8.10.2010

トライアスロンバイクが欲しいのである-その4

2010/8/10
火曜日

1 前回トライアスロンバイク購入検討Postから半年も経っている。
この間は怪我鬱鬱生活でバイク購入という気がさっぱり起きなかった。
ここ1,2カ月はリハビリが順調で、ロングライドもRunもトレーニング出来ている。
一時は「ぼくちゃん腸脛靱帯炎で一生膝が痛いままなんだ!」とすねていたが、今ではスロージョグならそれなりの時間、距離をこなせるようになった。

そろそろモデル入れ替わりの時期で、ニューモデルが、とか、旧モデルが処分価格で、となるころ。
すると足の具合も良くなってきていることだし、トライアスロンバイクが欲しいな、と物欲ちゃんがムックリしてくる。
今乗っている自転車はごく一般的なロード。
ロードバイクとトライアスロンバイクは似ているようで違う。
DHポジションと下ハンポジションは似ているようで違う。
ポジションが変われば使う筋肉も変わるだろうし、トライアスロンバイクのポジションに対応するなら一日でも早いほうがよい。
今のロードバイクは、今のまま乗りたいので、エアロバーを付けサドルを前に出す気はない、という建前と、ぼくちゃんね、新車が欲しいのですよ!という本音と。

私がトライアスロンバイクに求める条件は以下の通り。
  • トライアスロンフレームであること
  • コストパフォーマンスがよい、またはエントリーモデル
  • 105かアルテグラ(シマノであること)
なぜエントリーモデルかと言えば、金銭的な問題もあるのだが、フレームは高価なものだと硬い傾向にある。素人の脚力なら柔らかエントリーモデルでもパワーロスは発生しないし、逆に硬いフレームは素人にはオーバースペックで、路面の振動が体に伝わりすぎて疲労を誘うだろう、とされるから。

上の条件に当てはまり、私が検討対象としているのは5車種である。上のほうが有力車種である。
  1. Felt B12 安くてアルテグラ
  2. KUOTA K-Factor アルテグラ 
  3. Cervelo P2 高くてアルテグラ 人気車種 
  4. Cannondale Slice 105で安い。安くて、安い。
  5. Specialized Transition Comp 105。派手。割高に感じる。
(基準がカネばかりだな・・・)

あれがいいかな、これがいいかな、といろいろと空想していて、今が一番楽しい時かもしれない。あれがいいかな、これがいいかな、とよだれを垂らす一方で、Bikeは「どれを買っても乗る人間の性能にほとんど依存する」のであるから、どれを買っても大差ないだろう、と冷めてもいる。


2 朝トレ用目覚ましで一度は起きたが、二度寝。エアコンをつけていたが、暑かったり寒かったりで寝苦しかった。蓄積疲労があったのでそろそろ休養をとってリフレッシュが必要だった。サボった、という感覚はない。今日はBikeもRunもなしの休足の日とする。

3 トライアスロンバイクの完成車はほぼ例外なくノーマルクランクである。私の脚力では当然ノーマルクランクなど回せないので、コンパクトがいいのだが、トライアスロンフレームにコンパクトクランクは装着可能なのだろうか、とふと思った。取り付け金具の位置の関係で、ノーマルクランクしかつかないよ、とかそういうことはないのだろうか。

Swim2000m
まだまだ暑い日々。ここ数日夏バテか冷たいものの摂りすぎか、体調がよくない。
また、左ひじの違和感と軽い痛みが取れない。
今日もプールに行くか迷ったが、体を動かしておきたいのでプールへ。
今日のメニューは40本2000mをややゆっくり。大きめのフォームを意識したい。
腕肩ひじの疲労をためないように、全身の筋肉をほぐすように、かといって楽すぎないように。
左ひじの具合と相談しながらLSDかそれよりもすこしきつめ位の負荷で。
普段よりストロークをゆっくり大きく、プッシュまでしっかりしてみると、思いのほかタイムがよい。
51秒前後で維持できた。
左ひじの具合があまりよくないので終盤はだらだらダウンで40本まで泳いで終了。
風呂に入って帰るころ、モヒカンさんが来た。
レーシックはこわいよね、という話をした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Swim2000m


flickr


0 件のコメント:

コメントを投稿