2.28.2010

2010/2/28 右足痛みがひかない

2010/2/28
日曜日。雨。
寒い。
今日は東京マラソン。
まだ4回目の大会でありながら、人気のある大会になった。
エントリーも8倍とか10倍とかそういう倍率だそうだ。

チリで地震が起き、津波がくるそうだ。

出勤まで寝る。
右足くるぶしと小指の中間の痛みが引かない。
昨日、プールへ徒歩で行った。負担がかかったかもしれない。
痛い足で行った割にSwimは調子が悪く、精神的にもダークになり、疲れた。
一方膝の違和感、痛みは、どうなっただろうかと意識すらしなくなった。
足の痛みが引けば、体調は万全となるだろう。

東京マラソンをちらりとみる。
みぞれで寒そうだ。
足の痛みが引いて、走れるようになったら、徐々に距離を伸ばしたい、と思った。
今年中にハーフマラソン大会に出たいな、と思った。

2月中旬から右膝→左膝→右足裏とどこかが痛くてトレーニングが思うようにはできない。
朝起きると痛みが強く、歩いたりする日中にはいくらか緩和するが、しばらく足を使わずにいると痛みが戻ってくる症状が「足底筋膜症」と一致する。
素人判断ではあるが、おそらくこれであろう。
おとといあたりはくるぶしと小指の中間くらいの局所的な痛みであったが、今は足の裏全体に広がった気がする。
今日は休養も兼ねて足に負荷をかけないことにする。
--------------------------------------------------------------------------
右足の裏痛のため休養

2.27.2010

Swim教則本が届いた

BikeやRunは天候や体調によってはトレーニングできないが、Swimは安定的に出来る。
実際、週5回か6回泳いでいる。
それなのにSwimは進歩がなくげんなりしていた。
自己流で泳いでいても進歩がないので、ネット検索をしたり、プールで速い人を観察していたが、どうもよくわからない。

Amazonでクロールと打ち込むと出てくる出てくる。
人の欲望あるところに商品あり。
悶々としたらAmazonすればたいてい悶々打破商品が見つかるということか。
というわけで、お目当てのものが届いた。

高橋雄介著
「クロールがきれいに泳げるようになる!」
「クロールが速くきれいに泳げるようになる!」(DVD付き)

後者はDVDまでついてきて大変よろしい。
一から勉強することにする。
========================================
2010/2/27
土曜日。雨。
朝起きて右足くるぶしと小指中間の痛みをチェック。
ひどくなっている。
休養がてらローラーもRunもしないことにする。

足が痛くてトレーニングができないのだが、不思議となんとも思わない。
いい休養だ。あまり疲労がたまっていないが、もっと疲労が抜けてよい、としか思わない。
足が痛いのであって膝が痛いわけではないのだ。
私は膝には非常にナーバスであるが、その他の部位は「ほっとけば治る」といった具合である。

Swim1500m
多少歩く程度であれば足の痛みも我慢できそうなのでプールへ行くことにする。
昨日ざっとSwim教則本を見た。
ストリームライン、プル、キックについて試してみる。

腰をもう少し水面に近付けるべき。足首は伸ばす。
ストロークは無駄にS字を書かなくてよい。
キックを打つ際は足首から先を内側に。

これらを意識して泳いでみると、バラバラのガチャガチャに乱れて、無意味に疲れ、息が上がり、スピードが落ちた。
また、仕事上のあれこれが気分をdepressしてもいた。
Swimの収穫もなく、悪い意味で疲れた。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1500m

2.26.2010

筋肉痛 通勤Runをしてみる

2010/2/26
金曜日。午後には雨がふるそうだ。

昨日は充実した。
きつめにペダルを回せて、Runを再開でき、膝に不調が出なかった。

出勤まで寝る。昨日はかなり力を込めてペダルを回した。
筋肉痛。ハムストリングスが特に。
上半身も筋肉痛。ロードは上半身も使うようだ。
膝は両方とも異常なし。よし。

右足くるぶしと小指の中間くらいに痛み。
頑張ってペダルをこぐと、この痛みが現れることがあるが、これまでの経験では数日で消える。

通勤Run6000m
ももの裏が筋肉痛。
ストレッチをするが、前屈でももの裏がきつい。
チロリンとForeAthlete205を起動して出発。

歩くだけでも足が痛む。
これほどの筋肉痛は久しぶり。

通勤Runは7000mまで距離が伸びたが、その頃に膝に違和感を感じたので少し距離を減らして様子を見る。今日は6000mとする。
ゆっくり走りだす。ペースは気にしない。
歩いてはいないぞ、一応走っているぞ、というだけ。
ペース6:00くらいで推移。
当然足は重く、痛い。
走って行くうちに若干ペースが上がり、最後の1kmは5:22。
ForeAthleteを起動して、走れるだけでうれしい。
また、走ってしばらくしても膝に違和感は出ていない。よしよし。

今日はオリンピック女子フィギュアスケート。
キム・ヨナが金メダル。浅田真央は銀メダル。
どちらも素晴らしかった。

前述右足の痛みが強くなってきたのでプールへ行かず帰宅。
明日まで安静にする。

PUBLISH POSTボタンをクリックする時点で膝に違和感なし。よしよし。
-------------------------------------------------------------------------- 
Run 6000m

2.25.2010

2010/2/25 Bike113km+Run6km

2010/2/25
木曜日。晴れ。
今日は暖かくBike実走日和である。

ウェザーニュース社の天気予報によると、明日以降天気が悪くなる。合羽を準備しなければならない。


Bike113km 実走
暖かい。冬用ウェアで行くと、暑すぎるだろう。
春秋のウェアで。
前回実走時、落車して肉体的精神的にダメージがあったので、今日は落車立ちゴケにいつも以上に気を使って走ることにする。

まだまだ膝に不安がある。
特に左膝。
膝に負担をかけたくないので物見山へは行かず、平地でこぐ。
荒川CR下流へ。

サイクリングロードに着くまでは市街地走行であるから、スピードを出さず、交通事故に気をつける。
荒川CRへの接続は鹿浜橋を使った。

河口方面へ。平日で自転車乗りはそう多くない。野球、サッカーはいない。散歩、シニア、犬は普段のとおり。

途中砂利の箇所があるが、ここでもハンドルを取られて転ぶことがあるのだろうか・・・

平井大橋から中州に移る。
前回はスカイツリーがはっきり見えたが今日はほとんど見えない。
空気が曇っている。

中州着。チンチロリ〜ン♪とセルフ撮影。

河口着。
補給食をもぐもぐして、何度か折り返し平地を走って距離を稼ぐ。
心拍145+くらいでこぐ、というより、足が棒になるくらいこぐ。
ケイデンスは90を下回らないように。90以下になると重いギアで足に負担がかかる、気がする。
今日は南から北に向かって風が吹いていた。
足が棒になってきたので帰路へ。

右岸に移る。追い風。
追い風にのってさらに足を棒にする。
この2週間は膝の具合がよくなかったので、自転車にあまり乗れなかった。
ペダルがこげるのがうれしい。
ケーズデンキが見えてくるともう一息。
荒川CRから離脱すると市街地走行となる。トレーニングは終了。

自宅着。立ちゴケ、落車なく帰って来れた。

Run6000m
帰宅後、Run用に着替える。
ForeAthlete205を久しぶりに起動し出発。
左膝に違和感が出て以来のRun。丸々8日間Runを休んだ。
自分の感覚としてはだいぶ回復したと感じている。
今日は短くも長くもない6kmを走ることにする。
試しに走ってみて膝の回復具合を確認したい。

走り出すと、また走れる喜びを感じた。
走るのは楽しい。
膝に負担がかからないよう慎重に走る。
3kmくらいまでは思いのほかペースがあがってしまう。
Bikeの強度やスピード感が残っているのだろうか。
徐々にペースが落ちてきて5:30程度で6000m終了。

6kmを32m35s
5:32 5:15 5:18 5:29 5:28 5:31

走っている間は膝に問題はない。
違和感が出るのは走り終えてしばらくしてから。

足の疲労具合からみると、久しぶりに筋肉痛になりそうだ。

PUBLISH POSTボタンをクリックする時点では膝に違和感が出ていない。
しばらく様子を見る必要があるが、一安心である。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 113km
Run 6000m

2.24.2010

チェーン交換

先日、チェーンを交換した。

Bike実走中、チェーンからかすかに油切れのような音が聞こえた。
また、チェーンが汚れていたので、清掃の頃合いかと思っていたが、
前回交換から3000km走っていて、交換には早いが、
清掃するのも手間がかかるので、交換することにした。

チェーン寿命まで走れば経済的かもしれないが、
出先でチェーンが切れたりよじれたりすることを想像すると、
早めの交換でもいいか、となる。
交換前
交換後

パークツールのチェーンカッター(CT-5)で作業。
こんな小さなものでも交換できる。出先にも持っていける。

自分用作業手順メモ
いきなりチェーンを切るのではなく、ついているチェーンをインナーギアからさらに内側に外す。
(いきなり切ると、テンションがかかったチェーンがちゅるん、とシートステーなどに当たって、カーボンに傷、ひびが入る恐れがある。)
ピンを押し出しチェーンを切る。
新しいチェーンを、外したチェーンと並べる。
古いチェーンと同じ駒数で、新しいチェーンの余分を切る。
新しいチェーンをかける。
プーリー周りのかけ方に注意する。
(チェーンの駒にインナーアウターがあるから、説明書の図と同じようにチェーンをかける。)
チェーンをつなぐ。ピンを押し込む時、
手ごたえがなくなったら、それ以上工具を回さない。
つないだところをくにゃくにゃしごく。
出来た。

私は自転車いじりが苦手である。
バーテープ交換、タイヤチューブリムテープ交換、チェーン交換程度ができて、
ディレイラー調整、ワイヤー交換、ベアリング関係は出来ない。
機会があればできるようになりたいとは思っているのだが。
============================================
2010/2/24
水曜日。晴れ。
今日はオリンピック女子フィギュアスケートSPの日。
花粉が飛んでいる。目がかゆい。こすらないよう意識しないと、こすって目の周囲が腫れたり充血したりする。そうすると大変なイケメンが台無しである。

朝トレ目覚ましで起きる。
昨日はさぼってしまった。
今日は寝覚めは良い。
諸々の準備をし、ストレッチをしてローラーへ。

ローラー88min
ウォーミングアップは軽いギアをゆっくり回す。
足が回ってくるとインナー6速。
ケイデンスは95+を意識。
心拍は特に意識せず、多少のきつさを感じても回す。
心拍は145~150で推移。
平均ケイデンス94 平均心拍140で終了。

オリンピック女子スキークロスを見ながら。
この種目はバンクーバーから採用された新種目。
斜面を4名の選手が滑り、上位2名勝ち抜き。
転倒が多く、大変エキサイティング。

