12.19.2010

iPhoneで安価にセルフ撮影する方法

2010/12/19
日曜日

1 バイクはオーバートレーニング気味であるから休足日。左膝の具合も万全でない。今日はSwimのみとなりそう。



朝ピアノ練
2 朝、Invention No.2を。ここ数日、ピアノに触れてはいたが、練習がおろそかになっていた。
これまでのおさらいと24小節目のチャレンジ。それ以前の個所もスムーズには行かず、ヨタヨタ。似たような音列ばかりなので、混乱しやすい。
本当は譜面を見ながら弾かないといけないのだけれども、どうしても手元を見てしまう。譜面を見ないから、手で覚えるまで弾けない。要改善。



イケメン図 物見山駐車場便所にて
3 まずこの写真。昨日のBoraライドで撮った。何ということのない普通のイケメン写真。
普段、サドルバッグを使用出来るときはそこにスタビライザーをつけたGRDIIIを入れている。
GRDIII+カメラスタビライザー
折りたたみ式で小型ながら、スタビライザーをつけているといくらか角度調整が出来るので重宝していた。
が、Boraを履くと、サドルバッグ位置に予備タイヤをつけることになる。まあ、サドルバッグをつけたままでも予備タイヤはつけられるが、自転車に乗るときは出来る限り荷物を少なくしたいもの。
じゃあ、ポケットにGRDを入れればいいじゃないか、と思わなくはないが、安全面から固くてかさばる物は入れない方がよい(転びやすい乗物のお仲間、オートバイ乗りには常識らしい。転倒時にポケットに入った固いモノが体に深刻なダメージを与えるそうだ)。Boraを履くときはGRD携行を諦めることになる。
するとカメラはiPhoneとなる。iPhone4のカメラは、低機能であるが、無駄に画素数をあげていないため、かろうじて画質を確保している。外見から想像するよりずっとよい画が得られる。

ここから本題
iPhone4でセルフ撮影をする際の問題点。
  • セルフタイマー機能がない
  • 三脚がない
この二点。
これを解決出来ればiPhoneでもセルフ撮影が可能となる。

まずセルフタイマー。iPhoneの標準カメラアプリはセルフタイマー機能がついていない。自分撮りをしたければ手をニョキっと伸ばしてレンズを自分に向ける方法があるが、それでは上記の写真のようにはならない。
セルフタイマー機能は、アプリを別途用意すればよい。私は「Acamera」という無料アプリを使用している。これにセルフタイマー機能が含まれている。

そして三脚。三脚というか、カメラを固定する方法がなければセルフ撮影は出来ない。きっとiPhone対応の器具が売られているのだろうが、自転車に乗る際に持っていくものであるから、小型軽量でなければ意味がない。
ふぅむと頭をひねって思いついたのが引き出しに転がっていたビニールテープの芯。
iPhoneでセルフ撮影するために
これにiPhoneを挟めるよう切り込みを入れてみたところ、それなりに機能した。
ムギュっと芯に押し込むことになるためバンパーの柔らかい部分にその跡がつく。無傷とはいかないが、バンパーに傷がつくのは嫌だ、というモノの考え方はしないので、これでよい(バンパーなしの場合はどうなるか知らない。アンテナ問題でバンパーなしはあり得ないからやはりこれでよい)
多少の角度調整もできる。
ビニールテープの芯は小型軽量で非常に安価。ゴミとなるものを利用しているのでタダ同然。また、普通のハサミで加工できる(ビニールテープの芯だけでなく、ヨーグルトの容器等でもできそうだ)
iPhoneでセルフ撮影するために2
というわけで上記セルフ写真はこのようにしてiPhoneで撮れた。

4 Wiggleで注文したカーボンハンドルがまだ届かない。発送から2週以上経った。Wiggleにしては遅い。クリスマスシーズンであるから、税関で止まっているのかもしれない。
トラッキングナンバー教えてちょうだい、と問い合わせのメールを出しておいた。

Swim2000m
今日はSwimのみ。ひじの具合、コースの混雑具合が許せばインターバルをしたい。
歩いてプールへ。寒い。
  • アップ500m
  • 100m2分サークル×3   200m×1
  • プルブイ兼ダウン1000m
プールは空いていてコースを独占できた。また、ひじの具合も問題がなく負荷をかけることができた。
インターバルは100m×5の予定だったが、3本をこなした時点で乳酸がたまりだし、怪我がこわいのでそこまで。私は乳酸ちゃんがお出ましになるほど負荷をかけることは滅多にない。それだけの負荷をかけられるまでにひじが回復した。
3本とも89秒とこれまでにない数字。2つの水着のうち今日は遅い方の水着であったがいいタイムが出た。スピード強化の成果が出始めたようだ。
200mも負荷を二段下げた。流しというほど軽くもないが、49秒といいペース。
合計2000mで終了。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Swim2000m


flickr

2 件のコメント:

  1. 素晴しい案じゃないですか!iPhone用の三脚?みたいなものは確かあったように感じますが、安価で小さいテープの芯は持ちやすさも含めて◎ですね。

    返信削除
  2. ひでさん、こんにちは。
    確かひでさんもiPhoneでしたよね?
    ビニールテープの芯、普通はゴミですが、いつか役にたつかもしれません。

    返信削除