12.31.2010

12月トレーニング量まとめ

2010年12月まとめ

Swim47km
Bike1250km(ローラー615km)
Run3km

Swim
47km,23回/31日。前半は左ひじの具合が悪かったので質、量ともに控えた。
後半はひじの具合がよくなったが、12月23日のSwim撮影会で自分のフォームの不出来にショックを受けた。スクラップ・アンド・ビルドが必要だ。
それ以降フォーム改善の試行錯誤。
現状は、長い距離を泳いでいないので持久力が落ちている。また、フォーム変更によりスピードもやや落ちている。

Bike
1250km。距離はローラーと実走が半々。月前半に実走やローラーで量をこなした。オーバーワーク気味。
Bora One初使用、P3初実走は衝撃的だった。TTバイクに乗り換えた、ただそれだけだが、巡航速度が4kmほど上がった。ただ、エンジンは変更なし
RunができなかったのでBikeの量は多め。

Run
3km。Runは壊滅状態。月序盤に一度走って左膝痛。精神的なダメージが大きかった。今は休養、リフレッシュの時と割り切って敢えて走らなかった。
ウォーキングは100km前後はしていると思われる。

=======================
=======================
2010/12/31
大晦日

113km ave28.1
ave28.1
Bike113km実走
外が明るくなる頃に自然と起きた。仕事が終わり、今日から休暇。
正月というのはどうにも心がうきうきするというか、特別な数日という感じで楽しくなる。
今年最後のBike、走り納め。

今日はロード+Bora Oneで100km超LSDの予定で、その準備を昨晩のうちにしておいた。
ブレーキシューの具合やカーボンハンドルの具合等の確認も。
諸準備をして出発。エアは8.5気圧(これでもやや固かった気がする)
完全に冬装備。これ以上の防寒装備は持っていない。いや、目出し帽風のフェイスガードがあるが、あれはよほどのことがないと装備できない外観。
大晦日。荒川CRまでの市街地道路は空いている。人出も少なめか。
大晦日 秋ヶ瀬橋 交通量が少ない
秋ヶ瀬橋着。LSDであるから心拍135以下で。
風はそれほど強くない。吹いていても横風なのでそれほどきつくない。
荒川CR上流にて
物見山ではなくさらに上流へ。
シマノのカーボンリム用ブレーキシューは具合が良かった。ややマイルドな効き具合だが、制動力は十分(ロードレースでのシビアなブレーキングの世界に向いているかどうかは知らない)。ただ、アルミリムやSwissStop黄色の効き具合とはだいぶ感覚が異なる。シマノのカーボンリム用シューは少し握れば少し効いて、強く握れば強く効く、という感じ。強く握らないと制動しないともいう。慣れるまでは「効かないな」という印象もあったが、慣れれば問題がない。異音もなし。
ハンドルもカーボンのおかげか、プラシーボ効果か、手への振動は少なく思えた。幅が狭くなったが、違和感はなくしっくりきた。


特に目的地も、こなすべきメニューもないので森林公園方面に行ってみた。
森林公園
森林公園着。閉園中。埼玉南部民にとって森林公園は遠足で行くところだが、特に感慨はない。
折り返して帰路。日が出て暖かくなってきたからか、ローディ量が増してきた。
ホンダエアポートで補給をした他は休憩なし。
往路も復路も横風というか向かい風というか。追い風の場面はほとんどなかった。
無事帰宅。

1 Garmin Edge500をアップデートした。Version2.6へ。何が変わったのかは知らない。

Swim2000m
プールへ。今年最後。自転車の疲れがあるので、LSD負荷で。

  • 1000m
  • プルブイ1000m
アップ後は自然と数本が50秒ペースに。がんばっても仕方がないので長く維持できるような負荷に。フォームを意識。
プルブイもフォームを意識しながら。
合計2000mで終了。
帰り際、Fさんと二言三言。

2010年が終わった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike113km
Swim2000m


flickr

12.30.2010

ハンドル交換(ロード)

2010/12/30
木曜日

105min ave25.6 44.8km インナー6
ave25.6 44.8km インナー6
ローラー105min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。昨日のローラーはLSD負荷だったので、疲労はあまりない。今日も心拍135以下で。
諸準備。自転車は通常のロード。TVはNHK→朝日。年末であるから番組も変則的。
インナー5速でアップをし、その後は6速をケイデンス95+で。心拍は130前後で推移した。
負荷が低く、寒いので扇風機や窓の開け具合は控え目。
DHポジションでないため心拍はあまりあがらない。ただ、心拍が低い割には足の持久力に余裕がなかった。
ローラーではロードの方が低心拍で高aveとなる。機材の差なのか、ポジションの差なのか。
105分回して終了。

Invention No.3序盤を
1 朝ピアノ練。Invention No.1,No.2を通した後、No.3の序盤を。一応両手を合わせるための練習。昨日よりましだが、合わせるとほとんど弾けない。が、やっていくうちにこれは出来そうかな、という予感があるので、やっていると楽しい。

