4.30.2010

4/30 Swim1750m

2010/4/30
金曜日

1 左膝の具合は良いのだが、また別の個所の左膝に違和感、重さがある。左の外側の違和感はほぼ感じないものの、今度はお皿の下、正面から見てテンキー2の付近にだるさがある。これが一時的なものなのか、気のせいなのか、ウォーキングの疲れなのか分からない。右足裏はほぼ完治といってよい。また昨日のローラーのダメージは感じない。


2 昨日の反省として、食後はプールに行ってはいけない。食後2時間たったから大丈夫かと思ったが、駄目であった。

3 悪夢で飛び起きる。寝不足気味。定期的に見る典型的悪夢。
4 フルサイズである5D Mark IIがついに私の手に。カメラはフルサイズですよ、という内なる声に従った。レンズはEF 50mm f1.4 単焦点。まだ説明書を読み進めている段階で、ほとんどいじっていない。少しいじって思ったのは被写界深度が浅い。大変浅く、ピント合わせが思ったよりもずっとシビア。まあ絞ればよいのだが。部屋の窓から遠景を撮ったところ、解像しない。ピントはあっているはずだけれども、おかしいな、手ぶれかな、いやシャッタースピードは十分速いぞ、としばらく唸っていると絞りが1.4である。少し絞ってもう一度撮ってみると解像した。絞りでこんなにも変わるものなのだろうかと、疑問に思った。GF1で絞り1.7と少し絞って撮ってもここまで変わることはないのだが。また、絞り解放だと周辺減光がある。フルサイズ機だと起こるそうだ。一眼レフは初めてなので、わけのわからないボタンがたくさんついている、と感じる。何もかも手探りといったところ。

5 GF1を持って外出した。何枚か撮っている時、レンズキャップを落とした。土手に。幸い拾える場所に落ちたからいいものの、予備か代替が必要かもしれない。

Swim1750m
日中暑いくらいで、プールで泳ぎたいと思いつつ過ごす。10日連続Swim。終業が遅くなり、プールに行くかどうか悩んだが、行った。金曜日の夜。プールは比較的空いていてコースをほぼ独占でき、ノンストップで泳げた。左膝の違和感が夕方には強くなってきて大変憂鬱を感じながら左キックを打たずに泳ぐ。当然ペースが上がらず、またストロークも調子が出ず、精神的にも「また怪我生活なのか」と塞いでいた。1分弱ペースで30本+ダウン5本で終了。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1750m


flickr

4.29.2010

さよならLX3 ようこそ5D Mark II

2010/4/29
木曜日

1 左ひざは違和感が消えないものの、ほぼ回復したと感じる。腸脛靭帯炎の症状として、全然自覚症状がなく、もう大丈夫だろうと走ったりこいだりすると急激に痛む、というのも一つの典型であるそうだ。私の左ひざが腸脛靭帯ちゃんであるかどうかは分からないが、自覚症状は今はほぼない。

2 私はモノの少ない部屋が好きで、しばらく使っていないもの、これからも使う機会が少ないものがスペースを占有している状態は嫌いだ。使いそうもないもの、無駄にスペースをとるものを少しずつ捨てている。たとえばDVDのケースとか。DVD類はディスクだけあればよい。外箱はスペースをとって仕方がない。モノを減らす一環として使いそうにないカメラを手放すことにした。Panasonic LX3。1年ちょっと前にこのカメラを買った。その後自転車に乗り始めてから、荒川下流方面も、上流方面もこのカメラと共に行った。位置づけとしてはGRD3と似ていて、コンパクトデジカメとしては画質を重視しているタイプ。高級コンパクトと言うこともある。なぜ使わなくなったかというと、このカメラはレンズ部分がやや突起していて、携帯性が若干悪く、サイクルジャージの後ろポケットに入らない(絶対入らないわけではないが)。またレンズキャップを手で開けるタイプなのでコンパクトデジカメらしい気軽さに欠ける。後にカメラ機能の充実したケータイを買ったのを機に使用頻度が激減し、GF1,GRD3を使うようになって完全に引き出しの肥やしとなった。LX3はキタムラさんに行くことになった。思ったよりも高く引き取ってくれた。

3 モノを減らす一環としてPS3やPSPのソフトも中古店に行くことになった。少し手をつけて途端に飽きてしまったもの、やる気のでないもの、クリア済みのソフト。部屋にあってもやることがなさそうだ。捨ててしまうのももったいない。いい大人がゲームショップに行くのは少々つらいものがあるが、多少でもお金になるならばやむを得ない。こちらも思ったよりも高く引き取ってもらえた。



ローラー30min
足の具合がよい。自転車に乗ることにする。今日は「トレーニング」ではなく「リハビリ」ないしは「テスト」である。ペダルをこぐと左ひざに異常が出るかもしれないし、問題がないかもしれない。そのテストだ。左ひざの痛みが出た際にはリハビリ期間を設けずに60分、90分、120分とローラーした。負荷も今思えば低く抑えなかった。今回は量、質とも様子を見ながら段階的に上げていきたい。
入念にストレッチをして、10分ほどゆっくりウォーミングアップで回す。今日は心拍もギアもケイデンスも上げない。ウォーミングアップ後に少しだけ負荷をかけて10分回す。心拍は135以下で。気分よく30分回して終了。膝に痛みや違和感は特に感じない。ひとまずokというところだろう。

Swim1050m
歩いてプールへ。9日連続Swim。特に何かを意識して、ということではなく、ただプールへ行って、漫然と泳ぐだけ。ストレッチとアップは十分に行う。怪我はアップ不足で発生することも多いという。1分弱ペースで30本+ダウン5本と行きたかったが、2時間ほど前に食事をしたので、泳いでいるうちにちょっとそちらの具合がよろしくない。21本を休み休み泳いで終了。風呂に入って帰宅。