こいでいるときはややきつさを感じ、80分が長く感じられた。
自転車から降りると、意外と疲れを感じなかった。
鏡の前で気付いたが、体から湯気が出ていた。


通勤は歩き。
ひげそりを忘れてしまった。
大変スタイリッシュなイケメンが、ワイルドなイケメンになってしまった。
それはそれでよいだろう。
行き交うOLだ、女子大生だの黄色い声が頭に響く、気がした。
1時間ほど歩いて会社着。
きついとは言わないが、結構疲れる。

Swim1750m
歩いてプール着。
引き続きプルを意識。
水面近くに浮かぶように。
今日は水中メガネに水が入って、何度も装着しなおした。
いろいろと水のかきかたも試行錯誤してみる。
まずまず充実したSwimトレではないかと思われる。

PUBLISH POSTボタンをクリックする時点では、体各部に違和感はない。
仕事上のいざこざが精神的に影響しているが、こういうものをコントロールできるようにならないと、だ。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 88min 固定ローラー 
Swim 1750m

2.23.2010

ストリームライン、ストローク数

悲しくなるくらいSwimの進歩がない。
進歩の実感が皆無なので、よし、がんばって泳いでタイムを計ってみようか、という気にもならない。

2009年12月にSwimを始めてから、今までただ漫然と特に意識を持たず泳いできた。
このままでは進歩がないので、いろいろと試行錯誤をしている。
しかし、まるでうまくいかない。

そこで人様のブログや、サイトを参考にしてみる。
ストリームライン、とか、ストローク数、といった、言葉を人様のトライアスロンブログ等で見かける。
ストリームラインは水の抵抗の少ない体勢に関する言葉で、ストローク数は、一定の距離を何回水をかいて到達したか、という数字であるようだ。

水の抵抗は少ないほうがいいに決まっている。
横から見たとき、水面近くを一直線になるように泳ぐのがいいのだろう。
これは分かる。
できないが。

ではス トローク数は多いほうがいいのだろうか、少ないほうがいいのだろうか。
私の経験上では少ないほうが息が上がらずいいような気がするが、これ は素人の浅知恵であるから、自分の経験を信じてはいけない。
Google検索してみると、一般的にはストローク数は少ないほうがよいという感じがあるが、そんなに単純な話でもないようだ。
体格、フォーム、筋力、距離、ペース、様々な条件があって、一概にこうすべし、という万能解答はない。
ただ、万能解答はない、と言える人は、ストローク数が少ない効率的な泳ぎがある程度できるようになった人で、私のような素人はまずはストローク数を少なくする努力をすべきだろう。

今の私は、25mをクロールで泳ぐと、おおよそ18から22回水をかいている。
スピードを落とさないようにストローク数を減らすための試行錯誤をしてみることにする。
====================================
2010/2/23
火曜日。晴れ。

朝トレ目覚ましを止めて二度寝してしまう。
眠かったというのもあるが、そう疲労を感じていたわけでもなく、誘惑に負けた。
まだ膝が十分回復していないだろうから、休養になったと思うことにする。

会社まで歩いていく。
往路と復路合わせて15km以上歩くことになる。
基礎体力の低下は多少は防げるかもしれない。

Swim1650m
歩いてプールへ。
プールは比較的空いていて、一定ペースで泳げた。
水を飲んだりしたものの、楽しく泳げた。
引き続きプル(?)を意識して。
1500mを33分前後と思われる。

朝ローラーをさぼり、膝が悪くてRunができないため、トレーニングがSwimだけになってしまった。

投稿を公開ボタンをクリックする時点では膝に問題はない。
順調に回復している。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1650m

2.22.2010

第17週 左膝回復に努めRunを再開したい

第17週
トライアスロンを始めて17週目となった。

---第16週まとめ---
先週は、右膝が直ったと思ったところで左膝に違和感がでた。
素人判断であるが、Runの衝撃が膝にダメージを与え、そのダメージの蓄積が、回復を上回ったために出たものではないかと思う。
足ができていないのに距離を走りすぎた」と思われる。
幸い深刻なものではなく日常生活には支障がない。
関節が疲労した」という表現があるとしたら、それであろう。
右膝がよくなったら左膝であったので、第16週の目標は全く達成できていない。
ただ「足ができていないのに距離を走りすぎて関節が疲労し、違和感がでた」のであれば、トレーニングの負荷や量の調整をする重要性を認識できたという点で、それなりの収穫である。

走れなくなった一方でBikeトレーニングを再開できた。
ペダリングをしても左膝にダメージがあまりないようだ。
70kmと短いものの実走もできた(落車したが・・・)
Bikeに乗れることが、楽しくうれしいものだと再認識した。

Swimについては低空飛行ながら安定してトレーニングできている。
まるで進歩を感じない。
リサ・ステッグマイヤーが「スイムは筋力より技術」と言っていたが、なるほどそうなのだろう。
私には技術がない。筋力もないが。
試行錯誤中である。

今週は左膝の回復を優先して、できればRunを再開したいところだ。
============================================
2010/2/22
月曜日。曇り。
嫌な夢を見る。ロストジェネレーションの苦境をなぞるような夢。
朝トレ目覚ましで起きる。
寝覚めはよい方。
花粉の影響か目がかゆい。
落車の痛みは引き続きある。首、ひじ、右足付け根。
ボトルに水を入れ、TVを起動し、心拍バンドをつける。
ストレッチに少し多めの時間をとる。

ローラー87min
ウォーミングアップとして15分程度はゆっくりこぐ。
しばらくすると足が動くようになる。
足に負担をかけたくないので軽めのインナー5速。
ケイデンス95+を意識するほかは、きつくならない範囲でこぐ。
チャンネルザッピングをしながら。
下平さやかは白い服に鶯色のストッキングというなかなか奇抜なカラーリング。
オリンピック放送がよい退屈しのぎになる。
長崎県知事選で野党系候補が勝ち、タイガー・ウッズの不倫してごめんなさい会見がアメリカメディアの間では酷評されているそうだ。
心拍は145前後ケイデンスは97前後で推移。
心拍が高い気がしたが、きつさや疲れは全く感じなかった。
87分こいで朝ローラー終了。
左右とも膝に異常なし。

通勤は全行程を歩く。まだ左膝を回復させたいから走らない。
走らないので時間がかかる。歩いているだけだから楽ということもなく、それなりに足が疲労する。
LSD的効果が得られるような気がしないでもない。
昨日、往路復路全行程を歩いたが、左膝にダメージがなかった。
歩くことは問題がないようだ。

Swim1750m
プールは比較的空いていて、特に前が詰まったり後ろが詰まったりということなく、またとまることなく泳げた。
ブレスと反対の腕が沈まないようプル(?)を意識。
楽な範囲よりも少しがんばって泳いだ。
息が上がる手前。
1500mを35分弱程度(あまり正確に測ってはいないが、目安程度)。
飽きることなく集中して泳げた。

風呂に入り、歩いて帰宅。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 87min 固定ローラー 
Swim 1750m

2.21.2010

シェイカーが欲しいのである

粉末プロテインと水を入れてシャカシャカ振ってまぜまぜする容器が欲しい。
名前をなんというか知らないが、シェイカーという名前かもしれない。
じゃあ、バーテンがカクテルをシャカシャカする銀色の容器はなんて名前だろうか。
あれこそシェイカーというのではないだろうか。

今は粉末プロテインを水の入ったコップに入れて、指でまぜまぜしている。
指にもプロテインがつくので、それをなめなめしている。
私は大変にスタイリッシュなイケメンであるので、
その私が指でまぜまぜして指をなめなめするのは問題があるのだ。
そうであるから、あの容器が欲しいのである。
==============================================
2010/2/21
日曜日。晴れ。
落車で打ったひじと腰が痛い。
加えて、首も痛い。
首は筋肉が痛む感じで、深刻ではないはず。

オリンピックを見ていると、氷上種目で頻繁に転倒シーンがある。
氷はコンクリートと同等の硬さであろうから、転倒すると相当痛いはずである。
フィギュアの選手は青あざが絶えないのではなかろうか。

ここ数日Bikeローラー、実走して、右膝に痛みが出なかった。
またRunでダメージがあった左膝に負担もかからないようだ。
これでBikeトレーニングを再開できそうなので、うれしい。
今朝は大事をとって朝トレはなし。

歩いて出社。
ウォーキングならば左膝にダメージはないようで、違和感は出ない。
また、左膝のダメージも、なんとなく回復している気がする。
もう少ししたらRunを再開してみたい。
自宅から会社まで走らずに歩いて行ったのは初めてである。

Swim1500m
歩いてプールへ。
首が痛いのでブレスに若干支障がある。
首をひねったり持ち上げたりすると痛む。
左頸動脈のあたり。
日曜日でプールは混雑していた。
思うように続けて泳げなかった。
淡々とは泳げないので、試しにかきの回転を上げたり、かきの水中でのスピードを上げたりしてみたが、疲れるだけで速くはなっていない気がする。
Swimは難しい。

風呂に入り、歩いて帰宅。
--------------------------------------------------------------------------
Swim 1500m

2.20.2010

2010/2/20 落車した

2010/2/20
土曜日。晴れ。
寒くはない。
今日は落車した。

昨晩ナウシカを終わりまで見たので、私にしては夜更かしになる。
今朝は鳴っている目覚ましを止めて、寝ていられるだけ寝た。
起きた後、プールへ行くかローラーするかBike実走するか悩み、Bike実走することにした。
プールは12時間前に行ったからローラーか実走か。ローラーなら膝が痛くなったらすぐに終了できるが、Bike実走はそうはいかない。それでも無理なペダリングをしなければ問題なかろうと実走。

Bike70km実走
膝に負担をかけたくないので坂は避ける。
荒川下流へ。久しぶりだ。
土曜、いい天気であったので荒川は混み合っていた。
野球、サッカー、犬、シニア、サイクリスト、ランナー。
右岸ではマラソン大会があるのだろうか、給水所が設置され紙コップが並んでいた。
平井大橋から中州に移り河口のほうへ。
平井大橋からスカイツリーが見えた。写真ではスカイツリーよりも40㌔制限の標識のほうが高く見えるが、スカイツリーは遠方、標識はすぐそばに位置しているので、単純な比較はできない。一般常識からするとスカイツリーのほうが高いと考えるのが自然である。