3T ERGONOVA TEAM
3T ERGONOVA TEAM
3T ErgoNova Team
2 普通のロードのハンドルを交換した。
完成車についてきたアルミと思われる芯~芯40cmのハンドルは、私の骨格には大きいと感じてきた。しかし、たかがハンドルに2万円なんてとんでもないカネがだせるか!と思っていて、1年以上完成車ハンドルを使い続けてきた。
幸いにも順調に自転車脳が進行してきて、3Tのカーボンハンドルが2万円ならお値打ちじゃあないか、と思えるまでになった。Wiggleでクリックした。
3T ERGONOVA TEAM 重量195グラム
3T ErgoNova Team 38cm 重量195g
3T ErgoNova Team(38cm)を握ってみる。軽い。金属でないため冷たくない。左手でハンドルを持ち、右手でハンドルをコツコツ叩いてみる。左手にその衝撃をほとんど感じない。カーボンの素材特性または「ぼくちゃんいいお買い物をしましたよ!」という思い込みのおかげだろう。
ORBEA ONIX2009完成車ハンドル ZEUS 重量317グラム
完成車ハンドル 重量317g
ハンドルは317gから195gになった。秤を持ち出して重量測定をするあたり、自転車脳は順調に進行している。ハンドルで120g以上の軽量化ができた。
ブラケットとドロップでは幅が異なり、ドロップ部分で芯~芯38cmのようだ。ブラケット部分ではもっと狭い。
完成車ハンドルと比べてフラット部分からブラケット部分までの距離は短い。似たようなポジションを出すにはステム交換の必要がある(幸い長さの合う3Tの17度ステムが予備パーツにあった)。
フラット部分からドロップ部分の距離も短い。下ハンを中心にポジションを出すならハンドルを下げないといけないだろう。とりあえずは17度ステムへの変更で高さを下げ様子を見る。
ハンドル全体が小ぶりになったので、ブレーキケーブルに余分ができ、ケーブルの取り回しに難が出た。ケーブル関係は道具も知識もないので自分でできない。自転車店に持っていき、アウターを短くしてもらった。ついでにコラムを2cm切ってもらった。
バーテープを巻いた
バーテープは自分で巻き巻き。
Citrus ChainBrite
チェーンも清掃。




3 今日はプールにはいかない。腕肩が疲れているようで、昨日は調子が出なかった。Swimはオーバーワーク気味なのだろう。

4 年内の仕事が終わった。

5 年末年始には時間が出来るだろうから、とゲームやDVDやブルーレイや本やTV録画などを蓄積してきたが、とてもじゃないが消費しきれない量になってしまった。
GTA4 The Lost and Damned
リバティーシティ繁華街
とりあえずは序盤で止まっているGTA4 The Lost and Damnedをこなしていこうか。なんだか仕事かノルマみたいになってしまった・・・。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike105min 固定ローラー


flickr

12.29.2010

X-Lab Carbon Sonic for Cervélo

2010/12/29
水曜日

100min ave23.5 39.1km インナー5メイン終盤6 心拍130以下
ave23.5 39.1km
ローラー100min
5:00、チロリンと目覚ましが鳴って起きた。二度寝の誘惑。ありとあらゆる理屈をこねて二度寝を正当化しようと試みたが、できなかった。
昨晩、下記作業をしたため、やや寝不足。
今日は負荷をかけない。LSD(時間が取れないので実際にはShort Slow Distance)。
まだまだ残っているソイジョイでカロリー補給をしてP3にまたがる。
TVは朝日。早見優が絶賛し、愛用してやまないというわけのわからぬメーカーのとびきり安っぽい掃除機風のなにかの通販番組。しばらくして気づいたが、テレ朝でなかった。東京MXというこれまたよく分からないチャンネルであった。
テレ朝に変える。相変わらず某剛腕様がどうの、という腐ったネタで寿司をつくっている。
証人喚問以下の参考人招致以下の政治倫理審査会。それに出る出ないでえらく高い条件がついてきましたよ、と。証人喚問でさえ無意味と鼻で笑われているのに。
インナー5速。心拍は135以下を守って。ケイデンスを92程度で回すと心拍が130程度で推移。
終盤インナー6速を少々。100分回して終了。

Invention No.3 朝練
1 出勤前に朝ピアノ練。No.1,No.2を通した後、No.3の序盤を。右手を少々慣れさせてから、左手部分も少し。まだ両手では弾けない。トリルが難しい。
新しい曲にトライする前は、腰が重く、出来ないかもしれない、という不安もあって気分があまり乗らないが、実際にやり始めるとなかなかやりがいがある。
No.3は軽快な曲で、ノリがよい。弾けるようになれば楽しいタイプの曲。




X-Lab Carbon Sonic for Cervelo
ボトル後方にCO2インフレータ、ボンベ2本を取付可能。その部品も付属している。が、ツール缶に全部入れているため今回は使用しない。CO2システムも取り付け可能
2 昨日届いたX-Lab Carbon Sonic for CervéloをP3ちゃんに取り付けた。いろいろな角度に取り付けられるが、空気抵抗の少ない位置に取り付けるとよかろう、と説明書きにあった(40kmで13秒のタイム短縮効果があるぞ、と書いてある。どのくらいの速度域での話なのか、何と何を比較しての話なのかが分からないが、空気抵抗は軽視できない)
取り付けに際して頭をひねる場面があった。
この製品は、サーベロPシリーズのシートポストにボトルケージを2個つけるための台座である(CO2インフレータシステム、小型バッグを取り付けたりも出来る)
構造はカーボン板2枚でシートポストを挟んで固定し、そこにボトルケージを取り付ける、というもの。
X-Lab社の純正ケージを使えば問題はないのだろうが、私が用意したのは市販のカーボンボトルケージ。
説明書に従い取り付けをしたところ、ボトルケージの厚み(軽量カーボン製なので薄い)が足りず、取り付けネジで固定できるまで締められない、という問題が発生した。
ちょうどワッシャー1枚分の厚みが足りない。ボルトが長いとも言えなくもないが、一般的なボトルケージの厚みであればちょうどよいだろうから、やはりボトルケージの厚みが足りないというべき。
であるから、薄いボトルケージを取り付ける場合には、ワッシャー等を別途用意し厚みを稼ぐ必要がある、と気付いた時には、寝る時間を大幅に過ぎていた。こういう作業は苦手である。

