12.13.2010

自転車で市街地走行する怖さ

2010/12/13
月曜日

44.5km 105min ave25.4
44.5km ave25.4
ローラー105min
チロリンとiPhoneが鳴って起きた。寒い、暗い、眠い。夏と違って早起きがつらい。
カロリー補給。まとめ買いしたものの、消費しきれず賞味期限が迫るソイジョイ。
諸準備をしてP3ちゃんにまたがる。TVは朝日。今日は寒くて雨が降るそうだ。
ボーナス云々、就職難民云々の話題でテレビ局員が自らをさも庶民であるかのように話していた。貴様らテレビ局員の給料袋の厚みは庶民5人分だろうが、などと実にストレートな嫉妬。我ながら醜い。
アップはインナー5速。その後は6速と5速を行ったり来たり。主に6速。
ケイデンスは95~100程度。心拍は145+で推移した。この心拍だときつさを感じる。
105分回して終了。リハビリが進んでいるようで、この負荷でも足裏に問題がでなかった。よしよし。




No.2 21小節目
1 出勤前にInvention No.2を練習。20小節目をヨタヨタと。21小節目にチャレンジ。21~22小節目は変則的で覚えづらい。終結部分へのつなぎ個所。
No.2は行くあてのない放浪のような孤独感が漂う名曲であるが、終結部分はその放浪に、ある種の結末を与える。そこは安住の地ではなかった、という感じの。
プロが弾くとそのように美しく聞こえるが、私が弾くとおっさんがヨタヨタに酔っぱらってねちょねちょ愚痴っている風になって大変よくない。

2 いつものように、人様のブログを巡回。自転車で交通事故にあった、という記事を読んだ。市街地での自転車対自転車の事故。
こちらが法に従って走行しても、相手方がそうするとは限らない。
市街地走行は本当に怖い。一般的な自転車は無知、ノーヘル、無保険であるから。
そういう私もスポーツ自転車に乗る前は無知、ノーヘル、無保険であった。「自転車は歩行者なのだから右側通行だろう」くらいに思っていた。
こういう人が市街地にはたくさんいることを前提にしないといけないわけで、こういう人は己に非がある形で事故になっても「あんた、そんな自転車(ロード)に乗ってる専門家なのだから加害者はあんただろう」くらいの反応しか期待できないわけで。
弁護士特約のついた保険に入っておけば、ある程度は役にたつかもしれない。しかし、示談交渉も本裁判も望んでしたいものではない。やはり事故そのものを避けたいところだ。
対自転車に限らず、市街地はクルマもヒトも犬も入り乱れて怖い。市街地は生活するには便利だが、自転車乗りにはカオスだ。
事故を起こさないために、気をつけるとか緊張感を持つとか、精神的感覚的主観的なことをいってもあてにならない。ヒューマンエラーだの見落としだので事故は起きる。くしゃみが出れば数秒は目を閉じる。事故は避けられない以上、どれだけリスクを減らせるか。

私の場合、下のようにしているが、全く不十分。バイク実走すると大抵怖い場面に出くわす。こうすれば完璧という対処法は存在しないだろうから難しいところ。
  • 市街地走行は極力避ける
  • 極力CRや郊外を走る
  • 市街地を走る場合は、見通しの良い比較的安全なルートに固定
  • 交差点付近は死のゾーンと思え
Swim2000m
プールへ。昨日十分に負荷をかけた。ひじの休養もあるし今日は緩め。
雨で寒いからだろうか、プールは空いていてコースを独占できた。
  • アップ500m
  • プルブイ1000m
  • ダウン500m
全体的にのんびり。一応ストリームラインを意識はした。
合計2000mで終了。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike105min Cervélo P3 固定ローラー
Swim2000m


flickr

2 件のコメント:

  1. そうですね。やっぱり万が一を思い保険には入っています。
    私は河川敷コースだけだとつまらないと思ってしまうので、市街地を抜けるコースも走りますが、
    やっぱり市街地は怖いです。故意に煽って来るアホなトラックドライバーもいますし。

    返信削除
  2. ひでさん、こんにちは。
    事故は嫌ですよね〜人のブログでもたまに事故にあった話が出ますが、読むだけで怖くなります。

    悪質なドライバーはたまにいますね。「自転車は歩道を走れ」と叫んで、故意の幅寄せをするクルマに不愉快な思いをさせられたこともあります。

    市街地ではクルマと自転車と歩行者は分離されるのが理想ですが、仮に実現しても数十年かかるでしょうね。

    返信削除