4 Amazonから佐川を経由して、私のところへ5D Mark IIが届いた
--------------------------------------------------------------------------
Bike 30min 固定ローラー
Swim 1050m


flickr

4.28.2010

Swim1750m

2010/4/28
水曜日

1 左膝の具合も右足の具合も非常に良い。左ひざの違和感がまだ完全には抜けないが、ローラーをしてみようというところまで回復した。

2 Amazonが5D Mark IIを発送しましたよ、とメールをくれる。

3 動画の簡単な編集は何を使えばよいのだろうか。Quick Time Proでいいのだろうか。切る、貼るができればよいのだが。Mac環境であるとiMovieというものがあるがHDの扱いがどうであったか不明。マシンも貧弱。確か私のiMovieは古いバージョンでHDの扱いが悪く、最新のものにするには結構な費用がかかった気がする。最新のiMovieでもフルHDの扱いは良くないかもしれない。

4 昨日のSwimは自己ベストの泳ぎであった。1250m、55秒ペースで維持出来た。お隣のコースに中学生くらいの選手がとんでもないスピードで泳いでいて、その反対のお隣では私より一回り年上の人が50秒くらいで泳いでいて、私もつられて頑張った。このところ本当にSwimの調子がよいので、つい頑張ってしまいがちであるが、このまま調子に乗ると怪我をするだろうから、今日は体をほぐす程度に泳ぐことにする。1分ペースくらいで。泳ぎだすとつい頑張ってしまうかもしれないから、今日は自分を抑制することを目標にしてみる。今日はゆっくりペースで体への負荷を下げることを優先。

Swim1750m
雨が上がった。歩いてプールへ。8日連続Swimである。プールはやや混雑。昨日、隣のコースを泳いでいた一回り年上の人とコースを共有。彼のほうが私より5秒ほど速い。1分弱を目安に、負荷を低めに泳ぐ。無理は禁物。そろそろ疲れがたまっているだろうから、だらだらとは言わないががんばらない。35本泳いで終了。

テレビ東京のセガール映画を見ながらPublish Postボタンをクリック。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1750m


flickr

4.27.2010

東京リトル・ラブ

2010/4/27
火曜日

1 連日の通勤ウォーキングでも怪我箇所にダメージを感じない。ハムちゃんや左足裏に張りがあるのは通常の疲労であろう。左ひざの違和感が多少ある程度で、右足裏の違和感はほぼなくなった。いよいよローラーかRun再開が見えてきた。次は怪我防止のため、量、質ともに減らした状態から始めよう。

2 東京リトル・ラブが始まった。撮影を5D Mark IIで行っているという。放送用の映像撮影装置は1000万円単位であるそうだが、5D Mark IIはサラリーマンの月給で買える程度で、映像撮影用ではなく、写真を撮るカメラである。一般的には5D Mark IIは写真カメラとして誉れが高いが、動画フィールドの人からみると、大変なコストパフォーマンスを誇る機械であるそうだ。で、東京リトル・ラブを見る(時間帯が遅いので録画で)。「これ、カメラの動画機能で撮ったんですよ」といわれなければ全く気付かない。いや、そう言われても違いが分からない。違いがあるとすれば一般的なテレビドラマ映像よりピントの深度が浅いなあ、というくらい。これは作り手側の意図であるから機材云々でもないのだろうけれども。20万円のカメラ(レンズはまた別)で撮りました、という安っぽさは皆無。むしろ「絵がきれいだなあ」という印象。一番印象に残ったのは、プロの腕。さすがにテレビドラマの作り手ともなると撮影、編集の技術が素晴らしすぎてうっとりため息。「手ぶれが」とか「露出がちょっと」とか「ピントがね」という素人レベルではない。50mを55秒で泳ぐのが精一杯という人間が北島康介を眺めるのと同じ感覚。すごすぎて参考にならない。やっぱりプロというのはすごいのだなあ、と思った。

3 日課のAmazonチェック。5D Mark IIが比較的安くなっている。

4 クリックしそうになる。手が震え、心拍が上がる。209,150円。Amazonの画面を見ながら緊張する。クリックすべきか、我慢すべきか。まあ紅茶でも飲んで落ち着こう。5D Mark IIは逃げない。今でなくてもよい。紅茶を飲む。

5 クリックした。

Swim1750m
雨。7日連続Swim。私はいつもの私ではない。私は、クリックし終えた私だ。欲望を抑えきれない吉良吉影になった気分であり、大変動揺しているが、まあよい。給料袋を落っことしたと思えばよい。給料袋を落っことせばそれっきりであるが、私は給料袋を落っことしたが、Amazonからそれ相応のモノが届くのであるから大変恵まれている。またこうも考えられる。毎日Amazonの値札とにらめっこをして5D Mark IIを夢に見る生活をしていれば、それがストレスとなって髪の毛が抜けてしまうかもしれない。それでは大変つまらない。ストレスはその源から断つに限る。薄毛診療の費用と手間と時間と精神的衝撃を考えたら、Amazonでのクリックは優れたソリューションだったな、と思いながら泳ぐ。火曜日の夜のプールは空いていて、コースを独占できた。1本を1分弱のペースで、と思ったがアップが終わると調子がよく、ペースが上がる。5本アップした後の25本を22m50s程度であった。55秒ペースを維持できたことになる。5D Mark IIクリック効果であろうか。30本+ダウン5本泳いで終了。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1750m