Swim2250m
プールへ。ここ数日、負荷をかけることが多かったので、今日はLSD負荷で。
出来れば2500m以上を、休憩少なめで。
新しいフォームを常に意識して、52,53秒ラップでのんびり長めの予定。
予定に反して、実際には細切れにやや負荷がかかってしまった。
というのも、新しいフォームではどうもゆっくり泳ぐ、という加減が難しい。
負荷がかかったと言ってもせいぜい10本を50秒強のペースだった。腕肩に疲労がたまっているようだ。調子が悪い。
ダラダラ細切れに合計2250m泳いで終了。そろそろ休養が必要だろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike100min 固定ローラー
Swim2250m


flickr

12.28.2010

ロード装備の見直し中

2010/12/28
火曜日

1 朝トレはなし。昨日のローラーで負荷がかかったので、休養。やればオーバーワークで、休むと物足りない。LSDでちんたらこげばちょうどよかっただろうか。
このところ、自転車に乗る範囲ではあちらが痛い、こちらが痛いということがないので、無理をしてどこかを痛めるといけない。ほどほどに。

2 朝ピアノ練。No.1、No.2を通しで。日が経つにつれ、徐々にスムーズになってくる。まだまだつっかえる個所がたくさんあるのが現状。
No.3の冒頭右手も少々。最初のトリルが難所。3小節目(4?)の3拍目のトリルからレに移行するのが難しい。その次の拍にも、その次の拍にもトリルがあるので、なおさら。
集中力が切れたので早々に切り上げ、自転車いじり。

3 ロード(ORBEA Onix)の装備も見直し中。カーボンホイール対応、サイコン変更、ハンドル-ステム変更をする予定で、時間を見つけてはすこしずつ。
カーボンリム用シュー Shimano
シマノのカーボンリム用シューは、カートリッジにはまりづらい。この写真のものは4つのうちで一番奥まではまった。それでも最後の数ミリは入らない。

こういう経緯で止まっていたブレーキシュー交換が終わった。SwissStop黄色の後任はシマノのカーボンリム用シュー。とりあえずはこれで様子を見る。
Amazonやらあさひで他社製のシューを数セット注文しておいたので、どれか一つくらいは具合のいいものに当たるだろう。
ちなみにAmazonにあったAlligator社(この会社はよく知らない。台湾メーカーのようだ)のカーボンリム用シューは安価だった。1台分で1000円しない。

そして、サイコン変更。
ロードでは、CATEYEのV3を使用してきた。心拍もケイデンスも計測できて重宝してきたが、心拍関連にやや不安定なことがあった。P3にGarmin Edge500を導入し具合がよいので、ロードもEdge500を導入することに。
Edge500にはコンピュータ台座が2台分入っていた。ロードに導入するにはケイデンススピードセンサーを新規に用意すればよい。
CATEYE V3 スピードケイデンスセンサー
V3センサーの結束バンドをニッパーでチョッキンして取り外し、ついでに汚れているフレームをフクピカでフキフキ。
Garmin スピードケイデンスセンサー
Garminのセンサーを取り付ける。センサーがマグネットに反応しているかどうかはLEDがチカチカするので分かりやすい。コンピュータ台座はハンドル交換後に改めて。
今後はローラー用となるだろうR500の後輪を空転させると、異音。どこから鳴ってるのか不明。10,000km以上使っている。もう十分に走ってくれたので、メンテで直してもらう、とか原因を突き止めよう、という気にならない、ということは以前にも書いた気がする。
今日はここまで。

4 ローラーではなく、実走したい。P3でもっと経験を積みたいし、ロードにも乗りたい。が、スケジュール的に年始までは走れそうにない。
年始は晴れますように。

正月は晴れ
晴れるようだ。



X-Lab Carbon Sonic
5 P3のシートポストにつけるボトルケージ台座がようやく届いた。
最初に発送されたものがロストしたようで、TriSports.comにどうしましょうと相談したら、再発送してくれた。あれやこれやで発注から丸2ヵ月かかった。
今回はトラッキングナンバー付きなので安心。UPS社が一括して配送するようだ。UPSは初めて。
遥かアリゾナからさいたままでの長い旅の末、お役御免となるまで私の股間後方にて過ごすことになるだろう。よかったね!Carbon Sonicちゃん!




