12.15.2010

注文が届かない-その後(海外通販)

2010/12/15
水曜日

100min ave25.3 42.2km
ave25.3 42.2km
ローラー100min
チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴って起きた。多少蓄積疲労がある。やはり二度寝の誘惑は止むことがない。
まとめ買いしたソイジョイでカロリー補給。賞味期限が迫っている。まだたくさんある・・・。
諸準備をしてP3にまたがる。TVは朝日。今日は寒くなるとか、イケメン俳優の小説が素晴らしいとか。
アップ後はインナー6速。疲労もあるようで心拍が高く、DHポジションの維持がつらい。しょっちゅうハンドル部分を握り上体を起こした。
現状のDHポジションで、だいたいいい線までポジション調整が出来てきたかな、と思う。後は微調整の範囲か。
しかし、すこぶる快適です、というわけではない。いや、全然快適でない。
  • 普通のロードと比べて姿勢を維持するだけでもつらい点
  • サドルがボールを圧迫していて苦痛な点
  • 前乗りの影響だろうか、ロードよりペダルが重く感じられる点
DHポジションはそもそも空力上のメリットを追求したフォームなので、ローラーで云々するのはおかしいとは思うが。
少なくとも、上半身をひじ置きパッドに乗っけて楽ちん!という感じは皆無。ロードの前傾深めポジションの方がはるかに楽。これは慣れるほかない。
サドルも坐骨で乗れれば楽なのだろうけれども、どうもうまくいかない。さきっちょの方に乗っかるとどうしても尿道やらボールで乗ることになる。
もっとサドルを前に出せばサドルのさきっちょの棒部分でなく、いくらかは面部分で乗れるのだろうけれども、そうすると今度はサドル位置が一般的な範囲を逸脱しそうだし。
まあ、足裏ちゃんが回復してきてある程度負荷をかけられるようになったために、その負荷のきつさがトリガーになって上記不快感を引き出している気もするが。
LSD負荷だった時はそれほど強くは感じなかったしなあ、などともじもじしながら100分回して終了。

1 出勤前にInvention No.2を。引き続き21小節前後を。ただし、DHポジションのことが頭をグルグル回って集中できない。集中できないのだから練習にならない。時間の無駄。

2 朝ピアノを早々に切り上げてエライ人(ハワイとかプロとか)のDHポジション画像フォルダを開く。サドルの前後位置、サドルに乗る位置、股間位置、腕ひじの角度、ひじ膝間の距離等を眺める。エライ人もボールやら尿道が圧迫されているだろうポジションに見えるのだが・・・。
私のフォームも確認するが、めちゃんこ破綻しているようには見えない。素人目にはそれっぽく見える。バイクセッティングも標準的な感じに見える。フォームもセッティングも特に個性的な感じはしない。
ローラー上の空論をしても仕方がないので実走してから考えようか。それにまだDHポジションは経験が浅いので、少なくとも数ヶ月は様子を見るべきか。
実走するにはBora Oneちゃんにタイヤを貼らねばならぬか。

3 Cervélo P3のシートポストに付けるボトルケージ台座(X-Lab Carbon Sonic)を海外通販(TriSports.com)で注文したが、発送後6週経っても届かない(2-6週で届くよという表記だった)
まあ、海外通販だし、最悪涙を枕で濡らす日々でも仕方がないなと思ってはいるのだが、一応ダメもとで、届きませんよ、と通販会社に問い合わせをした。

返信があった。
「ふむ。確かに発送から6週以上経つな。
よし、我が社の保証を適用してやる。お前に選択肢をやろう。
  • 払い戻し
  • 再発送
さあ、選びたまえ。ちなみに再発送はよりセキュアな方法にする。送料の差額はお前が払うんだぞ。わかったな。」
という返信があった。
送料差額を払えよ、というのがやや日本的感覚にマッチしないが、返信があるだけエライ。
ただのしかばねのように返事がない通販会社もあるのだから。
「再発送してください。差額はおいくらでしょうか・・・」
と返答した。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike100min 固定ローラー


flickr

2 件のコメント:

  1. マジですか?再送するけど送料の差額払えとは無茶苦茶だ!
    確かに海外通販には一抹の不安は付きまといますが、カード決済ってことが
    救いですよね。決済されたけど品物が届かないってカード会社にクレーム
    入れることも出来ますし。でも、再送してやるから送料の差額を払えは納得出来ないですね。

    返信削除
  2. ひでさん、こんにちは。

    向こうとこちらでは商習慣が違うのでしょうね。
    通販会社に非があるわけでもないので仕方ないですね。
    日本では「損して得とれ」で顧客満足度を高めて、長期的にプラスになればいいと考えますが、向こうではそんなぬるいことをしていたら悪質な人間につけ込まれてしまうのかもしれません。

    またカードは怖いという風潮もありますが、現金より安全とも思いますね。

    返信削除