10.21.2010

トライアスロンバイクが欲しいのである-その7 組みあがった

2010/10/21
木曜日

Cervelo P3

コラムキャップ
Cervélo
é
é
1 バイクが組みあがったから取りに来たまえ、という電話をもらったので、諭吉ちゃん達を握りしめて自転車店へ行った。
Cervelo P3 2010
自転車店に、私のCervelo P3があった。白いカラーリングのP3、2010年モデル。P3---私にはすがすがしいほどにオーバースペック。いくつか説明を受け、代金を支払い、持って帰った。

Cervelo
思い返せば、車種は何でもいいから型落ち完成車を割引価格で、という予定だったが、当初の予定とは随分違うバイクとなった。フレームやハンドル等は海外通販を利用し、いくらか安く上がったとはいえ、フレーム組であるし、そもそもP3という高価なモデルであるので、エントリー完成車よりもずっと費用がかかった。
私自身、全体でいくらかかったか、という計算はしていない。正確には怖くてできない
計算した数字を見て精神的ストレスで毛が抜けてしまってもいけないので、今後も計算する予定はない。

まだ、サイコンやボトルケージ等をつけていない。しばらくはローラーでポジション調整をするので、実走装備はそのうちにつける予定。




Brezza II Team
3T Brezza II Team
ハンドルとエアロバー。TT/Triバイクの最も特徴的な部分。
Brezza II Team
Wiggleで購入。カーボンで軽量。
TTハンドル
DHポジションだと腕ひじ肩とこのハンドルがリンクし、路面の衝撃等が伝わる。
3T Brezza
(ブレーキケーブル取り回しの関係で左レバーで前輪制動、いわゆる左前となった)
カーボンは衝撃吸収性に長けるとされるので、ロングライドでは疲労軽減になるはず。
P3 Bora TTハンドル







Arione Tri2
Arione Tri
サドルはフィジークのArione Tri2である。トライアスロンサドルの定番とされる。
Arione Tri2
ロードではTioga Spider Twintailと変わり種を使用していたので、このタイプの通常のサドルを使用するのは初めて。と同時にそれは私の尻は一般ロードサドル対応の尻ではないということ。
Arione Tri2
まだちょっとまたがってみただけだが、DHポジションだと坐骨よりももっと前方、尿道やボール袋の方に荷重がかかる気がする。痛みとか尿道云々が不安。



コンパクト
コンポ類はアルテグラ。BBはDura Aceにした(Dura Aceでも安価)。クランクはもちろんコンパクト。コンパクトであってもアウタートップ等のギアは使わない。ノーマルクランクは生涯縁がないかもしれない。



BL-TT79
ブレーキレバー BL-TT79 88gと軽量
ハンドルが3Tであるから、互換性に間違いはないだろうというのと5000円程度と安価(十分高いが)であったこともあってブレーキレバーはWiggleで3Tのものを注文していたが、欠品中で納期が遅れた。いずれ来るだろう3Tのものは予備に回すとしてレバーは自転車店で調達することにした。レバーなんぞ、ブレーキがかかれば何でもよい。安ければ安いほどよい、というつもりであった。そして自転車店でこのShimanoのBL-TT79を提案された。高い。レバーごときに13000円とはいくらなんでも正気でない。
「貴様、そんなものじゃなくもっと安いものを出さんか、ちくしょうめ!」と内なる弁慶さんがうなりとばしつつ「よよよよ、予算の問題がありましてね、ぼ、ぼくちゃん、も・・・もうちょっと安いものがいいのですけれども・・・」と現実の私が聞いたところ、別のメーカーの6000円のレバー。
およそ半額で重量は2倍以上ですよ、というレバーだった。5gや10gなら構わないが、100gの差があった。ブレーキレバーだけで100gは大きすぎる。
安ければ安いほどいいと思っていたが、13000円で88gのレバーと6000円で188gのレバーを提示されると前者が安く見えてくるし、後者はレバー機能付きウェイトに見えてくるから不思議。これが自転車脳の恐怖というものか・・・。というわけで当然前者を注文。



Cervelo P3 and WH-R500
WH-R500
ローラー用ホイールとして。またR500ちゃんですか・・・という飽き飽きした感じはあるものの、安いのだから仕方がない。実走の時はBora Oneを使用する予定。
後輪クイックはミノウラのローラー対応のものに交換。

Continental ULTRA SPORT Home Trainer
Continental Ultra Sports Home Trainer
後輪タイヤはローラー用のものにした。ローラー時に音が静か。カスが出にくく、減りにくいらしい。これまではMichelin Pro3でローラーしていたが、それに比べて非常に静か。ローラーにはいいが、これで外を走るなよ、というタイプ。
写真でみると、タイヤとフレームのクリアランスがほんの数ミリ。こんなタイトでいいのだろうか。自転車店のお兄さんがいうにはこれでよいとのこと。

バーエンドコントローラー
SL-BS79バーエンドシフター
エアロバーの先っちょにつける。カチカチっとレバーを上下させて変速させるが、結構固い。スムーズな変速は慣れが必要だろう。