Swim2200m
プールへ。今年はあと何度プールに行けるだろうか。
新しいフォームの試行錯誤。持久力が、とか、スピードが、とかそういうのは新しいフォームがある程度体に馴染んでから考えよう。今は欲張らずにフォームに集中。

  • 1000m
  • キック200m
  • プルブイ500m
  • 500m
タイムはそれなり。負荷をかければ50秒か50秒弱。
合計2200mで終了。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Swim2200m


flickr

12.27.2010

フォームがどうなっているか自分ではよくわからない(スイム)

2010/12/27
月曜日

105min 44.6km ave25.5
ave25.5 44.6km
ローラー105min
5:00、チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。
ソイジョイでカロリー補給。このペースなら賞味期限内にソイジョイを消費できるだろう。
今後、円高が続く限り補給食はHigh5社のものにしよう。
窓を開け、ドリンクを作り、心拍バンドをつける。TVは朝日。まだ某剛腕様のネタを使用している。腐ったネタだと腹を壊すぞ、と。
アップ後はインナー6速。調子が悪い。インナー7速には一度も上げられなかった。
きつい、つらいでDHポジションを長く維持できない。頻繁にハンドルを握って上体を起こした。
心拍は150弱。ケイデンスは95+。
105分回して終了。調子が悪いと思っていたが、aveは悪くない。負荷がきつかった、ということか。
今日は寒かったようで、手足の指先が冷えた。一方で頭からは汗がポタポタと垂れた。暑いのか寒いのかよくわからない。
ローラー後気づいたが、部屋でも息が白かった。寒いらしい。

朝ピアノ練
1 出勤前に朝ピアノ練。Invention No.1,No.2を通しで。No.2は以前よりはスムーズになってきた。
No.3の冒頭右手をちらりと。4小節目でいきなりトリルの難所。楽想に自然な速度で弾こうとするととんでもなく速くなる。当面は倍程度の速度で。

2 ローラー中異音。そろそろチェーン清掃の時期か。

3 TriSports.comに注文しておいた、X-Lab社製ボトルケージ台座がようやく届きそうだ。
トラッキングによれば「お前は不在だった。もう一度届けてやる」と書いてあった。
発送→ロスト→届きませんよ!→再発送→現在で丸2ヵ月かかった。まあよしとしましょう。

Swim2200m
プールへ。そろそろ左ひじに休養を与えるべき頃合。ただ、新しいフォームの試行錯誤もしたいので負荷はほどほどに。
プールは比較的空いていて前が詰まることなく泳げた。
水着は2着のうち速い方。

  • アップ含め1000m
  • キック200m
  • プルブイ500m
  • ダウン500m
新しいフォームを意識して。200mや300mとやや細切れに負荷をかけると48秒強ペース。
プッシュを最後まで、プッシュ時に背中を力で逆の腕を前方に伸ばす、ということを意識。こうするとストロークは少なめ、遅め、大きめ、となる。
タイムは悪くない。
タイムが良いと、以前のガラクタフォームに戻ってしまっているのではないか?と不安になる。新しいフォームでタイムが出ていればいいのだが、フォームは自分ではよくわからない。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike105min 固定ローラー
Swim2200m


flickr

12.26.2010

人様は人様、私は私

2010/12/26
日曜日

1 朝トレ用目覚ましで起きた。睡眠十分、疲労も少ない。ローラーは可能だったが、ローラーをやめる。二度寝。サボリではない。まだ暗い朝からローラー音を立てる状況になかった。明日からローラー再開。

Invention No.3 いきなり難所
2 ピアノ練習。Invention No.1,No.2を通しで。No.2はスムーズさが増してきた。まだ音楽になっていないが、間違い、指のひっかかりが減ってきた。
No.3の冒頭右手をちらりと。最初からトリルの難所。これはNo2とは違った難しさ。
このところ、ピアノに対する情熱がいくらか薄れつつある。嫌なら止めてしまえばいいし、やりたいならやればよい。
ピアノ練習は一見楽しそうに見えるが、そんなことはない。ローラーと似ていて、苦行に近い。
もどかしさを抱えての地道な反復練習。聞こえてくるのは綺麗な音でなく常にヘタクソサウンド。
ああ、直近の話ではもどかしくて苦行だろうけれども、長期的に見て、シンフォニアNo.9を弾けるようになったら、ということをイメージすると、それはそれは背中がゾクっとしてうひょ!と思う。
アイアンマンになれたら、とイメージするのと全く同様。
シンフォニアNo.9にチャレンジするにはやはりInventionをこなしてから。
アイアンマンにチャレンジするにはやはりマラソンをこなしてから。
先は長い。

3 人様のブログを巡回。宮古島の抽選があったようだ。
私も挑戦したいな、と思うものの、Runが壊滅しているので、人様は人様、私は私、と考えておく。
2012年にチャンレンジ出来たらいいな、と希望を抱いておく。

4 今後の実走はBora Oneチューブラーになりそうであるから、それ用に装備を見直さなければならない。
その一環として、出先での空気入れをCO2インフレータに変更した。
これまでの携帯ポンプはTOPEAKのミニモーフとマイクロロケット。
私はあまりパンクをしない乗り方(路面の選択、空気圧、軽い体重)のようでまだパンク経験がない。
ホイールもR500と安価なものだったので、まあ、パンクしたらとりあえず自走して家に帰れればそれでいいや、と軽量なマイクロロケットを携帯するだけだった。
虎の子、カーボンホイールだとそのあたりに気を使いたいところ。安価でないエクステンションバルブに携帯ポンプを押しつけシュポシュポして折ってもいけないし、きちんと空気圧が入らないとタイヤが外れてリムがガキョっとしてしまうかもしれない。
P3のフレームには6,7気圧なら十分に入るミニモーフをつけておいたが、やはりCO2インフレータがよかろう。
CO2インフレータシステムは金属パーツが多く重たい印象がある。実際に体重測定。
秤を持ち出してグラム数を云々することに心理的抵抗を感じないまでに、私は、自転車脳が進行してしまったか。
TOPEAK マイクロロケット 67g
マイクロロケット 67g
TOPEAK ミニモーフ 170g
ミニモーフ 170g
TNI CO2システム ボンベ2本 167g
CO2インフレータ+ボンベ2本 167g
ボンベ2本でミニモーフと同等なら十分軽量。めったに使うものでないので、コストも無視できるほど小さい。
実際にCORSA EVO CXに空気を入れてみる。ボンベの圧が下がる際に強烈に冷却されるようで厚手の手袋等で手を保護しないといけない。
バルブのさきっちょのネジネジに金色のパーツを回して固定する。固定したらボンベをねじこむ。もたもたすると空気が抜けるので手早く。固定したら赤いつまみをOPEN方向に。プシュッと空気が入る。プシューーーーではなく、プシュと一瞬。手順を守れば失敗する要素は少ないが、手順を間違えると確実に失敗するだろうな、と思った。
ボンベ、本体、バルブが凍り付いたので冷却具合は想像以上。厚めの手袋は必須
事前の情報では8気圧入る、とかそういうものを読んでいたが、CORSA EVOには12気圧入った。タイヤのエア容量が少ないからだろう。十分というか入り過ぎというか。
ツール缶にも入るし今後はこれで。
チューブラー運用で、残る不安は、出先でタイヤを剥がせるのか?という点。カッターやらナイフも必要だろうか。

