…。

物見山で補給、さらに復路途中で補給をして向かい風を心拍135以下を基準にこぐ。当然速度は出ない。CRのダイレクト向かい風区間では20kmとか。
5B9A5CF030EB30FC30C8958B62D3LSD
獲得標高1200m
かなりくたびれたが無事帰宅。久しぶりの150km超。定峰ルートはなかなかよい。



自転車整備
帰宅後に自転車整備。チェーン清掃。路面濡れに加えて少し雨に降られたので洗車も。
ホイールバランス 重りを貼った
ゴルフ用品 鉛シール ひとマスが0.5g
ついでにR500のホイールバランスを取った。前後とも4gの重りをリムの軽い場所につけた。3本ローラー騒音の原因の一つはホイールバランスの崩れと疑っている。かなり高速で回転するから少しのバランス崩れが大きな音になる、気がする。


自転車三昧であった。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

0 件のコメント:

コメントを投稿