flickr

4.26.2010

トライアスロン第26週

トライアスロン第26週
---第25週まとめ---
左ひざ不調でRun,Bikeが完全にゼロ。左ひざの具合は順調に回復しているが、まだ違和感、重さだるさが取れない。右足裏はほとんど気にならないくらいに回復。ウォーキングを再開して不調がなく問題がない。
Swimは安定したトレーニングができている。一日に1500mほどを泳ぎ、ダウンで少し泳ぐ。この程度の距離しかこなせないが、安定して継続するには質、量ともに現状でも出来すぎという感じがある。土曜日に1500mのタイムを計った。28分10~20秒であった。自己ベスト。というより、1500mのタイムを計ったことがこれまでにない。これまでに計ったのは、30本泳いで33分、とかそういうタイムで、本数の数え間違いが多いのでこれまでに計ったタイムは参考にならない。今回のタイムは本数は不正確であるが、1本ごとに55秒であるな、とか57秒であるな、と確認しつつ1本につき秒針3~5秒稼ぎながら泳いでいるので1本1分ペースで30本30分から2分弱速い、という数え方なので比較的正確。Swimのおかげで、他2種がゼロであっても心肺機能の低下を抑えられるため、精神的にもよい。
==================================
2010/4/26
月曜日

1 右足裏はもうほとんど足底筋膜炎を感じない。自転車に乗っても、走っても大丈夫ではないかと思う。左ひざの具合がまだ回復していない。左ひざに重さ、違和感があり、常に関節が「外れている」ような感覚がある。痛みはない。

2 ウォーキングをする。晴れていて気分がよい。歩いている間は左ひざに問題を感じないが、歩き終えしばらくすると若干違和感を感じる。これが通常の疲れなのか、怪我の違和感なのか区別がつかない。朝晩合わせて15km程度歩いた。

3 このところよく眠れる。5D Mark IIレンズセットが22万円まで値が下がった夢を見た。早速買おうとしたら、目が覚めた。左ひざが悪い現実と、この夢が逆転すればいいのに。

4 暇があればflickrを見ている。

Swim1750m
暖かい日でプールで泳げば気持がよいだろうな、と思いながら過ごした。歩いてプールへ。6日連続のSwim。ごく軽い筋肉痛。また、ウォーキングの影響でハムちゃんが疲労。時間は水中メガネの曇りで計れず。1分弱ペースと思われる。途中、前が詰まり、止まった。少々息が整ったので1本だけスプリント気味に泳ぐと50秒であった。30本+ダウン5本で終了。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1750m

4.25.2010

4/25 Swim1750+ウォーキング

2010/4/25
日曜日

1 左膝の具合。違和感や重さがわずかにあるものの、ウォーキングであれば問題がないレベル。昨日ウォーキングとSwimをしたが、ダメージがなく、回復基調。右足もほとんど違和感がないレベルまできた。

2 NHKのドラマ「チェイス-国税査察官-」を見た。おそらく国税査察官の執念と優秀さを描くことで「ああ、不払いは、いつか、しっぺ返しが、あるのだなあ、こわいなあ」という心理にさせ、NHK受信料不払い抑止を狙っていると思われるドラマ。凝った映像表現が多様されている。また、悪玉の俳優に特異な存在感があり、仮にジョジョの奇妙な冒険第四部が実写映画となれば、岸辺露伴役は彼しかいないだろう、と思わせる怪演。

3 Canonが5D Mark IIならびにそのレンズ群を提供し、テレビドラマが制作放映される、という情報を得た。つまり、5D Mark IIで撮った「動画」でドラマにします、というもの。「東京リトル・ラブ」といい、時間帯がちょっときついものの、必見だろう。最近はテレビっ子だ。ああ、もう、子ではないのだ。

4 Kiss X4は小さくて安くていいな・・・と腰の抜けたことを言い出す。小さくて画質がよいのはGF1をすでに持っている。Kiss X4なら気軽に持ち出せて・・・気軽に持ち出せるならGF1のほうがより気軽だろう。GF1では画質に不満があって、多少の荷物になっても大きなカメラを持ち出したい、という状況に対応するカメラが・・・ということなのだから(という状況は被写体がないのであるからそもそもないのだが)、その状況に合致したカメラはフルサイズですよ、となる。やはり5D Mark IIなのか。

5 自転車に乗れるようになったら、どのカメラを持っていくべきか、どのようにカメラを運ぶべきか、という問題が出てきた。これまでは上着ポケットにケータイカメラもしくはたすき掛け鞄にカメラを入れていたが、転倒時のリスク(カメラが壊れる、ということではなくて、背骨が、とか腎臓が、というリスク)が高いのでできれば自転車に積む方法を考えたいのだが、まだ足の具合が良くないので考えるのを先送りにしておく。

Swim1750m
天気が良い。歩いてプールへ。5日連続Swimである。最近はSwimの調子がよく、泳ぐのが楽しい。もちろん、25mプールを往復するだけなので景色は悪く退屈であり、行って着替えて水に濡れてまた着替えて帰らなくてはならないから面倒ではあるのだが。四国とかそういうところだと、プールに行くよりそこらへんの池で泳ぐほうが気軽なのだろうか。
日曜日の夜。プールはすいていて、コースをほぼ独占できた。泳ぎだしはやや筋肉痛を感じる。昨日のSwimがややきつかったのだろう。10本ほどこなすと体が動いてくる。そのまま30本をよいペースで泳ぐ。1500mを28分50秒前後。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1750m

4.24.2010

4/24 Swim1750m

2010/4/24
土曜日

1 左ひざを痛めて1週間経った。時が過ぎるのが早い。右足裏も、左ひざの具合も良い。右足裏は歩く程度なら全くダメージを感じない。膝も多少重さ、違和感があるものの歩く程度であればダメージはなさそうだ。