Swim2500m
プールへ。新フォームの試行錯誤。2着のうち遅い方の水着に加えて腕肩背中が疲れているのだろうか、調子が悪かった。
長い距離だと1本を51秒程度とひどい。新フォームはストローク遅めで大きめ、キック控えめ。肩の上下運動(上下というか、地面に対して水平の動き。キャッチ側の肩が前方に、プッシュ側の肩は腰の方向に)が従前より激しく、背中を使っている感じがある。正しいのか間違っているのか、よくわからないが、従前のガラクタフォームが間違っていることは分かっているので、今よりタイムが出ていたがそれには戻れない。
プルブイ500m、キック200mを混ぜて合計2500mで終了。
やや左ひじに負担がかかっている。

プールまでのウォーキングは寒さが堪える季節になった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Swim2500m


flickr

12.25.2010

クリスマス・イヴはこうして過ごしました

2010/12/25
土曜日

1 5:00、目覚ましが鳴ったが、二度寝。朝ローラーの予定だったが、昨晩、自転車いじりに手間取って就寝スケジュールを守れず、寝不足。
上半身、下半身とも軽めながら筋肉痛。Swimフォーム変更、ビート板キック導入の影響だろうか。


Invention No.2 朝練
2 朝練。Invention No.2を。通しで。いくらかスムーズに弾けるようになってきたが間違いだらけ、つっかえつっかえであることに変わりはない。間違いやすい個所が段々特定出来てきた、という段階。
楽譜を見るように意識するも、できない。

3 昨日、あさひとWiggleから自転車パーツが届いた。
P3実走やチューブラー導入に伴ってこれまでの装備では対応できない部分がある。その対応パーツ。

昨晩、普通のロードのブレーキシューを交換した・・・かったが、順調には行かなかった
今後、P3もロードも実走は基本的にはBora Oneで行う予定であるから、ブレーキシューはカーボンリム用に替えなければならない。アルミリム用のシューでは摩擦熱でカーボンリムが変形したり、リムを削ったりするらしい。
カーボンリム用のシューと言えばSwissStopの黄色と相場が決まっているので、そうしたのだが、このようにあまり具合がよくなかった(ちなみにP3に付けているシューはBora Oneに付属してきたカンパニョーロ社のシマノブレーキ用。こちらは具合がよい)
異音は調整で消えるかもしれないが、ゴムが融けるのは避けられないだろう。融けること自体は構わないが、黄色い跡がつくのが気に入らない(P3に付けているカンパニョーロのシューも融けるようだが色が黒なので構わない)。黒、白、赤ならよいが、黄色はいかんぞ。
というわけで、高かったがSwissStop黄色はお役御免。
カンパニョーロ社のシマノブレーキ対応カーボンリム用ブレーキシューという長ったらしくて何が何だか分からなくなるようなブレーキシューが容易に入手できればいいのだが、あまり一般的でないようだ。
Shimano カーボンリム用ブレーキシュー
コルクが混じっているのだろうか?ゴムでなく繊維質風 ニオイも独特
黄色でなければ構わないので、無難にシマノのカーボンリム用ブレーキシューを購入。1台分で4000円ほどするので胸が痛む。SwissStopを廃止してシマノを導入するだけでいくらかかったのか・・・と思うと貴重な毛が抜けそうになるので考えない方がよい。
SwissStopを外して、シマノを取り付ける・・・つもりが、はまらない。どう考えてもきつい。
左右を間違っていないか、進行方向を間違っていないか、確かめるが正しい。
ブレーキシュー交換なんぞ、力をいれれば大抵は指でどうにかなる程度と思っていたが、今回はそうはいかない。
どのくらいきついかというと、30代独身男性がクリスマス・イヴの夜に「セイヤッ」とか「アチョーッ」などと青筋を立てて雄叫びを響かせてもはまらない。
指や手ではどうにもならないのでG-Shockを当て具にして尻で体重をかける。そうすると9割くらいははまる。体重であっても9割まで。これだとカートリッジ脇の固定ネジがつくかつかないか、というところ。どのシューも同じようにはまりづらいので不良個体ではなく、製品の仕様(実際そういうレビューも見かけた)
こんなにはまらないならこんなシューは捨ててしまえ!と思う瞬間もあったが、価格を考えると胸が痛むし、外そうにもきつくて外れる気配がない。いつの間にか退路が断たれているので前進するほかあるまい。
ヒイヒイ心拍をあげて、3つ交換した。うち、2つは固定ネジがギリギリ入った。1つは固定ネジが入らなかった。まあ9割入ればよかろう。
残る一つは固定ネジをなめてしまってSwissStopが外せない(この固定ネジ、簡単にバカになるので、締め過ぎに注意)。カートリッジを新たに買ってこないといけない。
シマノのカーボンリム用シューは、ホイールを履きかえるたびに交換できるようなものではなく、一度つけたらカートリッジと一蓮托生の一体型と思った方がよい。従ってR500でポタリング、という時のためにさらにカートリッジを別途1台分用意しなければならない。
きちんとつけたければ万力等の道具を用意するか、シューを削る等の工夫をするか、自転車店に持ち込むか。
異音が出るといけないので、次回Bora装着時にトーイン調整もする必要がある、めんどうだな、などと思っているうちに寝るべき時間を過ぎた。自転車乗りとしてはかくあるべきクリスマス・イヴの過ごし方であった。




