12.23.2010

スイム撮影会に行ってきた(ショック…)

2010/12/23
木曜日

120min ave26.2 52.4km インナー7
DHポジションでは過去最高の数字か  リハビリが順調に進んでいる
ローラー120min
寝ていられるだけ寝た。
昼に撮影会の予定がある。Bike実走をする時間的余裕がないのでローラー。
まだたくさん残っているソイジョイを食べ、諸準備。自転車はP3で。
TVは録画しておいた映画「アンドリュー」を。かつて見たことがある映画で流しておくには良いだろう。見たことがない映画だとハアハアしていると筋を追えない。
インナー6速でスタート。足がフレッシュなようで、そこそこよく回る。ケイデンスが100弱まで上がる。
中盤からはややケイデンスを落としてインナー7速を回した。ケイデンス95弱。
心拍は全体を通して150強で推移した。
DHポジションにして以来、ずっとサドル股間ボール問題がつきまとっていたが、先日思い切ってサドルを前に出した。これがよかったようで、サドル股間ボール問題はかなり緩和した。
心拍が高めで推移してきつかったためDHポジションは長くは維持できなかった。しょっちゅうハンドルを握って上体を起こした。
120分回して終了。

Invention No.2
1 ジムに行く前にInvention No.2を。通しで練習、であるが、通しになってない。結局はつっかえつっかえ、繰り返し繰り返しでいつもと変わらず。



Swim撮影会
普段通っているジムでやるので、予約をしておいた。
私のSwim(クロール)の現状は長距離なら50mを50秒ペース。
短距離なら100mを90秒弱、200mを180秒強といったところ。
水泳歴は1年。完全な自己流。
長距離で50秒ラップであるから、それほどひどいフォームではなかろう、長距離を50秒で維持できるのであるから、まあ中級者といったところか、という自己評価であった。

レッスン時間になり、何本か撮影。その後、映像をコーチとともにチェック。

あんまりに汚いフォームで穴があったら入りたかったですよ!

50秒ラップというとちまたのスポーツクラブではかなり速い方とされるので、これまで気を良くしてぼくちゃんいい線いってるんだ、と思っていたが、そこそこあった自信も粉々。富士山の如く高かった自己評価も地面にめり込むほど下がった。
どう汚いフォームかというと、ジムのプールでぷかぷか水面を漂ってコースを殺している太ったおばさんは全国的に共通している思われるが、あのおばさんのクロールのフォームであった。おばさんに比べれば心肺や筋力が優れているのでスピードは出ているが、フォームはおばさんフォームそのもの。
壊れた蝶番のようなキック…両手が頭上でそろってしまうキャッチアップクロール…。嗚呼、泣きたい。

コーチに修正点を指摘されるが、多すぎて混乱する。
修正点を頭に入れ、また泳いでみる。泳いでは指導があり、指導を頭にいれまた泳ぐ。
体に染み付いたおばさんフォームはすぐには抜けない。今後しばらくはフォーム改良(というかゼロから再構築と言った方が正確なほど)に力を入れることにする。
この1年は、フォームでタイムを上げてきたのではなく、パワーでタイムを上げてきただけだった。ショックである。ショックではあるが、カネを払った価値はあった(ちょっと高いなと思っていたが、ケチらず申し込んで本当によかった)
自分のフォームを客観的に見ることができ、認識を改めることができた。

大雑把にまとめると「お前のフォームはゲロ以下のにおいがプンプンするから、全面改良が必要であろう」とのこと。
ただ、優しいコーチなのでフォローもしてくれた。
「素人にしては悪くなかろう。お前にしているアドバイスはマスターズとか上級者向けのものである。そういうアドバイスはそれができそうな者にするものだ。」

レッスン後もしばらくフォーム修正を意識しつつ泳いだ。
全部で2000m以上は泳いだだろう。

Glenn Gould Invention No.2
2 Glenn Gould大先生のInvention No.2を改めて聴いてみる。奇人変人と言われたGouldの演奏は標準的でないが、芸術クオリティーは最高クラス。技術的云々よりその芸術性に驚くばかり。
もしGould大先生がこのレコードを出していなければ、インベンションとシンフォニアは今よりもさらにマイナーな存在だっただろう(場合によっては単なる練習曲として扱われていたかも)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike120min 固定ローラー
Swim2000m


flickr

2 件のコメント:

  1. 心~配ないさ~・・・ですよ。
    私なんか、結構、きれいな泳ぎしているとは時々言われますが内容が伴いません。
    しかも、しっかりしたコーチに見られてしまえば、弱点が多いこと多いこと。
    スイムもランも・・・いや、スポーツ全体的に言える事ですが、基本はしっかり
    したコーチに教わってから練習をするのが一番ですね。お金かかりますが。
    コーチに教わらないまでもビデオで自分の動きを見るだけでも良いかも知れませんよ。

    返信削除
  2. ひでさん、こんにちは。

    いや〜、びっくりしました。自分でイメージしていたのと大違いでした。
    コーチに見てもらうことの重要性がよくわかりました。
    スイムはなかなか客観的にみることができないので、今回は撮影してもらって良かったです。

    返信削除