2 雨が上がった。足の具合もよい。今日は朝ウォーキングをする。1時間ほど歩く。膝にダメージはなさそうだ。足裏にやや疲労を感じたが、それは左足であった。右足はほぼ完治したと言ってよさそうだ。久しぶりに歩いて大変気分がよい。また、昨日のSwimの調子の良さも、気分を良くしている。

3 長いこと低空飛行で苦手意識があったSwimだが、怪我の影響が少なくコンスタントにトレーニングできている。

4 flickrで人様の写真を見る。大変かっこいい写真(特殊な被写体ではなく、一般的被写体)を撮る人だなぁとうっとり眺めて、exifを見るとやはり5D Mark IIである。さらにソフトはLightroomであった。私もLightroomを使っているが、この素晴らしい人と私は月とすっぽんである。何が違うのだろうと思案するも、何もかもが違っていてかえってすがすがしいくらいである。

5d Mark IIを毎日Amazonで検索する。 毎日のように値段が変わる。それも万単位で変わる。衝動クリックするには大物すぎる。5D Mark IIと共にGWを過ごせたらいいのに。

Swim1750m
今日は温かく、また、足の具合が良いので憂鬱の度合いは低い。ルーティンとして組み込まれたプールへ。ジムの受付の人にどう思われているだろうかと思い描く。「よく来る熱心な人であるな」だろうか「また来たよwww暇人乙www」であろうか「まあ、またいらしたわ。素敵なお方」であろうか、と思いながらロッカーキーを受け取る。当然私は素敵なお方である。黄色い声が頭の中に響いて仕方がない。泳いでいるとやや頭が痛い。なぜかは不明。調子はよい。肩ひじに負荷がかからぬよう泳いだつもりであったが1500mを28分10~20秒ととてもよい数字。30本+ダウン5本で終了。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1750m

4.23.2010

Swim1750m

2010/4/23
金曜日

1 左ひざは回復している。昨日池袋等を歩きSwimもしたが、ダメージを感じない。違和感、重さを感じるものの回復基調。ウォーキングをしようかな、という気分がうまれてきた。右足裏は若干違和感があるが、歩く、泳ぐ程度であれば全く問題がない。右足裏は、強い負荷をかけなければ悪化しないと思われる。

2 先日DQ9をクリアした。ずいぶん時間がかかったが、諦めずにやり続けてよかった。達成感。途中で何度か放り投げそうになったが、携帯機でありちょっとした合間にできるのがよかった。DQ3と似ていて、パーティーメンバーを「作成」するのだが、それにしてもDQ9の仲間の存在感の軽さ、行動を共にする動機のなさはシリーズでも屈指で、扱いとしてはdroneと同等。本編クリア後のエクストラコンテンツが実はメインディッシュとも言われていて、そちらは時間と労力がかかるタイプのもの。ソフトを簡単にポンポン買えない子供が長く遊べるように、との配慮だそうだ。魔法使いの「むしょく」ちゃんはメラミが最強魔法のままクリアしたが、クリア後にプレイを続けるとメラゾーマとかメラガイアー(?)まで覚えるレベルになるようだ(本編中はそこまでレベルを上げる必要がない)。日本ではこのソフトは大変売れたそうであるが、確かに万人が安心してできると思った。難しいシステムも、難解な概念や造語もなく、アクション動作も必要ない。肩に荷がおり、ほっとした。

3 池袋でフルサイズをいじったついでにKiss X4もいじった。Kiss X4の気軽さもいいなと思ったが、GF1となにが違うのか分からず「ただ欲しいだけ」ではないかと思った。もしGF1を持っていなければまず間違いなくKiss X4を買うのだろうが、GF1を買わなければカメラに興味を持つこともなかっただろう。Kiss X4がいいなと思う最大の理由は安いこと(いや、安くはないのだが)。5D Mark IIほど敷居が高くなく、小型軽量であること。ただ、小型軽量で画質もよい点はGF1も侮れない。仮にKiss X4を買ったとしても、そう遠くない時期にカメラはフルサイズですよ、と言い出し5D Mark IIが・・・となるだろう。また5D Mark II,GF1,GRD3の3台があれば、Kiss X4の出番はないのではないかと思える(いや、現状でも被写体がないのでどのカメラにも出番がないともいえるのだが)。やはりカメラはフルサイズ。ターゲットは5D Mark IIであろう。値札の数字や大きさ重さを手で実感すると妙にKiss X4が魅力的に見えるが、ここは5D Mark IIか、なしか、だろう。

4 日経新聞にトライアスロンの記事がでていた。週に2,3度30分程度から体を動かすことから始めましょう。予算はできれば25万円くらいは欲しい。ショップ選びは大切ですよ。仲間がいると楽しいよ。朝活が大切ですよ。Swimが苦手という人が多いですよ。

5 私は3種の中では自転車が好きであったが、足が悪くなかなか乗れない。今はSwimを一番こなしている。

6 もし、故障もなく自転車に乗り、Runができれば、トライアスロンバイクの数十万円をポンと喜んで出す。足の故障があっても問題なく使用できるフルサイズは、トライアスロンバイクと同じくらいの価格かそれよりも安いくらいであるが、逡巡する。