Swim2200m
プールへ。ジムの終業が迫り、時間的余裕がない。もたもた休憩を挟む暇はないのでできるだけ続けて泳ぐ。
新しいフォームはバテやすくなかなか続けて泳げない、という印象がある。

  • アップ兼1000m
  • キック200m
  • ダウン兼プルブイ1000m

最初の20本は思いのほかスピードを持続できた。疲れやすいと思っていたが、ペースは尻上がりで50秒弱まで上がった。ただ、フォームは試行錯誤段階。まだバラバラ。
合計2200mで終了。左ひじに負担がかかったようで違和感が戻ってきた。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Swim2200m


flickr

12.24.2010

せめてクリスマスらしく

2010/12/24
金曜日

1 一応朝トレ用目覚ましを鳴らしたが、二度寝。昨日のローラーは量、質ともにきつめだったので、今日もローラーをするとオーバーワーク。しなければしないで物足りないが。
珍しく上半身に若干の筋肉痛。DHポジションのせいか、Swimのフォームのせいか。筋肉痛は強化のトリガーなのでよい傾向。

Invention No.2 朝練
2 出勤前にInventionNo.2を通しで。昨日よりはいくらかスムーズ。出来るだけ譜面を見ながら弾くように意識。いくらか左右の声部を意識出来る個所も出来てきた。
No.3をちらりと覗いてみたが、トリルがたくさん出てきて難易度が高そう。

3 Wiggleではこういう経緯で、TriSports.comではこういう経緯で、荷物が届かなかった。
今日、Wiggleの荷物が届き、TriSports.comの方はトラッキングによれば成田で通関待ちのようだ。
よしよし。

クリスマスプレゼント for me
4 今日クリスマス・イヴ。とはいっても私にとってはただの金曜日。
Amazonから荷物が届き、あさひから荷物が届き、Wiggleから荷物が届いた。
全部自転車関連。ツール・ド・フランス2010DVD、カーボンリム用ブレーキシュー、CO2インフレータ、3Tのカーボンハンドル等。
タイミング良くクリスマスプレゼントとなった。すべて私が私に買い与えたのだが。

Swim2500m
昨日のショックから一日。
泳ぎ始めて一年。これまで地道に積み上げてきたもの、進歩と思っていたものがガラクタだったので、今日からSwimトレーニングは根本的な見直しが必要。
素人にしてはタイムが出ていたので、ベクトルとしては正しいかと思っていたが、ビデオ映像という証拠を見せられたので観念した。
タイムが出ていたのは心肺能力、腕肩のパワー、無茶なキックで強引に出していたもので、ベクトルとして間違っていた。
今後しばらくはフォーム、フォーム、フォーム。
タイムだスピードだ持久力だ、というのはその先の話。
今まで正しいと思ってきたものがガラクタと分かってショックはショックだけれども、Swimへのモチベーションはかえって上がった。Swim能力成長に停滞と限界を感じていたので、現状打開になるはずだから。
プールに行く前にこちらの動画を見てイメージと予習。

プールへ。空いていてコースを独占できた。
指導された箇所を修正したフォームを試みる。

  • プッシュを最後までしっかりと。
  • キャッチアップクロールにならぬようプッシュが終わったらプル開始。
  • キャッチが内側に入りすぎているので思い切って外側に入水。外過ぎるのじゃないかという自分の感覚を信じるな。
  • キックは控えめに。膝が曲がりすぎているから、足を棒にする感じで。
  • ストロークをゆっくり大きく。
上記を意識はしてみたが当然そううまく行くはずがない。

ストロークは少なく、キックも控えめながら心拍がピューっと上がる。
このフォームでは長くは維持できない。
50mを45s,100mを91s,200mを194sだった。水着は2着のうち遅い方。100m程度なら従前のフォームとタイムは変わらないが、それ以上となるとバテる。
ガラクタフォームに戻す訳にはいかないので、しばらくはフォームの模索となるだろう。
キック200m含め合計2500mほど。

5 Swim後、風呂に入り、ジムを出る。受付でロッカーの鍵を返却。
係「今日はクリスマスである。お前にプレゼントをやろう。」
チョコレートクッキーを一枚もらった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Swim2500m


12.23.2010

スイム撮影会に行ってきた(ショック…)

