1.30.2011

スイム一歩前進か

1 5:00、iPhoneが鳴った。睡眠は十分。
深夜にアジアカップ決勝があったが、朝ローラーをするために早く寝た。2日連続でサボっているので、今日はローラーすべきだったのだが・・・二度寝。
Swimフォームの変更で肩や背中のあたりに負担がかかるようになっており、その疲れがある。
また、腹筋背筋は何をするにも重要であるらしいので、このところ筋トレをしており、その疲れがある。朝だと体がほぐれていないのでそういう疲れを感じやすい。
朝にローラーをしておかないと、次回自転車に乗れるのが夜か翌朝。夜のプールを削って自転車に乗ることもできるが、Swimを削るのもよくない。
まあ、二度寝するときはモチベーションが高くない時。そういう時は休めばよいとも思うが。

8.2km 55m43s
55min
Run8.2km
ジョグでプールへ。引き続きリハビリジョグのスローペース。1時間強、8km程度の予定。
膝が痛くならなければいいなあ、と不安に思いながら。
春にハーフマラソンを走れたらいいなあ、と希望を抱きながら。
終盤にややペースが上がってしまい、キロ6分弱。速すぎる。調子に乗ってはいけない。
想定より短い時間で8km。
膝に痛みが出ることなく走れた。明日は休養。

Swim2000m
昨日はハンガーノック気味になって切りあげてしまったが、泳ぎの調子は良かった。体調がよくてタイムが出る、というものではなくて、フォーム試行錯誤のなかで「おっ!」という調子の良さ。
腰を浮かせるように、体を棒にするように、キックを控え目にすると、タイムがよかった。
キックを控えてタイムが出たのが特に収穫
私のような素人がキックを力強く打つと、膝を曲げて勢いをつけてダウンキック、となりがちで、実際ビデオで見てもひどいものだった。
そういうキックは心肺に負担がかかるわりには水の抵抗が大きい(と素人判断しているだけで専門的にどうかは知らない)。アクセルとブレーキを同時に踏むようなもの。
長距離スイムの場合はキックを控え目に、というのが定説。
そして実際キックを控え目にしてもタイムが出た。
また、キックを控えても心肺に余裕がないことから、キック分のパワーがストロークのパワーに当てられているはずで、それは正しい方向のはず。
一歩前進。
前進を確かめるべくプールへ。
今日はカロリーを補給してきた。
遅い方の水着なので300m程度を48秒ペースなら御の字といったところか。

  • 2000m
細切れに泳いだ。特にメニューはなし。
50m1分サークル×5だと44秒、300mや400mだと49秒弱。
ん〜。御の字とはまではいかない。まずまず、といったところか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Run8.2km
Swim2000m

0 件のコメント:

コメントを投稿