Swim1750m
金曜日の夜。寒い。プールへ。ウォーミングアップ、ダウンを除くと、1000m強しか泳がない計算になる。量の少なさが不安を誘うが、肩ひじの負担を考えればこの程度で切り上げておくのがよいと思う。水中メガネの具合がよく、水が入ってこないので快適である。あとは曇らないようになればよいのだが。左キックをしないよう気をつけるが、左膝の具合はそれほど悪くないので、神経質にはならなかった。負荷は低めで、という予定であったが、実際泳ぎだすと調子がよく、ペースが上がってしまう。55~57秒程度を維持。泳いでいて気分がよかった。あっという間に30本。5本ダウンで終了。シャワーを浴びていると、足やももをつりそうになった。ミネラル不足だろうか。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1750m

4.22.2010

30万円を握りしめ池袋へ

2010/4/22
木曜日

1 よく眠れた。左膝の具合はだいぶ良い。重さ、違和感が薄れてきた。Swimは膝にダメージを与えていない。Swimはできる、ということだ。

2 雨。散歩に行こうかと思ったが、雨なのでやめる。

3 池袋は家電量販店の主戦場である。ヤマダビック戦争というらしい。30万円を握りしめ、池袋へ行き、ヤマダでフルサイズをいじくり、ビックでフルサイズをいじくって、何も買わずに帰ってきた。

Swim1750m
昨日に引き続き、ストレスを感じている。主には仕事上のあれこれ、足の怪我。プールへ。池袋で穴が開くほど見つめた値札の数字を思い浮かべながら、ストローク。ゴーグルのゴムの長さを調整したので、水が入りづらくてよい。このところすべての調子の悪いと感じているが、ゴーグルの調整だけが事態の好転といえる。
左足はキックをせずに、負荷も低めで、ボディ単体とレンズセットとどちらがよいか考えながら、漫然と泳ぐ。30本+ダウン5本。
--------------------------------------------------------------------------
Swim1750m

4.21.2010

Swim1750

2010/4/21
水曜日

1 右足の回復が止まり、違和感が持続している。左ひざをかばうために若干負担があるのかもしれない。左膝はよくない。悪化もしていないが、重さ、疲労感、違和感がある。痛みはない。歩くことも控えているので痛むようなこともしていないともいえるが。そろそろ軽めのSwimをしておきたい。バタ足をしなければ膝への負荷は少ないはず。

2 仕事用PCの調子の悪さが限界。ポインタが動くものの、その他の操作ができなくなる事態が多発して1時間に4回も固まると仕事にならない。ハードウェアの不具合なのか、ソフトウェアなのかわからないが、クリーンインストールした。ディレクトリがぐちゃぐちゃのどろどろだったのかもしれないし、単にハードウェア的故障なのかもしれない。今日だけで20回くらい再起動した。必要なソフトだけインストールし、様子を見る。

3 トレーニングできないストレス、体力が落ちるストレス、仕事上のストレス、帰属する社会をつかさどるブリヂストン大株主関連のストレス、被写体がないストレス、5D Mark IIを買うだけの思い切りがつかないストレス、仮に買っても使う機会がないのではないかと悶々とするストレス等いろいろとある。このまま膝が良くならず、トレーニングもできず悶々としていると、ひょっとすると頭に変調をきたし、おかしくなってしまうのではないか?と不安になる。ついには太陽が爆発し、頭上から降り注ぎ、地面が割れてマグマが噴き出し、CIAエージェントに狙われる「現実」に直面してしまうのではないかと不安になる。今日は20回再起動させるたびに5D Mark IIを持ってどこかへ出かけたいなと思った。ブリヂストンの大株主のおかげで高速道路が安くなるようだし、たとえば仙台あたりに行ってパシャリとしたらきっと気分がよかろう、と思いながら再起動させた。いろいろなストレスがあるが、仙台あたりに行って5D Mark IIでパシャリとすれば、上記ストレスのうちいくつかが解消する。解決しがたい問題がたくさんある状況で、5D Mark IIを買えばいくつかが解決する!なんと生産的なのだろう!えっ?

Swim1750m
非常にストレスがたまっているので、解消をかねてプールへ。数日ぶりで泳ぎ方、ペース、テンポがめちゃくちゃであった。目標も、意識もなく、相当にストレスと憂鬱を感じながら泳ぐ。ストレスや憂鬱というものは、ヒトの生存競争上、必要なものとして残されてきた防御システムか何かであるから、非合理で無意味なものとも言い切れないそうだが、だからどうしたというわけではない。必要ないだろうとして残されなかった髪の毛は、進化の証でありながらストレスの源となるというよく分からないことになっているが、だからどうしたというわけではない。つまりは、5D Mark IIをえいやと買ってしまえば、一時的には膝の具合が悪いことを忘れてカメラをいじくって「いひひ」とにやつく日々を過ごせるのではないか、と思いながら泳いだ。今日は、普通の精神状態ではなかった。憂鬱とストレスを非常に強く感じていた。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1750m

4.20.2010

GR Digital III

2010/4/20
火曜日

1 足の具合。右足裏にわずかに張りがある。左膝をかばう歩き方になっているのだろうか。左膝は昨日と同じか、やや回復しているだろうか。疲労感、使用感、重さがある。少しの動作で、膝関節が脱臼するような感覚がある。

2 コンビニまでの100mほどを歩く。この程度の負荷なら左膝にダメージはなさそうだ。今日も安静を心がける。

3 DQ9が進んだ。あとはラスボスを殴るだけ。お金とレベルが足りないので、ラストダンジョンでモンスターを殴って経験値とお金をもらうことにする。メラゾーマもイオナズンもなく、メラミでラストダンジョンを迎えるとは思わなかった。どうでもよいことであるが、このメラミを使う魔法使いは我がパーティの紅一点であり名を「むしょく」という。適当に名付けたのを後悔している。洋名ならバーバラとかスーザンとか和名であれば「かずよ」とかそういう名前にしておけばよかった。魔法使い無職というのは大変やる気を失う名前であった。