2010/12/23
木曜日

120min ave26.2 52.4km インナー7
DHポジションでは過去最高の数字か  リハビリが順調に進んでいる
ローラー120min
寝ていられるだけ寝た。
昼に撮影会の予定がある。Bike実走をする時間的余裕がないのでローラー。
まだたくさん残っているソイジョイを食べ、諸準備。自転車はP3で。
TVは録画しておいた映画「アンドリュー」を。かつて見たことがある映画で流しておくには良いだろう。見たことがない映画だとハアハアしていると筋を追えない。
インナー6速でスタート。足がフレッシュなようで、そこそこよく回る。ケイデンスが100弱まで上がる。
中盤からはややケイデンスを落としてインナー7速を回した。ケイデンス95弱。
心拍は全体を通して150強で推移した。
DHポジションにして以来、ずっとサドル股間ボール問題がつきまとっていたが、先日思い切ってサドルを前に出した。これがよかったようで、サドル股間ボール問題はかなり緩和した。
心拍が高めで推移してきつかったためDHポジションは長くは維持できなかった。しょっちゅうハンドルを握って上体を起こした。
120分回して終了。

Invention No.2
1 ジムに行く前にInvention No.2を。通しで練習、であるが、通しになってない。結局はつっかえつっかえ、繰り返し繰り返しでいつもと変わらず。



Swim撮影会
普段通っているジムでやるので、予約をしておいた。
私のSwim(クロール)の現状は長距離なら50mを50秒ペース。
短距離なら100mを90秒弱、200mを180秒強といったところ。
水泳歴は1年。完全な自己流。
長距離で50秒ラップであるから、それほどひどいフォームではなかろう、長距離を50秒で維持できるのであるから、まあ中級者といったところか、という自己評価であった。

レッスン時間になり、何本か撮影。その後、映像をコーチとともにチェック。

あんまりに汚いフォームで穴があったら入りたかったですよ!

50秒ラップというとちまたのスポーツクラブではかなり速い方とされるので、これまで気を良くしてぼくちゃんいい線いってるんだ、と思っていたが、そこそこあった自信も粉々。富士山の如く高かった自己評価も地面にめり込むほど下がった。
どう汚いフォームかというと、ジムのプールでぷかぷか水面を漂ってコースを殺している太ったおばさんは全国的に共通している思われるが、あのおばさんのクロールのフォームであった。おばさんに比べれば心肺や筋力が優れているのでスピードは出ているが、フォームはおばさんフォームそのもの。
壊れた蝶番のようなキック…両手が頭上でそろってしまうキャッチアップクロール…。嗚呼、泣きたい。

コーチに修正点を指摘されるが、多すぎて混乱する。
修正点を頭に入れ、また泳いでみる。泳いでは指導があり、指導を頭にいれまた泳ぐ。
体に染み付いたおばさんフォームはすぐには抜けない。今後しばらくはフォーム改良(というかゼロから再構築と言った方が正確なほど)に力を入れることにする。
この1年は、フォームでタイムを上げてきたのではなく、パワーでタイムを上げてきただけだった。ショックである。ショックではあるが、カネを払った価値はあった(ちょっと高いなと思っていたが、ケチらず申し込んで本当によかった)
自分のフォームを客観的に見ることができ、認識を改めることができた。

大雑把にまとめると「お前のフォームはゲロ以下のにおいがプンプンするから、全面改良が必要であろう」とのこと。
ただ、優しいコーチなのでフォローもしてくれた。
「素人にしては悪くなかろう。お前にしているアドバイスはマスターズとか上級者向けのものである。そういうアドバイスはそれができそうな者にするものだ。」

レッスン後もしばらくフォーム修正を意識しつつ泳いだ。
全部で2000m以上は泳いだだろう。

Glenn Gould Invention No.2
2 Glenn Gould大先生のInvention No.2を改めて聴いてみる。奇人変人と言われたGouldの演奏は標準的でないが、芸術クオリティーは最高クラス。技術的云々よりその芸術性に驚くばかり。
もしGould大先生がこのレコードを出していなければ、インベンションとシンフォニアは今よりもさらにマイナーな存在だっただろう(場合によっては単なる練習曲として扱われていたかも)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike120min 固定ローラー
Swim2000m


flickr

12.22.2010

買ってよかったモノ

2010/12/22
水曜日

SOYJOY
1 5:00、目覚ましが鳴って起きた。心拍バンドをつけ、窓を開け、PS3を起動し、ローラーの準備。
賞味期限が迫るソイジョイ(まだたくさん残っている)を食べようかと思ったが、やめた。ソイジョイを置いて、窓を閉め、電気を消し、心拍バンドを外して布団に戻った。
今日はBikeもSwimもなしの休養にしよう。昨日のローラーはややきつめだったし、オーバーワーク気味であるし、しばらく休養日をとっていないし。調子に乗るとまた怪我をする。休養を入れて体組織の回復強化をするのも重要なトレーニングの一部。
二度寝。