河口方面へ。行き止まりにはテトラポッド。
川が広くなり海無し県人には新鮮な光景。
水を舐めれば塩味だろうか。汽水域だろうか。
今日は膝痛後初実走。長距離は走らず、ここで折り返して帰る。
中州でTTバイクに乗った人を見かけた。
ディスクホイールや、ディープリムホイールであった。
私もあのようなバイクとホイールが欲しい。
帰路は中州を北上してみる。
道なりに進むと荒川左岸に移行する。
左岸は工事箇所が多く、また、野球ボール、サッカーボールが飛び交い危険であった。
工事箇所の路面の多くは非舗装であった。
写真はないが、工事箇所非舗装で落車した。
プラスチックの輪切り状のものが規則的に並べられているような路面状況で前輪を取られ、右に倒れた。
左ペダルは外していたが右は外しておらず、転んだ。
右足付け根、右ひじ、右手のひらを打った。
それぞれ、腫れた。
工事警備員や周囲の自転車乗りの視線が痛かった。

交通事故ではないので、精神的ショックはそれほどでもなかった。
路面変化にハンドルを取られて黒塗りベンツ様に倒れこむ、といった悲劇に比べると、軽微といえよう。
などと、自分を慰めながら帰路を進む。

どうもリア変速の調子がよくない。
以前から調子はよくなかったが、さらに悪化した。
ディレイラーに土がついているので打ったのだろう。
インナーローに入れてみると、スポーク側にチェーンが落ちた。
後ろでチェーンがガチャガチャいってペダルが回せない。
あわてて左ペダルを外して足をつく。
また転ぶところであった。あぶないあぶない。
1日に2度転んだとしたら、もう、私は精神的ショックで、髪の毛が抜けてしまうだろう。

スポーク側にチェーンが落ちるのはよろしくない。
自転車店に持ち込み調整を頼む。
調整はできたが、ホイールがふれている、と自転車店スタッフはいう。
確かにホイールを回すとブレている。
鳩山首相の言動のように。
ホイールのふれも調整してもらう。

落車で打撲になったが、左も右も膝に痛みも違和感も出なかった。
よかった。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 70km 実走

2.19.2010

恐る恐る朝ローラー60min

2010/2/19 金曜日。晴れ。

ローラー60min
朝トレ用目覚ましで起きる。
朝にローラーするのは先週の火曜日、膝が痛くなって以来。
心拍バンドを付けて、レーパンをはいて、ドリンクを用意してローラー。
ウォーミングアップは長めに、下平さやかは灰色に。
負荷は低め。インナー5速でケイデンスを90+
心拍も130程度までしか上げない。
チャンネルザッピングでオリンピックを見る。
女子スピードスケート1000m、空力姿勢がかっこいい。
右膝の違和感が出ないことを祈りながらペダルをこぐ。
今日は少なめの60分。無理をしてもいけない。
左膝は運動後にダメージが違和感となって出る。
運動中は気付かない。時間は少なめで。
右膝は大丈夫であった。
平均心拍117 平均ケイデンス90

ローラー後、左膝の違和感も出なかった(過剰警戒的にいえばかすかに違和感を感じたような気がするが、この程度で違和感が出た、と言えば何もできなくなるのでそれはそれで問題がある)。
ローラーできるのがありがたい、と思った。

シャワーを浴びて出勤。通勤Runはしない。
晴れていて走りたくなるが、左膝を休ませたい。
今日走って得られる利益より、左膝を休ませることの利益の方が大きい(と思われる)。

Swim1500m
歩いてプールへ。
昨日たくさん泳いだので、今日は緩めに泳ぐ。
水をかく際に左ひじに違和感を感じる。軽い痛み。
まあ、このところたくさん泳いでいるので、多少は痛むこともあるだろう。
フォームに気をつけてできるだけ水面に体が浮かぶように。
頭上に伸ばした腕が、惰性で沈まないよう意識してみる。
惰性で沈まなければ、伸ばした腕が肩の下辺りにくるまでに水をかける(プルというのだろうか?)。
仮にこれをプルと呼ぶとして、プルを意識。
右ブレスなら左腕、左ブレスなら右腕が伸ばした際、水面から沈みがちであるが、沈むとプルができず、もったいない気がするが、素人考えかもしれない。試行錯誤してみるが、まったくうまくいかない。

ナウシカが始まる。投稿を公開ボタンをクリック。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 60min 固定ローラー 
Swim 1500m

2.18.2010

久々ローラー 左膝違和感3日目

2010/2/18
木曜日。雪。

少し積もった。
今年は雪が多い。

Swim3000m
左膝がよくないし、膝を休養させたいので車でプールへ行く。
Swimは進歩がなく、難しいと感じているが、持久力だけはついている気がする。
1500mであれば特に気を張らなくても泳げるようになった。
最近は手、頭、腰、足先が水面近くに浮かぶようにフォームを意識している。
また、水のかきを大きくするようにしている(ひとかきで出来るだけたくさん進むように)。
今日はSwimくらいしかトレーニングできないだろうから、多少心拍が上がって疲れても気にしない。
2500m続けて泳いでドリンクを飲む。もう500m泳いで合計3000m。
コースをほとんど独占できて、止まる必要がなかった。
ドリンクを飲むために一旦水からあがった以外は休むことなく泳げた。
1h5m程度。

泳いだ後すき屋へ。並豚汁サラダ440円。今日のすき屋は不調である。決しておいしくはなかった。米の炊き具合か、炊いた後の保存状態が悪いのか、米がまずかった。


ローラー30min
最後に自転車に乗ったのはローラーで、もう1週間以上前だ。
これだけ自転車に乗っていないのは、(自転車に乗り始めてからは)初めてである。
最後にローラーに乗ったとき、右膝に痛みを感じて、ローラーを降りた。
その後、右膝は順調によくなり、今では自転車に乗っても大丈夫だと思う。
そう思い始めた時、今度は左膝が痛くなった
左膝の方はRunが原因と思われ、走っているときには感じないが、走り終わった後、違和感と痛みが出る。ウォーキングではほとんどその違和感がでないことから、Run時に起こる地面との強い衝撃がダメージとなり、膝に違和感となっていると思われる。

ウォーキングで違和感が出ないのであるから、ローラーをしてもひょっとすると膝にダメージがないかもしれない。少しローラーに乗って試してみる。
軽い負荷で30minだけ。
インナー5速でくるくる回す。
こいでいる間は右膝に問題なし。OK!

左膝違和感は、運動後にでるのであるが、ローラー後には出なかった。
ローラーをこいでいる間、特に膝への衝撃は感じなかった。
自転車のトレーニングを再開できそうだ。よかった。
--------------------------------------------------------------------------
ローラー 30min
Swim 3000m

2.17.2010

通勤Run停止 左膝違和感2日目

2010/2/17
水曜日。曇り。寒い。
カナダでは冬季オリンピックをやっており、盛り上がっている。

朝起きて、膝の具合を確認する。
右も左も痛みはない。
左に若干の違和感がある程度。

今日は朝の通勤Runをしないことにする。
膝にダメージがあり、走った後に痛みと違和感が出る。
今日も、走れば問題なく走れるだろうが、ダメージを蓄積することになるだろう。

今後は痛みや違和感が出なくなるまでは休養または低負荷とする。
その後はRunのトレーニング量を減らして様子を見ることになるだろう。

午後、所用でさいたま新摩天楼へ行った。
この景色は、荒川CR田んぼゾーンから見たいものだ。
そろそろBikeに乗りたい。その前にローラーで膝の具合を確かめてからだ。
Bikeに1週間乗っていないし、今後しばらくはRunもできない。
スタミナもモチベーションもあるのに、トレーニングできないというのは、残念である。

膝が痛いとかどこかが痛いというのはトレーニングの量が多いか、負荷が強すぎるのだろう。特に素人の場合は。
体がまだトレーニングに対応できるものになっていないのに、身体の強度を超えたトレーニングをするから痛みとなって出る、というメカニズムのはずである。

Swim1800m
歩いてプールへ行く。
ウォーキングであればそれほど膝にダメージがないと思われる。
負荷が低く寒いのでそれ用のウェアで。
いろいろと考えながら泳いでみる。
フォームはどうだろうか、腕のかきはどうだろうか、回転数はどうだろうか。
さっぱりうまくいかない。
Swimは難しい。

風呂で足をマッサージ。歩いて帰宅。
やはり、歩く程度であれば、膝へのダメージはあまりないようだ。
--------------------------------------------------------------------------
Swim1800m

2.16.2010

トライアスロンバイクが欲しいのである-その3

私はRunに自信がなく、走るのが怖い。
トライアスロンバイクを買ったはいいが、膝が痛くて走れなくなりました、走れないのでトライアスロンをあきらめましたというのが嫌なので、まだトライアスロンバイクを買っていない。

しかし、ここ最近は少しずつ自信がついてきた。5kmや6kmといった距離であれば、いまでは構えることなく走れるようになった。
膝痛の原因は一概にこれ、と特定できるほど単純でないが、筋力不足が膝痛の原因である場合がある。Runは地面とのインパクトが強く体に負担がかかる種目であるが、そのインパクトをある程度吸収できるだけの筋力がついてきたのかもしれない。

ただ、先日はローラー中に膝の痛みを感じて、数日は運動できず、その後1週間ほどBikeに乗れなかった(今も乗れていないがそろそろ乗ってもよさそう)。原因は分からないが、「走れない」じゃなくて「こげない」とは思わなかった。
さらに右膝の具合が良くなった途端に今度は左膝に違和感が出た。
今のところ走れないほどではなく、強い痛みが出るわけではないので、様子を見ているところであるが、なかなか万全の体調というわけにはいかない。
トライアスロンバイクが欲しいという気持ちも、特に足に不調が出ているときには、なかなか気乗りしない。

トライアスロンバイクに乗って練習したいという気持ちよりも、膝への不安が勝ってしまって気分的にも明るいものではない。
トライアスロンバイク購入は金銭、置くスペースは勿論、トライアスロンへの長期的モチベーション、そして安定的継続的にトレーニングを積める肉体が必要だと強く感じる。

=============================================
2010/2/16
火曜日。天気は悪い。夜に雨か雪。
昨日感じていた左膝の違和感は、寝ている間にずいぶん緩和した。
朝にはわずかに違和感を感じる程度であった。

また、先週痛んだ右膝は違和感も痛みもなくなった。
Bikeをこいでみないと分からないが、ひとまず治ったと言っていいと思う。

通勤Run7000m
路面が濡れている。夜に雨か雪だそうだ。
このところ天気が悪い。今年は雪が多い。
今日は念入りにストレッチをして出発。
走りだしてから2kmくらいまではウォーミングアップでペースをゆっくり。
楽な範囲で走ってペースは5:25~35位で推移。
膝に問題を感じることなく7000m終了。

走り終えてから1時間くらいたつと、左膝お皿の下あたり(足首の方)に違和感。痛み。
昨日は膝の外側、と感じたが、どうやら膝の前方やや下部である。
曲げたり伸ばしたりストレッチすると、一時的に緩和する。
また、昨日の夜、今日の朝と走っているときには特にそこに違和感はない。
歩いたり動いたりしていると、違和感は消える。
デスクワーク等膝が動かないでいると、違和感が戻ってくる。
これはなんなのだろうか。

