2.11.2011

Continental Competition(チューブラー)をはめてみた

*チューブラーをある程度運用して分かった点などの追記が一番下にあります


チューブラータイヤの定番にVittoria CORSA EVO CXがある。
ラテックスチューブを使っていて高圧でも乗り心地がいいと言われ、Bora Oneに装着してある。極上と言われる乗り心地を期待していたが、Michelin Pro3&R'airの組み合わせと変わらない。タイヤの指定下限でも8気圧と高圧なのと、冬でゴムが固くなっているのかもしれない。乗り心地が極上!という感じがないので、少々肩透かし。
乗り心地が期待したよりもよくないなあ、と感じると、えくぼがあばたに見えてくる。
ラテックスチューブの空気抜けの激しさのデメリットが浮かんでくる。ポンプで通常の空気を入れれば半日くらいは十分にもつが、長丁場のレースで序盤にCO2ボンベで入れると後半までもたないだろうな、というくらいに空気が抜ける。

というわけで同じくチューブラータイヤの定番Continental CompetitionをWiggleした。こちらはラテックスでないので空気抜けの心配は少ない(CO2だとどの位抜けるのかは不明)。乗り心地は良くないが、大変よく転がる、と評判のもの。商品名の通り競技志向が強いようだ。
また、このタイヤの評判に共通しているのは「リムにはめづらい」ということ(CORSA EVOは素手で簡単にはまる)。きついという(中にはマメが出来たとか、出血したとか・・・)声はあったが、はまらないので諦めましたよ!という声は見当たらない。人様のブログを読んで、数通りのはめ方を予習したし・・・。なんとななるだろう、と。
Continental CompetitonをF5Rに。バルブエクステンション
まずは下準備。ディープリムなのでバルブを伸ばす。延長バルブもContinental社のものをWiggle。ネジネジ部分にはシールテープを巻く。いよいよ、悪名高いリム乗せ作業へ…。



「はまらないとな?どれどれ、おじさんが試してあげよう・・・」とやってみる。

(しばし格闘…)


いやいや、こりゃあ無理ですよ!
あとちょっとが、とか、もう一息で、とかそういうレベルではない。
あれ?サイズ間違いですよね?と笑いがこみ上げるレベル。
指が折れたらContinental社を訴えてやる!と怒りがこみ上げるレベル。

Continental Tubular 説明書
タイヤがはまりづらければ引っ張って伸ばせばいい、と思うが、メーカー側の説明書きでそれをするな、とあるのでそれはダメ。

ここから先は筋力だのパワーじゃなくて、心頭滅却とか、明鏡止水とかそういう世界。
指が痛いとか、血が滲んでいるとか、コンチネンタルの野郎とか、そういうことに動じてはいけない。

心頭滅却すれば血は滲んでいない気がしますよ!
指が痛い気がしますが明鏡止水の心持ですよ!
Continental社に対する怒りなんて全くありませんよ!

手や指の力だけでははまらないので、足も使う。タイヤを、バルブ側からヨイショヨイショと体重をかけてリム半周と少しを伸ばしていく。
タイヤが外れないよう手で押さえつつ、まだはまっていない部分を足で踏む。
ここでホイールを、踏んでいる足の逆側に傾けると、あと少し、という感じになる。
最後の雄叫びを張り上げ手に力をこめてタイヤをリムに押し付けるとようやくはまった、と同時に真っ白に燃え尽きた。
ちなみに座布団の上で作業。柔らかいものの上でないとリムに傷がつくだろう。
最初はハマらないと思ったが、格闘していくうちに少しずつタイヤが伸びていくようで、最終的にはハマる。
F5R Continental Competition
出来た。ホイールによるが、リムのバルブ穴よりバルブがかなり細いので、ビニールテープを巻く等の対策をしないと異音がするはず。




Continental社の純正動画。カーボンリムにチューブラータイヤを貼る作業全体の動画であるが、肝心の「どうやってタイヤをリムに乗せるか」というところが実にあっさりしている。
Youtube動画の2:00過ぎに、クマみたいな大男がいとも簡単にはめているが、現実はこうはいかない。動画はファンタジーと思った方がいい。

これだけはめづらいと、パンク時の予備タイヤとしては使用できないが、新品だからはめづらいはず。
説明書にもあるが、一度はめたら空気を入れて数日間待って、タイヤが伸びてから改めてタイヤを貼ることにする。
多分、タイヤが伸びれば普通にリムにはまるだろう。であるから予備タイヤもコンチコンペにしたい場合は、あらかじめタイヤを伸ばしておかないといけない。出先で新品タイヤをはめるのは不可能と思った方がよい。
そもそも予備タイヤにはCO2ボンベを使うので空気の抜けづらいタイヤがいい、というのが出発点なので、予備タイヤはコンチコンペで運用したい。はめやすくなっていないと困る。
数日後に、どのくらいはめやすくなったか確かめる予定。



