10.09.2010

スイム成長停滞を打破するために

2010/10/9
土曜日

ペダル
1 Bike実走の予定。朝トレ用目覚ましで起き、天気予報を確認。今日は午前中から雨が降るそうだ。実走は中止。二度寝。寝ていられるだけ寝た。昨日のRunの筋肉痛があり、疲労もそれなりにある。

2 Swimの成長が停滞している。泳ぎ始めてからもうすぐ1年になろうとしていて、まだはじめたばかりです、と言えるほど若々しくない。
ペースにもよるが、ある程度の長距離でも普通に泳げるようになったし、スピードも水泳経験者にはとても敵わないが、それ以外の一般ジム会員の中では速い方となった。
現状では短水路50mを51秒ペースで長時間維持できる程度である。ただ、ここ数ヶ月はここで成長が止まっている。多少持久面では伸びがあるようだが、スピード面の伸びはない。
この状況を打破したい。足踏み状態というのは精神衛生上もよろしくない。
当面の目標は50秒ペースを長時間維持
これまでのトレーニング方法はクロールを止まらないようにただ泳ぐだけの単調なものだった。このやりかたでは限界を感じており、最近になってプルブイやパドルを導入した。また、スピードが足りないと感じているのだから、スピードを強化すべきだろう(という単純なことに今日気づいた)。
人様のブログ等でトレーニング内容を見ると、基本的にサークルトレーニングがメインのようだ。
100m2分サークルなら100mをかなり飛ばして泳いでたとえば90秒で帰ってくる。そして30秒休んでもう一度スタート、という風に2分をひとつの単位として、負荷をかけて泳ぐのと少しの休憩をサンドイッチにするトレーニング。非常に効果が上がるトレーニングとされるが、きつく、疲労が残る。それと腕肩ひじに負担がかかる気がする。
とはいえ、私の自己流のやり方では成長が望めないと分かってきたので、ここで大きくトレーニング内容を変更するべき時期に来ている。
今後はサークルをメインにすべきだろう。

120min LSD 50.63km ave25.3 odo9898.7
インナー6速 ave25.3
ローラー120min
雨。実走もできないし、Runもできない。予定を変更してローラー。実走でもLSDの予定であったから、LSDローラーで。120分回そう。
諸準備をして自転車にまたがる。TVはNHKで、自然環境を守ろう、という番組。
Ricoh GR Digital III and SLIK Tripod
フォームチェックのためGRD3を三脚にセットして横から動画撮影。5D Mark IIで撮ればきわめて高画質なフルHDであるが、50mmレンズしか所有しておらず、室内では長過ぎる。
インナー6速。軽くも重くもないギア。心拍は徐々に上げていき、135以下でキープ。アップ後はケイデンスが95+で推移した。
退屈はそれほど感じることなく120分を回して終了。この負荷であれば楽であるし、気分もよい。

フォームチェック
3 撮影したローラー動画を見る。ペダリングは足首を固定し、腿の上下運動で回すのがよいとされるが、私の場合は足首を使ってペダルを回していた。ペダル回転の上に足が来たとき、もう少しつまさきを下げて(またはかかとを上げて)、足首の角度を固定してペダリングをすべきかもしれない。あまりこのあたりに気を使ってこなかったので今後はツールDVDでプロの動きをよく観察したい。

Swim2300m
プールへ。今後はサークルをメインにメニューを組み立てたい。
100m 2分サークルと200m 4分サークルから始めてほどよい本数やセットを探っていきたい。

土曜日のプールは大変混雑していた。パドルは使えないし、サークルも時間を守ってスタートはできないよいうな混雑具合。
10本アップをしてからプルブイで10本。プルブイはまだ慣れない。プルブイを使った状態で、バチャバチャストロースをすると52秒くらいで泳げることもあるようだが、スイーっと泳いでみたいところだ。
その後サークル練習に移行。まずは100m2分で、と思ったが、混雑していたので休憩時間が長くなることが多かった。
100mを90秒程度でこなせる感じだが、数本行うだけで体が動かなくなった
その後さらに混雑してきて50mを1分で回したり細切れに本数を稼いで終了。
サークル移行後はすべて50mを45-48秒程度でこなせた。休憩を挟むと速く泳げる。また、普段感じない乳酸がたまる感覚もあった。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike120min 固定ローラー
Swim2300m


flickr

2 件のコメント:

  1. プルブイつけて泳ぐのと着けずに泳ぐ、私はどちらもあまり変わりません。泳ぎ方が悪いのだろうと思いますが。なので、プルブイ着けて泳ぐ時は一切キックを打たずプルだけで泳ぐ練習にしてしまっています。
    なかなか成長が見えない時、実は一番成長に近づいている段階なのかも知れませんよ。泳ぎが速くなった仲間の話によると、練習してもなかなかタイムが縮まらず、悩んだけど、それでも練習続けていたら、ある時を境にグッとタイムが伸びたという話。個人差はあると思いますが、練習していれば必ずある程度のレベルであれば成長出来ると私は思っています。

    返信削除
  2. ひでさん、こんにちは。
    ブイを付けて泳いでもそうでなくてもあまり変わらないというのは理想的じゃないでしょうか。ブイをつけた状態だと下半身が水面近くに浮いて頭が下がりかなり前のめりな感覚になりますが、この前のめりがあるべき姿だそうです。

    今は壁にぶつかってなかなか速くなれませんが、不思議とモチベーションの低下が起きません。むしろあれをやってみよう、これをやってみようとモチベーションが上がるくらいです。取り組むべきことが多いからかもしれませんね。まだ取り組んでいないことがあれば、伸びる可能性も残されているということですから。

    返信削除