8.25.2010

Swimで足がつったなら

2010/8/25
水曜日

20100825-R0012624
おそらく過去最高の数字 参照8/23
ローラー100min
5:00、チロリンと朝トレ用目覚ましが鳴る。iPhoneのベル音とバイブレーターで寝覚めがよいが、少々びっくりした。驚いて心臓が停止してもいけないので、音量を少し下げたほうがよいだろう。
諸準備をして自転車にまたがる。TVは朝日。まだ情報番組が始まっておらず通販番組。黒酢を売っていた。
情報番組では円高株安に際して財務相が寝言のようなのんびりしたことを言うとさらに円高が進んだ、という話題であったが、Wiggleの決済日までは円高でもいいですよ!と内心思った。
インナー5速でアップをし、ケイデンスを100まで上げ、インナー6速をメインに回す。全体を通してケイデンスは100+を目安に。
しばらくインナー6速ケイデンス100で回し、インターバル気味にインナー7速を10分→6速を5分→7速を10分とこいでみた。7速ケイデンス100だと心拍が150を超えた。
終盤までケイデンスを維持できてローラーとしてはおそらく過去最高のave。平地無風実走だとave32-33km相当ではないかと思われる。終了後もそれほど足にダメージを感じなかった。90分以上ずっとケイデンスを100程度で回し続けた。充実感はある。よしよし。

20100825-R0012625
Run10km(舗装路)
走って通勤。暑いが、やや雲がでていていくらか助かったような、焼け石に水のような。
時間的制約があるので8-10km程度のやや短めの予定で。疲労、回復、強化のバランスからいって、時間的制約がなくてもこのくらいの距離が適正かな、というのと。
ペースは6:30弱で。途中6:00程度までペースが上がった。調子に乗ってスピードを出すと膝が悪くなるかもしれないので、もう少し抑制した方がよいだろう。
多少はRun用のスタミナが付いてきたのだろうか、以前よりくたびれ具合はひどくない。
10km走って終了。

Swim2000m
昨日休んだのと、今日暑い暑いのとで、是が非でも泳ぎたい。
居眠りをして夢うつつの時、ちょっと時間があいたりしたときには自然とストロークを頭に描いている。
目いっぱい泳ぎたいところだが、左ひじの具合が万全でないので、ほどほどに。
プールは比較的空いていて止まることなく泳げた。
楽に泳げる範囲で、という意識だったが、調子がよく、アップ後は50-51秒ペースを維持できた。
左ひじは多少違和感があったり、なかったり、という程度。

ただ、調子よく30本ほど泳いだところで左足がつった。
これまでも何度かつったことがあったが、その対処はうまくいかなかった。
プールで足をつっても大した問題にはならないが、トライアスロンはオープンウォーターなので、プールとは違う。パニックを起こしたり、もがいたりすると、オープンウォーターのつもりが三途リバーだった、ということになりかねない。
対処法はいろいろとあるようで、たとえば仰向けに浮いて痛みが治まるのを待つ、とか、ブイやロープにつかまって足を伸ばす、とか。
今日は、「足がつったら、痛みに耐えて、負荷を下げて泳ぎ続ける」というものを試した。
そんな根性野郎みたいなのはちょっと、という方法に思えるが、実際には結構理にかなっている気がする。
というのも、水の中では呼吸を確保しなければ三途リバーである。呼吸の確保のためには低負荷でのんびり泳ぐのが非常に都合がよい。息が上がらず、普段からトレーニングしている姿勢で慣れている。キックを打てなくても、のんびり泳ぐのには支障がない。
足が痛いには痛いが、そのまま1、2分負荷を下げ、痛みが去るのを待つ。
実際にやってみると確かにこれでも対処はできたが、痛みが去って少しキックを打つとまた痛みがもどってきて、というのを何度か繰り返して10本ほど泳いだ。

まあ、実際にオープンウォーターで泳ぐ時は十分に栄養と塩分を摂ってつらないようにするのが大前提であるが。


足をつった、というのはあるけれども、全体的には楽でもきつくもなく大変気持ちよいSwimであった。
40本2000m泳いで終了。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike100min 固定ローラー
Run10km(舗装路)
Swim2000m


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