追記:予備用のタイヤは、リム(予備のチューブラーホイールが要る…)にはめて空気を入れておくと、伸びる。コンチコンペでも手で簡単にハマる。しかし、一旦伸ばせば伸びっぱなしか、というとそうではなく、しばらくすると縮むのだろうか、結構ハマりづらくなる。予備コンチコンペは、リムにのせて空気を入れて伸ばすことを日常的な手順に組み込むべき。
そして、コンチコンペをどうリムにのせるか、という肝心な点であるが、何度かコンチコンペとGP4000をリムにのせる経験をして分かったことがある。いわゆるリム乗せのコツである。

  • すぐにタイヤ全体をリムにのせようと考えない。まずはタイヤ伸ばし作業である。タイヤ伸ばし作業は、リムを使う
  • 30分くらいかけて、体重を使ってタイヤをリムに押し付けて徐々に、のんびりと伸ばしていく。リムに覆い被さるようにして体重をかけて上の方から下の方へ、徐々にタイヤを伸ばしていく(伸ばし方は、上のYoutube動画2:00過ぎを参考に)
  • タイヤ全体がリムにのるのじゃないか?いやまだかな?そろそろいいかな?というくらいに伸ばすと、案外とあっさりとリムに乗る
  • この手順を省いて腕力ではめようとすると指が脱臼したり骨折したり血がにじむ






にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
休養

6 件のコメント:

  1. おめでとうございます(^^)
    タイヤを貼るのにミヤタのリムテープを使えば、好きなだけセンター出し作業をしてから貼れるので便利ですよ。タイヤが伸びるのを待つ手間も不要です♪
    http://shirou46.blog.ocn.ne.jp/trydiary/2009/06/veloflexrecoad_.html

    返信削除
  2. もりりんさん、こんにちは。

    コンチコンペ、ハマりました。最初はどうなることかと思いましたが、やっているうちにだんだんとタイヤが伸びていって最後は何とかハマりました。時間をかければ何とかなりますね。

    ミヤタのテープは確かに楽ですね〜(セメントは使ったことがありませんが)
    剥がす作業をまだやったことが無いので、今度はそちらが心肺ですが。

    返信削除
  3. ゆうさんお久しぶりです。

    僕も最近ディープリム購入しました。
    タイヤもチューブラー(コルサEVO-CX-II)を購入。
    忙しくて放置していたんですが、先日夜中に思い出して、接着する前に試しにホイールにタイヤをあててみたんですよ。
    延長バルブとりつけたし。
    そしたら、なにやらバルブの部分がどう考えてもテープで接着できないんじゃないか、というぐらい盛り上がってるんですが、
    そんなものなんでしょうか。。。。?
    ホイール自体の、バルブがはいる穴も小さい気がするし。

    他に同じケースないか、とググっていたらゆうさんのブログがヒットしたので書き込んでみました(笑)

    返信削除
    返信
    1. ひできんさん、お久しぶりです、お元気でしょうか?

      実物がどうなってるのか見ないと…文面だけだと分からないですよ…と言ってしまうと終わってしまうので(笑)

      まずミヤタのテープ使用を前提として、テープはホイール側に貼るのですが、その際バルブが通る穴の周辺2,3cmはテープ貼りませんね。ですからテープのフィルムを剥がした後もバルブ穴周辺は接着されませぬ。固定力はそれで十分です。チューブラーの固定力のほとんどは空気圧によるもので、テープはパンクで空気圧が減った時にタイヤが簡単に外れないようにするのが主な役割だそうです(もちろん空気圧だけでは固定力万全とはいえないでしょうけど)。簡単にタイヤが外れたら落車確実ですからね…。

      CORSA EVOのバルブ延長は根っこから交換するVittoriaの専用バルブだったような。私が持っているのは赤いバルブですね。
      「盛り上がっている」というのがどういうことかよく分からないのですが、タイヤが2本とも同じなら仕様ではないでしょうか。1本だけ変な形なら不良品かもしれませんが。

      ホイールのバルブ穴とバルブはぴったりしてないと異音の原因になります。タイヤ1周ごとにカンカン音がするらしいですよ(笑)
      バルブにビニールテープなんかを巻いてバルブ穴にしっくりくるよう調整するとよいそうです。ちなみにBora Oneの最近の型はピタッとくるよう設計されてました。

      削除
  4. ゆうさん

    ありがとうございます。
    なるほど、バルブ周辺は接着されないんですね。
    クリンチャーに慣れてしまっていたので、なんだかうまくはまらないなーと柄にもなく神経質になってしまいましたが、
    勇気がでましたのでトライしてみます。
    イーストンのEC90買ったんですが、メイドインメキシコと書いてあって、テキーラばっかり飲むからこんな仕事になるんだ!と
    ひとり憤慨してましたが、もしかすると杞憂かも(笑)
    ありがとうございました!

    返信削除
    返信
    1. イーストンですか〜。楽しみですね〜。それにしてもメキシコ製とは珍しいですね。

      極端な話、テープなしでもコーナーを攻めたり激しいブレーキワークをしなければ結構走れちゃうくらいなので神経質にならないでも大丈夫ですよ。

      削除