4 GF1よりさらに小型軽量のGR Digital III。位置づけとしてはやや高画質寄りのコンパクトデジカメ。画角が28mm単焦点と広角なものの、大変使いやすい。自分が良く使う設定をカスタムしておけば、マクロ、セルフ、マニュアルフォーカス、露出を状況に応じていじればよい。この時に、メニューの階層をいくつかたどってボタンを何回も押さないといじれない、といった不便さがなく、それぞれ固有のボタンが押しやすいところに配置されていて良い。ポケットにも入り、道具として使いやすい。画質は「このサイズにしては」悪くないとされる。携帯性が良いので気軽に持ち出せる。カメラ性能のうち、小型軽量がいかに重要かがよくわかる。GRD3より小型軽量となると、画質の問題から、カメラ単体を持つよりもデジカメケータイでよい、というレベルになる(最近のカメラ性能のよいケータイjpegは、彩度コントラストシャープネスに相当補正がかかるようで等倍でなければ見栄えが良い)。小型軽量であるから出番は多い。動画はおまけ程度。

5 Kiss X4か5D Mark IIか。やはり、カメラはフルサイズであるので5D Mark IIであろうか。Kiss X4を買いました、やはりカメラはフルサイズですよね、ですよね?ですから5D Mark IIを買いました、となると初めからフルサイズにしておくべきだった、となる。熱がおさまらず、このままでは5D Mark IIを買ってしまいそうで困る。

--------------------------------------------------------------------------
左膝故障 休養

4.19.2010

トライアスロン第25週

トライアスロン第25週
---第24週まとめ---
右足裏が順調に回復し、ローラーを再開でき、軽いジョギングをしたところで、左膝に激痛。2月中旬から続く怪我生活にカムバック。右、左、右、左と順番に怪我をしているので、どちらかをかばう動作が怪我を誘発しているのではないかと思われる。この週は何かを得た、というものがない。また、どこかを痛める、ということがいともたやすいことを学んだ。
===================================
2010/4/19
月曜日

1 怪我生活。右足裏はほとんど気にならない。左膝の重い感じ、疲労感は昨日よりはましに思えるが、日常生活でもダメージを感じる。今日も安静に。

2 いつか、トライアスロンバイクにディープリムホイールをつけて埼玉西部に走りに行きたい。Bora oneがいいかな、いやいやクリンチャーの方がいいかな、と心と物欲を躍らせる日が来ればいいのに。

3 ドラクエ9がいくらか進んだ。なんとか帝国のお城まで来た。錬金システムとか、宝の地図とかやりこみ要素の充実具合がすごいと思うのだが、そこまでやろうという気にはならない。さっさとクリアして重荷を下したい。

4 フルサイズかKiss X4か。または、カメラ熱が冷めるのを待つか。カメラについてあれこれと調べていると、金銭感覚がおかしくなる。レンズはあれとこれはまず最初に欲しい、あれが7万円でこれが12万円、とか。レンズだけでそういう値段である。そして、そんなもんだ、とか7万円ならリーズナブルと思っている自分が恐ろしい。
Kiss X4は一眼レフのエントリー機種で、比較的安価。レンズセットで7万円強。フルHD動画が撮れて、一眼レフに親しむにはよい。画質については、一般的には十分高画質で不満はでないとされる。比較的小型軽量。カメラ熱が冷めて、カメラがたんすの肥やしになっても金銭的ダメージは7万円強で済む。また、カメラ熱が冷めても、比較的小型軽量であるので、ちょっとした散歩等、気が向いた時に出番がありそう。
5D Mark IIは泣く子も黙るフルサイズ。カメラはフルサイズですよ。一般人にはハイエンドカメラ。これより上はプロカメラ。画質については、一般的には最高画質で高感度低ノイズとされ、フルHD動画も撮れる。ドカベンカメラで重く、高価。レンズの選択にもよるが、最低でも25万円程度。ズームレンズだと30万円超。カメラ熱が冷めて、たんすの肥やしになった時、物欲を抑えられないコントロール能力の低さと、金銭的ダメージを嘆くことになる。また、ドカベンサイズであるので、ちょっとした散歩にもっていくことはなさそうだが、どれ清水寺でも撮ってこようか、と旅行する動機になるかもしれない。

5 もし私がGR Digital IIIしか持っていなければKiss X4が良い選択だと言えるが、GF1というカメラを持っている。GF1は大変優れたカメラで、Kiss X4よりもさらに小型軽量。画質は一般的には不満が出ないレベルで、一眼レフと比べるとやや劣るとされる。レンズ交換可能で位置づけとしては一眼レフとコンデジの中間とされる。GF1とセットで売られることの多いパンケーキレンズが特に評判がよく、明るい単焦点で画角が固定という不便さはあるものの、小型軽量で画質がよい。このレンズを外して暗くてかさばるズームレンズをつけようという気にはならない。またこのGF1の画質に特に不満を感じていないものの、フルサイズであると、さらによい画質が得られるのではないかと思うと、胸の奥がきゅっとする。

6 もし怪我が治ったら、自転車に乗りたいのだけれども、気になる情報を見た。自転車に限らず、原付バイクやオートバイなど体がむき出しで転倒しやすい構造の乗り物は、転倒時に体が地面と衝突する。その際、ポケットや体に装着された鞄等に硬い物体があると、その物体が体にダメージを与える可能性があるので、ダメージを避けたい場合は鞄やポケットに硬いもの入れるべきでないそうだ。こんにゃくとか豆腐は構わないが、カメラや携帯電話などは危険、というわけだ。なるほどそれは正しい。携帯電話はポケットに入れがちであるが、今度ステム等に装着できるものを買ってこよう。怪我が治ったら、ではあるのだがね。
--------------------------------------------------------------------------
左膝怪我、休養