ペダル
SPD-SL PD-R670
ペダルはアルテグラの色違い。


年初からトライアスロンバイクが欲しい欲しいと思ってきたが、ようやくバイクを手に入れた。
もともと検討していた5車種ではなく、検討対象にもなっていなかったCervélo P3がマイバイクとなった。
海外通販でパーツを取り寄せたり、フレーム持込で組んでもらったり、不安な点は多々あったが、バイクが完成した。
ようこそ、私の股の下へ!
また、ブレーキが左前になったこと、チューブラーにしたこと、DHポジション自体が初めてであること等これから適応すべき点がたくさんあり、今後の課題。


~~~トライアスロンバイク購入関連投稿~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ローラー30min
左膝の具合がよい。日常生活+α程度ではほとんど異常がない。
どのくらいの負荷まで大丈夫なのか試すため、少々ローラーをこぐことに。
自転車はサーベロ。Garmin Edge500を仮設置して仮運用。
TVは大岡越前。北大路欣也がナイスミドル。
インナー4速で回し始めるが、軽すぎるので5速。これでもまだ軽いので6速に上げる。これでケイデンス90+にして膝の様子を見たが、問題はなかった。よかった。
DHポジションは、足の回りはよいが、サドルと股間の関係と腕肩への負荷が思ったよりきつかった。上半身は前傾しているが、腰周辺の角度はそれほど「く」の字になっておらず、適応できそうだった。
30分だけ回して終了。

安楽亭
埼玉の誇り、安楽亭
2 左膝の具合がよいし、うちのサーベロちゃんはかわいいし、ローラーも気分よく回せたし、虫歯も治ったし、お祝いで一人安楽亭。

Swim2500m
昨日は薄手の水着でなかなか調子がよかった。多少腕肩に疲労があるがプールへ。
水着は普段の厚ぼったいもの。
プールは比較的空いていて、パドルを使用できた。
  • アップ1000m
  • パドル50m1分サークル×10(43-45秒)
  • プルブイ50m1分サークル×10(53-54秒)
  • ダウン500m
調子はまずまずで、それなりの泳ぎができた。アップの20本でも続けて泳ぐと腕肩の持久力が切れた。このところ続けて泳いでいないので持久力が落ちているのかもしれない。
合計2500mで終了。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike30min 固定ローラー
Swim2500m


flickr

8 件のコメント:

  1. オッス!おら、カボスだ!

    トライアスロンバイク完成おめでとうございます。

    かっこいいなぁ〜。

    オラも欲しいです。

    ロードバイクとは違って、重いギアでも「ガンガン」いけるのが、

    TTバイクだと思います。

    膝も完治して良かったですね。

    返信削除
  2. やっと組み上がりましたね。
    3Tのベース&エアロバー、私も最後まで悩みました。エアロバーがアルミ製とあり、その上のカーボン製モデルだと予算を大幅に超えてしまう。
    あとは五月嵐さんで組んでもらう際、少しはお店に貢献してあげないととの理由で断念しましたが、やっぱりカッコいいなぁ~。
    一つ気になるのはTTでコンパクトは・・・。やっぱりノーマルクランクでガンガン回しましょうよ。
    しかし、カッコいいっすね。

    返信削除
  3. かぼすさん、こんにちは。
    ご訪問&コメントどうもありがとうございます。

    やっと念願のバイクが完成しました!
    TTで外を走ったことがまだありませんが、実走するときは重たいギアを回してみたいと思います。重いのを踏んでいかないと脚力がつきませんしね。
    おかげさまで膝の具合も悪くないようで一安心です。

    返信削除
  4. ひでさん、こんにちは。
    3Tのエアロバー、私もアルミだと思っていたのですが、実際にはカーボンでした。ハンドルとエアロバーをつなぐ部品はアルミのようです。

    コンパクトとノーマルで悩んだのですが、脚力の問題があって、コンパクトに…いつかはノーマルを回せるようになりたいものです(泣)

    返信削除
  5. はじめまして!
    3Tのこのハンドルバーで検索していてたどり着きました。
    同じく3Tのエアロハンドルバーを使っているのですが、ブレーキのアウターワイヤーとインナーワイヤーを通せず困っております。写真を拝見する限り旨く通されていますが、この方法などを教えていただけないでしょうか?(私が頭が悪いだけなのですが・・)

    同じくBL-TT79を使っております。このレバーをハンドルの先に固定してワイヤーを通すと思うのですが、このワイヤーがハンドルの中を通って、ハンドルの羽の下部の穴から出すことができません(ワイヤーを押していくだけなのでこの穴にワイヤーの先端が行ってくれない)

    また仮にこれが通ったとしても、そのワイヤーをつたってアウターワイヤーを通していくと思うのですが、BL-TT79に付属のシマノ純正アウターは固すぎて、羽の下の穴から入っても、BL-TT79の先端まで入っていかないのではないかと思っております。

    大変お手数ですが、どのような方法でまずインナーワイヤーを通されたのか、またその後のアウターワイヤーは少し柔らかいのを別途購入したとか、何かそのあたりの方法を教えていただけないでしょうか?
    (3Tにマニュアルがついていないので、この2時間くらい悩んでおります。)

    よろしくおねがいします。

    返信削除
  6. 上記の質問をしたものです。

    その後いろいろやっていて無事通すことができました。
    大変失礼致しました。

    返信削除
  7. Spacewalkerさん、こんにちは。
    無事ワイヤー通し出来て良かったですね!

    実は私はこの自転車組みをショップに丸投げしたのでさっぱり構造が分かりませぬ…。

    でも仮に自分が作業するのなら
    1.アウターを羽下穴から通してインナーのガイドとする(レバー組み付け位置からアウターが出てくる。レバー組み付け位置から通すと穴からアウターを出すのに苦労しそうです)
    2.ブレーキレバーにタイコ(インナー)を通して、アウターに挿入
    3.レバー組み付け

    返信削除
  8. ゆうさん

    ご回答ありがとうございます。おっしゃるとおり、アウターを羽下から入れる方法で解決できました^^)v
    ありがとうございます!

    今後もブログに足を運ばせていただきます。トライアスロンには出たことがないのですが参考にさせて頂きたいと思います!

    返信削除