8.29.2010

更衣室にて聞き耳を立てる

2010/8/29
日曜日

1 5:00、朝トレ用目覚ましが鳴る。トイレに行き、水を飲む。多少足に疲労がある。今日はローラーの予定。
睡眠は十分ではないが、足りない、というほどでもない。まだ眠い。出勤時間まで二度寝。サボり。
今日はRunはせず、休足の日であるから、朝は完全に休養ということになった。
今月のトレーニング量を記録してあるエクセルシートを見ると、暑かった割にはそれなりの数字なので、休養も必要だろう。
ただ、このところ満足に泳げていないので夜はSwimに行きたい。

2 いつものように泳ぐためジムへ行く。
受付で鍵をもらう。受付の人とは毎日のように顔を合わせるが、話したことはない。今後も話すことはないかもしれない。いや、ジム解約の時に、事務的な会話はするだろう。

120円、150円をケチって冷水機で水を飲む。
更衣室にはロッカーがたくさん並んでいるが、使うロッカーは大抵決まっている。何番と何番と何番というように。その限られたロッカーの他は使ったことがないし、今後も使うことなく人生を終えるだろう。
そして更衣室で着替える。
同じ空間の裸の60代男性たちが何か話している。
私は、水着に着替えながら本日一番の集中力をもって聞き耳を立てる。
車の話題だ。

アメリカ人の車の嗜好は大きい車に偏っている。
小さい車の方が燃費が良くて、環境にもいい。
それなのにアメリカ人は排気量の大きな車を好んで買っている。

というような話だった。
なるほど確かにそうかもしれない。
アメリカ人にとって車の大きさは、
人間性の大きさであり、能力の高さであり、強さと富を象徴する。
筋肉と車は大きいものが正義だ。

さらに男性たちの会話は続く。
「そりゃ俺もわかっちゃあいるんだぜ。でかい車より小さい車のほうがいいのさ。でもなあ、いやね、やっぱり大きい車がいいんだよなあ。ってさあ、ほら、だいたい気の利いた車ってのは400万はする。そうだなあ、ちょっと気の利いた車は400万からだな。そうなるといい車ってのはやっぱり大きいんだよなあ」
なるほど確かにそうかもしれない。
値段の安い車ほど小さく、値段が高くなるに従って車は大きくなる。
また車には、気の利いたのと気の利かないのと、二種類あったのだ。
気の利いた車は大きくて400万円以上するのだ。

私は、私が働きだして少し経って買った、私の660ccを思い出した。
私の車は660ccで、小さくて、400万円以下だ。
すなわち、私の車は気の利かないやつなのだ。
今までぼんやりしていたものが、今日、はっきりとした。
そうだ、私の660ccは小さくて気の利かないやつで400万円以下の車だったのだ。
長年の疑問が解け、心のつかえがとれた気がした。

さらに男性たちの会話は続く。
「俺ならねえ、800万あったらGT-R買うね。あれはいい車だよな。やっぱりGT-Rなんだよな。」
丸形テールランプが美しい日本が誇る名車中の名車だ。
500年後、まだ日本が存在し、
GT-Rが形あるまま遺されたら
GT-Rは間違いなく第一級の国宝だ。
それほど美しい車だ。
GT-Rは男の夢であり、ロマンであり、800万円あれば買うべき車なのだ。
私は、GT-Rは800万円ないと買えないのかな、結構高いな、と思ったりした。
また、もし私に800万円あったらどうしようかと考えた。
「もし800万円あったらか、そうだな・・・そうだ!パチンコ屋で目一杯パチンコ玉を買って景品に変える。それをそのまま景品交換所にもっていけばお金になるじゃないか!」
と、謎めいた結論を導きだした。
そして水着になり、更衣室を出てプールに向かった。
夢のない貧しい発想と、謎めいた結論に愕然とした。
嗚呼、私は疲れて居るのかもしれない、と思った。

Swim2000m
昨日はプールが大変混雑していて、どうにもならなかった。10本ほど細切れに泳いだところで時間の無駄と判断し早々に切り上げた。
左ひじの具合がよろしくない、ということもあるけれども、夏休み以降Swimトレの頻度が落ちている。今日はぜひとも泳ぎたい。
日曜日の夜。プールは比較的空いていて止まることなく泳げた。
アップもそこそこにほぼ一定ペースで35本。
私のペースと同じかほんの少しだけ遅い人とコースを共有したため、見栄を張ってかなり頑張った。コース途中ですれ違うたびに少しずつ差を縮めるというか広げた。ゴーグルが曇って時計が見えなかったが、推定50-51秒ペースだった。
左ひじは多少違和感があった。よくなっていないが、悪くもなっていない、というところ。
35本+ダウン5本泳いで終了。十分満足のいくSwimであった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Swim2000m


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