膝に不安があると、トライアスロンバイクが欲しい、という気持ちも萎える
トレーニングがんばるぞー!というより、膝が・・・という気持ちになってしまう。

普段はプールまで走るが、今日は左膝に違和感があるため歩いていく。
走るよりも歩いたほうが負担は少ないはず。
負担を減らして様子をみることにする。

Swim1750m
膝が不安でも、キックを控えれば十分泳げるし、膝への負担もほぼ皆無と思われる。
きつさを感じない程度に頑張って水をかく。
どうやったら楽に泳げるか、速く泳げるかいろいろと試行錯誤するが、うまくいかない。

風呂に入って足をもんだりさすったり。
ジムを出ると、みぞれであった。
非常に寒く、合羽を着ていないと手足の感覚が麻痺する寒さ。
歩いて帰宅。歩いているときは膝の調子はよい。
動いているときには違和感はない。
右膝が治ったかなと思ったら左膝に違和感。
帰路はここ1年くらい感じたことのないような暗い気分になった。
天候が影響しているのかもしれない。
涙こそでないものの、悲しみに似た暗さであった。

「投稿を公開」ボタンをクリックする時には左膝の違和感が戻ってくる。
走った後ほどの違和感ではないから、やはり膝への衝撃、負荷に応じてのダメージが違和感として出ているようだ。
-------------------------------------------------------------------------- 
Run 朝7000m  合計7000m
Swim 1750m

2.15.2010

第16週 通勤Run7000mに引き上げ

新しい週。
第16週となった。
通勤Run距離を6500mから7000mに引き上げる。
復路はプールまでのRunで距離は4km程度。合わせて11kmを通勤日には走ることになる。
ウォーキングも含めれば一日に結構な距離を足で移動していることになる。
その割には通勤で疲労はあまり感じない。
負荷の弱い運動に対するスタミナはついてきたかもしれない。

---第15週まとめ---
先週の目標「9kmを5:40で走る」は、昨日クリアしたが、先週は「右膝痛」が出てしまったため、思うようにトレーニングできず、充実した一週間であったとはいえない。
とりわけ膝の痛みを感じるBikeはほとんどトレーニングできなかった。
ここ数日は膝の痛みもなくなり、順調に回復しているが、油断はできない。
幸い、RunとSwimをするには膝にそれほど影響しないようだ。

Bikeに乗りたい。昨日プールから帰る際、DE ROSAに乗った人を見かけた。
いいな、私も自転車に乗りたな、と思った。

今週の目標を設定しておく。

  • 5:30ペースでRun9000m(時間が許せば2回)
================================================
2010/2/15
月曜日。天気が優れない。
昨日は9000m走って、3000m以上泳いだのに、寝る間際までプロテインを飲むのを忘れた。
正確にはコップに牛乳とプロテインの混ぜ混ぜ飲料を作っておいたのに、飲むのを忘れ、おねんね前の歯磨きの時にその混ぜ混ぜ飲料に気付いた。がっくりきた。運動直後に飲むのがいいよ、と説明書きに書いてあるのだから、運動直後に飲むべきであった。

---右膝痛の7日目状況---
痛みは完全に消えた。
右足に体重がかかっているときに、曲げ伸ばしをすると若干違和感がある。
Run,Swimをしても膝は悪くならず問題はないようである。
そろそろBikeに乗ってみようか、という気になってきた。
朝起きて膝の具合を確かめるのであるが、右膝よりも違和感の強い場所や痛みがある場所もある。右膝に気を取られてそちらのほうに意識が向かないとかえって危ないので注意すべきであろう。

通勤Run7000m
出勤まで寝る。このところおかしな夢を見る。
精神状態がよくないのか、単に暑い寒い蒸れるといった身体的刺激によるものなのか。

今にも雨が降りそうだ。午後から雨らしい。合羽をリュックに入れておく。

今日から7km。順調に距離が伸びていてうれしい。
出発し、少し歩いてから走りだす。
足が軽い。昨日はRun,Swimと頑張ったが、Bikeをこがないと足が軽いのだろうか。
体が温まってきても、調子は上がらず、走りだしとそう変わらない。
5:15前後のラップもあったが、おおむね5:20~30程度。
7000m走って朝通勤Run終了。

J-WAVE別所哲也の番組を聞きながら。
俳優大手渡部篤郎がゲストであった。
映画監督として一本映画を作ったそうだ。

・終了後、左膝外側に違和感と軽い痛み。曲げ伸ばしをすると痛む(特に体重がかかっていると)。曲げ伸ばしをしていると緩和する。しばらくするとまた痛みだす。なんだろう・・・

通勤Run6000m
今日はプール休業日。
雨が降っているため、走るかどうか悩んだが、合羽を着て走ることに。
前述の通り、左膝に違和感と痛みがある。
夕方にはだいぶ緩和したが、「走ると痛くなって、走り終わると緩和してなんともなくなるけれど、走るとまた痛くなる」のを繰り返しながらだんだん悪化するタイプの膝痛もあるようなので、十分観察、注意する。
ダメージを与えないようゆっくり楽なペースを保つこととする。
5:30よりも遅いペース。非常に楽。きつさは感じない。
右膝の具合がよくなったら今度は左膝かと鬱々して帰宅。

「投稿を公開」ボタンをクリックする時点でやはり前述左膝違和感復活。走るとよくないのだろうか。
-------------------------------------------------------------------------- 
Run 朝7000m 夜6000m 合計13000m

2.14.2010

バレンタインデー

バレンタインデー。
私は大変にスタイリッシュなイケメンであるので、バレンタインデーはたくさんの女性から様々な贈り物を送られる。
私は、それはそれは大変にスタイリッシュなイケメンであるので、ハリウッド女優だ、セレブだなんだとたくさんの女性が私にプレゼントを渡すためにやってくる。
たくさんの女性がやってくるため、私の近くにはその女性たちの列ができている。
大変長い列ができてしまって、周囲に迷惑がかかるのじゃないかと案じるが、どうやら周囲の人にはその列が見えないようで、迷惑にはなっていないようだ。一安心である。
また女優だセレブだとなんだとたくさんの女性が来てくれるのは誠に光栄であるが、私は体が一つしかなく、あれをしなければならないし、これもしなければならないし、時間的制約もあるため、その一人一人に満足に対応できず本当に申し訳ない気持ちでいっぱいである。
さらには、「私は歩いて(または走って)帰宅するのであるから、あなたが持ってきてくれたプレゼントは荷物となってしまうのであるから、受け取れないのだ」と説明をするのだが、彼女たちを失望させてしまうのじゃないかと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいである。
私ほどのイケメンともなれば、そのくらいモテてしまって、うれしいというよりもほとんど困るくらいである。
という妄想をした
=================================================
2010/2/14
日曜日。晴れ。

---右膝痛6日目の状況---
痛みは感じなくなり、若干の違和感を感じる程度まで回復した。
昨日よりよくもならないし、悪くもなっていない。
通勤Runを再開して2日経つが、膝にダメージを感じないことから、走っても問題はなさそうだ。
Swimが終わり帰宅してから、ローラーをこごうかと思ったが、もう少し様子をみて膝を休ませることにした。

Run9000m
第15週の目標の「Run9000mを5:40ペースで走る」ため近所を走る。
9000mという距離は未知の領域で、勿論今回走るのが初めてである。
起きてから水を飲んだが、その他は何も口にせず走る。
体に蓄えられたエネルギーだけで走ってみる。
プール用具を背負って、Run終了後そのままプールへ行くことにする。
右膝が若干不安でもあるし、無理のないペースで走ることにする。
走っているうちに調子に乗ってペースを上げてしまう傾向があるが、今日はその辺りをコントロールして、ペースを守りたい。
5:30~40程度を意識して走る。
ForeAthlete205は特に距離などを設定せず、単にスタートとストップで計測するだけとする。

昨夜降った雪がうっすらと積もっていた。
一部で凍結していたが走るのにはほとんど問題ない。
最初の1kmは5:35くらいだったが、次第にペースがあがる。
きつくもなく楽でもないペースで走っていると5:15くらいまでペースがあがってしまう。
終盤は少しペースを落とす意識を混ぜながらRun9000m終了。
今週の目標達成。
ForeAthlete205によると48m15s

Swim 3250m
朝、ほとんど何も口にしなかったのでジムでドリンクを買ってカロリー補給。
特に目的を定めず泳ぐ。
日曜日でプールは混んでいた。
90%がシニア層であった。
力を込めて水をかく。
心拍がやや上がってもがんばって泳ぐ。
途中でドリンクを飲んだりした時間も含めて1h15m。

初めて3000m以上を泳いだ。
ほどよい疲れ、またはそれよりももう少し疲れた。
がんばってトレーニングをしたぞ、という気になった。
午後には疲れからか、眠くなるほどであった。
-------------------------------------------------------------------------- 
Run 9000m 48m15s
Swim 3250m 1h15m

2.13.2010

右膝痛5日目 だいぶ良くなった

2010/2/13

---右膝痛5日目の状況---
土曜日。雪。寒い。
出勤時間まで寝る。
右膝の具合を確かめる。
痛みはもうなくなった。
軽い違和感を感じる程度にまで回復した。
負荷をかけると、ぶり返しそうな感覚はある。
昨日、通勤Runを再開したが、膝は悪化していない。
通勤程度であれば問題なさそうだ。

通勤Run6500m
小雪がちらついている。
雨合羽を着て出発。
雨合羽が透明なので、合羽の下につけたForeAthlete205の画面が見える。
建物の中や陸橋など上方に大きな遮蔽物がなければGPSが働いてくれる。
ペースと距離をかなり正確に把握できる点がよい。
走る際にはForeAthlete205が手放せなくなった。

昨日は足が鉛のように重かったが、今日は普通に走れた。
走りだして15分もすると体が動くようになって最後の1kmは5:10程度のペースとなった。

雪が降っている位の寒さであるのだが、雨合羽を着て走ると汗が出るほど暑い。
また、濡れるのを嫌って合羽を着たのに、汗で蒸れて合羽内部が一番濡れた。
合羽を脱ぐと汗が冷えて冷たかった。
膝にダメージを感じることなく6500m終了。

プールまでRun4000m
4kmと短い距離であるがプールまで走る。
もう少し長い距離を走りたいが、泳ぐ時間と睡眠時間から逆算すると時間的に厳しい。
ペースは5:30程度を意識。
調子良く走ってプール着。

Swim 1750m
土曜日でプールは混んでいた。
今日は集中して泳げた。
フォームや水のかきをいろいろと試行錯誤するが、うまく行かない。
止まったり休んだりすることなく1750m泳いで終了。

風呂に入り右膝をもんでさすって曲げてのばしていたわる。
歩いて帰宅。
--------------------------------------------------------------------------
Run 朝6500m 夜4000m 合計10500m
Swim 1750m

2.12.2010

通勤Run再開 膝痛4日目

2010/2/12
金曜日。曇り。寒い。

---膝痛4日目の状況---
右膝の痛みが出たのでおととい昨日と運動をしない休養日とした。
今朝、右膝の具合を確かめる。
膝を曲げた状態で体重をかける。
違和感があるが、痛みはほとんどない。
負荷をかければ痛みがぶり返すだろう感覚がある。
昨日と状態は変わっていない。
しばらくBikeはこげないだろう。

走っているときには膝がそれほど曲がらないので支障はない。
今日は通勤Runを再開し、膝の具合を観察する。

通勤Run6500m
昨夜、雨か雪が降ったようで、路面は濡れている。
また小雨がちらついているが、濡れるほどではない。
ForeAthlete205をチロリンとonにして、出発。
丸二日、全く運動をしていないから疲れが取れ、今日はさぞや調子がよいだろうと思っていたが、調子がよいどころか、走りだすとすねの筋肉がとてもきつい。
ここまで足がきついのは久しぶりである。
心肺や蓄積疲労はそうとうに回復して調子がよいのだが、足が重い、きつい、鉛のよう。
体重が10kgほど増えたような感じ。

ペースは5:25前後で推移した。
終盤はいくらかきつさがやわらいだが、楽に走れた、とは言えない。
余力は十分で6500m終了。
無意識に膝をかばうような走り方をしたから足がきつかったのだろうか?