4.18.2010

怪我生活に戻る

2010/4/18
日曜日

1 左膝(腸脛靭帯炎?)を痛めて落ち込んでいる。左膝のこと、トライアスロンのことが頭一杯に広がって、その他のストレスが頭からきれいに追い出された。

2 左膝の具合。膝に疲労感、違和感、重さがある。右足裏は順調に回復している。

3 2月中旬から怪我が続いている。右膝→左膝→右足裏→左膝。それぞれ違った箇所で、どこかの故障がくせになっているわけでもなさそうだ。また、右左右左と順番になっている。どちらかをかばうような動きがトリガーになっているのかもしれない。A箇所に違和感があると、Bという動作につながり、C部分に負荷がかかり、D箇所に炎症がおこる、というような現象が人体にはあるようで、どこかに不安を抱えたままトレーニング等をすると(負荷、量にもよるが)、自分では意識しないところに予想しなかった結果として出ることもあるのだろう。昨日の左膝の痛みは走っているときに出たものであるが、Runが原因とは思えない。1kmちょっとを走った程度で走れなくなるほどの痛みが出るとは思えず、すでに痛んでいたものがRunによって決定的に引き出されたもの、と考えるべきだろう。

4 一日経っても左膝の違和感、疲労感は取れず、立ったり座ったり、トイレに行く程度の負荷であっても、じんわりとダメージを感じるので、この状態を脱するまでは完全休養で日常生活も出来る限り動かないこととする。

5 怪我生活に戻ると、トレーニング出来ないストレスがたまり、カメラはフルサイズですよ、という声が高まる。それはそれで困るが。フルサイズへの導入として、小型軽量Kiss X4もいいかもしれない。いや待てよ、それならGF1でいいのではないか?やはりカメラはフルサイズなのだろうか。GF1なら散歩に最適。散歩ならKissでも持っていけそう。5D Mark IIとなると、近所の散歩には厳しい。しかし、フルサイズをもっている人のブログ等を見ると、5Dの吐き出す画が大変すばらしいので、持ち出すことが多い、ともいう。

6 この2ヶ月ほどカメラカメラと騒いでいる。私は、ストレスがたまったり、時間に余裕ができたりすると、電気製品モノを買ってきてはいじくっては飽きて触らなくなる、という傾向がある。カメラもそうかもしれない。GF1,GR Digital IIIと立て続けに買った。シャッターを切るのはなかなか楽しいもので、とりわけGF1だと「タシャ」という音がするので、気分がよい。

7 この間買った電気製品モノ、PS3はこのところ起動すらさせていない。今日は安静にするので、多少時間がある。Homeのシアターあたりにいってみることにする。龍が如く3をもう一周するのもいいかもしれない。

8 ドラクエ9をクリアしてしまいたい。長いことこのゲームをやっているが、なかなか進まない。錬金システムをほぼ無視しているせいかもしれないが、とにかくお金が足りない。お金が足らないので、そこらへんにいるモンスターを殴ってお金をもらう。そうしてお金をためて装備を買う。装備を買えるころには十分レベルが上がっているので、従前の装備でもよさそうな・・・ということをやっていると、話がなかなか進まなくてつまらない。今は火山の里まで来た。
--------------------------------------------------------------------------
左膝回復のため休養

4.17.2010

左膝故障 腸脛靭帯炎?

2010/4/17
土曜日 昨晩雪が降った



1 足の具合は順調に回復していて、良い。

2 昨晩、一度寝付いた後、夜中に起きてなかなか眠れなかった。仕事上のあれこれや、Kiss X4が頭に浮かんでは消えて、悶々とした。

3 Kiss X4であれば、5D Mark IIと比べれば安く、手が出やすい。一方、GF1との決定的な違いがないような気がしないでもない。

4 朝ローラーをしようか、休もうかだらだらとしているうちに時間が空費されてしまった。

5 電気店に行ってKiss X4を見てこようか、散歩でもしようか、ローラーしようか、お茶を飲みながらぐだぐだする。

6 足の具合が良いので、少しだけジョギングしてみる。5kmほど走りたい。2ヶ月ぶりくらいだろうか、チロリンとForeAthlete205を起動させる。ここまで足が回復したのが本当にうれしい。 ゆっくりと走り出すと、普通に走れてブランクを感じない。ああ、良かった、と思って1kmほど走ると、左膝周辺に違和感が出る。まあ、久しぶりであるし走っているうちに馴染むだろう、と思っているうちに徐々に違和感が痛みに変わりだす。2.5km地点で折り返したところでいよいよ左膝の痛みが強くなってきた。左膝の外側を中心に鋭い痛み(腸脛靭帯?)。痛みが強く、走るのをやめた。頭が真っ白になった。右足裏は問題ないが、左膝に激しい痛みで走るのを中断した。長距離でも、スピードを上げたわけでもない。右足裏が治ったと思ったら今度は左膝である。おかしな話であるが、このまま自宅に帰らずに失踪なり蒸発なりしようかと思った。もうトライアスロンはだめだと思った。2月中旬から右膝→左膝→右足裏と痛めて、ようやくトレーニング再開かと喜んでいたところに左膝に痛み。それも強烈な痛み。足を痛めてトレーニングを出来ない期間、ずっと今日のようなトレーニング再開を希望に日々を過ごして来た。どれだけ今日のような日を望んできただろうか。しかし、左膝が強烈に痛み、走るのをやめた。平たく言うと何もかも失望した。明日朝起きて仕事に行こう、という気のならないし、もうトライアスロンはすっぱり諦めてしまったほうが良いように思えるし、5D Mark IIをポンと買うだけの余裕も勇気も用途もないし、30を過ぎてもちまちまとテレビゲームをしているような独身男であるし、アイアンマンになる大きな夢が潰えて、40になるまであっという間に浪費してその後のビジョンもなく闇雲に老いていく、と考えながら2.5km地点付近を歩いていた。歩いていたが、どこに向かって歩いているのか、何のために歩いているのかわからず不思議な感覚だった。家に帰るために歩いているのだが、帰っても仕方がないように思えた。家に帰るということは、左膝に痛みを感じつつ出勤して精神をすり減らすだけすり減らして大して回復せず、1時間に2回ほどアイアンマンの夢を諦めたことを思い出す生活に戻るということだ。そんな生活ならば失踪でもしたほうがよほど生産的に思えた。ポケットに石をつめて川遊びをすれば、万事物事が解決するだろう、と思った。かつて私はアルコールに依存していた。川遊びの代わりに、もう一度アルコールを口にすればよいのではないかと思った。愛するジャックダニエル。おかえりジャッキー

