12.12.2010

体脂肪率が・・・(泣)

2010/12/12
日曜日

1 一応朝トレ時間に目覚ましをかけておいたが、二度寝で休養。昨日十分に量をこなした。頑張って怪我をしてもいけない。
自転車についてはリハビリが進んできて、長距離も乗れるようになったし、心拍を150位まで上げても直ちには危険な予感が漂うことがない。
ローラーでいえばインナー6速をそれなりに回しても足裏に問題が発生しなくなってきた。よしよし。

2 自転車は1年以上乗っているが、進歩をほとんど感じない。
自転車は路面状況や風の影響が大きく、数値による能力把握がしづらい(パワー計測機があればバチっとワット数で出て一目瞭然だが大変高価)。
だが巡航速度を見ていれば大体見当はつく。長く維持できるのは30-33km程度。進歩なし。
リハビリが済んだら巡航速度向上にむけて強化していきたい。


ピアノ練習
3 出勤前にInvention No.2を。20小節目までチャレンジ。ここまでは序盤のモチーフの派生。
21小節目以降は終盤の〆に向かってやや調子が変わる。変化が大きいので覚えるのに時間がかかりそうだが、楽譜を見る限り、終盤まで難所はなさそう。

4 オムロンの体重計で体脂肪率を計ってみた。体脂肪率が20%程度。え?っと驚いた。脂肪量が増えている。身長が172cm強、体重が54.5kg。鏡の前の美しい裸体をうっとり眺めると、やせていて脂肪がたっぷり付いているようには見えないのだが。
この体重計はおよそ1年前に買って、その頃は13%~18%とかそういう数字だった(同じ日でも13%だったり18%だったりしてあまり信頼はしていない)。
計器が正しいとすれば体重に変化はないので、筋肉が減り、脂肪が増えた、ということになる。
確かにプールでは水に沈みにくくなった気がしないでもない。
通常肺に空気が入っていれば上半身は浮くが、息を吐き出すと底に沈む。その沈み方が以前より緩やかな気がしないでもない。
まあ、家庭用の安物体重計なのできっと何かの間違いだろう。
価格.comでは酷評されていたし。うん、きっと体重計の間違い。

Swim2000m
歩いてプールへ。ひじの具合が許せば多少負荷をかける予定。
日曜日はモチベーションが高い人ばかりで、比較的泳ぎやすい。
水面を漂う背泳ぎシニアがコースを殺すことがほとんどない。
プールは空いていて、コースを独占できた。
  • アップ500m
  • プルブイ500m
  • 2分サークル100,100,100→200 計500m
  • ダウン500m
インターバルのタイムは100mが91-92秒。200mが191秒(47.75ペース)。
負荷をかけたのは500mだけであるが、大変に負荷がかかった。3本目でもう苦痛でやめたくなった。最後の200mは本当にきつく、フォームもブレスもストロークもグズグズ。ブレス一回ごとが待ち遠しくなるような感じ。まあインターバルとは本来こういうものらしい。今までインターバルと称してやってきたものはインターバルもどきということ。
合計2000mで終了。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
ウォーキング少々
Swim2000m


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