プールまでRun4000m
終業後プールへ。
朝より少しペースを落とす。5:30〜40程度。
ペースが云々ということよりも今は膝に負荷をかけないようにして、できるだけ早い時期に「安定的継続的にトレーニングをできる」ようにすることを心がけたい。
朝よりは調子が良いが、決して楽ではなく、体は重い。

Swim 1750m
多少力を込めて水をかく。
足に負担をかけたくないのでバタ足は控えめに、腕の水かきは強めに。
あまり集中できなかった。
水中メガネに水が入ったり、耳に水が入ったりしたのも集中力を削いだ。

風呂で足をもんだりさすったりストレッチして、いたわってみる。
歩いて帰宅。

「投稿を公開」ボタンをクリックする時点では膝にダメージを感じないが、あす以降どうなるかは分からない、という不安がある。
--------------------------------------------------------------------------
Run 朝6500m 夜4000m 合計10500m
Swim 1750m

2.11.2010

2010/2/11 右膝痛3日目 休養

2010/2/11
木曜日。祝日。
起きて膝の具合を確かめる。
ずいぶん良くなった。
順調に回復している。

RunやSwimをしても全く問題なさそうであるが、回復を遅らせたり、違和感を長引かせると、かえって将来のトレーニングの量、質が落ちそうである。
今日10のトレーニングをしたがために将来20のトレーニングを出来なくなったらつまらない。

膝の痛みもそうだが、足の疲れもリセットしたい。
今日も休養をとることにする。
天気も悪く、好都合だ、と考えればよい。

二度寝三度寝をする。
久しぶりに10時間以上寝た。

すき屋さいたま領家店がオープンした、という情報を得た。
私はそこへ昼前に行った。
牛丼並、サラダ、豚汁がセットで440円であった。

その後書店でアメリカのハードボイルド探偵小説を買った。

家に帰りその本を読んだ。
よい休日、休養となった。
--------------------------------------------------------------------------
右膝痛のため休養

2.10.2010

2010/2/10 右膝痛2日目 休養日

2010/2/10
水曜日。曇り。
膝の痛み、違和感は、消えない。
ひどくはなっていない。

おとといから右膝内側やや上部の前側にチクリとした痛みを感じ、昨日は痛みが増したのでBikeをこぐのを中止した。
居てもたってもいられず膝痛について調べてみた。
ランナーや自転車乗りの定番は腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)であるそうだが、これは膝の外側が痛むものであるから、今回は関係なさそうだ。
また内側の痛みの定番に鵞足炎(がそくえん)というものがあるそうで、これは膝内側の下部が痛むようだ。私は上部。よく分からない。
なんであれ、休養が大切であることは間違いない。

今のところ私の痛みは耐えがたいものではなく、日常生活には支障がない。
また、軽いRunにも支障がない。
支障がないので昨日は軽めに走ったが、これもよくないのかもしれない。
Bikeをこぐと痛むため、Bikeが原因と思ってはいるが、実はRunが原因である可能性もある。

幸い痛みもまだ軽く、深刻な状況ではない。
またこのところ十分にトレーニングをしていたので今日は大事をとって休養とする。
1/22以来の完全休養
まあ、腹筋とかストレッチくらいはするけれども。

昨日は膝痛のため精神的に動揺したが一晩寝て、だいぶ落ち着いた。
膝痛の有無に関わらず休養をとるべきであったし、運動部位の違和感や痛みはトレーニングについて回るものであるし、そうなった場合の対処を学べばよい。
また、休養すると能力が落ちるのではないか、という不安から運動したくなるが、そういう不安をコントロールするのもまた重要である。

体に不調を感じることなくトレーニングできる、というありがたさを改めて感じている。
健康は失って初めてそのありがたみが分かる、というやつだ。
--------------------------------------------------------------------------
右膝痛のため休養

2.09.2010

2010/2/9 ローラー中に膝痛 憂鬱な日

2010/2/9
火曜日。晴れ。夜に雨かもしれない。
朝トレ目覚ましで起きる。
寝覚めは良い。モチベーションも高い。
ストレッチをし、心拍バンドを装着し、TVをつけ、ドリンクを作ってローラーに乗る。

悲しいかな、今日は憂鬱な一日となる。

ローラー60min
朝だけに体の動きは鈍い。
徐々にペダルを回していく。
20分くらい回していると体が動くようになってくる。
昨日も感じたが、右膝の内側やや上部にチクリした痛み。
こいでいると、そのチクリとした痛みだんだん気になってくる。
試しにダンシング(とは言っても固定ローラー上ではあるが)をしてみると、膝の痛みをより強く感じる。
そのうち痛みが消えるかも、とこいでいると、消えない。
こげないほどの痛みではないが、無理はできまい。
60分こいだところでローラー中止。
食べ過ぎで、とかそういう理由で運動を中止したことはあったが、運動部位の痛みで中止したのは初めてである。
下平さやかが派手な縦じまシャツを着てたが、そんなことはどうでもよい。
膝が痛いのだ。
私は膝の痛みにはとても神経質である。

ストレッチをしてみるも、痛みは消えない。
膝が70~90度くらい曲がっているときに、体重がかかっていると痛む。
空気イス位の角度で痛む。
右足を宙で曲げ伸ばしをしても痛みはない。
痛みは膝がかなり曲がった状態でのみ起きるので、ペダリングに支障があるが、走る分には痛みはでそうにない。

RunやBikeで良く聞く腸脛靭帯炎は膝の外側が痛むのであり、私の右膝は内側が痛むのであるから腸脛靭帯炎ではなさそうだ。
原因は分からない。分からないが、きっと運動が原因であろう。
ペダリングで痛むので自転車が原因かと思うのだが、Runが原因でペダリングで痛む、といったこともありうるかもしれない。
素人判断ではBikeが原因の可能性が7割、Run原因の可能性が2割、その他1割といった感じである。
膝痛は良くストレッチをして、負荷をかけず適度に動かしてやり、運動を控えて痛みがなくなるのを待つのがよいだろう。
数日はBikeに乗らないことにする。

通勤Run6500m
右膝内側の痛みは走るには支障がなさそうだ。
かなりスローなペースで様子をみることにする。
すこしでも違和感が出れば無理をしないこととし、走ってみる。
ウォーキングでは全く支障ない。
ゆっくり走りだす。これも支障ない。
6:00ペースで始まり、終盤は5:40ペース位で推移。
余力十分で6500m終了。
楽に走れ、いつまでも走れそうな感じであったが、気分は最低
憂鬱である
あれこれと嫌な思考が駆け巡る。
膝痛が慢性化するのじゃないか、もう自転車をこげないのじゃないか、故障じゃないか、トライアスロン終了か、アイアンマンの夢はわずかの期間で終わりか、クソみたいな人生にせっかく明るい希望が見えたのに、クソみたいな膝のせいで終わりか、やっぱり人生はクソだ、とか。
ろくなことを考えない。

膝が痛いとはいっても痛みはそれほどでなく、膝痛一般でいえばまだ初期段階である。
また、こっちの膝痛と同じものなのかどうか、定かでない。

数日Bikeをこがず様子を見る。
改善がなければ数日こがず走らず様子を見る。
まだ改善がなければ数日泳がずこがず走らず様子を見る。
それでもだめなら医者に行く。
このところ休養を取っていないので、数日休んでも、いい休養と考えればよい。
ここで焦って無理をして、治りが遅くなったり慢性化してもつまらない。
頭では分かるのだが・・・

プールまでRun4000m
スローペースでプールまでジョギング。
膝の痛みは歩いたり走ったりする分には全く感じない。
気分はよくない。憂鬱。
ひょっとするとRunが原因で膝が痛いのかもしれない。
Runが原因でRunをしていても痛みはないが、Bikeで痛む?
そういうこともあるかもしれない。
この前の土曜日にずいぶん飛ばして走ったな、と思いだした。
何日か経ってから靭帯だか筋肉だかに炎症がおきたのか?
など鬱々と考えながら、プール着。
走っているときには膝に痛みはない。
痛みがないから走っているのだが、痛みの原因が走ることにあったら、走ってもいけなかったのか?

