12.29.2010

X-Lab Carbon Sonic for Cervélo

2010/12/29
水曜日

100min ave23.5 39.1km インナー5メイン終盤6 心拍130以下
ave23.5 39.1km
ローラー100min
5:00、チロリンと目覚ましが鳴って起きた。二度寝の誘惑。ありとあらゆる理屈をこねて二度寝を正当化しようと試みたが、できなかった。
昨晩、下記作業をしたため、やや寝不足。
今日は負荷をかけない。LSD(時間が取れないので実際にはShort Slow Distance)。
まだまだ残っているソイジョイでカロリー補給をしてP3にまたがる。
TVは朝日。早見優が絶賛し、愛用してやまないというわけのわからぬメーカーのとびきり安っぽい掃除機風のなにかの通販番組。しばらくして気づいたが、テレ朝でなかった。東京MXというこれまたよく分からないチャンネルであった。
テレ朝に変える。相変わらず某剛腕様がどうの、という腐ったネタで寿司をつくっている。
証人喚問以下の参考人招致以下の政治倫理審査会。それに出る出ないでえらく高い条件がついてきましたよ、と。証人喚問でさえ無意味と鼻で笑われているのに。
インナー5速。心拍は135以下を守って。ケイデンスを92程度で回すと心拍が130程度で推移。
終盤インナー6速を少々。100分回して終了。

Invention No.3 朝練
1 出勤前に朝ピアノ練。No.1,No.2を通した後、No.3の序盤を。右手を少々慣れさせてから、左手部分も少し。まだ両手では弾けない。トリルが難しい。
新しい曲にトライする前は、腰が重く、出来ないかもしれない、という不安もあって気分があまり乗らないが、実際にやり始めるとなかなかやりがいがある。
No.3は軽快な曲で、ノリがよい。弾けるようになれば楽しいタイプの曲。




X-Lab Carbon Sonic for Cervelo
ボトル後方にCO2インフレータ、ボンベ2本を取付可能。その部品も付属している。が、ツール缶に全部入れているため今回は使用しない。CO2システムも取り付け可能
2 昨日届いたX-Lab Carbon Sonic for CervéloをP3ちゃんに取り付けた。いろいろな角度に取り付けられるが、空気抵抗の少ない位置に取り付けるとよかろう、と説明書きにあった(40kmで13秒のタイム短縮効果があるぞ、と書いてある。どのくらいの速度域での話なのか、何と何を比較しての話なのかが分からないが、空気抵抗は軽視できない)
取り付けに際して頭をひねる場面があった。
この製品は、サーベロPシリーズのシートポストにボトルケージを2個つけるための台座である(CO2インフレータシステム、小型バッグを取り付けたりも出来る)
構造はカーボン板2枚でシートポストを挟んで固定し、そこにボトルケージを取り付ける、というもの。
X-Lab社の純正ケージを使えば問題はないのだろうが、私が用意したのは市販のカーボンボトルケージ。
説明書に従い取り付けをしたところ、ボトルケージの厚み(軽量カーボン製なので薄い)が足りず、取り付けネジで固定できるまで締められない、という問題が発生した。
ちょうどワッシャー1枚分の厚みが足りない。ボルトが長いとも言えなくもないが、一般的なボトルケージの厚みであればちょうどよいだろうから、やはりボトルケージの厚みが足りないというべき。
であるから、薄いボトルケージを取り付ける場合には、ワッシャー等を別途用意し厚みを稼ぐ必要がある、と気付いた時には、寝る時間を大幅に過ぎていた。こういう作業は苦手である。

Swim2250m
プールへ。ここ数日、負荷をかけることが多かったので、今日はLSD負荷で。
出来れば2500m以上を、休憩少なめで。
新しいフォームを常に意識して、52,53秒ラップでのんびり長めの予定。
予定に反して、実際には細切れにやや負荷がかかってしまった。
というのも、新しいフォームではどうもゆっくり泳ぐ、という加減が難しい。
負荷がかかったと言ってもせいぜい10本を50秒強のペースだった。腕肩に疲労がたまっているようだ。調子が悪い。
ダラダラ細切れに合計2250m泳いで終了。そろそろ休養が必要だろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike100min 固定ローラー
Swim2250m


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