7 帰宅後、紅茶を続けて2杯飲む。左膝に負荷がかかると痛むが、日常生活はできそうだ。左膝の違和感は、昨日のローラー後に感じ、それが一日中続いたことを思い出した。原因はローラーだったのかもしれない。右足をかばってこいだため、左に無理が生じた可能性もある。そもそも、1km程度のジョギングが単体でここまでの痛みを引き出すとも思えない。ローラーで蓄積したダメージがRunの負荷で出た、と考えるのが自然だろう。3日連続でローラーをしたし、負荷はそれほどでもないが、時間が長かったのかもしれない、特に右をかばうようなペダリングだったとすれば。

8 夢なら早く覚めてくれ、と何度も思ったが、どうやらこれは現実らしい。悲観しても何かが好転するわけでもないので、考えた。仮に1週間様子を見ても大した損害はない。Swimのおかげで体力、特に心肺の低下は思ったよりも少ない。腸脛靭帯炎であれなんであれ、この痛みが永遠に続くことはないだろう。右足裏の足底筋膜炎も完治したわけではないので、休養は無駄にならないだろう。数日休めばSwimなら問題もなかろう。しばらく様子を見ることにした。
--------------------------------------------------------------------------
Run2500m
左膝に強い痛み発生 トレーニング中断

4.16.2010

ローラー86min Swim1750m

2010/4/16
金曜日



ローラー86min
朝トレ用目覚ましで起きる。睡眠時間は6時間ほど。やや少ないが、足りないというほどでもない。それほど親しくはなかったけれども高校の3年間のクラスメートが夢に出てきた。彼のことを最後に思い出したのが思い出せないくらい久しぶりで、その存在そのものが私の意識から薄れてしまっていて、また彼の下の名前、彼の趣味、どこに住んでいたか、どんな声だったか、どんな話し方をしたか、今思い出そうとしても、もう思い出せない。鈴木君、お元気でしたか?と、ぐだぐだ案じながらドリンクに水を入れ、心拍バンドを巻く。今日も寒い。今朝起きて第一歩の足の感覚が、足底筋膜ちゃん以降最も良い状態であることに気づく。昨日はローラー120分にレイクタウンやら劇場やらを歩いてそれなりの負荷があったのだけれども、足の具合は良い。順調に回復している。ローラーをしても回復しているので、うれしくなった。
起きたてほやほやであるので、体が起きるまでなかなかペダルが回らない。20分ほどたってようやく回りが良くなる。インナー5速。心拍は150前後、ケイデンス100前後で推移。15分も回すとかなり退屈で、それでもまだ残り時間が1時間以上あるので、本当にこの退屈に耐えられるのだろうかと心配しつつ回し続ける。ローラーは足を止めて惰性で進むということがないのでこれがまたメリハリがつかず、退屈。ローラーは退屈との戦い、であるかどうか知らないがTVを見ながらペダルを回す。86分こいで終了。終了後、左足をつりそうになった。

1 雨。寒い。雪が降るとか、降らないとか。

2 鳩山首相のことについてグチグチ書こうかと思ったけれども、私が投票したのはどこだったかと思い、疲労を感じ、自分を責めた。

3 人様のブログを読む。自転車中の事故の記事。ぞっとするような内容。怖い。

4 GF1(パンケーキレンズ)で曇天夕方や室内で適当に撮ると、簡単にブレる。昨日撮った写真の大半はブレていて、Lightroom現像することなく消去。今後シャッタースピードが稼げない場面ではしっかり構えて、複数枚撮ることにしよう。

5 flickrを眺めていて「おっ、いい感じ」と思ってexifを見ると4人連続5D Mark IIであった。カメラはフルサイズですよ、という声が止まないが、フルサイズでもCanonかNikonか、という選択がある。レンズ規格がメーカーで異なるので、どちらかを選ぶと、そのメーカーのものを使い続ける、というのが経済的によいとされる。私は動画が撮れる5D Mark IIに心が傾いているが、そもそも心を傾かせると散財につながるので危険だ。

Swim1750m
プールへ。寒くて雨が降っている。特に何かを意識することなく泳ぐ。ゴーグルに水が入って仕方がない。25m泳ぐとゴーグル内に半分くらい水が入る。続けて泳げない。ゴムの部分が伸びて、締め付けが弱くなったのかもしれない、と調整してだましだまし泳ぐ。30本+ダウン5本で終了。次回はきっちりゴムの調整をして、それでも水が入るようなら新調を考えることにする。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 86min 固定ローラー 
Swim 1750m