Swim 1500m
バタ足がへたくそで、それが痛みの原因かもしれない。
その可能性はすごく低そうではあるが、皆無ではない。
憂鬱。
Bikeがだめなら今のうちにSwimを頑張ろう!という気には全くならない。
Bikeがダメ、ひょっとするとRunがダメなのかもしれない。
膝がダメなのだから、トライアスロンは不可である。
そうであれば何故、今、塩素漬けになって泳いでいるのか。
時間の無駄ではないのか?
鬱々として、ろくなことを考えない。
トライアスロンが不可なら不可で結構!
膝が痛くて二度と運動できないならそれで結構!
治るのか治らないのか!
答えをくれ!今すぐ!
せっかちな性質なので「待って様子を見る」ということが苦手である。
反面、針小棒大物事を深刻にとらえることは実に得意である。

「しばらく運動を控えて膝の痛みがおさまるまで、上半身でも鍛えよう」と考えればいいのに。
これまで順調に来ていただけに今日は動揺した。
動揺したままをオブラートに包まず投稿しておく。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 60min 固定ローラー 
Run 朝6500m 夜4000m 合計10500m
Swim 1500m

2.08.2010

第15週 通勤Run上限を6500mに引き上げ

月曜となった。新しい週。
通勤Run上限を6500mに引き上げる。
ウォーキングを始めてから15週目。
なぜウォーキングを始めたかといえば、トライアスロンを目指してみようか、という気持ちから。
Runをやるため下準備としてウォーキングから始めた。
どこからトライアスロンを始めたのか、と聞かれればウォーキングを始めたとき、と答えるのが自然かもしれない。
そういうわけで便宜上トライアスロン第15週目としておく。

先週は休むことなく走れた。
土曜には8kmを38m22sで走った。
これは今の自分には出来すぎ以上であるので、今後はもうすこしゆっくりしたペースで走ることにするが、とても充実した一週間であった。

Swimに全く成長を感じないのと違ってRunは順調でうれしい。
今週もまた引き続きこの調子でRunトレーニングをしていきたい。

また今週は雨が降るかもしれない。
雨合羽の準備が必要だ。

今週のRun目標
  • 非通勤日に5:40前後のペースで9kmを走る。
=================================================
2010/2/8
月曜日。晴れ。
嫌な夢を見た。ストレスがたまっているのかもしれない。
朝トレ用目覚ましで起きる。
寝覚めは良いほう。
昨日感じた左足くるぶし付近の痛みは特に感じない。
心拍バンドをつけ、ドリンクを作りローラーに乗る。

ローラー80min
昨日は負荷がかからないようにしたので、疲労感はそれほど感じない。
やや軽めのインナー5速を回す。
こぎだすと右膝内側やや上部に違和感とチクリとした痛み。
ケイデンスは95+、心拍135前後で推移。
今日は80分が長めに感じた。普段よりも退屈を感じた。

テレビ朝日を見ながら。
下平さやかは白い服で、亀田次男坊の歌を褒めていた。

平均心拍130 平均ケイデンス96
負荷はちょうどいいくらいかな、と思った。

通勤Run6500m
シャワーを浴びて出勤。
今日から500m、走る距離を伸ばす。
普段のルートではRun前後のウォーキング距離が取れなくなるので、若干ルートを変更する。
疲労をためず、きつさを感じない負荷で走ることにする。

きつさや筋肉の痛みは感じない。
最初の1kmからいいペース。5:30くらい。
気持ちよく走れるペースを維持。
ForeAthlete205のラップは結構いいタイムを刻む。
5:15前後で推移した。
余力十分、疲労をたいして感じず6500m終了。

ランニングシューズを脱ぐと、左足土ふまずと親指の中間あたりに軽い痛みと違和感。
親指を上にそらすと痛みと違和感がでる。歩いたり走ったりするには今のところ問題がないが、注意をしておく。

プールまでRun5000m
足に違和感があるため、念入りにストレッチをして出発。
楽に走れるペースで。
調子良く走れている感じがあるものの、5:30〜40程度のペース。
思ったよりペースが遅い。
余力十分でプール着。

100円ショップで雨合羽をいくつか購入する。
今週は天気が崩れるようだ。
合羽を着れば、雨の日にもRunができる。

Swim 1750m
負荷をかけずに楽に泳げる範囲で淡々と(漫然ともいう)。
今日はプールが空いていてコースを独占できた。
左耳に水がはいり不快。帰宅後も水が耳の奥でじんじんする。
やや退屈を感じながら1750m泳いで終了。
この距離を泳いでもヘロヘロにならず、疲労感もあまりない。
多少は楽に泳げるようにはなったのか。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 80min 固定ローラー 
Run 朝6500m 夜5000m 合計11500m
Swim 1750m

2.07.2010

人様のブログを参考にする

人様のトライアスロンブログを巡回。
2月に入ったので、1月のトレーニングのまとめをしている人もたくさんいる。
そういう人たちの数字を参考にしてみる。
私はトライアスロンを始めて間もないので、人様はたいてい先輩にあたり、大変参考になる。

その比較から、私の1月のトレーニングの量は、少なくないようである。
もちろん量だけの比較に意味はない。
ハードなトレーニングであれば量をこなせなくなるし、
同じ量であれば質が高いほうがよい。
質の高いトレーニングは、長い鍛錬を積んだ上に成り立つ。

今の私は、質という点で低い。
質の高いトレーニングを積むための土台づくりの期間であると認識しているので、
負荷の低いトレーニングをしばらく続けることになる。

また、人様のブログを見ると、距離だけでなく、トレーニングに費やした時間を記録している人もいた。
私は、時間を記録する習慣があまりないので、今後、時間の記録も考えたい。
どこから始まってどこで終わるのか、といったこともあらかじめ決めておかないと、
記録として意味が薄くなってしまうので、そのあたりも考えておくこととする。
着替え、ストレッチ、ウォーミングアップ、クールダウン等を時間に含めるのか否か、とか。
================================================
2010/2/7
日曜日。晴れ。
昨日は疲れから早く寝た。出勤まで寝る。
睡眠は十分。
朝起きると、足と腕に筋肉痛。
左くるぶし下部に痛み。
くるぶし下部の痛みは、ここ1,2ヶ月違和感としてあった場所。
それが今日は痛みとなって出た。
出勤準備をしているうちに痛みが緩和してくる。
通勤Runには問題なさそうなくらいにまで治まる。

通勤Run6000m
昨日のトレーニングが筋肉痛となっている。
負荷が強すぎたのだろう。
今日はペースを落として体に負担をかけないことを意識する。
キロ6分を切る程度で走ることにする。

走りだすと、全身の疲れと痛みを感じる。
ゆっくり走っていても楽、というほどではない。
ペースは5:45前後。
3kmほど走るといくらか走れるようになるが、ペースを上げない。
そのままのペースで6kmを走り終える。
余力は十分。きつさはなかったが、爽快感はなかった。
風が強くて寒いし、ゆっくりペースであるから、厚手のウェアを選択したが、暑かった。

Tokyo FMを聞きながら。
ジョグリスプラスというランナー向け番組。
バナナはカリウムが豊富で、足がつる人によい、と言っていた。
知らなかった。いいことを聞いた。

プールまでRun5000m
朝に感じた疲労感や筋肉痛は夕方にはやわらいだ。
朝のようにゆっくり体に負担のないペースで走る。
途中左足首をくじく。その場では痛かったが、すぐに痛みは治まった。
ねんざにならなければいいけれど。
今日はトレーニングというよりも、体を少し動かしてやる、程度で。
ペースは5:45前後を意識。
5:30〜5:40で推移。
プールまで楽に走って終了。

Swim1750m
昨日の夜、泳ぎに行こうかと思ったが、疲れて眠気を感じたので寝た。
おとといもろくに泳げなかった。

Runに引き続き負荷を低めにして、楽に泳げる範囲で泳ぐ。
泳ぎだすと、頑張ってしまいそうになるが、今日はとにかく楽に泳ぐことを優先。
気持ちよく1750m泳いで終了。
疲労感なし。
風呂に入って帰宅。

おととい感じた精神的疲労、落ち込みは一時的なものであったようだ。

亀田次男坊世界戦を見ながら「投稿を公開」ボタンをクリック。
--------------------------------------------------------------------------
Run 朝6000m 夜5000m 合計11000m
Swim 1750m

2.06.2010

2010/2/6 久々Bike実走 物見山→Run8000m

2010/2/6
土曜日。晴れ。休日。
朝トレ目覚ましで起きる。
天気も路面も問題なさそうだ。
心待ちにしていたBike実走ができる。
1/23以来のBike実走である。

Bike 130km 物見山5周+逆周1
出かける前にいくらか物を食べておく。
空気圧よし、ストレッチよし、補給食よし、ドリンクよし、日焼け止めよし、心拍バンドよし。
今日は物見山周回をしよう。
6:20頃出発。
日が長くなってきたとはいえ、まだ暗い。

荒川CRへの接続は秋が瀬橋を使う。
ここまでは市街地なので特に慎重に運転をする。
空気が澄んでいればここから富士山が見える。
今日もきれいに富士山が見えた。

秋が瀬公園を抜けると国道463号羽根倉橋。
この先は野犬に襲われないことを祈って田んぼゾーンまで。

根拠はないが勘によると気温3℃で、寒いが、耐えられないほどでない。
往路は向かい風。30kmを出すのが難しい。

2時間ちょっとで物見山到着。
チンチロリ~ン♪とセルフ撮影。

補給食を食べ、周回。
5周する。ダンシングを多めに。
土曜であるから自転車乗りがたくさん来ていた。

5周して、休憩。補給食をもぐもぐしてから逆周してそのまま復路へ。
逆周の山村短大坂ではアウター4速でダンシングで上ってみる。
軽いギアを回したほうが速く上れるが、足の筋肉に負荷をかけて筋トレのつもりで。

復路。来た道を戻る。風が強い。追い風となることが多かった。
道中、高校生の駅伝大会をしていた。陸上部のRunはジョギングとは違い、さすがなフォームにさすがなスピードであった。
田んぼゾーンまで戻ると、さいたま新摩天楼が見えてくる。もう一息。
交通安全上いくつか反省点があったが、事故落車立ちゴケをすることなく戻ってこれた。これが何よりである。
今日のBikeトレーニング終了。


Run8000m
ウェアを着替えて、Runの準備。
今日は通勤ではないので復路がない。
通勤Run上限以上の8000mを走ることにする。
これまで8000mを2回走っているが、に問題はない。
昨日は非常に調子が悪く5:30ペースで4kmでもきつかった。
精神的にも走っていて楽しくなく嫌になった。

今日はどうなるかわからないが、ペース5:30で走れれば上出来である。

走りだす。
Bikeの後であるから足には疲労感、使用感がある。
このまま8000mを走るのはきついだろうな、と思った。
自転車のスピード感の影響か、走っていてとても遅く感じる。
足につかれがあってきつかったが、ForeAthlete205のペース表示はずいぶん速い。
ウォームアップの必要がなかったようで、最初の1kmから5分を切るペース。
飛ばし過ぎかな、と思ったが、ペースを無理に落とさず、きつくならない範囲で走ってみる。
風が強いが、RunはBikeほど風の影響を受けない。
運動負荷とウェアのバランスが悪く、やや暑さを感じた。
5分を切るペースで走っていても、ペースがそれほど落ちない。
ただ、8kmに近づくにつれ、きつくなってくる。
8kmを走り終えて38m22s 余力はほとんど感じなかった。
走り終えたときは、「ああ疲れた」という感じであった。
記録よるとラップは 4:58 4:45 4:44 4:49 4:47 4:41 4:51 4:44

今日は飛ばしすぎたな、と感じた。
もうすこしゆっくり余裕をもって走りたい。
今日のトレーニング終了。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 130km 4h58m 実走
Run 8000m

2.05.2010

2010/2/5 通勤Run&Swim 不調

昨日の夕方、久しぶりに折りたたみ自転車に乗った。
天候に恵まれず、外を自転車で走るのも久しぶりである。
2週間ほど実走していない。これだけ間があいたのは、自転車に乗り始めてから初めてである。
マツモトキヨシへ買い物。往復でも数キロ。

