9.18.2010

物見山TT

2010/9/18
土曜日

103km 物見山
久々100km超
Bike103km実走
いいかげんに自転車に乗っておかないと、取り返しがつかないのでないかと不安になる位に乗っていない。
5:00、チロリンと目覚ましが鳴って起きた。少々ものを食べ、諸準備をして出発。
今日は気温がそれほど高くならず、最高気温が30度程度の予報。このくらいなら自転車に乗ってもそれほど危険でない。100km程度のミドルライドで。
膝の具合もかなり良くなってきて、そろそろ登坂練習を取り入れたい、と思うまでになった。怪我期間中に登坂能力が皆無にまで落ちてしまっただろうから、その記録のためにも区間を決めてタイムを計る事にしよう。これまで登坂でタイムを計ったことがあるのは白石峠を2、3度のみ。それも1年近く前の話。白石は遠いのときついのとでなかなか行く機会がないからより手軽な物見山でタイムを計りたい。
とはいっても、物見山周回でタイムを計ると信号があったり、下りがあったりで安全上好ましくないからタイム計測は東京電機大学、石坂ゴルフ場の坂を、という計画。

さいたまの市街地から荒川CRを経由して物見山へ。体力と脚力を温存して往路を行くつもりであったが、秋ヶ瀬橋でパスしたコロンビアコスプレローディに後ろにつかれる。
「ぼくちゃん、千切っちゃうぞ」などという考えがよぎり、ペースアップ。それでもなかなか離れないので、さらにペースアップ。それでも・・・ということを繰り返し、ついには全力ペース。ヒイヒイいいながら進むが千切ることはできず、埼京線踏切で力尽きた。
ちょうど電車が通る。踏切が上がった後もドリンクを飲んだりわざともたもたしてコロンビアさんに先に行ってもらう。
埼京線踏切ですでに足が完売してしまった。脚力温存を、とかそんな状態ではなく、すでにクタクタのヘロヘロ。そのままヨタヨタと物見山へ。
今思えば、コロンビアさんはすね毛がつるつるの人であった。そういう人を千切ろうなどと考えるのは無謀であった。

物見山タイムトライアル区間(と勝手に設定)
物見山TTスタート地点
スタート地点標識。親切にも「ここから」と書いてある
スタート地点は周回コース南端信号を左折した直後の標識。タイム誤差を少なくするため、計測するときは徐行状態からスタートとする。
物見山TTゴール地点
ゴール地点の駐車場看板
ゴール地点は駐車場入り口の看板とする。
この区間は3度上りがある。感覚としては1度目が長めできつめ。2度目3度目と楽になっていく。
今回は最初の坂をインナー3速4速あたりで回して上る。上りきったらアウターにして加速。2度目3度目の坂はアウターのままダンシングで上る。3度目を上りきったころにゴールの看板。
2.07km 5:04
ORBEA ONIX WH-R500
速いのか遅いのかわからないが、今後の基準値となるだろう。

セルフ写真
セルフ撮影。カステリジャージ。デザインは地味
2本TTをする予定であったが、もうこの時点でくたびれていたので、そのまま休憩をして帰宅。復路はやや追い風で助かった。
100km程度ながら足に相当負荷がかかったようで、明日は筋肉痛確定。


12km 1h04m 暑かった、きつかった
12km 1h04m
Run12km
自転車の疲れが残っているうちに走る。Polarボトルに氷と水を詰めて出発。
今日は18km、ややゆっくりの予定。明日も走る予定であるから調子がよくても増量なし。
走り出すと足が思ったよりもずっと疲れている。ハムストリングスに少々痛みもある。
ペースは5:20程度でそれ以上は出ない、という感じ。
そして暑い。気温は28度ということであるが、暑くて暑くてたまらないと感じた。
途中右また内側が痛くなった。しばらく走っていると痛みは緩和したが、あまり感じのよくない痛みであった。
18kmの予定であったけれども、足の持久力に余裕はなく結局12kmで終了。


MADE IN CROATIA
MADE IN CROATIA
1 上の写真でイケメンが着ているジャージは、先日Wiggleから届いたカステリジャージ。カステリはフィット感が強い、と聞いたのでクリックしてみた。サイズは日本サイズよりひとつ小さいS。Sサイズでも袖が十分に長く、長袖の意味を成している。パールイズミの長袖だとMサイズでも長さが不十分で長袖の意味がなかったりするのでこの点はありがたい。(UV対策としての長そで)
ただ、寸法は合っているが、フィット感はなく、ダボダボ。Tボーンステーキやピザをコーラで流し込むアメリカンな太さを前提に設計しているのだろうな、と想像。
コンプレッションとまでは言わないが、ピチッとしたサイクルジャージが欲しい。現状では、アンダーアーマーのコンプレッション長そでに半そでジャージの組み合わせが一番快適。この両者を組み合わせたようなものが欲しい。ポケット付きでコンプレッションで派手なデザインのもの。

2 土曜日で程よい気候であったから、荒川CRにも物見山にもローディが群生していた。ローディはたいてい派手なチームジャージを着ている。上のセルフ写真のような地味なものでなく、私も派手なものを着たいなあ、と思うのだが、これが加齢による嗜好の変化なのか自転車脳の進行なのかはわからない。

3 Swimに行くかどうか迷う。LSD程度の負荷であれば疲れの積み増しにもならない気がする一方で、今日は十分動いたから休んだほうがよいとも思える。休もう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike103km
Run12km


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