Inventions and Symphonias
2 出勤前にInvention No.2を。譜読み段階を終え、いよいよ通して弾けるようになった。とはいっても間違いだらけ、引っ掛かる個所だらけ。ヨタヨタ。
No.2はInvention15曲中では難易度の高い方に属するそうで、これを通せたのであるから、Invention全体も行けるはず。
出来るだけ譜面を見るように意識。
今後も情熱が続きそうならリトル・ピシュナの基礎練を組み込もう。

torne
3 ローラーのお供はTV。私はテレビを持っていないので、TVはPC用のデルモニタで見ている。
かつてはWindows機にサイバ○リンク社のTVソフトで見ていたが、このソフトは「ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーー!」というモノで、使いづらかった。
torne(PS3)でもテレビは見られるのでそちらを導入したところ、大変具合がよく、これ以降ほとんどWindows機は使用していない。
録画予約をしておけば、自動で起動して、録画をして、自動で切れてくれるのでありがたい(当たり前といえば当たり前だが、サイバー○○○社のゲロソフトでは当たり前ではなかった)
しばらくtorneを使ってみたが、買ってよかったと自信をもって言える。1度しか着ていない1万円のサイクルジャージよりカネの使い道としてはずっとよい。
最近のアップデートでTwitterに対応し、番組に応じたつぶやきが流れるようになった。
報道ステーションで情報を得つつ、古館さんを罵るつぶやきも楽しめる。
見るかどうか分からないがとりあえず映画を録画しておいて、暇な時に見る、という使い方が出来るのもよい(あんまり映画を見る時間が取れないので溜まる一方なわけだけれども)。PSPに書き出せば(書き出さずにリモートプレイでも)枕元で使えてよい。
アップル教団の信者であるのでSONYは好きでないが、PS3,torne,PSPの使い勝手の良さはうなるものがある。

Garmin Edge 500
4 Edge500の設定をいじった。
実走時に気になったのは、オートポーズ機能がやや不安定な点。停止時に時計を止める設定にしてあるが、実際GPSのみで運用していると静止状態でも動いている(時速1.5kmとか)と認識されて時計が始動したりする。
信号待ちでチリンチリンと時計が動いたり止まったりする。実用上の問題はないが、精神衛生上よくない。
これを防ぐためオートポーズを「停止時」から「時速○○km」に変えた(2kmだったかな?)。これで2km以下になれば時計が止まる。はず。
ついでに過去のデータが見てみると、心拍だケイデンスだスピードだラップタイムだといろいろと出てくる。
オートラップはデフォルトで5kmとなっていて、P3実走時のデータを見ると、直線基調と思われるラップではaveが35kmを超えていた。TTバイクはすごい。ああ、単に追い風だったか。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
休養


flickr

12.21.2010

体脂肪率を下げるには・・・

2010/12/21
火曜日

ave25.5 38.2km 90min
ave25.5 38.2km 6速メイン
ローラー90min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。スケジュールが押して就寝時間に食い込み、少し寝不足。
ガラクタが散乱していて諸準備に手間取る。あれがない、これがない。どこへいった?
部屋の整理をしないといけない。
ドリンクを作成。Wiggleで買ったHigh5社のドリンクの素。シトラス味を使い切ったので次はチェリーオレンジ味。チェリーオレンジとは何ぞやと思うが、飲んでみると得体のしれないフルーツ風の何か。ピーチに近いか。
P3にまたがる。TVは朝日。相変わらず某剛腕様がどうの、という使い古しのネタ。
インナー6速をメインに。ケイデンスは100弱をターゲットに。一時的に7速に上げる場面もあったが、長くは維持できなかった。心拍は150程度と高めで推移した。
P3初実走時に、サドルをかなり前に出した。多分、一般的なサドル位置の範囲を外れている(BB垂直線よりサドル先端が前に出ている)。DHポジションでこぎやすい腰の位置を基準にサドルを設置すると、そこになった。
サドルを前に出すよりステムを短くすればいいいいじゃないか、と思わないこともないが、そうするとダンシング時にハンドルと膝がぶつかる。現状でもこぎ方次第でぶつかるのであるから、これ以上ステムは短くできない。
サドル股間ボール問題も今の方がましなような、変わらぬような。
現状の位置でしばらく様子見。
サドルの後ろにドリンクボトル
また、実走時にはサドル後方にあるドリンクを乗りながら飲むことはなかった。まだ不慣れで片手運転も怖いため。というわけで、ドリンクは後ろに置いてスムーズにボトル出し入れできるよう練習。
90分回して終了。

1 ローラー後、シャワー。仕事があるのでヒゲをぢょっぢょっと剃る。今日はすね毛はそのまま。昨日剃ったから。
鏡に映る全裸の30代独身男性を見る。やせている。筋肉量は多くないが、脂肪がついているようには見えない。オムロンの安物体重計によれば体脂肪率が20%もある体。
素人目には12.5%に見えるが、機械は20%という。気に入らない。
手っ取り早く体脂肪率を下げるには、体脂肪率が低めに出ると評判の体重計を調べて、それを買ってくればよい
体重計を新調して心の平安を得ようか・・・。





(フォト蔵を試してみた)
2 出勤前にInventionを。まずはNo.1をおさらい。細かい修正点があるので、継続的に修正。
No.2はヨタヨタ、ミスだらけではあるが、一応最後まで通せるようになった。音取り(?)、指使いはとりあえず完了。
次は、楽譜を見ながら弾けるようになること、左右の声部を独立して意識、認識できるようになること。

Swim2200m
プールへ。今日は軽めの予定。ひじの具合がよくなってきて、負荷を上げがちであるが、調子に乗るとまたダメになる。軽めといったら軽め。

  • アップ500m
  • 500m(49秒ペース)
  • キック200m(63秒×4)
  • プルブイ兼ダウン1000m
アップ後の500mは負荷をそれなり。負荷は上げてはならぬというのに。もう少し控えるべきだった。
合計2200mで終了。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike90min 固定ローラー
Swim2200m


flickr