私は普段の買い物は自動車を使うことにしている。
事故が怖いので、できるだけ市街地では自転車に乗りたくない
買い物であれば自転車から離れなければならないから、盗まれることがある。
また、昨日は自転車に乗るには路面の状態が良くなかった。
乗らない理由が山盛りであるが、それでも昨日はどうしても自転車に乗りたかった。

どうしても実走したかった理由は、ビンディングペダルを外す感覚を忘れたくなかったのだ。
信号、一時停止、徐行などで左ペダルを外して〜という立ちゴケをしないための動作は、実走でしか経験を積めないので、あまり長く時間が空いてしまうとその辺りの感覚が失われてしまうのじゃないか、と不安になる。
一度気になりだすと、おしまいまでやってしまいたくなる。
鼻をほじりだせば、気の済むまでほじるし、耳かきをはじめればしばらく耳をかく。
ある人の名前を思い出せないと気になるので思い出すまで悶々とする。
ビンディングペダルの感覚を忘れたのじゃないか、と思いはじめれば、実際に確認したくなる。
私はそういう性質なのだ。
そんなわけで昨日は自転車に乗った。
ビングィング脱着の感覚はまだ忘れていなかった。
よかった。
================================================
2010/2/5
金曜日。晴れ。
昨晩、寝るのが遅かったので、今朝は出勤まで寝る。
上半身が少し筋肉痛。Swimが効いているのだろう。
筋肉痛があると、頑張った気がしてうれしい。

通勤Run6000m
冷えている。息が白く、水たまりは凍っている。
ForeAthlete205を腕にはめて出勤。
Garmin製品は初めてであるが、使いやすく、とても満足している。
Macでもソフトがつかえるので、大変ありがたい。
ゆっくり走りだす。3kmくらいまでは体がまだ寝ている感じ。
すねの筋肉にやや痛みときつさがあった。
次第に調子がよくなり走れるようになる。
ペースは5:30程度で始まり、最後は5:15程度まで上がった。
このくらいのペースだときつくなるすこし手前、という感じ。
6000mまで走って朝通勤Run終了。

プールまでRun4000m
ForeAthlete205は1kmごとにラップタイムを表示してくれる(ように設定している)し、そのつど画面が光ってくれるので夜でも見やすくてよい。
今日は5:30ペースで楽に走ろう、と思ったが、5:30を維持するのが精一杯で、きつく感じた。
4kmであったが、つらかった。
また、精神的にも走っていてつらかった。
調子が悪い、ということなのかもしれない。
プール着。

Swim 700m
右腕を上げると肩に違和感があったため、今日はプールに行こうかどうか迷った。
大事を取って休養にあてるべきかと思ったが、右肩をぐるぐる回しているうちに違和感が薄れたため泳ぐことに。
さきほどのRun同様泳ぎだしても全然楽しくない。
泳いでもやる気がでない。
きつさはないが、無気力状態に。
700m泳いで終了。多分これまでで一番短い距離。
風呂に入ると普段なら生き返った心地がするが、今日はそういう気分的回復もなし。
調子が悪いのかもしれない。

歩いて帰宅。
帰宅後、改めて今日を振り返ってみると、仕事上で起きた出来事が、憂鬱を引き起こすタイプの出来事であったから、それが精神的にダウンさせたのかもしれない。
--------------------------------------------------------------------------
Run 朝6000m 夜4000m 合計10000m
Swim 700m

2.04.2010

2010/2/4 積雪 路面凍結

2010/2/4
木曜日。休日。晴れ。
昨日の雪が思ったよりも降り続き、少し積もった。
また、気温が下がったようで、路面は凍結していた。

このところBike実走できていないので、今日はぜひ外を走りたかった。
天気がよければ物見山周回か、と思っていた。
しかし、今日も実走はできそうもない。

Run8000m
プール用具一式を背負って走る。
今日は通勤はなく、復路がないので8000mを走ることにする。
ペースは5:30で走りたい。
Virtual Trainerという機能を使ってみる。
事前にForeAthlete205に8000m、5:30ペースを設定しておいた。
これは任意の設定の仮想ライバルが画面に表示され、そのライバルと同じであれば、設定タイムの通り、そのライバルより進んでいればリード、遅れていればビハインド、ということになる。
マリオカートなどのレースゲームで半透明のライバルが表示されるが、あれと似たようなものである。
今日の設定は5:30ペースで8000mを走る仮想ライバルが画面に表示されることになる。
なくても構わない機能(走り出した直後に一度Virtual Trainerを表示した。普段の表示に切り替えたあとは、Virtual Trainerはどうでもよくなった)ではあるが、あればあったで楽しい機能である。

雪というか凍結というか、路面状態は悪い。
Bikeはもちろん、歩いていても滑る場合がある。
気をつけて走ることにする。
ペースは5:30を目安に、きつくない程度、気持ちよく走れるペースを維持する。
ForeAthlete205が表示する1kmラップタイムが結構速い。
朝ローラーもしていないし、足が軽かったのかもしれない。
最初の1kmは5:24であったが、だんだんとペースが速くなり、最後の3kmはキロ5分を切った。
それほど飛ばしているつもりはなかったし、無理をしたつもりもなかった。
8000m走ってタイムは40m22s。
自分はそんなに速く走れるはずがないと思っていたので意外。
GPS精度は相当に高いので、数字はかなり正確であるはず。
今日は調子がよかったようだ。
そのまま歩いてプールへ。

Swim2750m
多少力をこめて水をかく。筋トレのつもりで。
時間帯が朝であったので、シニア層がたくさんいたものの、泳いでいるコースをほぼ一人で泳ぐことができた。
途中で止まることもなく泳げた。
2000mほど泳ぐと、左ひじに若干の痛みというか違和感があった。
これまでで一番の距離を泳いだと思う。
風呂に入って帰宅。

ローラー90min
午後には路面が乾いてきた。
しかし日陰は雪が残り、凍結しているところもある。
実走しようか悩んだが、ローラーすることにした。
負荷は普段より若干高めの心拍140+
インナー6速で回す。
ロードレースのDVDを見ながらであったが、DVDの内容はほとんど頭に入ってこない。
60分くらいこいだところで、ドリンクがなくなり、やる気もなくなりかけたが、90分までこげた。
平均心拍139 平均ケイデンス96
今日のトレーニングはこれで終了。
3種とも満足のいくトレーニングであった。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 90min 固定ローラー
Run 8000m
Swim 2750m

2.03.2010

ローラーについて

私は、休日に時間があれば、Bike実走することにしているが、
休日でなければ、朝にローラーをこぐことがある。
疲れていなくて、寝不足でもなければ、こぐことにしている。
使用しているローラーは自転車用品大手ミノウラのVFS-150。
雨の日にもこげるからと購入した。
ローラーを買う前は、朝、実走していた。
トライアスロンを目指す前は、夜も実走していた。
トライアスロンを目指すようになってからは、夜はRun、Swimの時間だ。
今は、天候にかかわらず朝はローラーである。
睡眠時間、出勤時間から逆算すると、朝に取れる時間は最大でも90分程度だ。
この90分を有効に使うには、朝、実走するよりローラーしたほうがよいと思うようになった。
実走するには90分では足りないのである。

私の住むさいたまは、市街地である。
信号、交差点、ブラインドコーナー、生活道路、歩行者、自転車、犬の散歩、自動車が入り乱れる市街地である。
自動車は一部に問題があるにせよ、秩序ある交通となっている。
しかし、犬、歩行者、自転車はルール無用の混沌である。
歩行者や犬に対しては、自転車が気をつけて走らねばならぬが、
自転車がルール無用の走りをしているのが怖い。
逆走並走ヘッドホン携帯二人乗り信号無視。何でもありだ。
一時停止の標識のある見通しの悪い交差点を、
逆走インベタノーブレーキ自転車が駆け巡る市街地。
この混沌は、スポーツ自転車に乗るようになってから気づいたことではあるが、
今は、市街地を自転車で走るのが怖くて仕方がない。
逆走インベタ自転車は、たいていノーヘルで無保険だ。
(聞き取り調査したわけではないが、自転車保険に入っている人は稀と思われる)

そういう市街地では乗る気がしないので、荒川へ、となる。
荒川CRに出るには30分程度かかる。往復で1時間。
朝使える90分のうち、市街地走行が60分というのは、つらい。
私はトライアスロンをしたいのであって、障害物競争をしたいのではない。
いや、障害物競争など、絶対にごめんである、と思うようになった。

その点でローラーは交通事故リスクがゼロで安心だ。
加えて、ローラーの利点は、90分をまるまる有効に使える点である。
市街地走行では、信号待ち、一時停止、徐行などで、時間的なロスがある。
一定ペースで走るという点でも、市街地走行は有効でない。
心拍も上がったり下がったりが忙しい。
ローラーは一定ペース一定心拍を保つことが出来るため、ありがたい。

実走ではこがなくても惰性で進むが、ローラーはこがないと止まる。
ローラーでは惰性で進む、ということはないから、こぎっぱなしである。
仮に90分ローラーをすると、88分以上はこいでいると思う。
実走90分では、実際にこいでいる時間は70分なのか80分かわからないが、その程度だろう。
負荷も十分にかかる。
私の使っているローラーは負荷調整機能はついておらず、
ローラー自体の負荷は一定であるが、
自転車の変速を利用して、負荷を変えられる。
軽いギアをくるくる回すのから、重いギアまで。
ケイデンスと心拍を基準にすると、
実走よりローラーのほうが負荷がきついようだ。
実走なら時速30km程度でているだろう負荷で
ローラーだと時速24km程度しか出ない。

一方、デメリットもある。
住宅事情によっては、騒音の問題から、
使用そのものが絶望的ということもあるかもしれない。
私の使っているローラーは固定式で、ダンシングが出来ず、実走感が乏しい。
尻痛防止のため、腰を浮かすことはあるが、常にシッティングである。
ハンドリング、バランス、ブレーキングの練習にもならない。
ペダリングのトレーニングは有効にできると思うが、
自転車に乗っている、という感覚はない。
タイヤの減りも早い。専用のタイヤとホイールも検討すべきかもしれない。
滝のように出る汗の処理も工夫が必要で、扇風機はマストだ。
そして、恐ろしく退屈である。
============================================
2010/2/3
水曜日。晴れ。
朝トレ目覚ましで起きる。ローラーの時間だ。
ドリンクを作ろうとしたが、疲労を感じたので休養のため二度寝。
出勤時間まで寝た。女優大手檀れいが出てきて、幸せな夢であった。
ローラーをこがなかったのは正解といえよう。

通勤Run6000m
先日Nike+に関しての投稿でApple社とNike社を褒めたが、その舌の根も乾かぬうちにGarmin社のForeAthlete205をAmazonした。
うひょひょ気分で腕にはめて出勤。

寒い。息が白い。
水たまりが凍っていた。
雪はほとんど残っていない。
ゆっくり走りだす。
ローラーをしなかったため、足は軽め。
疲労感、使用感は回復まではしていない。
ForeAthlete205には、距離、時間、ラップペース、1kmごとのラップタイムのうち前回のものを表示するよう設定してある。情報量としては十分かそれ以上。
必要以上にちらちら見ながら走る。
うひょひょ気分であったので、ペースが速い。
1kmごとのラップタイムは5:10前後で推移した。
6000m走って朝通勤Run終了。
余力はあったが、とばしすぎたため、足にきた。
当面は5:30ペースで距離を伸ばしたいとおもっているので、無理をしてはいけない。
5:10ペースだと、今の私には負荷が強すぎる。

プールまでRun4000m
朝Runのダメージが残っているかと思ったが、特には感じなかった。
調子良く5:30前後のペースでプールまで。
まだまだ走っていたいと思いながらプール着。

Swim 1550m
のんびり泳ぐ。今日一日のクールダウンのつもりで。
疲労をためないことを最優先。
ためないだけじゃなく、疲れを取りたい、くらいのつもりで泳いだ。
ゆっくり泳げば水の中はリラックスできる。
1000m泳いだ後、10往復(500m)の時間をはかってみた。
12分くらいであった。
1550m泳いで終了。
風呂に入って帰宅することにする。
ジムを出ると雪であった。
寒かった。
風呂で暖まった体も、歩いているとだんだんと冷えてくる。
指と顔が寒さで感覚がなくなってくる頃に帰宅。
--------------------------------------------------------------------------
Run 朝6000m 夜4000m 合計10000m
Swim 1550m

2.02.2010

1月まとめ&雪が積もった

2010年1月のトレーニングをまとめておく。
Swim 36km
Bike 1213km(ローラー474km含む)
Run 208km

距離だけのデータでは、内容が全くわからないので大した意味はないが、ひとつの目安として記録しておく。
この数字が多いのか少ないのか分からないが、自由になる時間のうち、相当な割合をトレーニングに費やした、という感じはある。
これ以上トレーニング時間を増やすことは難しいと思う。
現在の私にとって、1月のトレーニング量は、体力的に余裕がなく、
また、精神的にも余裕がない量であった。
少し減らしたいところであるが、減らすというのは抵抗があるのが正直なところである。

また、昨年の12月と比べると、Runの量は増えているがBike,Swimともに減っている。
また、12月と比べて1月は全体的に負荷も下げた。
実は昨年12月は自分の体力からすると、やりすぎた感があり、
精神的に疲れ、モチベーションも著しく低下した。
その反省から1月は量、負荷を下げた。
量、負荷を下げてもなお精神的肉体的に余裕はないが、モチベーションは高いまま維持できている。

Swimは全く進歩を感じない。
漫然と泳いでいてもだめなのかもしれない。
速くもならないし、楽にもならない。
もう少し長距離(3km以上)を泳ぐ時間を取りたい。

Bikeも進歩を感じない。
もう少し負荷をあげてもいいかもしれない。

Runは距離が徐々に伸びていて喜ばしい状態である。
今のところに問題もない。
このまま距離を伸ばしたい。
====================================================
2010/2/2
火曜日。晴れ。
朝トレ目覚ましで起きる。
寝覚めは良いほう。心拍バンドを装着。
上半身に筋肉痛。下半身も若干筋肉痛。
昨日のSwimが効いているようで、結構なことである。
ドリンクを作り、ローラーに乗る。

ローラー86min
実走できていないのがフラストレーション。
もう10日くらいは外を走っていない。
インナー5速と軽めのギアを回す。
回しているつもりでもなかなか回らない。
回らないので、特に意識する回転数や心拍を設定せず、
きつくなく、楽にこげる程度で漫然とこぐ。
ケイデンスは95+程度、心拍は130程度で推移した。

テレビ朝日を見ながら。下平さやかは白い服であった。
貴乃花親方が理事当選し、闇将軍幹事長離れが始まり、埼玉結婚詐欺女が殺人で逮捕された。
平均心拍126 平均ケイデンス94。
86分こいでローラー終了。
86。朝だけにハロー。なんちて。

・・・・・・
・・・・
・・・
?


通勤Run6000m
外は雪が積もっていて、足元に不安があった。
自動車や電車を使うほどでもなかろう。出発。
日陰は凍っていた。
日の当るところ、交通量の多いところは路面が露出し、濡れていたが、凍ってはいなかった。
滑って転んで頭をうって三途の川を渡る予定はないので、のんびり慎重に走る。
勾配のあるところは歩くのも怖いくらいであった。
雪国や北国の人はこういうのにも慣れているのだろうか。
ペースは5分後半と思われる。
雪のためか、交通量は少なめに感じた。
特に散歩、犬、ウォーキングの人がほとんど路上にはいなかった。
J-WAVE別所哲也の番組を聞きながら。オリンピック、スキーの話題であった。
設定上限通り6000mを走って終了。
足の使用感はあるが、疲労感はあまり感じなかった。
蓄積疲労もそれほど感じなかった。
雪という非日常が、通常の感覚を鈍らせたのかもしれない。
余力はあり、まだまだ走っていたいと思った。

プールまでRun5000m
最近はプールまでの4000mでは物足りない。
この「物足りない」という感覚がありがたい。
以前は2kmとか3kmを走るのもおっかなびっくりであった。
少しずつ距離を伸ばし、少しずつ自信がついてくる。
今日はルート変更して1000m増やしてみた。
雪はほとんどなくなり、通常通り走れた。
4kmも5kmも違いを感じなかった。
ペースは5:30前後と思われる。


Swim 1750m
淡々と泳ぐ。漫然と何も考えず、ともいう。
時折力を込めて筋トレのつもりで水をかく。
Swimは相変わらず進歩を感じない。
コツなど、検索して調べてみることにする。

風呂に入って歩いて帰宅。
夜になって冷えてきた。寒かった。
----------------------------------------------
Bike86min 固定ローラー 
Run 朝6000m 夜5000m 合計11000m
Swim 1750m

2.01.2010

新しい週 通勤Run上限6000mに引き上げ

月曜日となった。
記録によれば、ウォーキングを始めてから14週目となる。
私はRunに自信がないため、あまり無理をしないようにと走る距離に上限を設け、徐々に上限を伸ばしてきた。
先週の上限は5500mであった。
この距離を走るのは通勤往路で、復路はプールに寄るためもう少し距離は短い。
休日は、復路がないため、設定上限より多めに走ることが多い。
これまでで一番長く走った距離は8kmである。
今のところ、に問題を感じないのが大変ありがたい。
また、ほぼ毎日走れているのも、うれしいところである。

トライアスロンを目指す人からすると、5000mだ6000mだ、というのは、
「走っていないのと同じ」であるかもしれないが、
Runは体への負担が大きいので、素人は少しずつ慣れるのがいいと思う。
焦りから、急に距離を増やして、よくない結果を招くのは避けたい。
=================================================
2010/2/1
月曜日。曇り。夜は雪が降るらしい。
2月になった。
朝は暖かい。本当に雪が降るのだろうか。
夜までに寒くなるのかもしれない。

朝トレーニング用目覚ましで起きる。
寝覚めは良いほう。
上半身がほんのり筋肉痛。
Swimの結果だろう。

ローラー88min
最後にBike実走をしたのが1/23である。
もう丸一週間以上実走していないことになり、不安になる。
今日も負荷を軽めに設定。
心拍135を超えないようにこぐ。
インナー5速。
昨日ローラーしていないので、いくらか足が回復した気がする。
テレビ朝日を見ながら。下平さやかはねずみ色。
同棲だか婚約だかを意識したグラドルが、年齢詐称で子供もいた、売名行為に利用したのでは、と聞かされた高見盛の傷心が、気にかかる。

88分こいで終了。
平均心拍130 平均ケイデンス96
爽快感と疲労感がちょうど良いくらい。
朝ローラーとしてはこのくらいの負荷がちょうどいいようだ。

通勤Run6000m
シャワーを浴びて出勤。
足の筋肉に痛みやきつさはあまりない。
今日で10日連続で走ったことになるから、蓄積の疲労はあるはず。
ペース5:30で走っているつもりが、それよりも若干速いようだった。
足の関節周りに使用感があるので、調子がよい、とまではいえない。
爽快感よりも疲労感のほうが強い。
余力はいくらかあって6000m終了。
J-WAVEの別所哲也の番組を聞きながらであったが、内容は覚えていない。
ペースが速くて、余裕がなかったのだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼過ぎに雨が降り出す。
雨の降り方にもよるが、復路プールまで走ることができなくなるかもしれない。
土砂降りでなければ雨合羽を着ても走れるのではないかと思い、
ショップ99で合羽を調達。安いだけあって大変安っぽい。
前はボタンで止められるようになっているが、ボタンのつけはずしでビニールがやぶけてしまいそうなので、慎重にボタン着脱を行わなければならない。
私は小型のリュックを使用しているが、リュックの上から合羽を着ても前でボタンが締まった。私が小柄であるからかもしれない。リュックが濡れないのはありがたい。
合羽を着てプールまで走ってみることにする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プールまでRun4000m
合羽を着ているので通風が悪いが、そもそもみぞれまじりの寒さなので、ちょうど良い。
雨の中走るのは経験がないので、滑って転んではつまらない。ゆっくり走る。
いつものルートに犬の散歩、ウォーキング、ランナーが少ない。雨だからだろう。
ゆっくり走ったので、きつさはない。ペースは6分弱くらいだろう。
足、関節に使用感はあった。
靴、足がずぶずぶに濡れた。
顔にあたるみぞれが痛かった。

Swim 1500m
プールは空いていた。
ゆっくり泳ぎだす。
1000mほど泳いだ後、力を込めて水をかく。
300mくらいは筋トレのつもりでかいた。
心拍があがるのが分かる。
クールダウンしてSwim終了。

風呂に入って、合羽を着て、ジムを出る。
ジムを出ると雪であった。

天気が悪かったが、モチベーションが高かったため、合羽を着て走れたのがよかった。
帰りのウォーキング時には足が濡れて冷たくなった。
顔に雪があたり、冷たいを通り越して痛かった。
合羽をきていたので、体は冷えなかった。
リュックに入っている家の鍵を取り出すため合羽を脱ぐと、とても寒かった。風を通さないビニール素材であるから防風の役割をしてくれたのだろう。
今日から通勤Runがやや増えたが、問題もなくこなせた。
満足である。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 88min 固定ローラー 
Run 朝6000m 夜4000m 合計10000m
Swim 1500m